日本マイクロソフトの採用面接の内容/回数は?【面接対策】

マイクロソフトの面接対策
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「日本マイクロソフトの採用面接の内容や回数は一体どんな感じなの?」

世界中でパソコン用のOS「Windows」、オフィスソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」などを販売するマイクロソフトの日本法人“日本マイクロソフト”

世界でもトップクラスの知名度を誇る日本マイクロソフトへの転職を考えているなら、このような疑問を感じているはず。

日本マイクロソフトの中途採用面接では、「求職者が即戦力人材なのか。」「問題解決能力が高いか。」「英語力はあるのか。」などが細かく確認されるため、決して簡単な選考とは言えません。

そのため、日本マイクロソフトの中途採用面接を受ける前には、事前にしっかりと面接対策をすることが重要になります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「日本マイクロソフトの採用面接」について詳しくご紹介していきます。

あなたがこれから日本マイクロソフトをはじめとする外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内でもミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

日本マイクロソフトの採用面接の回数は?

面接

まず日本マイクロソフトの面接回数は、平均して“3〜4回”となることが多いです。

もちろん求職者がエントリーする職種やポジションによって採用面接の回数は異なりますが、基本的には中途採用で3〜4回といった回数が多い傾向にあります。

また求職者やタイミングによっては、1日にまとめて計3回の採用面接が行われたり、1回の面接の中で複数人と1対1で採用面接が行われたり、日本マイクロソフトでは様々なパターンで採用面接が実施されます。

また日本マイクロソフトはアメリカ発の外資系企業なので、1次面接や2次面接から外国人面接官が登場することもあります。

まずは日本マイクロソフトの面接回数はどんな職種であっても平均し3〜4回であり、職位が上がるにつれて求めれらるスキルも高くなることを覚えておきましょう。

GAKU
日本マイクロソフトの面接は様々なパターンが想定されるので、リラックスして柔軟性高く臨みましょう。

日本マイクロソフトの採用面接では何を聞かれる?

日本マイクロソフト

日本マイクロソフトの面接では、求職者が「日本マイクロソフトに最適な人材か」を確認するために様々なことを聞かれます。

日本マイクロソフトの中途採用面接で“実際に聞かれた質問”としては、例えば以下のようなものがあげられます。

中途採用面接で聞かれる質問
・上司が外国人でも業務遂行できるか?
・これまでの職歴/経歴は?
・なぜマイクロソフトを選んだ?

・マイクロソフトの強みは何か?
・セールス目標は達成できるか?
・ストレス耐性は強い方か?

日本マイクロソフトの採用面接を受ける前には、これまでのあなた自身のキャリアの指針の整理や競合他社との比較を踏まえた上で“日本マイクロソフトへの志望動機の整理”が極めて重要になります。

また日本マイクロソフトをはじめとする多くの外資系企業では成果主義思考が浸透しているので、実際の採用面接の中ではあなたのこれまでの実績をベースにしたトークを展開し、いかに“あなたが即戦力人材であるか”をアピールすることも重要です。

日本マイクロソフトの営業職の採用面接では、求職者の人間力も見られています。

日本マイクロソフトの面接官があなたを即戦力人材と判断したら、スムーズに採用面接が進んでいく可能性が高いです。

GAKU
あなたがこれまで培った職歴やスキルを活かして、いかに日本マイクロソフトに貢献できるかという考え方が重要になります。

日本マイクロソフトの採用面接突破は難しい?

断られる

結論から申し上げると、日本マイクロソフトの採用面接突破はやや難しいです。

日本マイクロソフトでは中途採用の募集枠が多いですが、労働環境が十分に整っており、年収も高い水準のため、日本国内の転職者にとって非常に人気がある企業です。

日本マイクロソフトへの転職を機に大幅な年収アップ・キャリアアップを目指す方も多いので、自然と競争率が高まり、採用面接の突破難易度は高くなっていきます。

また外資系企業ですので、ビジネスの現場で通用する語学力も見られ、人生で初めて外資系企業に転職する方にとっては少しハードルが高く感じるかもしれません。

GAKU
とはいえ、外資系企業転職支援に強い転職エージェントを活用することで、日本マイクロソフトへ転職できる確率は高めることができます。
マイクロソフトの転職は難しい

日本マイクロソフトへの転職は難しい?最も効率よく転職するためには?

2021年7月4日

【必見】日本マイクロソフトへ効率よく転職する方法

転職元、転職先

これからあなたが日本マイクロソフトに効率よく転職したいと考えているなら、まず“外資系企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろん日本マイクロソフト公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、これまでに外資系企業での職歴が浅い方にはおすすめできません。

なぜなら、日本マイクロソフトでは外資系企業特有の選考手法があるため、あなたは十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最も日本マイクロソフトへの転職に近い転職エージェントです。

日本マイクロソフトに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強いです。

現在年収600万円以上で「キャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚くサポートしてくれるので、初めての外資系転職も安心して進められます。

日本マイクロソフトにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由で日本マイクロソフトに転職を決めています。

【まとめ】日本マイクロソフトの採用面接突破に向けて

日本マイクロソフト

今回は、「日本マイクロソフトの採用面接」について詳しくご紹介してきました。

日本マイクロソフトの中途採用面接の回数は平均3〜4回となることが多いです。

求職者がエントリーする職種やポジションによって面接回数は異なりますが、基本的に3〜4回といった回数が多いです。

また日本マイクロソフトの中途採用面接では、「求職者が即戦力人材なのか。」「問題解決能力が高いか。」「英語力はあるのか。」などが細かく確認されます。

中途採用面接で聞かれる質問
・上司が外国人でも業務遂行できるか?
・これまでの職歴/経歴は?
・なぜマイクロソフトを選んだ?

・マイクロソフトの強みは何か?
・セールス目標は達成できるか?
・ストレス耐性は強い方か?

そのため、日本マイクロソフトの採用面接を受ける前には“事前にしっかりと面接対策をしておくことが重要”になります。

あなたが今後日本マイクロソフトの採用面接のために入念に準備を進めたいなら、面接対策などをサポートしてくれる転職エージェントに登録することが必須です。

これから日本マイクロソフトへ転職したいなら、まずは日本マイクロソフトを含む外資系企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談しましょう。

JACリクルートメントはミドル・ハイクラス層向けに転職支援をしているので、かなりの高い確率で日本マイクロソフトをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

現在日本マイクロソフトでは営業・エンジニア・テクニカルサポートなどの職種で人材募集中のため、興味がある方は転職エージェント経由でエントリーしましょう。

マイクロソフトの面接対策

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。