資生堂からの転職先は困らない?【元資生堂社員に聞いてみた】

資生堂からの転職先

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「資生堂を卒業して、次の転職先を見つけたいけど、どうすればいいの?」

日本を代表する化粧品メーカーである「資生堂(SHISEIDO)」

現在資生堂に勤めている方なら、そろそろ資生堂を卒業し、次のキャリアアップを目指したいと考えているでしょう。

結論から申し上げると、あなたがすでに資生堂で職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはないでしょう。

では資生堂出身者は一体どのような業界・企業に転職をするのでしょうか?

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「資生堂からの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

資生堂から転職するなら?
JACリクルートメント資生堂からのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

これから資生堂に勤めながら転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と差をつけましょう。

資生堂からの転職先は困らない?【事実ベース】

まず今回の結論から申し上げると、“あなたが資生堂からの転職先に困ることは絶対にありません”

資生堂から転職される方は様々な業界や企業で活躍しており、むしろあなたの今後のキャリアの選択肢は数多くあります。

実際に私の周りをみても、資生堂から順調に年収アップ・キャリアアップしていますし、資生堂は世界TOPクラスの化粧品メーカーとしてグローバルに事業展開しているため、次の転職先も化粧品業界や外資系という領域で選び放題であることが多いです。

あなたが若いうちに資生堂である程度職務経験を積んでいれば、次の転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性が極めて高いです。

また実際に資生堂に新卒で入社した方も就労3年以内など早いタイミングでスムーズに次の転職先が決まることが多く、資生堂は“今後のキャリアアップの通過点”として学生にも人気がある企業の一つです。

また資生堂は国内の化粧品メーカーの中でも平均年収が有り得ないくらいに高く、次のステップとしてミドル・ハイクラスのポジションを狙うこともできます。

GAKU
ネット上でよく資生堂はブラック企業と言われますが、最近は徐々にホワイト企業に近づいてきていると感じています。

資生堂社員が転職に強い3つの理由【みんな知らない】

3つ

資生堂社員が転職に強い理由として、主に“3つのこと”が考えられます。

私の周りにも元資生堂社員が数名いるので、実際に彼らの話を聞き、資生堂社員が転職に強い理由がわかりました。

現在資生堂に勤めている方であれば、共感できる部分が多いと思います。

資生堂社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・高いマーケティング力
・英語力がある

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

まず資生堂社員が転職に強い理由として、“企業のブランド力の高さ”があります。

現在資生堂はグローバルに事業を展開しており、国内に知らない人はいないほど企業としての高いブランド力があります。

また資生堂は日本を代表するTOPクラスの化粧品メーカーなので、化粧品業界の中でも優秀な人材が集まっています。

そのような高いブランド力が確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
ご存知の通り、資生堂の転職難易度はとても高いので、やはり転職市場でも重宝されやすいです。

高いマーケティング力

次に資生堂社員が転職に強い理由として、“高いマーケティング力”があります。

資生堂の全従業員はマーケティング力が高いため、他の企業に転職した時にやはり即戦力になります。

今や資生堂のマーケティング部門は資生堂の売上の大半に貢献している屋台骨と言っても過言ではありません。

資生堂では若くしてマーケティング職を経験する可能性が高く、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

GAKU
資生堂と同じように若いうちからマーケティング職を経験できる企業として、“P&G”などがあげられます。

英語力がある

最後に資生堂社員が転職に強い理由として、“英語力があること”があります。

ご存知の通り、これまでグローバルな化粧品メーカーとしての地位を高めてきた資生堂は、今では“日本を代表するグローバル企業”へと華麗なる変貌を遂げました。

現時点で資生堂に入社する方の多くは英語力が高いことが多く、普段からグローバルな働き方ができる方が多いです。

資生堂の後のキャリアとして、海外勤務をしてみたり、日本国内の外資系企業へ転職をされる方は非常に多いです。

実際に私の周りの元資生堂社員も国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップする傾向が強いです。

GAKU
実際に資生堂の海外事業部門では英語を使う機会が多いので、所属する部署によっては高い英語力が求められます。

元資生堂社員の主な転職先や業界【知らないと損】

転職元、転職先

元資生堂社員から聞いた資生堂社員の主な転職先や業界は以下の通りです。

資生堂からの転職先

資生堂からの転職先
・カネボウ化粧品
・P&G
・楽天グループ

資生堂から転職する方は、同じ業界のカネボウ化粧品やP&G、楽天などで管理職のポジションとして転職しやすいです。

またアクセンチュアやPwCなどの外資系コンサルファームへのキャリアアップを狙う方も一定数いらっしゃいます。

資生堂から進む業界

資生堂から進む業界
・化粧品業界
・IT大手

・外資系コンサルファーム

また資生堂から進む業界は、化粧品業界やIT大手、外資系コンサルファームが多いです。

資生堂はこれまで化粧品メーカーとして事業を展開してきましたが、最近では幅広い新たな事業にも力を入れており、様々なキャリアの選択肢があります。

特に資生堂には英語を使える人材が多いので、国内の外資系企業に転職する方は多いです。

GAKU
やはり資生堂から転職しやすい企業や業界には傾向があります。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

資生堂から他社に転職する最適なタイミングはいつ?

カレンダー

資生堂から他社に転職する最適なタイミングは人それぞれですが、私の元資生堂社員の友人の話をまとめると、“資生堂では最低3年の就労経験を積んで転職すること”を強く推奨します。

なぜなら、資生堂で3年も業務を遂行していれば、すでに何かしらのパフォーマンスを発揮しており、転職市場においても、”重宝される人材になっているから”です。

また資生堂には数多くの事業・サービスがあり、万が一合わない部署があっても、社内で異動できるチャンスがあります。

資生堂は化粧品を軸に多岐にわたる事業を展開しているので、実際に業務をしながら学べることも多いです。

あなたがすでに資生堂で3年以上勤めているなら、そろそろ転職を考え始めてもいい時期なのかもしれません。

GAKU
資生堂新卒社員も入社から3年が経過し転職することが多いです。

【まとめ】資生堂からの転職先は困らない!

今回は、「資生堂からの転職先」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、あなたが資生堂で職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません。

なぜなら、日本国内でも資生堂の知名度は高く、他の企業からみても即戦力人材が多く集まっているからです。

また資生堂社員はビジネスレベルの英語力を保有する方も多いので、今後海外勤務外資系企業にも挑戦できます。

資生堂で職務経験がある方なら、今後どの企業でも活躍できるので、まず自信を持って転職活動を始めましょう。

現在資生堂に勤めるあなたが今後「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」なら、まず“日本国内のグローバル企業への転職すること”を強く推奨します。

資生堂で成果主義思考を身につけているので、今後グローバル企業で確実に活躍できますし、給料もキャリアも青天井に伸ばしていけることは間違いないです。

(正直ベースで申し上げると、資生堂よりも国内の優良外資系企業の方が給料の伸びは早いことも多いです。)

国内の転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は最も資生堂社員が転職時利用する転職エージェントです。

特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後“外資系企業で働きたい”と考えている方にとても定評があります。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な外資系の求人案件を紹介してくれます。

まずはJACリクルートメントに無料登録をして、あなたの希望に沿った優良な求人案件を紹介してもらいましょう。

資生堂からの転職先は星の数あるので、今後のキャリアについてじっくり考えながら転職活動を進めていきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

資生堂から転職するなら?
JACリクルートメント資生堂からのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

これから資生堂に勤めながら転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と差をつけましょう。

資生堂社員がJACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしたい資生堂社員の登録も多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい資生堂社員の登録も多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、資生堂社員が「JACリクルートメント」と併用したい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

資生堂からの転職先