公務員から民間企業への転職に失敗しないための3つのコツ

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「公務員から民間企業への転職に失敗しそうで怖い。。」

現在公務員として勤めている方なら、公務員から民間企業へ転職する際にこのような気持ちになることでしょう。

特に公務員はよほどのことがない限りは失業することがない職業なので、あなたが安定した職業を捨ててまで転職することに関しては不安が大きくなるはずです。

そのため、これからあなたが公務員から民間企業への転職を成功させたいなら、事前に公務員から民間企業への転職に失敗しないポイントを押さえておくことが重要になります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「公務員から民間企業への転職に失敗しないための3つのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介します。

あなたがこれから公務員から民間企業への転職を目指すなら、まずは国内優良企業の転職支援に強い「ランスタッド」に登録しましょう。

>>ランスタッドで優良求人を探す

公務員から民間企業への転職は難しい?

まずはじめに公務員から民間企業への転職は難しいですが、人によっては実現可能です。

その証拠に私の周りの友人や知人も公務員から民間企業に転職し、現在も民間企業でしっかりと活躍しています。

しかしながら、あなたが公務員から民間企業へ転職する動機が明確なものでなければ、なかなか民間企業への転職を実現することは難しいと言えるでしょう。

なぜなら、公務員と民間企業の働き方は大きく異なるので、あなた自身が民間企業での働き方を受け入れられなくなる可能性が高く、採用する側の民間企業もあなたを受け入れづらくなるからです。

そのため、現在なんとなく公務員を辞めて民間企業に転職したいと考えている方は、まずはあなた自身が公務員から民間企業へ転職する目的を明確にすることから始めましょう。

あなたが安定している公務員をわざわざ辞めて民間企業に転職したい理由が明確であるほど、民間企業転職後も公務員に一切の後悔なく民間企業で活躍することができるはずです。

公務員を退職して後悔することはある?【退職すべき人の特徴】

2021年10月5日

公務員から民間企業に転職する3つのメリット

公務員から民間企業に転職するメリットは主に以下3つあります。

公務員から民間企業に転職するメリット
・興味のある仕事を選べる
・大幅に年収アップできる
・大幅にキャリアアップできる

1つずつ紹介していきます。

興味のある仕事を選べる

まず公務員から民間企業に転職する1つ目のメリットとして、“興味のある仕事を選べること”が考えられます。

公務員はどちらかというと古い体質の組織ということもあり、基本的には自分本位で仕事を選ぶことはできません。

一方で民間企業は様々な分野で数多くのキャリアの選択肢があるので、あなたの興味を優先して次の転職先を選ぶことができます。

普段公務員として決まりきった業務を行うことにやるせなさを感じているなら、まず民間企業への転職を検討していいでしょう。

GAKU
あなたが公務員から民間企業へ転職する際にはあなたの興味のある分野だけでなく、同時にあなたの興味のある職種も選択するようにしましょう。

大幅に年収アップできる

次に公務員から民間企業に転職する2つ目のメリットとして、“大幅に年収アップできること”が考えられます。

公務員の給料の出所は国民や市民が納める税金なので、基本的に公務員は勤務期間が長い方から順番に高い給料を受け取っていく文化があり、短期間で大幅に年収をアップすることはまず実現不可能です。(いわゆる年功序列に近い形で給料が支給されます。)

一方で民間企業は未だに年功序列文化が浸透している企業は多いものの、最近ではその人が発揮したパフォーマンスに応じて高い給料を支給する成果主義を重要視する企業もあるので、公務員よりもより短期間で大幅に年収をアップすることができます。

GAKU
あなたが若いうちから高い給料を受け取りたいと考えているなら、早い段階で民間企業に転職するのもありと考えています。

公務員の手取りは少ない?【昇進・昇給には時間がかかる】

2021年7月29日

大幅にキャリアアップできる

最後に公務員から民間企業に転職する3つ目のメリットとして、“大幅にキャリアアップできること”が考えられます。

前述の通り、公務員は年功序列の文化が強く浸透しているため、若いうちから出世することは極めて難しい状況にあります。

一方で民間企業は自分の努力次第で青天井にキャリアアップすることができ、その後他の民間企業に転職することもできます。

特にベンチャー企業や平均年齢が若い企業などは若いうちから裁量権の大きい仕事を任せてもらえることが多いので、若いうちから刺激的な環境で働きたい方は民間企業に転職しましょう。

GAKU
あなたが若いうちから裁量権の大きい刺激的な経験をしたいと考えているなら、早い段階で民間企業に転職するのもありと考えています。

公務員から民間企業に転職する2つのデメリット

公務員から民間企業に転職するデメリットは主に以下2つあります。

公務員から民間企業に転職するデメリット
・成果がないと昇給しない
・転勤する可能性がある

1つずつ紹介していきます。

成果がないと昇給しない

まず公務員から民間企業に転職するデメリットとして、“成果がないと昇給しないこと”が考えられます。

公務員の給料の出所は国民や市民が納める税金なので、基本的に公務員は減給やリストラされるリスクがありません。

一方で民間企業は売上や利益を追求しないと倒産してしまう可能性があるので、あなたが常に成果を上げないと昇給することができずリストラされるリスクもあります。

そのため、あなたが公務員から民間企業へ転職したら、常に成果を上げなければいけないプレッシャーの中で業務を遂行することになります。

GAKU
常に成果を重視される労働環境で仕事をしたくない方は、引き続き公務員として勤務する方がいいでしょう。

転勤する可能性がある

次に公務員から民間企業に転職するデメリットとして、“転勤する可能性があること”が考えられます。

公務員は地域に特化した仕事になるので、基本的に転勤する可能性がありません。

一方で民間企業は規模が大きい会社ほど転勤の可能性が高まってしまうので、あなたが住みたい街があるならまず転職をしない方がいいでしょう。

とはいえ、あなたが民間企業へ転職する時点で「転勤はしたくない」前提で入社することもできるので、うまく工夫しながら交渉することもできます。

GAKU
最近はあらかじめ勤務する地域を限定した状態で転職活動もできるので、必ずしも民間企業に転職するからといって転勤するとも限りません。

公務員から民間企業への転職に失敗しないための3つのコツ

あなたが今後公務員から民間企業への転職に失敗しないためにも、まずは以下3つのコツを意識するようにしましょう。

この3つのコツを意識するだけで、あなたは民間企業への転職に失敗しなくて済みます。

公務員から民間企業への転職に失敗しないためのコツ
・転職する目的を明確にする
・年齢が若いうちに転職する
・自分の強みを認識し、アピールする

1つずつみていきましょう。

転職する目的を明確にする

まずあなたが今後公務員から民間企業への転職に失敗しないために、“転職する目的を明確にする”ようにしましょう。

あなたが公務員の働き方に不満があるだけでは、民間企業に転職する十分な理由にはなりません。

むしろあなたがそのような考え方を持っていると、なかなか民間企業から採用されることはないでしょう。

あなたが民間企業に転職して“どのようなことに挑戦したいのか?””どのような働き方を実現したいのか?”をまず明確にしましょう。

あなたがわざわざ公務員から民間企業に転職する理由を語れるようになれば、自ずとスムーズに次の転職先を見つけることができます。

GAKU
公務員として勤めている方が民間企業に転職する際に公務員の不満を語ることは絶対にNGです。民間企業から一瞬で仕事ができない人材と判断されます。

年齢が若いうちに転職する

次にあなたが今後公務員から民間企業への転職に失敗しないために、“年齢が若いうちに転職する”ようにしましょう。

世間一般的に中途採用を行う民間企業はできるだけ若い年齢層の人材を採用したい傾向が強いです。

なぜなら、若い年齢の人材の方が吸収が早く、コスパよく成果を上げてくれやすいからです。

そのため、あなたが公務員から民間企業への転職を考えているなら、できるだけ若い年齢のうちに民間企業に転職するようにしましょう。

GAKU
公務員として何十年も勤めている方は、そこから民間企業の働き方にシフトすることは難しいです。できれば20〜30代のうちに民間企業に転職しましょう。

自分の強みを認識し、アピールする

最後にあなたが今後公務員から民間企業への転職に失敗しないために、“自分の強みを認識し、アピールする”ようにしましょう。

民間企業が公務員出身者を中途採用する際には、その人の強みを買って採用する場合が多いです。

なぜなら、その人の強みをどんどん伸ばしていった方が、高い確率で成果を上げてくれる可能性が高いからです。

そのため、これからあなたが民間企業に転職したいなら、まずは自分の強みを認識し、志望する民間企業にあなたの強みを積極的にアピールしましょう。

GAKU
あなたが民間企業で順調に年収アップ・キャリアアップしていくためには、積極的に自分の強みを伸ばしていくことが最短距離になります。

公務員から民間企業へ転職するなら、まず転職エージェントは活用すべき!

今回は、「公務員から民間企業への転職に失敗しないための3つのコツ」について詳しく紹介してきました。

あなたが今後公務員から民間企業への転職をするなら、まずは失敗しないためにも以下3つのことを意識するようにしましょう。

公務員から民間企業への転職に失敗しないためのコツ
・転職する目的を明確にする
・年齢が若いうちに転職する
・自分の強みを認識し、アピールする

公務員と民間企業では働き方が大きく異なるので、慎重に転職プランを立てることがとても重要になります。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「ランスタッド」は最も公務員から民間企業への転職活動に強い転職エージェントです。

今の公務員の仕事を続けながら、ランスタッドで転職活動を進めることで、スムーズに国内優良企業の魅力的な求人を見つけることができるはずです。

公務員から民間企業のサラリーマンに華麗に転身して、これまで以上にキャリアアップ・年収アップを目指していきましょう。

あなたが公務員から民間企業への転職に成功されることを心から応援しています。


\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。