旅行業界から異業種への転職はできる?最適な転職先はどこ?

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「憧れの旅行業界で働いてきたけど、これから異業種へ転職することはできる?」

何かしらの魅力や目的を感じて旅行業界に入ったけれども、そろそろ異業種に挑戦したいと感じたことはありませんか?

特に2020年以降は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、旅行業界は大手企業も含め厳しい状況に直面しています。

さきに今回の結論から申し上げると、旅行業界から異業種へ転職することはできます。

むしろこれまで旅行業界で培った経験やスキルを活かして、積極的に新しい仕事に挑戦していきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「旅行業界から異業種へ転職はできる?」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

あなたが旅行業界から異業種へ転職するなら、まずは正社員の転職支援に強い「就職Shop」に無料登録しましょう。

>>就職Shopに無料登録する

現在旅行業界から異業種への転職を考えている方の中には、旅行業界の仕事は「つらい」「大変」といったネガティブな感情を抱いていることでしょう。

まずは旅行業界の仕事を辞める理由TOP3について発表していきます。

旅行業界の仕事を辞める理由
・労働時間が不規則
・休暇を取りづらい
・体力的にしんどい

1つずつみていきましょう。

労働時間が不規則

まず旅行業界の仕事の最大の特徴として、“労働時間が不規則”ということがあります。

旅行会社は各方面とのやりとりが必要になるため、基本的に長時間労働が多くなってしまいます。

特にシーズンやお客様の入り状況によって、どうしても労働時間が不規則になる傾向にあります。

旅行会社は土日・祝日勤務なども頻繁にあるため、中には体調を崩す方もいらっしゃいます。

GAKU
旅行会社は労働時間が長ければ長いほど体調を崩しやすくなるので、上手に休みを取ることが大事になります。

休暇を取りづらい

次に旅行業界の仕事の特徴として、“休暇を取りづらい”ことがあげられます。

旅行会社は1日の労働時間が長いこともさることながら、とにかく休暇を取りづらいです。

具体的には世間一般的な休日が旅行会社の繁盛期になるので、家族や恋人・友人との休暇の予定を合わせづらいです。

もっと自分の大切な人と過ごす時間を増やしたいという理由で旅行業界から異業種に転職する方も多いです。

GAKU
旅行会社は長期休暇が取りづらいことでも有名です。(※企業によっては)

体力的にしんどい

最後に旅行業界の仕事は、“体力的にしんどい”ということがあります。

旅行会社の仕事は基本的に長時間労働が多く、体力的にもかなり消耗します。

また旅行会社が繁忙期であれば、一切休む暇もなく働き続けることもあります。

もともと体力に自信がある方であれば旅行会社の仕事は楽勝かもしれませんが、そうでない方はやはりどこかで体力的にしんどく感じてしまいます。

特に旅行会社で年齢を重ねれば重ねるほど確実に体力は落ちていくので、そろそろ旅行業以外の職種を見つけないという気持ちになるようです。

GAKU
旅行業界に勤める友人の話によると、特に地方の中小企業では年配社員が多いと聞きます。

旅行業から異業種への転職はできる?

あなたが旅行会社を辞めたいと思っていても、「旅行業界以外で働くことが不安だ。」「そもそも旅行会社から異業種に転職できるの?」などとネガティブな感情を抱いていませんか?

さきに結論から申し上げると、旅行業界から異業種へ転職することはできます。

むしろこれまで旅行会社で一生懸命に働いてきた方であれば、転職市場でも高い評価を受けることができ、転職を機に確実にキャリアアップすることができます。

現在のあなたが旅行会社を卒業し異業種に挑戦したいと感じているなら、今すぐにでも転職活動を始めましょう。

あなたがこれまでに旅行会社で培った経験やスキルを上手にアピールすることができれば、あなたのキャリアの選択肢は大きく広がります。

GAKU
旅行会社から異業種へ転職するのは、20代〜30代前半の年齢層が圧倒的に多いです。

旅行業界からの転職で最適な業種や転職先は?

せっかくあなたがこれまで旅行会社でキャリアを積んできたのであれば、旅行会社の強みや経験を活かすことができる業種や業界に転職することを推奨します。

私が考える旅行業界からの転職で最適な業種や転職先は以下になります。

旅行業界から転職するなら?
・営業職
・IT業界
・外資系企業

1つずつご紹介していきます。

営業職

まず旅行会社で培ったスキルを活かしやすい業種として、営業職があげられます。

営業職で最も大切なことは、“顧客が求めている潜在的なニーズまで広い、顧客に寄り添いながら提案を進めること”に尽きます。

旅行業界では、常にホテル・飲食店や地域などと細かく連携し、顧客が100%満足できる旅のお手伝いをすることが重要な考え方になります。

旅行業と営業職の働き方は一見異なるようで実は似ている部分が多いので、旅行業界出身者が営業職としても活躍できる可能性は極めて高いです。

GAKU
個人的には成果主義文化が浸透している外資系企業の営業職への転職を推奨します。

IT業界

次にIT業界は未経験でも積極的に採用されるため、旅行業界から転職しやすい業界です。

IT業界の最大の魅力は、あなたが実績やスキルを積み重ねることができれば、どの企業に行っても高収入を狙うことができることです。

またあなたに学歴や職歴がなくても、問題なくキャリアップをすることができます。

GAKU
世界で最も稼いでいる企業がGAFAなどのIT企業であることが証明しているように、今後のIT業界は明るいです。

外資系企業

最後に語学力がある旅行会社勤務者なら、外資系企業への転職も視野に入れましょう。

語学力がある優秀な人材は、まず日本国内の外資系企業や日系グローバル企業が獲得したい人材になります。

もちろんこれまでの職歴やどのようなスキルがあるのかも重要な採用基準にはなりますが、+aで語学力があると企業側も最終的な採用判断がしやすくなります。

特に普段から顧客をおもてなす旅行会社で勤務していた方なら、外資系企業転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップを狙うことができます。

あなたがこれから外資系転職を目指すなら、まずは日本国内の外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

旅行業界からの転職をもっと知るためには?

あなたがこれから旅行業界からの転職の選択肢をもっと知るためには、転職支援にプロである転職エージェントを最大限に活用することを推奨します。

あなたが一人で転職活動を進めるよりも転職エージェントにサポートしてもらう方が、圧倒的に効率よく今後のキャリアの選択肢を見つけることができます。

日本国内に数ある転職エージェントの中でもリクルートが運営する「就職Shop」は最も旅行会社からの転職に定評のある転職エージェントです。

就職Shop

就職Shopの写真

就職Shopは、20代の正社員の転職支援に強みを持っています。

大手転職エージェントのリクルートが運営する転職サービスのため、旅行業界から様々な業界・様々な職種にチャレンジしたい方に最適です。

就職Shopは旅行業界から異業種への転職支援実績も豊富なので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

また就職Shopでは書類選考で落とされることもないので、今すぐに転職したい方にも最適です。

まずは就職Shopの担当者の無料面談を受けながら、今後のキャリアの方向性を模索していきましょう。

GAKU
就職Shopで取り扱っている登録企業数は7,560社と圧倒的な数字です。

旅行業界で身につけたスキルを転職先で活かそう!

今回は、「旅行業界から異業種へ転職はできる?」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、旅行業界から異業種へ転職することはできます。

なぜなら、あなたがこれまでに旅行会社で培った経験やスキルを活かせる業種や業界があるからです。

旅行業界から転職するなら?
・営業職
・IT業界
・外資系企業

もちろんそのまま旅行会社でキャリアアップしていく道もありますが、現在あなた自身が異業種へ転職したいと考えているなら、できるだけ若いうちに転職すべきです。

旅行会社勤務で年齢が上がれば上がるほどに転職に腰が重くなってくるので、もし転職するなら若い年齢のうちが絶対にいいです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でもリクルートが運営する「就職Shop」は最も旅行会社からの転職に定評のある転職エージェントです。

まずは就職Shopの担当者の無料面談を受けながら、今後のキャリアの方向性を模索していきましょう。

これまでの旅行会社での職務経験や身につけたスキルを次の転職先で最大限に発揮しましょう。


\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。