USCPAの平均年収はいくら?【転職コスパ最強の資格】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「USCPAの平均年収は高いの?」

さきに結論から申し上げると、USCPAは30代で年収1,000万円以上は狙えるコスパの高い資格です。

そのため、これから高年収の仕事を狙っている方にとっては最適な資格です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「USCPAの平均年収はいくら?」についてどこよりも詳しくご紹介します。

これからUSCPAを持って年収が高い仕事に就きたいなら、まずは外資コンサルファームに強い「アクシスコンサルティング」に登録しましょう。

>>アクシスコンサルティングに登録

まずUSCPAの基本情報としては、以下の通りです。

USCPAの基本情報
・米国公認会計士
・試験は全て英語
・試験時間は4時間
・学習時間は800時間以上
・難易度は簿記1級・公認会計士レベル

USCPAは、FAR(財務会計)・BEC(管理会計)・AUD(監査論)・REG(税法・商法)の4つの試験により構成されています。

USCPAは英語で会計を学ぶため難易度は高めですが、その分英語と会計のプロフェッショナルとして認められた資格のため、高年収を狙うことができます。

日本にも会計士や税理士などの資格がありますが、そのアメリカ版と考えてもらえばいいでしょう。

これから会計関連でキャリアアップしていきたい方や営業からコンサルに転身したい方がUSCPAを取得する傾向にあります。

USCPAの平均年収

当サイトの読者さんには20代・30代の方が圧倒的に多いのですが、参考までにお伝えするとUSCPAなら30代で平均年収は1,000万円は超えることができます。

一般的にUSCPAの転職先として多いのが、主にコンサルフォームになるのですが、コンサルフォームへの転職となれば30代で平均年収が1,000万円を超えることは多いです。

あなたがすでにUSCPAを保有していて、コンサルファームへ転職すれば確実に良い条件で転職することができるので、今のうちからUSCPA取得を目指すのはありです。

特に外資系コンサルファームは資金力があるので、積極的に狙ってもいいかもしれません。

USCPA取得を目指したい方へ

まだUSCPAを取得していないという方は、まずはUSCPAについて知るためにも「無料説明会」もしくは「無料資料請求」をされることを推奨します。

特にアビタスという会社が運営する「USCPAコース」では、インプットは日本語・アウトプットは英語という学習方法が確立されているため、多くの日本人が効率よく短期間でUSCPAに合格することができます。

会計職以外の方でも、会計初心者でも問題なく受講できる内容になっているため、まずは定期的に開催している無料説明会に参加されることを推奨します。

アビタスの無料説明会会場
・東京(八重洲・新宿・品川)
・横浜
・名古屋
・京都
・大阪

これから独学でUSCPAを取得する予定の方も、アビタスの説明会は無料で参加することができるので、まずはイメージを膨らますためにも参加してみましょう。

ちなみに私の仲の良い友人の一人は、もともと日系大手企業の営業マンとして勤めていましたが、アビタスのコースを受講し、無事にUSCPAを取得することができました。

そして、年収は前職の約2倍にまで増やすことができました。

>>アビタスで資料請求する(無料)

USCPAのコスパは最強!?

USCPAの資格は控えめに言って、コスパ最強です。

あなたが効率よく学習を進めれば、数十万円もかけずに合格することができますし、普段は企業勤めをしながらでも問題なく学習を進めることができます。

人によってはUSCPAを保有することによって数百万円年収がアップすることもあるので、USCPAにかけた費用はすぐに回収することができます。

最も大切なのは、「あなたがUSCPAを取得するという強い覚悟」「継続して学習すること」です。

少しずつ学習を進めていけば、会計知識だけではなく、英語力も身につけることができます。

あなたがUSCPAを取得するためにかける費用以上にメリットを享受できるはずなので、安心して学習を進めていただければと思います。

USCPAと相性が良い転職先は?

USCPAと最も相性が良い転職先は、言うまでもなく「外資系コンサルファーム」です。

USCPAは英語と会計のプロフェッショナルですので、日本国内の外資系コンサルフォームではとにかく重宝されます。

特にUSCPAを取得するために学んだ内容をそのまま業務に活かすことができるため、高い給料を貰いながら日々充実した生活を送ることができると言えるでしょう。

せっかくUSCPAを取得したなら、高い年収を狙うためにもまずは「外資系コンサルファーム」を目指しましょう。

USCPA保有で年収アップ目指すなら、まず登録すべき転職エージェント

今回は、「USCPAの平均年収はいくら?」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、USCPAなら30代で年収1,000万円以上を目指すことができます。

USCPAは今の会社に勤めながらコツコツ学習を進めることができますし、何よりあなた自身が英語と会計をマスターした人材になることができるので、自己研鑽の手段としても非常に効果的です。

そして、無事にUSCPAを取得した暁には、あなたの今後のキャリアを大きく拓くことができます。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「アクシスコンサルティング」は外資系コンサルファームの転職支援に強い転職エージェントです。

まずは外資系コンサルファームに転職するための情報収集をするために、アクシスコンサルティングのコンサルタントに相談してみましょう。


\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。