日本マイクロソフトへの転職は難しい?最も効率よく転職するためには?

マイクロソフトの転職は難しい
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「日本マイクロソフトへの転職は難しい?」

世界中でパソコン用のOS「Windows」、オフィスソフトの「Word」「Excel」「PowerPoint」などを提供するマイクロソフトの日本法人“日本マイクロソフト”

マイクロソフトはソフトウェア開発を基盤に最近ではクラウドサービスにも注力しており、間違いなく世界でもトップクラスの知名度を誇るグローバル企業の一つです。

アメリカの大富豪であるビル・ゲイツが創業した会社としても知名度が高いです。

今回の結論から申し上げると、日本マイクロソフトの転職難易度は“やや高い”です。

しかし、日本マイクロソフトでは常に営業からSlerまで幅広い業種で求人を募集しているため、これから外資系企業でキャリアを積んでいきたい方にチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「日本マイクロソフトの転職難易度と最も効率よく転職するコツ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれから日本マイクロソフトへの転職を最短距離で目指すなら、まずはミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「doda」に登録しましょう。

>>dodaで外資系優良求人を探す

日本マイクロソフトへの転職は難しい?平均年収は高い?

日本マイクロソフト

まず今回の結論から申し上げると、日本マイクロソフトへの転職は“やや難しい”です。

日本マイクロソフトは中途キャリア採用の募集枠が多いですが、労働環境が整っており、年収も比較的高い水準のため、日本国内の転職者にとって人気のある企業です。

(ちなみに某大手転職エージェントの情報によると、日本マイクロソフトの平均年収は931万円というデータが出ています。)

また日本マイクロソフトへの転職を機にIT業界で年収アップ・キャリアアップを目指す方も多いので、自然と競争率は高まり、その分転職難易度は高くなります。

またマイクロソフトは外資系なので、ビジネスの現場で通用する語学力も見られ、人生で初めて外資系企業に転職する方にとってハードルが高く感じるかもしれません。

GAKU
とはいえ、外資系転職支援に強い転職エージェントを活用することで、日本マイクロソフトへ転職できる確率は高めることができます。
マイクロソフトの面接対策

日本マイクロソフトの採用面接の内容/回数は?【面接対策】

2021年7月17日

日本マイクロソフトが求めている人材【まず知っておきたい】

外資系企業の営業マン

日本マイクロソフトでは、常に営業、エンジニア、テクニカルサポートなど様々な職種で中途での人材を募集をしています。

日本マイクロソフトでは常に様々な職種で中途採用を行なっており、転職できるチャンスはありますが、職種によって高いレベルが求められることも少なくありません。

ちなみに日本マイクロソフトの公式HPによると、日本マイクロソフトが求める人材には以下“3つの共通点”があります。

日本マイクロソフトが求める人材
・常に前向きな姿勢を持つ人材
・学習意欲が高く、好奇心を持つ人材
・常に敬意や誠実さを持つ人材

当たり前ですが、日本マイクロソフトが属するIT業界では常に物事が変化しています。

そんな目まぐるしい環境の中でも、“常に変化を楽しみつつ自己研鑽に励むことができる人材”が日本マイクロソフトに最適です。

GAKU
変化が激しい現代において、日本マイクロソフトのようなITグローバル企業に身を置けるのは、とても刺激的で魅力的なことです。

【必見】日本マイクロソフトへ効率よく転職するためには?

転職元、転職先

あなたが日本マイクロソフトへ転職したいなら、効率よく転職活動を進めましょう。

これから日本マイクロソフトへ効率よく転職したいなら、転職支援のプロである転職エージェントを最大限に活用しましょう。

日本マイクロソフトへの転職にあたり、転職エージェントを活用すべき理由としては、主に以下3つのことがあります。

転職エージェントを活用すべき理由
・マイクロソフトは非公開求人が多い
・マイクロソフトの選考対策ができる
・年収などの条件交渉ができる

1つずつ紹介していきます。

マイクロソフトは非公開求人が多い

doda

まず日本マイクロソフトをはじめとする日本国内の大手外資系企業では、積極的に非公開で求人を出すことが多いです。

なぜなら、人材を採用したい企業側は信頼のおける転職エージェント経由で確実に質の高い人材を獲得したいからです。

つまり、日本マイクロソフトの公式HPに求人掲載がない場合も、転職エージェントでは求人掲載をしていることもあります。

また非公開求人で人材を募集している場合は、一般的な求人と比べて実際に受け取る年収を含む待遇が良いことが多いです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「doda」が最も日本マイクロソフトの求人を取り扱っていると言われています。

あなたが非公開求人経由で確実に日本マイクロソフトへの転職を決めたいなら、まず「doda」に登録しておきましょう。

>>dodaでマイクロソフト求人を探す

マイクロソフトの選考対策ができる

次に転職エージェントは多数の転職支援実績があるため、大手転職エージェントほど日本マイクロソフトのような外資系の選考対策ノウハウが蓄積されています。

日本マイクロソフトの厳しい選考を乗り越えるためには、どんな書類を用意して、どのように面接準備を進めればいいかなど、手厚くあなたのサポートをしてくれます。

あなたが自分一人で転職活動をしているのではなく、チームで転職活動をしている感覚を味わうことができるでしょう。

転職エージェントのネットワークや知見を最大限に活用しながら、十分に日本マイクロソフトの選考対策を行いましょう。

GAKU
転職エージェントと企業の関係性が強い場合には、裏で企業に根回ししてくれることもあります。

年収などの条件交渉ができる

最後に転職エージェントはあなたの代わりに年収などの条件交渉も行ないます。

あなたがこれから日本マイクロソフトへの転職を機に叶えたい重要な要素として、まずは“年収アップ”が考えられるでしょう。

これは日本マイクロソフトに限らず一般的に転職する方は、自分の市場価値を少しでも高めるために、転職を機に大幅に年収をアップさせる考え方がとても重要です。

日本マイクロソフトへ直接エントリーする場合は、すでに提示されている求人の年収交渉は難しいですが、あなたの市場価値を理解している転職エージェントを活用することで、企業側に十分年収交渉はできます。

GAKU
日本マイクロソフトへの転職を機に年収を上げたい方は、まず転職エージェントに登録すべきです。

これから日本マイクロソフトに転職するなら、まず登録すべき転職エージェント3選!

中途採用の条件

あなたがこれから確実に日本マイクロソフトに転職したいなら、まずは“日本マイクロソフトへの転職支援実績が豊富な転職エージェントを活用”しましょう。

各転職エージェントで取り扱う日本マイクロソフトの求人ポジションは異なるので、複数の転職エージェントに登録し転職できる可能性を高めることを推奨します。

日本マイクロソフトに転職するなら?
doda
リクルートエージェント
JACリクルートメント

特に「doda」「リクルートエージェント」は、過去に多数の日本マイクロソフト転職者を輩出した実績があるため、まず登録すべき転職エージェントです。(※転職エージェントは複数登録してもOKです。)

また「JACリクルートメント」はミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強く、日本マイクロソフトをはじめとする大手外資系企業に転職したい方には最適です。

そのため、あなたがこれから最も効率よく日本マイクロソフトに転職したいなら、まずは日本マイクロソフトの転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

結局のところ、あなたが日本マイクロソフトへの転職支援に強い転職エージェントを選ぶことが、日本マイクロソフトへ最も効率よく転職する近道になります。

日本国内には星の数ほど転職エージェントがありますが、上記3社が最も日本マイクロソフトに強い転職エージェントです。

GAKU
上記3社の転職エージェントは全て無料で利用することができます。各社の登録は3分で済むので、まずまとめて登録しておきましょう。

転職エージェントを活用し、日本マイクロソフトへ転職しよう!

日本マイクロソフト

今回は、「日本マイクロソフトの転職難易度と最も効率よく転職するコツ」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、日本マイクロソフトの転職難易度は“やや高い”です。

日本マイクロソフトは労働環境が整っており、一般的な企業と比較すると年収水準も高いため、IT業界の優秀な人材が日本マイクロソフトに転職してくる傾向にあります。

日本マイクロソフトが求める人材
・常に前向きな姿勢を持つ人材
・学習意欲が高く、好奇心を持つ人材
・常に敬意や誠実さを持つ人材

しかし、日本マイクロソフトでは常に様々なポジションで求人を募集中なので、あなたの希望する職種と日本マイクロソフトが募集する人材がマッチすれば、日本マイクロソフトへ転職できる可能性は高いです。

日本マイクロソフトへの転職は難しいと諦めるのではなく、あなたが日本マイクロソフトで働きたいなら、転職エージェントを上手く活用しつつ、まずは日本マイクロソフトの求人情報を収集しましょう。

今後日本マイクロソフトへの転職を実現したいなら、まずは日本国内で最も日本マイクロソフトへの転職実績がある「doda」に相談することから始めましょう。

dodaは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で日本マイクロソフトをはじめ優良な求人案件を紹介してくれます。

日本マイクロソフトの転職難易度はやや高いですが、転職を機に大幅な年収アップ・キャリアアップを狙えるので、まずエントリーする価値は高い企業のはずです。

同じ外資系企業に勤める者として、あなたが今後日本マイクロソフトor他の外資系企業で大活躍されることを応援しています。

マイクロソフトの転職は難しい

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。