ロバートウォルターズはいきなり英語で面談が行われるの?【英語できないと不利?】

ロバートウォルターズは英語面談
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「ロバートウォルターズはいきなり英語で面談が行われるって聞いたけど、一体ホント?」

と気になっている方向けの内容です。

今後ロバートウォルターズでの外資系企業転職を考えている方なら、現在このような疑問を抱えているかもしれません

まず今回の結論から申し上げると、ロバートウォルターズでは、英語で面談が行われるは事実としてあります

ロバートウォルターズに在籍するキャリアアドバイザーのほとんどはバイリンガルなので、面談中に求職者の英語力をチェックするために、時々英語で質問を投げかけてきます。

本記事では、「ロバートウォルターズは英語で面談が行われる?英語できないと不利?」についてご紹介します。

この記事の簡単なまとめ
ロバートウォルターズは外資系転職に強い転職エージェントです。しかし、効率よく年収をUPできるかというと別の問題です。

それでは、これから外資系転職を目指す方は、どの転職エージェントを利用すべきかという問題ですが、正直「JACリクルートメント」以外にありません。

JACリクルートメント

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

ロバートウォルターズとは?

ロバートウォルターズ

まずロバートウォルターズとは、1985年にイギリスのロンドンで設立されたスペシャリスト人材紹介会社のことです。

主に外資系企業・日系グローバル企業におけるグローバル人材の転職/採用支援において優れた信頼と実績を築いてきました。

現在ロバートウォルターズは世界31ヶ国、65拠点にオフィスを構え、日々グローバルな人材の発掘、転職支援をしています。

ロバートウォルターズは外資系企業や日系グローバル企業の転職支援に強いこともあり、「国内で英語を使って仕事をしたい方」に定評のある転職エージェントです。

GAKU
実際に私が初めてロバートウォルターズを利用したきっかけも、ロバートウォルターズが外資系企業転職に強いことを知っていたからです。

ロバートウォルターズの会社概要

会社名 ロバート・ウォルターズ・ジャパン
設立 1985年
代表取締役社長 ジェレミー・サンプソン
住所 東京都渋谷区渋谷3-12-18 渋谷南東京ビル 14階
資本金 非公開

ロバート・ウォルターズ・ジャパンのサービス概要

ロバート・ウォルターズ・ジャパン
求人内容 ミドル・ハイクラス向け
国内拠点数 2拠点(東京・大阪)
対象年齢 20代〜50代
登録料 完全無料

ちなみにロバートウォルターズの創業者で現在CEOを務める方は、企業名にもなっているロバート・ウォルターズ氏です。

GAKU
ロバートウォルターズの求人は英語を使う業務が多いため、今後グローバルな環境で順調にキャリアアップ・年収アップしたい方には最適な転職エージェントです。

ちなみにロバートウォルターズのリアルな評判・口コミにも書いていますが、これから英語を使って仕事をしたい方にとって、まずロバートウォルターズを使わない手はありません。

ロバートウォルターズはいきなり英語で面談が行われるの?【事実】

面談

まず正直ベースで申し上げると、ロバートウォルターズでは、いきなり英語で面談が行われることが普通にあります

なぜなら、ロバートウォルターズのキャリアアドバイザーはバイリンガルで、求職者の英語力をチェックするために、面談中に英語で質問を投げかけることが当たり前だから。

実際に私が以前にロバートウォルターズを利用した際は外国籍(海外出身)のキャリアアドバイザーが私の担当してくれたのですが、面談を含む転職活動に関わるほとんどのやり取りが英語で行われました。結構焦りますよ笑。

もちろんロバートウォルターズのキャリアアドバイザーが日本人なら日本語で面談が行われますが、基本的に求職者は英語で面談が行われるスタンスでいる方が精神的にも楽です。

ちなみにロバートウォルターズを利用するために必要な英語力にも書きましたが、あなたがロバートウォルターズを利用するためには、最低TOEIC700点以上の英語力が必要になります。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

ロバートウォルターズはやり取りが英語になることが多い!

女性

ロバートウォルターズが保有する求人は、外資系企業・日系グローバル企業など求職者の英語力を活かす仕事ばかりです。

つまり、求職者にはそれなりに高いビジネス英語力が求められ、自ずとロバートウォルターズのキャリアアドバイザーとのやり取りは英語になることも多いです。

なぜなら、企業に求職者を紹介するロバートウォルターズのキャリアアドバイザーの立場からしても、「企業にグローバルに働ける優秀な人材を送りたい」と考えているからです。

ロバートウォルターズであなたの英語力を測られるタイミングは、主にキャリアアドバイザーとの初回面談時になります。

ロバートウォルターズに在籍するキャリアアドバイザーのほとんどがバイリンガル(二言語を自由に使いこなす人)のため、初回面談時から英語で質問を投げてきます。

初回面談時に英語力をアピールすることができれば、ロバートウォルターズから積極的に求人案件を紹介してもらえますし、逆にいまいちだと、ロバートウォルターズからあまり求人案件を紹介してもらえません

GAKU
ちなみにキャリアアドバイザーとの初回の電話のやりとりから英語ではじまるパターンは結構多いです。

そのため、現時点で自分の英語力に自信を持っていない方は、ある程度の英語スキルがつくまでは、はじめにロバートウォルターズに登録することを推奨しません。

ロバートウォルターズの利用は敷居が高い?にも詳しく書きましたが、結局のところ、英語力がない方にとっては、ローバルウォルターズの利用は敷居が高く感じます

ロバートウォルターズはビジネスレベルの英語力保有者に最適!

外資系企業の営業マン

自分の英語力に自信がある方はロバートウォルターズを上手に活用しながら、スムーズに転職活動を進めていきましょう。

ロバートウォルターズでは主にミドル・ハイクラス向けの求人案件を取り扱っているため、転職を機に十分に年収アップ・キャリアアップを目指すことができます

特にこれから「英語を使って仕事をしたい」方にとって、ロバートウォルターズは、まず登録しておきたい転職エージェントです。

GAKU
私の友人でロバートウォルターズを利用した人の経験談によると、ロバートウォルターズを利用するためには最低でもTOEIC700点レベルの英語力が求められる印象あります。

なぜなら、TOEIC700点以上の英語レベルだと、日常的に英語で電話やメールでのやりとりができ、社内でのコミュニケーションもある程度とれる可能性が高いからです。

(*ちなみに現時点での日本人のTOEIC平均スコア(L&R)は531点です。)

とはいえ、ロバートウォルターズでは転職する業界によって求められる英語レベルは異なるので、TOEIC700点以上の英語レベルがあれば必ずしもOKというわけではありません

たとえば、英語での専門用語が多い金融業界や製造業界であれば、当然求職者には専門性が極めて高い英語レベルが求められます。

ロバートウォルターズを利用するためには、目安としてTOEIC700点以上の英語レベルがあるといいが、当然それ以上の英語レベルが求められる場合もあることを覚えておきましょう。

GAKU
参考までにこれまで外資系企業5社を渡り歩いてきた私のTOEICスコア(L&R)は845点です。

私がすでに証明していますが、TOEIC800点以上あれば、順調に外資系でキャリアアップを実現できます。

ロバートウォルターズから突然電話スカウトが来るってホント?にも詳しく書きましたが、ロバートウォルターズから直接電話スカウトを貰えることは、あなたが優秀なグローバル人材であることを示しています。

【まとめ】ロバートウォルターズでは英語で面談が行われる!

今回は、「ロバートウォルターズは英語で面談が行われる?英語できないと不利?」についてご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、ロバートウォルターズで英語で面談が行われるは事実です。

なぜなら、ロバートウォルターズのキャリアアドバイザーは求職者の英語力をチェックするため面談中に英語質問を投げかけてくるから

とはいえ、あなたを担当するロバートウォルターズのキャリアアドバイザーが日本人なら、四六時中英語を使うわけでもないので、安心してロバートウォルターズを利用しましょう。

GAKU
とはいえ、求職者によっては、ロバートウォルターズから求人紹介されない可能性もあります。。

そんな時は、ロバートウォルターズと同じくグローバル企業の転職支援に強い「JACリクルートメント」にも登録しましょう。

正直に申し上げると、JACリクルートメントの方がミドル・ハイクラス求人の案件数が多く、転職支援実績が豊富なので、効率よく優良企業への転職を成功させることができます

この記事の簡単なまとめ
ロバートウォルターズは外資系転職に強い転職エージェントです。しかし、効率よく年収をUPできるかというと別の問題です。

それでは、これから外資系転職を目指す方は、どの転職エージェントを利用すべきかという問題ですが、正直「JACリクルートメント」以外にありません。

JACリクルートメント

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

ロバートウォルターズは、1985年にイギリスのロンドンで設立されたスペシャリストに特化した人材紹介会社です。

主に外資系企業・日系グローバル企業におけるグローバル人材の転職/採用支援において、優れた信頼と実績を築いてきました。

ロバートウォルターズは、イギリス・ロンドンに本社(本部)を構える外資系の転職エージェントです。

はい、ロバートウォルターズのキャリアアドバイザーがあなたを優秀な人材と判断したら、突然あなたの元に電話スカウトが来ることがあります。

はい、ロバートウォルターズでは英語で面談が行われることがあります。

なぜなら、ロバートウォルターズのキャリアアドバイザーはバイリンガルで、求職者の英語力をチェックするために、面談中に英語で質問を投げることがあるからです。

結論から申し上げると、求職者に英語力がないと、ロバートウォルターズを利用できない可能性が高いです。

なぜなら、ロバートウォルターズの保有する求人は、求職者の英語力を活かす転職先ばかりだからです。