英語話せないけど外資系に行きたいは大丈夫?【現役外資系営業マンが語る】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「英語をまったく話せないけど、外資系企業で働いてみたい!」

最近私の友人や知人からよくこのような相談を受けます。

世間一般的に外資系企業は「年収が高い」「残業が少ない」などの良いイメージがあるため、やはり日系企業よりも働きやすい外資系企業への転職を検討する方は年々増えているようです。

さきに今回の結論から申し上げると、英語話せないけど外資系に行きたいは大丈夫です。

なぜなら、求職者に高い英語力がなくても働ける外資系企業のポジションはいくらでもあるからです。

とはいえ、英語力がある方が外資系企業に転職しやすいことは言うまでもありません。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「英語を話せなくても外資系企業で働ける3つのパターン」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

外資系はなぜモテる?

外資系企業で働くとモテる本当の理由!【実は誰も知らない】

2021年6月8日

英語を話せなくても外資系企業で働ける?理由と事例を紹介

まず今回の結論から申し上げると、英語を話せなくても日本国内の外資系企業で働くことはできます。

なぜなら、私の友人や知人の中には英語をまったく話せない状態で外資系企業に転職した方が複数名いらっしゃるからです。

また多くの皆さんがすでにご存知の通り、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンや日本IBMなどの外資系企業においては、必ずしも求職者に高い英語力が求められることはありません。

なぜなら、日本に拠点を構える多くの外資系企業ではメインの顧客層が日本人になるので、日本にローカライズしながら日々営業活動を行なっているからです。

GAKU
とはいえ、海外本部と密接にコミュニケーションを取る必要性がある仕事では、当然ながら求職者に高い英語力が求められます。

英語を話せなくても外資系企業で働ける3つのパターン

あなたが英語を話せなくても外資系企業で働けるパターンは、大きく以下の3つがあります。

英語力なしでも外資系で働ける3つのパターン
・日本法人の規模が大きい
・英語力が求められないポジション
・上司が全員日本人

1つずつ紹介していきます。

日本法人の規模が大きい

まず英語を話せなくても外資系企業で働けるパターンとして、“日本法人の規模が大きいこと”があります。

日本法人の規模が大きい(従業員数が多い)ということは、それだけネイティブレベルで日本語を話せる従業員が必要な企業ということです。

このような外資系企業ではまず日本の市場を拡大することに注力しているため、英語がまったく話せない人材でも積極的に採用されることがあります。

日本法人の規模が大きすぎる場合には自分1人くらいが入る枠はあるだろうと楽観的な思考を持つことが重要になります。

GAKU
特に従業員規模が大きい外資系ファーストフードや外資系ファストファションでは、英語をまったく話せないであろう方が普通に店舗や本社で働いていますよね。

英語力が求められないポジション

次に英語を話せなくても外資系企業で働けるパターンとして、“英語力が求められないポジション”ということがあります。

日本国内で求人募集している外資系企業のポジションの中には、実は求職者にそこまでの英語力が求められないポジションが結構あったりします。

このようなポジションを見つけることができれば、あなたに高い英語力がなくても外資系に転職することができます。

外資系企業の英語力が求められないポジションは転職エージェントに相談することで効率よく見つけることができます。

GAKU
とはいえ、日本国内の外資系企業には外国人の社員も多く在籍しているため、最低限コミュニケーションできる英語力は必要です。

上司が全員日本人

最後に英語を話せなくても外資系企業で働けるパターンとして、“上司が全員日本人であること”があります。

前述の通り、日本法人の規模が大きい外資系企業では、求職者に高い英語力が求められない場合があります。

しかしながら、あなたが管理職レベルに昇進すると、上司と英語でコミュニケーションを取る必要が出てきます。

とはいえ、あなたの周りの上司が全員日本人であれば、ある程度昇進したところで高い英語力が求められることはありません。

あなたの上司ほとんどが日本人の外資系企業なら、あなたに高い英語力がなくても外資系に転職することができるでしょう。

GAKU
あなたが今後外資系企業でキャリアアップしていきたいなら、早い段階で英語力は高めた方がいいでしょう。

【裏技】外資系に勤務しながら、必死に英語を学ぶのもあり!

私の個人的な意見にはなりますが、今現在は英語をまったく話せなくても、まず外資系企業に勤めながら必死に英語を学ぶのはありだと考えています。

なぜなら、あなたが外資系企業に勤めている以上は少なからず英語に触れる機会は多くなりますし、周りの環境に順応するように少しずつ英語力は高まってくるからです。

その環境を上手に活用して必死に英語力を高めることができれば、今後外資系企業でも順調にキャリアアップを実現することができます。

実際に私自身も26歳の頃に人生で初めて外資系企業に転職した時はそこまで英語力は高くなかったですが、今では流暢に英語を話せるまでに成長することができました。(もちろん外資系企業に勤めながら、必死に英語学習は継続しました。)

現在自分の英語力にそこまで自信がない方でも、外資系企業転職に少しでも興味があるなら、積極的に外資系企業転職を目指すのはありと考えています。

【注意】外資系に行くなら、英語は話せた方が絶対にいい!

ここまであなたが外資系企業に転職するためには必ずしも英語を話せなくても良いということをお伝えしてきましたが、もちろんあなたが英語を話せるに越したことはありません。

特にあなたが今後外資系企業でキャリアアップ・年収アップしていきたいと考えているなら、外資系企業に転職する前にある程度英語を話せる状態にしておく方がベターです。

英語を学習する方法は色々とありますが、個人的には積極的に“オンライン英語学習サービスを活用すること”を推奨します。

なぜなら、あなたの周りにインターネット環境さえあれば、いつでもどこでも英語学習に取り組むことができるからです。

オンライン英語学習サービスを活用すれば、普段忙しいサラリーマンでも通勤時間や待ち時間などを活用して、効率よく英語学習に取り組むことができます。

まずは現職に勤めながら英語学習に取り組みつつ、TOEICなどの公開テストで目に見える英語力を身に付けるようにしましょう。

GAKU
英語を話せなくても外資系企業に転職することはできますが、英語力がある方が外資系企業に転職しやすいという大前提を忘れないようにしましょう。

TOEIC900点のすごさを徹底解説!【キャリア無双できる3つの理由】

2021年9月10日

【まとめ】英語を話せなくても外資系で働くことはできる!

今回は、「英語を話せなくても外資系企業で働ける3つのパターン」について詳しくご紹介してきました。

英語力なしでも外資系で働ける3つのパターン
・日本法人の規模が大きい
・英語力が求められないポジション
・上司が全員日本人

改めて今回の結論を申し上げると、あなたが現時点で英語を話せなくても日本国内の外資系で働くことはできます。

なぜなら、日本国内には求職者に高い英語力がなくても働ける外資系企業のポジションはいくらでもあるからです。

とはいえ、英語力がある方が外資系企業に転職しやすいことは事実として変わりありません。

今後外資系企業に転職したいけど自分の英語力に自信がない方は、まずは現職に勤めながら自分の現在の英語レベルに合った英語学習から取り組むようにしましょう。

現代においてはオンライン英語学習サービスが普及しているので、日々のスキマ時間を活用して徐々に英語力を高めていくことができるはずです。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。