LINEの転職難易度は高い?採用条件や効率よく転職する方法

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「LINEの転職難易度は高いの?」

“日本最大級の無料メッセージ通話アプリ”を提供するLINE。

最近では顧客基盤を活かし、「LINEマンガ」「LINEゲーム」「LINE Pay」「LINE MUSIC」「LINEバイト」など様々な事業を展開しています。

もともとLINEは2013年に韓国最大のインターネット企業「NAVER」の100%子会社として設立され、その後2020年にソフトバンクグループの傘下企業となりました。

さきに結論から申し上げると、LINEの転職難易度はやや高いです。

しかしながら、現在LINEではエンジニアをはじめ企画・マーケティングなど、様々な職種で人材を採用しているため、常に転職できるチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「LINEの転職難易度と効率よく転職する方法」について詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからLINEへの転職を目指すなら、まずはLINEをはじめ国内人気企業からスカウトが届く「ビズリーチ」に登録しましょう。

>>ビズリーチに無料登録する

LINEの転職難易度は高い?

まずLINEの転職難易度は“やや高い”と言えます。

LINEは基本的に中途採用での募集枠が多いですが、日本国内で知名度が高い人気企業のため、日本国内の転職者にとっては競争率が高く感じます。

普段から私たちの生活でLINEを使わない方はいないため、LINEに勤めているだけで一目置かれることも少なくないようです。

またLINEでは多岐にわたる職種で募集がありますが、それぞれの職種でそれ相応のスキルを持った人材が採用されるため、狭き門であることは間違いありません。

とはいえ、LINEでは常に多種多様な人材を積極的に採用しているため、あなたに最適な求人案件があれば挑戦する価値は高いと考えています。

GAKU
LINEで募集している職種によっては、1人や2人などの少人数での採用枠も非常に多いです。

LINEへ転職する方の転職元、転職先は?

LINEへ転職する方の転職元や転職先については、以下の通りです。

LINE転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。

LINEへ転職する方の転職元

LINEへ転職する方の転職元
・Sler
・大手電機メーカー
・大手IT企業

まずSler企業でエンジニアとして職務経験がある方は、LINEに転職しやすい傾向にあります。なぜなら、LINEでは積極的にエンジニアを採用しているからです。

また富士通やNECなどの大手電機メーカーや楽天やサイバーエージェントなどの大手IT企業出身者も、LINEとしては大歓迎の人材になります。

LINEからの転職先

LINEからの転職先
・Sler
・大手電機メーカー
・大手IT企業

上記からもわかる通り、LINEから転職する方は、Sler、大手電機メーカーや大手IT企業で管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

GAKU
やはりLINEに転職しやすい業界やLINEから転職しやすい業界には傾向があります。

LINEに中途入社するための条件は?

LINEへ転職する方には、大きく以下の条件が求められます。

あなたが全ての条件に該当していれば、LINEに転職できる可能性は高いので、まずはチェックしてみましょう。

LINE中途入社の条件
・成果主義思考の方
・柔軟性が高い方
・コミュニケーション能力が高い方
・エンジニアスキルがある方
・韓国語スキルがある方
・外資系で働きたい方

上記の条件すべてに該当していれば、あなたがLINEで即戦力人材になれる可能性は高いです。

またこれまでLINEとはまったく畑違いの業界で勤務していたとしても、管理職の経験がある方なら、LINEで即戦力人材になれる可能性も高いです。

GAKU
LINEではエンジニアを中心に常に様々なポジションで人材を募集しているので、上記に1つでも該当するものがあれば、あなたがエントリーしてみる価値は高いです。

LINEに効率よく転職する方法

これからLINEに効率よく転職したいと考えているなら、日本国内の人気企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

もちろんLINE公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、転職エージェントを活用した方がよりスムーズに転職活動を進めることができます。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「ビズリーチ」は最もLINEへの転職に近い転職エージェントです。

LINEに転職するなら?
ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチの写真

ビズリーチは、ハイクラス層の国内人気企業の転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのヘッドハンターが手厚くサポートしてくれたり、あなたに興味を持つ企業から直接スカウトを受け取れたりするので、初めての転職も安心して進めることができます。

LINEにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

またビズリーチの登録者はミドル・ハイクラス層が多いので、他のミドル・ハイクラス向けの転職エージェントを併用しているケースも多いです。

複数の転職エージェントに登録することで、転職エージェントごとに求人案件を比較することができますし、あなた自身が次に進むべき転職先の選択肢を広げることができます。

ビズリーチと併用したい転職エージェント
JACリクルートメント
エンワールド・ジャパン

もしあなたがLINEの幅広い業種で求人を探したい、LINE以外の人気企業にもエントリーしたいと考えているなら、複数の転職エージェントに登録しておきましょう。

GAKU
ちなみに私の友人の一人もビズリーチ経由でLINEに転職を決めています。

【まとめ】LINEの転職難易度はやや高い!

今回は、「LINEの転職難易度と効率よく転職する方法」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、LINEの転職難易度はやや高いです。

様々な業界で経験を積み重ねてきた優秀な人材がLINEに転職してきます。

LINE中途入社の条件
・成果主義思考の方
・柔軟性が高い方
・コミュニケーション能力が高い方
・エンジニアスキルがある方
・韓国語スキルがある方
・外資系で働きたい方

しかしながら、LINEではエンジニアをはじめ常に様々なポジションで求人を募集しているので、あなたの希望する職種とLINEが募集している人材がマッチすれば、あなたがLINEへ転職できる可能性は高くなります。

LINEへの転職は難しいからと諦めるのではなく、あなたがLINEに興味があるなら転職支援のプロである転職エージェントを上手く活用しながら、まずはLINEの求人情報を収集しましょう。

これからLINEへの転職を実現したいなら、まずはLINEを含む国内人気企業への転職支援に強い「ビズリーチ」に相談することからはじめましょう。

ビズリーチは、特にハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率でLINEをはじめとする国内の優良な求人案件を紹介してくれます。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。