【英語の面接に落ちた】落とされた3つの理由と今すぐできる対処法

英語の面接に落ちる

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「英語の面接に落ちてしまった。。」

これまでの人生の中で、英語の面接で自分の言いたいことを伝えることができずに、面接に失敗した経験はないでしょうか?

“英語力を活かした仕事に就きたい”と思い挑戦したものの、いざ英語面接となると本来の力を発揮できなかったりしますよね。。

しかしながら、そこであなたが簡単に諦めてしまってはゲームオーバーです!

あなた自身がしっかりと“英語の面接に落ちた原因”“今すぐにできる対処法”を把握することで、今後あなたはスムーズに英語の面接を突破できるようになるでしょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「英語の面接に落ちた3つの理由と今すぐできる対処法」について詳しくご紹介します。

おすすめオンライン英会話

【外資系ビジネスマンが選ぶ】レベル別オンライン英会話サービス9選

2021年4月29日

まずあなたが英語の面接に落ちた主な3つの理由について説明していきます。

英語の面接に落ちた理由
・英語力が不足していた
・自己分析が足りなかった
・企業分析が足りなかった

1つずつみていきましょう。

英語力が不足していた

まずあなたが英語の面接に落ちた1つ目の理由として、“そもそも英語力が不足していたこと”が考えられます。

採用する企業が求める英語力と実際にあなたが保有する英語力との間に”大きなギャップがある状態だった”ということです。

基本的に即戦力人材を獲得したい企業は、当然求人に掲載するポジションに見合う優秀な人材を獲得したいと考えています。

つまり、あなたの英語力が企業が募集するポジションに見合わなかったということです。英語面接の準備不足というより単なる実力不足だったということです。

GAKU
あなたの英語力に関してはごまかしが効かないので、基本的にはあなたの英語レベルにあった企業やポジションに転職するが吉です。

自己分析が足りなかった

次にあなたが英語の面接に落ちた2つ目の理由として、“面接前の自己分析が足りなかったこと”が考えられます。

英語面接であれ、日本語面接であれ、あなた自身が自己分析を十分にできていないと、高い確率で採用面接には落ちてしまいます。

あなた自身の強み・弱み・得意な分野・不得意な分野・特別なスキルなど、あなたが面接に臨む前にやるべき自己分析はあります。

あなた自身の自己分析が足りていないと、日本語でアウトプットできないことは疎か、当然ながら英語でもアウトプットできません。

また企業の採用担当者はこれまでに数多くの求職者の採用面接を経験してきているので、あなたがその場(面接)でパッとひらめいたことがまず通用することはありません。

そのため、事前に自分自身の頭で十分に自己分析した結果を、英語面接中に自分自身の言葉で表現するようにしましょう。

GAKU
人材を採用する企業は、あなたが経験してきたことやあなた自身が持つ強みを最大限活かして企業に貢献してほしいと考えているので、いかなる選考においてもまず自己分析は重要な要素になります。

企業分析が足りなかった

最後にあなたが英語の面接に落ちた3つ目の理由として、“面接前の企業分析が足りなかったこと”が考えられます。

当たり前のことではありますが、あなたが十分に企業分析をできていないと、自分の強みや経験をその会社でどのように活かしていけるのか、どういう場所で活躍していけるのかをアピールすることができません。

まずはあなたが面接を受ける企業の事業の柱や強み・どのようなビジョンを持っているのかなど、十分に予習を行う必要があります。

また企業によっては面接中に逆質問を行うこともあるので、あなたがその企業について気になっていることなどをいつでも質問できるような状態も作っておきましょう。

GAKU
企業分析のコツは、中で働いている方が知らないようなことまで十分に調査しておくことです。あなたが十分過ぎるくらいに企業分析を行っていると、企業の採用担当者にもあなたの熱意が伝わります。

英語での実務経験がなくても、英語面接には受かる?【事実】

キャリアカーバーとビズリーチの違い

これまでの人生の中で英語での実務経験がない方は、そもそも英語面接に受かることができるのでしょうか?

さきに結論から申し上げると、あなたがこれまでに英語での実務経験がなくても、”英語面接に受かることは可能です”。

ただし、まずはTOEICなどの英語試験の結果を提出し、あなたにある程度の英語力があることを企業に納得してもらいましょう。

その上であなたが面接を受ける業界や企業で実際に使う英語をマスターして、満を持して英語の面接に臨みことを強く推奨します。

あなたが英語での面接中に企業の採用担当者と十分に英語でコミュニケーションを取ることができれば、自ずと英語面接を突破できる可能性が高まっていきます。

これまでに英語での実務経験がなくても英語面接に受かるので、物怖じせずに入念に自己分析など準備をした上で臨みましょう。

GAKU
私も26歳で人生で初めて外資系に転職した際には、入念に自己分析など準備をして英語面接に臨みました。その結果、見事内定を獲得することができました。
英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

面接官が英語面接で必ず確認する3つのポイント

条件

企業の採用担当者である面接官が英語面接で必ず確認するのは以下3つのことです。

英語面接で確認するポイント
・会社に貢献できるか
・入念に準備をしているか
・協調性があるか

1つずつみていきましょう。

会社に貢献できるか

まず面接官が英語面接で必ず確認するポイントは、“会社に貢献できるか”です。

あなたが会社に入社した後にまったく成果を上げることができなければ、会社としてもあなたを採用した意味はなくなります。

そのため、面接官は採用面接の中で“常にあなたが中長期的に会社に貢献してくれる人材なのか”をみています。

あなたがこれまでに積み上げてきた実績や経験を活かして、確実に会社に貢献してくれる人材ということがわかれば、あなたが英語面接を通過する可能性は高まります。

GAKU
まずはあなたが他の応募者と差別化できるポイントを探し出し、あなたが会社に大きく貢献できることをアピールしましょう。

入念に準備をしているか

次に面接官が英語面接で必ず確認するポイントは、“入念に準備をしているか”です。

あなたが入念に面接の準備を進めておけば、当然そのことが面接官にも伝わります。

もちろんあなたが事前に用意しているもの(台本やメモなど)をそのまま読むのではなく、気持ちを込めて読むことが重要です。

実際の業務においても用意周到であることが非常に重要になるので、まずは英語面接を受ける前に入念な準備を心がけましょう。

GAKU
あなたが面接前に準備すべきものがわからない場合は、転職支援のプロである転職エージェントをうまく活用しながら、しっかりと面接対策を進めておきましょう。

協調性があるか

最後に面接官が英語面接で必ず確認するポイントは、“協調性があるか”です。

どこの業界・どこの企業においても、協調性があることは非常に重要な要素です。

あなたが人間関係を上手く構築できる人材でないと、まずチーム(企業)として大きな力を発揮することはできません。

人材を採用する企業は最低限英語でコミュニケーションがとれる英語力はもちろん、部門を超えて上手に業務を遂行できる即戦力人材を獲得したいと考えています。

面接という小1時間の限られた時間の中で、面接官は求職者の協調性を確認しています。

GAKU
相手の意見をしっかりと聞く力がありつつ、自分の意見もしっかり言える人材は、どこの業界・どこの企業に行っても活躍できます。

【必見】英語面接に強い転職エージェントを活用しよう!

中途採用の条件

これから英語面接を通過する必要があるなら、まずは“英語面接に強い転職エージェントに登録すること”を強く推奨します。

なぜなら、英語面接に強い転職エージェントを活用することで、通常の選考対策だけでなく、英語での面接対策も行えるからです。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「エンワールド・ジャパン」「Samurai Job」「ロバート・ウォルターズ」は国内の外資系企業や日系グローバル企業の転職支援に強く、英語面接対策にも強いです。

英語面接に強い転職エージェント
エンワールド・ジャパン
Samurai Job
ロバート・ウォルターズ

複数の転職エージェントに登録することで優良企業を紹介してもらえる可能性は高まるので、まだ転職活動を始めていない方は複数の転職エージェントを併用しましょう。

自分の英語力に自信がない方は、上手に転職エージェントを活用しながら、英語面接を通過する確率を高めておきましょう。

GAKU
あなたが登録する転職エージェントは多くても2〜3社に絞り込みましょう。あまりにも多くの転職エージェントを登録すると、その後求人案件を管理しづらくなります。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

英語面接で落ちたくないなら、日頃から英会話をしよう!

英会話

今回は、「英語の面接に落ちた3つの理由と今すぐできる対処法」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

英語の面接に落ちた理由
・英語力が不足していた
・自己分析が足りなかった
・企業分析が足りなかった

あなたが英語面接に落ちた理由は、企業が求める英語力に達していなかったことはもちろん、あなた自身の自己分析や企業分析が足りていなかったことが考えられます。

つまり、まずあなた自身が英語の面接に落ちた理由を分析することが大切です。

またあなたが今後英語面接に二度と落ちたくないなら、次は英語面接に強い転職エージェントを積極的に活用しましょう。

英語面接に強い転職エージェント
エンワールド・ジャパン
Samurai Job
ロバート・ウォルターズ

あなたが英語面接に強い転職エージェントを活用することで、あなたが英語の面接を突破できる可能性は大幅に高まります。

なぜなら、彼らは転職支援のプロなので、あなたが効率よく英語面接を突破するためのノウハウや知見を持っているからです。

とはいえ、あなた自身が”日頃からコツコツと英語学習を進め自己研鑽しておくこと”も英語面接に強い転職エージェントを活用することと同じくらいに重要なことです。

特に英語面接では日本人が苦手なアウトプットスキルの強化が重要になるので、私個人的には英語のアウトプットに特化したオンライン英語学習サービスの「ベストティーチャー」の利用を強く推奨します。

まずはベストティーチャーの無料体験を行なって、あなたが継続的に英語のアウトプットの練習ができるのかを確認しましょう。

ベストティーチャーはインターネット環境があればいつでもどこでも英語学習できるので、日頃から継続して英語学習できるサービスであることはまず間違いありません。

あなたのライバル達と大きく差をつけるためにも、まずは現職に勤めながらコツコツと英語力を培っていきましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

英語の面接に落ちる

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。