ホテルマンから異業種へ転職はできる?最適な転職先は一体どこ?

ホテルマンから転職

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「これまで憧れのホテルマンとして働いてきたけど、思いきってこれから異業種に転職することはできるの?」

もともと何かしらの魅力や目的を感じてホテル業界に入ったけれども、“そろそろ異業種に挑戦したい”と感じていませんか?

今回の結論から申し上げると、ホテルマンから異業種へ転職することはできます

むしろこれまでホテルマンとして培った経験やスキルを最大限に活かして、積極的に新しい仕事に挑戦していきましょう。

ホテルマンしかできない貴重な経験はあるので、あなたは自分自身の転職活動が有利に働くように強く意識すべきです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「ホテルマンから異業種へ転職はできる?」についてご紹介していきます。

ホテル業界から転職するなら?
就職Shopの写真今後ホテル業界から異業種への転職を目指すなら、まずは幅広い業界の正社員採用での転職支援に強い「就職Shop」に無料会員登録しましょう。

ホテル業界からの転職は様々な業界への転職者が多いので、幅広い業界で幅広い職種での転職支援に強い「就職Shop」は最もホテル業界からの転職者が登録する転職エージェントです。

また「就職Shop」は大手転職エージェントのリクルートが運営する転職支援サービスですが、リクルートエージェントと異なり、社会人経験が浅い方に対しても積極的に転職支援をしています。

スムーズにホテルマンから異業種への転職を決めたいなら、「就職Shop」はまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

現在ホテルマンから異業種への転職を考えている方の中には、ホテルマンの仕事は「つらい」「大変」といったネガティブな感情を抱いていることでしょう。

まずは“ホテルマンの仕事を辞める理由TOP3”について発表していきます。

ホテルマンの仕事を辞める理由
・労働時間が不規則
・休暇を取りづらい
・体力的にしんどい

1つずつみていきましょう。

労働時間が不規則

まずホテルマンの仕事の特徴として、“労働時間が不規則”ということがあります。

ホテルは24時間稼働している必要があるため、基本的に従業員の労働時間はシフトで組まれていることがほとんどです。

夜勤する日があったり、連日休みなく働く日があったり、シーズンやお客様の入り状況によって、”どうしても労働時間が不規則になってしまう”傾向があります。

ホテルマンは常に労働時間が不規則なので、中には体調を崩す方もいるでしょう。

GAKU
ホテルマンは労働時間が長いほど体調を崩しやすくなるので、上手に休みを取ることが大事になります。

休暇を取りづらい

次にホテルマンの仕事の特徴として、“休暇を取りづらい”ことがあげられます。

ホテルマンは1日の労働時間が長いこともさることながら、とにかく世間のオフシーズンに休暇を取りづらいです。

具体的には、世間一般的な休日がホテルの繁盛期になるので、家族や恋人・友人との休暇の予定を合わせづらいです。

“もっと自分の大切な人と過ごす時間を増やしたい”という理由でホテルマンから異業種に転職する方も多くいらっしゃいます。

GAKU
ホテルマンは長期休暇が取りづらいことで有名です。お盆休み、クリスマスや年末年始などは誰もが休暇を取得することに必死です。

体力的にしんどい

最後にホテルマンの仕事は、“体力的にしんどい”ということがあります。

ホテルマンの仕事は基本的に立ち仕事が多く、また1日の労働時間も長いです。

またホテルが繁忙期であれば、一切休む暇もなく働き続けることが当たり前です。

もともと体力に自信がある方であればホテルマンとしての仕事は楽勝かもしれませんが、そうでない方はやはりどこかで体力的にしんどく感じてしまいます。

特にホテルマンとして年齢を重ねるほど確実に体力は落ちていくので、“そろそろホテルマン以外の職種を見つけないと!”というネガティブな気持ちになるようです。

GAKU
現在ホテルマンとして働いている方であれば共感されるかもしれませんが、私のホテルマンの友人の話によると、30歳を超えたあたりから徐々にホテルの仕事が体力的にきつくなってくるようです。

ホテルマンから異業種へ転職はできる?【事実です】

キャリアカーバーとビズリーチの違い

現在のあなたはホテルマンを辞めたいと思っているけど、「ホテル業界以外で働くこと自体が不安だ。」「そもそもホテルマンから異業種に転職できるの?」などとネガティブな感情を抱いていませんか?

さきに結論から申し上げると、ホテルマンから異業種へ転職することはできます。

むしろこれまでホテルマンとして一生懸命に働いてきた方なら、転職市場でも高い評価を受けることができ、転職を機に確実にキャリアアップすることができます。

そのため、現在のあなたがホテルマンを卒業して異業種に挑戦したいなら、今すぐにでも転職活動を始めましょう。

あなた自身がこれまでにホテルマンとして培った貴重な経験や高いスキルを上手にアピールできれば、あなたのキャリアの選択肢は大きく広がりますし、何より転職活動を有利に進めることができます。

GAKU
ちなみにホテルマンが異業種へ転職する年齢は、20代〜30代前半の層が圧倒的に多いです。現在のあなたの年齢が若ければ若いほどに転職活動では有利に働きます。

ホテルマンからの転職で最適な業種や転職先は?【まず知っておきたい】

転職元、転職先

せっかくこれまでホテルマンとしてキャリアを積んできたのであれば、“ホテルマンの強みや経験を十分に活かせる業種や業界に転職すること”を強く推奨します。

なぜなら、人材を中途で採用する企業は、できる限り即戦力になってくれる優秀な人材を獲得したいと考えているからです。

私が考える“ホテルマンからの転職で最適な業種や転職先”は以下になります。

ホテルマンから転職するなら?
・接客業
・営業職
・旅行業界
・IT業界
・外資系企業

1つずつご紹介していきます。

接客業

まずホテルマンとして培ったスキルを活かせる業種として、接客業があげられます。

ホテルマンはまず第一にホスピタリティを重んじた仕事ですので、あなたがホテルマンとして培った高い接客スキルは他の業種でも間違いなく通用します。

これまでホテルマンで培った接客スキルを活かし、アパレル業界に飛び込んだり、高級レストランに勤めたりして、大幅に年収を上げた方も多くいらっしゃいます。

GAKU
ホテルマンとして培った接客スキルは一生手に残るので、色んな場面で活かすことができます。

営業職

次にホテルマンとして培ったスキルを活かせる業種として、“営業職”があります。

営業職で最も大切なことは、“顧客が求めている潜在的なニーズを拾い、顧客に寄り添いながら提案を進めること”に尽きます。

ホテル業界では常に宿泊するゲストを第一に考え、ゲストが100%満足できる宿泊のお手伝いをすることが重要な考え方です。

ホテルマンと営業職の働き方は一見異なるようで実は似ている部分(共通点)が多いので、ホテルマンが営業職としても活躍できる可能性は極めて高いです。

GAKU
ホテルマンから営業職の仕事に転職するなら、個人的には成果主義文化が浸透している外資系企業の営業職への転職を推奨します。

旅行業界

次に“旅行業界”もホテルマンの職務経験を活かすことができる業界です。

昔から旅行業界とホテル業界との結びつきは強く、お互いに内情を知っています。

元ホテルマンが旅行業界に転職すると、ホテルと提携して人気の旅行ツアーを企画できたり、ホテル業界と同様に引き続き個人のお客様に喜びや楽しさを提供できます。

これから日本は外国人のインバウンド人口が間違いなく増えてくるので、ホテルマンから旅行業界への転職は非常に充実度が高い働き方を期待できます。

GAKU
ホテル業界と旅行業界の親和性は高いので、あなたがホテルマンなら旅行業界でも重宝されるでしょう。

IT業界

次に“IT業界”は業界未経験でも積極的に採用されることが多い傾向があるため、ホテルマンが転職しやすい業界の一つです。

IT業界の最大の魅力は、あなたがたとえゼロからスタートしたとしても、あなたがその後順調に実績やスキルを積み重ねることができれば、どの企業に行っても高収入を狙うことができることです。

またあなたに学歴や職歴がなくても、問題なくキャリアップすることができます。

GAKU
世界で最も稼いでいる企業がGAFAなどのIT企業であることが証明しているように、今後のIT業界の未来は引き続き明るいです。ホテルマンから思いきってIT企業に飛び込んでみるのも良いアプローチです。

外資系企業

最後に語学力があるホテルマンは、“外資系企業への転職”も視野に入れましょう。

語学力がある優秀な人材は、まず日本国内の外資系企業や日系グローバル企業が最も獲得したい人材になります。

もちろんこれまでの職歴やどのようなスキルがあるのかも重要な採用基準にはなりますが、+aで語学力があると企業側も最終的な採用判断がしやすくなります。

特に普段から外国人をおもてなすホテルで勤務していたホテルマンなら、外資系企業転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップを狙うことができます。

これから外資系転職を目指すなら、まずは国内の外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

ホテルマンからの転職先をもっと知るためには?【必見】

あなたが今後ホテルマンからの転職先の選択肢をもっと知るためには、“転職支援のプロである転職エージェントを最大限に活用すること”を強く推奨します。

あなたが一人で転職活動を進めるよりも転職エージェントにサポートしてもらう方が、圧倒的に効率よく今後の最適なキャリアの選択肢を見つけることができます。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特にリクルートが運営する「就職Shop」は最もホテルマンから異業種の転職に定評のある転職エージェントです。

就職Shop

就職Shopの写真

就職Shopは、主に“20代の正社員採用での転職支援に強み”を持っています。

大手転職エージェントのリクルートが運営する転職支援サービスのため、今後ホテル業界から様々な業界・様々な職種に積極果敢にチャレンジしたい方に最適です。

就職Shopはホテル業界から異業種への転職支援実績も豊富なので、これまでの自分の学歴や職歴(キャリア)にあまり自信がない方でも安心して転職活動を進められます。

また就職Shopでは書類選考で落とされることがない(基本的に書類選考は突破できる)ので、今すぐに転職したい方にも最適です。

まずは就職Shopの担当者の無料面談を受けながら、今後のあなたの大切なキャリアの方向性を模索していきましょう。

GAKU
就職Shopで取り扱っている登録企業数は7,560社と圧倒的な数字です。日本を代表する有名企業の求人もあるので、ホテルマンから華麗なる転職を果たしたい方は、まずは就職Shopに登録しましょう。

ホテルマンで身につけたスキルを次の転職先で最大限に活かそう!

今回は、「ホテルマンから異業種へ転職はできる?」についてご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、ホテルマンから異業種へ転職することはできます

なぜなら、世の中にはあなたがこれまでにホテルマンとして培った豊富な経験やスキルを活かせる業種や業界があるからです。

ホテルマンから転職するなら?
・接客業
・営業職
・旅行業界
・IT業界
・外資系企業

もちろんそのままホテルマンとしてキャリアアップしていく道もありますが、“現在あなた自身が異業種へ転職したい”なら、できるだけ若いうちに転職すべきです。

ホテルマンとして年齢が上がるほど転職に腰が重くなってくるので、もし転職するなら若い年齢のうちが絶対にいいです。

いずれホテルマンを卒業して異業種でバリバリ働きたいなら、絶対に早いうちに決断を下して動き始めた方がいいです。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特にリクルートが運営する「就職Shop」は最もホテルマンから異業種の転職支援に定評のある転職エージェントです。

ホテルマンとしての豊富な職務経験やこれまでに身につけた高いスキルを次の転職先で最大限に発揮しましょう。

ホテル業界から転職するなら?
就職Shopの写真今後ホテル業界から異業種への転職を目指すなら、まずは幅広い業界の正社員採用での転職支援に強い「就職Shop」に無料会員登録しましょう。

ホテル業界からの転職は様々な業界への転職者が多いので、幅広い業界で幅広い職種での転職支援に強い「就職Shop」は最もホテル業界からの転職者が登録する転職エージェントです。

また「就職Shop」は大手転職エージェントのリクルートが運営する転職支援サービスですが、リクルートエージェントと異なり、社会人経験が浅い方に対しても積極的に転職支援をしています。

スムーズにホテルマンから異業種への転職を決めたいなら、「就職Shop」はまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

ホテルマンから転職