公務員を退職して後悔することはある?【退職すべき人の特徴】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「公務員を辞めたいんだけど、やっぱり辞めた後に後悔するかな?」

公務員を辞めたいと思っている人は多いですが、実は実際に辞めている方は少ないです。

なぜなら、公務員を退職した後に後悔しそうという気持ちが強いからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「公務員を退職して後悔することはある?退職すべき人の特徴」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

現在本気で公務員を辞めたいと考えている方が公務員退職後のイメージを膨らませて、“本当に公務員を退職すべきなのか?”について考えるきっかけになれば嬉しいです。

公務員から民間企業への転職を目指すなら、まずは国内優良企業の転職支援に強い「ランスタッド」に登録しましょう。

>>ランスタッドで優良求人を探す

公務員を退職して後悔する方は多い

まずはじめに今回の結論から申し上げると、公務員を退職して後悔する方は多いです。

なぜなら、公務員という働き方は単純に待遇が良いからです。

まず公務員という職業は給料やボーナス・昇給が確実に約束されています。

短期間で大幅に給料が上がる可能性は低いですが、民間企業のように業績不振などで減給になる可能性は一切ありません。

また基本的に定時で業務を終了できて、土日祝日も完全に休み、有給や育休も取得しやすいです。

このように日々自分に任された業務さえこなせば、確実に民間企業よりも良い待遇で働くことができます。

そのため、公務員を退職して後悔する方は多いです。

GAKU
高い給料を望まない方にとっては、公務員の労働環境は最適だと思います。

公務員を退職して後悔する3つのパターン

では具体的に公務員を退職して後悔することとしてどのようなことが考えられるでしょうか?

ここでは公務員を退職して後悔する3つのパターンを紹介します。

公務員を退職して後悔するパターン
・安定がなくなった
・プライベートな時間が減った
・思考停止できなくなった

1つずつみていきましょう。

安定がなくなった

まず公務員を退職して後悔することとして、“安定がなくなること”が考えられます。

公務員は基本的に終身雇用が約束されており、給料やボーナスもしっかり支給されます。

民間企業のように業績不振などでリストラや減給などのリスクも抱えていないので、精神的にも常に安定した状態で働くことができます。

そのため、公務員という安定した職業を失って後悔する方は多くいらっしゃいます。

GAKU
世間一般的にも公務員という職業は安定していると思われがちです。

プライベートな時間が減った

次に公務員を退職して後悔することとして、“プライベートな時間が減ること”が考えられます。

公務員という職業は基本的に定時で終了できることの方が多いです。(もちろん部署によっては残業や繁忙期もありますが。。)

そのため、基本的には平日でもプライベートな時間を確保しやすく、ワークライフバランスを取りやすい傾向にあります。

これまで公務員として勤めていた方が民間企業に転職することで、プライベートな時間を確保しづらくなったというのはよく聞く話です。

GAKU
引き続き平日のプライベートな時間を確保したい方は、公務員の働き方が合っていると思います。

思考停止できなくなった

最後に公務員を退職して後悔することとして、“思考停止できなくなること”が考えられます。

公務員は自分に任された業務さえこなしておけば、基本的に誰からもとやかく言われることはありません。

当然民間企業のように売上のノルマはありませんし、取引先やパートナーに合わせて急な予定変更をする必要もありません。

これまで自分の目の前にある業務を思考停止してこなせばOKでしたが、民間企業に転職すると当然そういうわけにはいきません。

GAKU
公務員は思考停止して仕事に集中するには最適な労働環境だと思います。

公務員を退職する前に確認すべきポイント

世間一般的に公務員は常に安定していてホワイトな職業というイメージが強いです。

しかしながら、日々公務員を辞めたいと悩んでいる方は星の数ほどいらっしゃいます。

とはいえ、実際には公務員をいつかは辞めたいと思いながらも続けている方が多いです。

なぜなら、公務員を退職した後に後悔しないか?という大きな不安があるからです。

ここでは現在公務員を退職するか迷っている方向けに、公務員退職前に確認すべきポイントを紹介します。

公務員退職前に確認すべきポイント
・一度休職期間を取れないか?
・公務員退職後にやりたいことは何か?

1つずつみていきましょう。

一度休職期間を取れないか?

まず公務員を退職する前に“一度休職期間を取れないか?”を考えましょう。

公務員は休職期間中も一定の給料額が振り込まれるので、あなたが公務員退職後の未来を考える時間を取ってもいいと思います。

特に現在の労働環境や人間関係で悩んでいる方は、まずは休息期間を取ったほうがいいです。

あなたが公務員を休んでいる間に、できるだけ様々なものに触れて、今後どうしていくかを真剣に考えましょう。

休職期間が終わった頃には、あなたの頭の中が整理された状態になっているはずです。

GAKU
今すぐ急いで公務員を辞める必要はないので、一度休息する時間を取ってみましょう。

公務員退職後にやりたいことは何か?

次に公務員を退職する前に“公務員退職後にやりたいことは何か?”を考えましょう。

前述の通り、公務員という職業は労働環境としてはかなりホワイトです。

そのため、あなたがこの公務員というホワイトな働き方を捨ててまで、本気でやりたいことは何か?を考えることは非常に重要なことです。

あなたが本気でやりたいこと、挑戦したいことがあれば、あなたが公務員を退職した後も一切の後悔なく突き進んでいけるはずです。

GAKU
あなたが公務員を退職する理由はネガティブな理由ではなく、ポジティブな理由の方がその後あなた自身が前に進みやすいです。

【必見】公務員を退職すべき方の特徴【後悔なし】

ここでは公務員を退職すべき方の特徴について説明します。

公務員を退職すべき方の特徴
・今後やりたいことが明確な方
・民間企業で働きたい方
・年収を大幅UPさせたい方
・成果主義の世界で戦いたい方
・自分でキャリア形成したい方

あなたが上記いずれかに一つでも該当するものがあれば、まず公務員を退職しても問題ないはずです。

なぜなら、公務員退職後のビジョンが明確で、そのまま突き進んでいける大きな理由があるからです。

実際に私の周りの友人や知人の中にも公務員から民間企業に転職して、現在大活躍されている方が多くいらっしゃいます。

GAKU
現在のあなたが本気で公務員を退職するかを悩んでいるなら、まずはあなたが公務員を退職した後の目標や目的を定めるようにしましょう。あなたの公務員退職後の目標や目的が明確であるほど、公務員退職後に後悔することはありません。

公務員の手取りは少ない?【昇進・昇給には時間がかかる】

2021年7月29日

公務員退職後に後悔しないように入念に準備すべき!

今回は、「公務員を退職して後悔することはある?退職すべき人の特徴」について詳しく紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、公務員を退職して後悔する方は多いです。

公務員を退職して後悔するパターン
・安定がなくなった
・プライベートな時間が減った
・思考停止できなくなった

しかしながら、公務員を退職して後悔する方が多くいらっしゃる一方で公務員を退職して一切後悔しない方も多くいらっしゃいます。

そのため、現在のあなたが本気で公務員を退職するか迷っているなら、まずは以下2つのポイントを押さえるようにしましょう。

公務員退職前に確認すべきポイント
・一度休職期間を取れないか?
・公務員退職後にやりたいことは何か?

現在の公務員の仕事をいきなり退職するのではなく、入念にこれからどういう道を進んでいくのかを考えた上で、公務員を退職するようにしましょう。

個人的にはどうせ公務員の仕事を辞めるなら、効率よく年収アップ・キャリアアップができる仕事に就くことを推奨します。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「ランスタッド」は最も公務員から民間企業への転職活動に強い転職エージェントです。

今の公務員の仕事を続けながら、ランスタッドで転職活動を進めることで、スムーズに国内優良企業の魅力的な求人を見つけることができるはずです。

公務員から民間企業のサラリーマンに華麗に転身して、これまで以上に効率よくキャリアアップをしていきましょう。


\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。