パナソニックの転職難易度は高い?効率よく転職するには?

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「パナソニックの転職難易度は高いの?」

“日本を代表する家電メーカー”の呼び声が高いパナソニック。

パナソニックは家電事業だけではなく住宅事業や車載事業など、様々な事業を世界中で展開する日系グローバル企業の一つです。

特にパナソニックの家電製品は世界中で人気を博しており、日本国内でも憧れの就職先・転職先になっています。

さきに結論から申し上げると、パナソニックの転職難易度は“高い”です。

しかしながら、現在パナソニックでは研究開発をはじめ営業・マーケティングなどの職種で即戦力人材を採用しているため、あなたが常に転職できるチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「パナソニックの転職難易度と効率よく転職する方法」についてご紹介していきます。

これからパナソニックへの転職を目指すなら、国内優良企業の非公開求人に強い「dodaに登録しましょう。

>>dodaでパナソニックの求人を探す

パナソニックの転職難易度は高い?

まずはじめに今回の結論から申し上げると、パナソニックの転職難易度は“高い”です。

パナソニックは中途採用での募集枠が多いですが、世界的にも知名度が高い家電メーカーのため、日本国内の転職者にとっても非常に人気があります。

あなたが日本人ならこれまでにパナソニックの家電製品を使った経験があるかもしれません。

パナソニックは日本国内屈指の大手家電メーカーのため、その分求職者には豊富な経験や高いスキルが求められます。

パナソニックに応募する求職者のレベルも非常に高いため、かなり競争率は高いと言えます。

とはいえ、パナソニックでは常に多種多様な人材を積極的に採用しているため、あなたに最適な求人案件があれば挑戦する価値は高いです。

GAKU
パナソニックの選考では、主に“あなたのこれまでの職歴や保有するスキルを活かしてどうパナソニックに貢献できるのか”を聞かれます。

>>dodaでパナソニック求人を探す

パナソニックへ転職する方の転職元、転職先は?

パナソニックへ転職する方の転職元や転職先については、以下の通りです。(パナソニック転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。)

パナソニックへ転職する方の転職元

パナソニックへ転職する方の転職元
・家電メーカー
・IT大手

・その他メーカー

まずこれまでに家電メーカーで働いた経験がある方は、比較的パナソニックに転職しやすい傾向にあります。

また家電メーカーと関係なくてもIT大手出身者は、パナソニックとしては大歓迎の人材になります。

パナソニックからの転職先

パナソニックからの転職先
・家電メーカー
・IT大手

・その他メーカー

上記からもわかる通り、パナソニックから転職する方は、やはり家電メーカーや他業界メーカーで管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

またパナソニックでIoT事業に携わった方はIT大手企業に転職するケースもあります。

GAKU
パナソニックに転職しやすい業界やパナソニックから転職しやすい業界には傾向があります。

パナソニックに中途入社するための条件は?

パナソニックへ転職する方には、以下“5つのいずれかの条件”が求められます。

あなたが複数の条件に該当していれば、パナソニックに転職できる可能性は高いので、まずはチェックしてみましょう。

パナソニック中途入社の条件
・論理的思考の方
・専門知識が高い方
・交渉力がある方
・英語スキルがある方
・海外で働きたい方

上記の条件複数に該当していれば、あなたはパナソニックで即戦力人材になれる可能性は高いです。

パナソニックの製品知識があってリーダーシップがある方なら、まずパナソニックで即戦力人材になれる可能性は高いです。

またパナソニックは海外での売上比率が極めて高い傾向にあるため、手をあげれば海外赴任できるチャンスもあります。

パナソニックは幅広い業種で人材を募集しているので、あなたの職歴やスキルを活かせる求人にエントリーしましょう。

GAKU
パナソニックでは研究開発・営業・マーケティングなど常に様々なポジションで人材を募集中なので、上記1つでも該当するものがあれば、エントリーしてみる価値は高いです。

パナソニックに効率よく転職する方法

これからパナソニックに効率よく転職したいなら、“国内優良企業の非公開求人に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろんパナソニック公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、これまでに転職経験が浅い方には推奨できません。

なぜなら、パナソニックでは日系グローバル企業特有の選考手法があり、十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「doda」は最もパナソニックへの転職に近い転職エージェントです。

パナソニックに転職するなら?
doda

doda

doda

パナソニックをはじめとする大手家電メーカーでは、積極的に非公開で求人を出すことが多いです。

これは人材を採用したい企業側は信頼のおける転職エージェント経由で確実に質の高い人材を獲得したいからです。

そのため、パナソニックの公式HPに求人掲載がない場合にも、転職エージェントでは求人掲載をしていることもあります。

また非公開求人で人材を募集している場合は、一般的な求人と比べて実際に受け取る年収を含む待遇が良いことが多いです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「doda」が最もパナソニックの求人を取り扱っていると言われています。(2021年6月時点で821件の求人を募集中)

dodaではパナソニックにおいても数十のポジションでの掲載があるので、まずはじめに登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人の一人もdoda経由でパナソニックに転職を決めています。

【まとめ】パナソニックの転職難易度は高い!

今回は、「パナソニックの転職難易度と効率よく転職する方法」についてどこよりもわかりやすくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、“パナソニックの転職難易度は高い”です。

家電メーカーやIT大手で経験を積み重ねてきた優秀な人材がパナソニックに転職してくる傾向にあります。

パナソニック中途入社の条件
・論理的思考の方
・専門知識が高い方
・交渉力がある方
・英語スキルがある方
・海外で働きたい方

しかしながら、パナソニックでは研究開発をはじめ常に様々なポジションで求人を募集しているので、あなたの希望する職種とパナソニックが募集している人材がマッチすれば、あなたがパナソニックへ転職できる可能性は高くなります。

「パナソニックへの転職は難しいから、、、」と簡単に諦めるのではなく、あなたがパナソニックに興味があるなら、転職支援のプロである転職エージェントを上手く活用しながら、まずはパナソニックの求人情報を収集しましょう。

あなたがこれからパナソニックへの転職を本気で実現したいなら、まずはパナソニックを含む日本国内の優良企業の転職支援に強い「doda」に相談するからはじめましょう。

dodaは特に国内の優良企業の非公開求人を多く保有しているので、かなりの高い確率でパナソニックをはじめとする優良企業の求人案件を紹介してくれます。

たとえあなたにパナソニックに転職できなかったとしても、あなたに最適な次の転職先をスムーズに見つけることができるはずです。