外資系企業法務の年収はどのくらい?給料を上げるコツとは?

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「外資系企業法務の年収はどのくらい?」

現在日系企業で法務として勤めていて、今後外資系企業転職を視野に入れている方ならこのような疑問を抱くかもしれません。

さきに今回の結論から申し上げると、外資系企業法務の年収は、日系企業法務と比べて圧倒的に高いです。

そのため、今よりも年収をアップするために外資系企業に転職することは良いアプローチと言えます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系企業法務の年収はどのくらい?給料を上げるコツ」についてご紹介していきます。

今後あなたが外資系企業法務のポジションを狙っているなら、まず外資系・日系グローバル企業の幅広い法務関連求人を扱う「ロバートウォルターズ」に登録すべきです。

>>ロバート・ウォルターズに無料登録

外資系企業法務の年収は高い?

まず多くの日系企業と比べて、外資系企業の法務の方が確実に年収は高い傾向にあります。

なぜなら、外資系企業は優秀な人材なら高い報酬を払ってでも獲得しようとしますし、結果を出す人材なら様々なタイミングで年収が上がりやすいからです。

また多くの外資系企業では退職金制度がないので、その分毎月の給料が高く設定されていることが多いです。

実際に私の友人の一人は法務として日系企業から外資系企業に転職をしましたが、外資系企業転職支援に強いロバートウォルターズから紹介してもらった年収1,000万円の求人案件に見事に決まりました。

彼は当時日系企業で年収650万円だったので、たった1回外資系企業に転職するだけで、受け取る年収が350万円も増えたことになります。

もし現在のあなたが今の会社の年収は低すぎると感じているなら、外資系企業転職に挑戦する価値は非常に高いと思います。

外資系企業法務の年収は企業規模によって異なる

これは外資系企業法務に限った話ではないですが、法務の年収はあなたが働く企業の規模によっても異なります。

知名度の低い中小企業ほど受け取れる年収は低いですし、知名度の高い有名企業や大企業ほど受け取れる年収は高い特徴があります。

ちなみに法務職の市場全体でお話しすると、年収1,000万円以上を受け取っている法務職の人口は全体の約7〜8%と言われています。

この全体の約7〜8%のほとんどが大企業で占められているので、日系企業でも外資系企業でも年収アップしたいならその企業の規模を確認するのが一番手取り早いです。

法務として年収を上げる3つのコツ

あなたがこれから法務として年収を上げていくなら、以下3つのことを必ず実践するようにしましょう。

法務として年収を上げるコツ
・大企業に転職する
・管理職に就く
・外資系企業に転職する

1つずつ紹介していきます。

大企業に転職する

まず法務として年収を上げるためには、もともとの給料水準が高い大企業に転職すべきです。

前述の通り、企業規模が大きければ大きいほど財政的に余裕がありますし、年収をアップする機会も多いです。

法務の年収は企業規模に比例するので、日本国内や世界的に知名度が高い有名企業や大企業への転職を目指しましょう。

管理職に就く

次に法務として年収を上げるためには、管理職に就くことも有効なアプローチです。

あなたの勤める企業で管理職の地位に就くまでに時間はかかるかもしれませんが、立場あるポジションで成果を出せるようになれば年収は効率よくアップできます。

また企業によっては管理職手当なども支給されるので、今後も法務としてキャリアを形成していきたいなら、まず管理職を狙っていきましょう。

外資系企業に転職する

最後に法務として年収を上げるためには、外資系企業への転職が非常に効果的です。

私個人的には周りの友人の様子なども見ていて、法務として年収をアップさせたいなら、まずは外資系企業に転職すべきだと考えています。

なぜなら、日本に進出してくる外資系企業は資金面でも余裕がありますし、多くの外資系企業で法務という仕事は比較的地位が高いからです。

また多くの外資系企業は成果主義を採用しているので、あなたがコンスタントに成果を出し続けさえすれば、定時で仕事を終えることも当たり前の考え方になります。

日本人の残業が多い3つの理由と今すぐにできる対処法

2021年5月3日

法務として年収を上げたいなら、まず外資系に転職すべし!

今回は、「外資系企業法務の年収はどのくらい?給料を上げるコツ」について詳しくご紹介してきました。

あなたがこれから法務として年収を上げたいなら、まずは外資系企業への転職を検討すべきです。

なぜなら、日本に進出している外資系企業の多くは資金的に余裕がありますし、多くの日系企業と比較して圧倒的に年収が高い傾向にあるからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも「ロバートウォルターズ」は外資系・日系グローバル企業の幅広い法務関連求人を扱っています。

年収1,000万円を超える法務関連の求人も扱っているため、まずあなたが登録しておいて損をすることがない転職エージェントです。

またロバートウォルターズでは英語力を活かせる求人を多く扱っています。

英語力が低い場合は求人紹介がされないこともありますが、英語力に自信がある方なら試してみる価値はあるはずです。

まずはロバートウォルターズに無料登録をして、あなたに最適な求人案件がないか情報収集からはじめていきましょう。


\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。