【隠れホワイト】外資系企業の経理職に効率よく転職する方法

外資系の経理職へ転職
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「外資系企業の経理職がホワイトって聞いたことがあるけど、本当なのかな?」

はじめに今回の結論から申し上げると、“日本国内の外資系企業の経理職はホワイトであることが多い”傾向にあります。

実は人材業界の中で“隠れホワイト”として知名度が高い外資系企業の経理職。

今あなたが経理職として勤めている会社で「年収が低すぎる」「定時で上がれない」などの悩みを抱えているなら、今すぐにでも外資系のホワイトな経理職への転職を検討してもいいかもしれません。

なぜなら、経理職は手に職を持っているので、外資系に転職するだけでワークライフバランスが整いやすくなるからです。

人によっては前職とほとんど同じ業務をしているはずなのに、外資系転職を機に大幅に年収が上がることもあるでしょう。

実際に私が親しくしている友人の一人も元々は大手日系企業の経理職として勤めていましたが、外資系企業の経理職に転職することで、現在は仕事だけでなくプライベートも充実させることができています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が日本国内の「外資系企業の経理職に効率よく転職する方法」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

これから外資系企業の経理職を目指すなら、まずはホワイトな経理職の求人案件が多い「JACリクルートメント」「ランスタッド」に無料登録しましょう。
外資系企業の経理職を狙うなら?
JACリクルートメント
ランスタッド

外資系企業の経理職がホワイトな3つの理由

ホワイト企業

外資系企業の経理職がホワイトな理由は、主に以下3つのことが考えられます。

外資の経理職がホワイトな理由
・残業が少ない
・休暇がとりやすい
・給料が高い

1つずつ説明していきます。

残業が少ない

まず外資系企業の経理職がホワイトな理由として、“残業が少ないこと”があります。

実は多くの外資系企業では長々と残業ばかりしている人(経理職に限らず全ての職種において)は仕事ができない人というレッテルが貼られてしまう文化があります。

そのため、ほとんどの人に業務時間内に仕事を終わらせるマインドが浸透しています。(その日のうちにやるべきことが終わらなければ、次の日に回すことも多いです。)

そして、多くの日系企業のように無駄に上司の目を気にしたり、わざわざ残業代を得るためだけに残業をする人はいません。

もちろん企業によっては繁忙期などで残業をすることもありますが、基本的に外資系企業では好んで残業をする人が少ないです。

あなたが業務時間内に経理職としてやるべき仕事をこなせば、普段から基本的に残業時間を少なくすることができます。

GAKU
外資系の経理職として勤める私の友人も決算期以外は定時で業務を終えることができると言っていました。

日本人の残業が多い3つの理由と今すぐにできる対処法

2021年5月3日

休暇がとりやすい

次に外資系の経理職がホワイトな理由として、“休暇がとりやすいこと”があります。

前述の通り、多くの外資系企業ではあなたが業務時間内にやるべき仕事をこなせば、誰からも何も言われることはありません。

そのため、当然有給休暇も積極的に取得することができます。(人によっては3週間〜1ヶ月の長期休暇を取得します。)

日系企業では未だに有給休暇が取得しづらいですが、外資系企業は真逆でほとんどの人が積極的に有給休暇を消化します。

あなたの好きなタイミングで自由度高く休暇を取得できるのは、外資系企業に勤める一つの魅力だと考えています。

GAKU
私も大学を卒業して1社目が日系企業だったのでわかりますが、多くの日系企業では未だに有給休暇が取得しづらいですよね。。。

給料が高い

最後に外資系企業の経理職がホワイトな理由として、“給料が高いこと”があります。

世間一般的に経理職は給料が低いことが多いのですが、あなたが働く場所を”日系企業から外資系企業に移すだけ”で、比較的給料が高くなる可能性が高くなります。

その証拠に私の友人も日系企業の経理職から外資系企業の経理職に転職しただけで年収が“1.5倍”高くなっています。(おまけにほとんど残業もしていません。)

外資系企業の給料が高い理由としては、日本に進出している外資系企業はグローバルに事業を展開しており、多くの日系企業と比べてある程度の資金力があるからです。

あなたがこれから経理職として順調に年収を上げていきたいなら、外資系企業に転職することが一番手取り早いです。

GAKU
ちなみに私自身も新卒で入社した会社の給料が少なかったことが理由で26歳の時に人生で初めて外資系企業に転職をしました。

【必見】外資系企業のホワイトな経理職を見つけるコツ

効率よく転職するコツ

あなたがこれから外資系企業のホワイトな経理職を見つけたいと考えているなら、まずは“外資系企業転職に強い転職エージェントを最大限に活用”しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも特に「JACリクルートメント」「ランスタッド」はホワイトな経理職の外資系求人案件が多いことでも知名度が高いです。

外資系企業の経理職を狙うなら?
JACリクルートメント
ランスタッド

求人案件でチェックすべき項目

そして、実際に外資系企業転職に強い転職エージェントに登録したら、紹介してもらう求人案件の中で、特に以下の2項目をチェックするように心掛けましょう。

求人案件でチェックすべき項目
「残業なし」の記載
「繁忙期を除き、残業なし」の記載

もしあなたが転職エージェントに紹介してもらった求人案件に上記の内容が記載しているなら、ほとんどの高い確率でホワイトな経理職である可能性が高いです。

エントリーする前に必ず上記の項目は必ずチェックするようにしましょう。

万が一残業に関連した内容が記載されていない場合は、転職エージェントを通して、条件を確認してもいいかもしれません。

GAKU
あなたがこれまでのキャリアで経理職として経験があれば、外資系企業の経理職に転職できる可能性は高まります。とはいえ、せっかく外資系に転職するなら、よりよい労働環境の方が良いので、求人はしっかり吟味するようにしましょう。

経理として外資系企業に転職する際の最大の注意点

注意点

あなたが経理として外資系企業に転職するなら、まず注意すべきことがあります。

それは、あなたが外資系企業の“実際の経理業務で使えるレベルの最低限の英語力を保有しておくこと”です。

外資系企業に経理職として転職をすると、主に以下のような場面で英語を使います。

外資系企業で英語を使う場面
・英語でのメールやりとり
・英語での電話対応
・英語での勘定科目

あなたが今後経理として外資系企業に転職したいなら、上記の場面で使う英語は最低限身につけておきたいところです。

特に勘定科目は外資系企業に入社するまでの間に覚えておくことで、入社後にスムーズに仕事を進めていけるはずです。

GAKU
現時点で自分の英語力に自信がない方は、まずは現在の英語レベルに応じた英語学習を始めましょう。
おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日
ちなみにあなたが経理経験者でなければ、まず経理職として外資系企業に転職するとてもハードルは高いと言えます。

【まとめ】今後経理として年収を上げたいなら、まず外資ホワイト経理職を狙うべし!

JACリクルートメント

今回は、「外資系企業の経理職に効率よく転職する方法」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

あなたが今経理職として勤める会社で「年収が低い」「定時で上がれない」の悩みを抱えているなら、まず外資系企業のホワイトな経理職へ転職を検討すべきです。

なぜなら、外資系企業ならあなたが業務時間内にやるべきことをやれば無駄な残業をしなくて済みますし、やはり日系企業と比べて休暇も取得しやすいからです。

(とはいえ、どこの外資系企業も唯一決算期前後だけは業務が忙しくなります。)

そして何よりも今勤めている”日系企業よりも給料が高くなる可能性が高い”です。

またこれまで以上に自分の時間を確保しやすくなるので、今以上にあなたのプライベートも充実するかもしれません。

まだ現在の自分の英語力に自信がない方は、今の会社に勤めながらオンライン英語学習サービスを活用しつつ、今のうちからコツコツと英語力を高めておきましょう。

外資系企業で英語を使う場面
・英語でのメールやりとり
・英語での電話対応
・英語での勘定科目

逆にすでにある程度の英語力がある方は、早速外資系に強い以下いずれかの転職エージェントに無料登録をして、転職エージェントに相談を進めながら、外資系企業のホワイトな経理職を探してみましょう。

日本国内の多くの外資系企業では経理職がとてもホワイトな職種という噂なので、その事実を知っている方はすでに続々と外資系企業に転職をし始めています。

一度外資系企業の経理職として転職ができれば、その後のキャリアでも年収アップがしやすくなることは間違いありません。

あなたが今後ホワイトな労働環境で経理職として年収アップ・キャリアアップを目指すなら、まず日本国内の外資系経理職のポジションを狙いにいきましょう。

外資系企業の経理職を狙うなら?
JACリクルートメント
ランスタッド
外資系の経理職へ転職

\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。