外資系に勤める法務の年収はどのくらい?給料を上げる3つのコツを紹介

外資系の法務職

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系法務職の年収はどのくらい?」

現在日系企業で法務として勤めていて、今後外資系への転職を視野に入れている方なら、このような疑問を抱くかもしれません。

さきに今回の結論から申し上げると、外資系企業の法務職の年収は、日系企業の法務職と比べて”圧倒的に高い”です。

つまり、法務職として今よりも年収をアップするための手段として、“外資系企業に転職することは良いアプローチ”です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「外資系に勤める法務の年収はどのくらい?給料を上げる3つのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

外資系法務職への転職なら?

ロバートウォルターズ今後外資系企業の法務職を目指すなら、まずは「ロバートウォルターズ」に無料会員登録をしましょう。

グローバル人材の転職支援に特化した転職エージェントなので、高い確率でグローバルな働き方を実現できます。

「ロバートウォルターズ」は世界31カ国で転職支援を展開しており、海外現地企業とのネットワークが非常に強く、効率よく国内の外資系企業に転職できます。

外資系企業法務職の年収は高い?

キャリアカーバーとビズリーチの違い

まず多くの日系企業と比べて、外資系企業の法務職は年収が高い傾向が強いです。

なぜなら、資本力のある外資系企業は優秀な人材なら高い報酬を払ってでも獲得しますし、結果を出す人材なら様々なタイミングで年収が上がる構造になっているからです。

また国内の多くの外資系企業では*退職金制度がないので、その分毎月の給料のベースが高く設定されていることが多いです。

実際に私の友人の一人は以前に法務職として日系企業から外資系企業に転職しましたが、外資系企業転職支援に強いロバートウォルターズから紹介してもらった年収1,000万円超えの求人案件に見事に決まりました。

彼は当時日系企業の法務職で年収650万円だったので、たった1回国内の外資系企業に転職するだけで、受け取る年収が350万円以上も増えた計算になります。

もし現在のあなたが“今の会社の年収は低すぎる”と感じているなら、外資系企業転職に挑戦する価値は非常に高いです。

外資系企業に退職金がない理由

外資系企業に退職金がない3つの理由【日系企業との考え方の違い】

2021年5月15日
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

外資系企業法務職の年収は企業規模によっても異なる

給料が高い

これは外資系企業法務に限った話ではないですが、法務職としての年収はあなたが実際に働く企業の規模によっても異なります。

世間的に知名度の低い中小企業ほど受け取れる年収は低いですし、知名度の高い有名企業や大企業ほど受け取れる年収は高いです。

ちなみに法務職市場全体でお話しすると、年収1,000万円以上を受け取る法務職の人口は“全体の約7〜8%”と言われています。

全体の約7〜8%のほとんどが大企業で占められているので、日系企業でも外資系企業でも年収アップしたいなら”その企業の規模”を確認するのが一番手取り早いです。

GAKU
日本に進出してくる外資系企業は概ね資本力があるので、基本的にどこに転職しても大幅に年収をアップできます。とはいえ、聞いたことがない外資系企業に転職する際は、その会社の企業規模は最低限知っておきたいところです。

法務として年収を上げる3つのコツ

3つ

これから法務として年収を上げていくなら、以下3つのことを必ず実践しましょう。

法務として年収を上げるコツ
・大企業に転職する
・管理職に就く
・外資系企業に転職する

1つずつ紹介していきます。

大企業に転職する

まず法務として年収を上げるためには、“給料水準が高い大企業に転職すべき”です。

前述の通り、企業規模が大きければ大きいほど財政的に余裕がありますし、実際に勤めながら年収アップできる機会も多いです。

法務の年収は企業規模に概ね比例するので、日本国内や世界的に知名度が高い有名企業や大企業への転職を目指しましょう。

管理職に就く

次に法務として年収を上げるためには、“管理職に就くこと”も有効なアプローチです。

現在のあなたが勤める企業で管理職の地位に就くまでに時間はかかりますが、転職などで立場あるポジションで成果を出せるようになれば年収は効率よくアップできます。

また企業によっては管理職手当なども支給されるので、今後も法務職として順調にキャリアを形成していきたいなら、まずは積極的に管理職を狙っていきましょう。

外資系企業に転職する

最後に法務として年収を上げるためには、“外資系企業への転職”が効果的です。

私自身周りの友人の様子を見ていて、法務として年収をアップさせたいなら、まずは外資系企業に転職すべきだと考えています。

なぜなら、日本に進出する外資系企業は資金的に余裕がありますし、多くの外資系企業で法務という仕事は地位が高いからです。

また多くの外資系企業は成果主義思考を採用しているので、あなたがコンスタントに成果を出し続けさえすれば、定時で仕事を終えることも当たり前にできるようになります。

日本の残業が多い理由

日本人の残業が多い主な3つの理由と今すぐにできる対処法

2021年5月3日

法務として年収を上げたいなら、まず外資系に転職すべし!

今回は、「外資系に勤める法務の年収はどのくらい?給料を上げる3つのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

これから法務として年収を上げたいなら、まず外資系企業への転職を検討すべきです。

なぜなら、日本に進出する外資系企業の多くは資金的に余裕がありますし、多くの日系企業と比較して圧倒的に年収が高い傾向にあるからです(※その分実力は求められます)。

国内に数ある転職エージェントの中でも「ロバートウォルターズ」は、国内の外資系・日系グローバル企業で年収1,000万円を超える幅広い法務関連求人を扱っています。

またロバートウォルターズでは英語力を活かせる求人を多く扱っています。※求職者の英語力が低い場合には求人紹介がされないこともありますが、英語力に自信がある方なら試してみる価値は高いです。

あなたが今行動を起こさなければ、いずれ転職すること自体に面倒くささを感じ、最終的に”今の会社に留まればいいや”と(現状維持することに)なってしまいます。

あなたがこれから実際に転職エージェントに登録をすることで、あなたの中には絶対に大きな気持ちの変化が起こります。

転職支援のプロである転職エージェントにしっかりと頼りながら、あなたの理想の転職先を必ず見つけ出しましょう。

あなたが”これから転職活動をするかしないかで今まさに迷っているこの瞬間”も、あなたのライバル達は続々と国内の優良外資系求人にエントリーしていっています。

まずはロバートウォルターズに無料会員登録をして、あなたに最適な求人案件がないか情報収集からはじめていきましょう。

外資系法務職への転職なら?

ロバートウォルターズ今後外資系企業の法務職を目指すなら、まずは「ロバートウォルターズ」に無料会員登録をしましょう。

グローバル人材の転職支援に特化した転職エージェントなので、高い確率でグローバルな働き方を実現できます。

「ロバートウォルターズ」は世界31カ国で転職支援を展開しており、海外現地企業とのネットワークが非常に強く、効率よく国内の外資系企業に転職できます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

外資系の法務職

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。