ヤフーへの転職は難しい?採用条件や効率よく転職する方法【最新版】

ヤフーの転職難易度

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「ヤフーへの転職はぶっちゃけ難しい?」

「Yahoo!Japan」「Yahoo!ショッピング」など、ITを軸に多岐にわたるサービスを提供しているソフトバンクのグループ会社である“ヤフー(Yahoo)”

私たちの普段の生活の中でも、日頃からヤフーが提供しているサービスに触れる機会は多く、間違いなく日本国内でもトップクラスの知名度を誇るIT企業の一つです。

さきに今回の結論から申し上げると、ヤフーへの転職難易度はやや高いです。

しかし、ヤフーでは常に幅広い業種で求人を募集しており、これからIT企業でキャリアを積みたい方にとっては、常に目の前にヤフーで働けるチャンスが転がっています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「ヤフーの転職難易度と効率よく転職する方法」についてご紹介していきます。

これからヤフーへの転職を目指すなら、日本国内のIT企業の転職支援に強い「ランスタッド」に登録しましょう。
ヤフーへ転職するなら?
ランスタッドで正社員で転職今後グローバル企業への転職を狙うなら、グローバルな転職エージェントの「ランスタッド」に登録しましょう。

ランスタッドは世界的にも資金力のある外資系企業や日系グローバル企業の求人が多く、積極的に国内有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人でグローバル企業のポジションの空き状況を調べることは不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もランスタッドを活用したことがありますが、各業界専属のコンサルタントがおり、効率よくハイクラス転職を実現できる安定感がありました。

スムーズにグローバル企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

ヤフーへの転職は難しい?

キャリアカーバーとビズリーチの違い

まず今回の結論から申し上げると、ヤフーへの転職は“やや難しい”です。

ヤフーは日本国内のIT企業の中でも比較的年齢層が若く、若い方でも働きやすい労働環境が整っているため、日本国内の転職者にとって非常に人気があります。

ヤフーへの転職を機にキャリアアップを目指す方も多いので、自然と競争率が高まり、転職難易度は高くなっていきます。

またもともとヤフーは外資系企業なので、外資系企業特有の“成果主義な人材かどうか”もチェックされます。

人生で初めて外資系転職する方にとっては、ハードルが高く感じるでしょう。

GAKU
とはいえ、IT企業への転職支援に強い転職エージェントを活用することで、あなたがヤフーへ転職する確率は高めることができます。

ヤフーの中途採用の条件は?

条件

ヤフーでは営業、エンジニア、デザイナーなど様々な職種で人材を募集しています。

様々な職種で中途採用を行なっているため、常にヤフーに転職できるチャンスは転がっていますが、職種によっては高いレベルが求められることも少なくありません。

ヤフーの公式HPによると、ヤフーが求める人材には以下3つの条件があります。

あなたがいずれかの条件に該当していれば、ヤフーに転職できる可能性は高いので、まずはチェックしてみましょう。

ヤフー中途採用の条件
・成果主義思考の方
・IT業界で職務経験がある方
・マネジメント経験がある方

上記のいずれかの条件に該当していれば、あなたがヤフーで即戦力人材になれる可能性はかなり高いです。

またこれまでヤフーとはまったく畑違いの業界で勤務していたとしても、前職でマネジメント経験がある方なら、ヤフーで即戦力人材になれること間違いありません。

GAKU
ヤフーでは常に様々なポジションで人材を募集しているので、上記に一つでも該当するものがあれば、まずエントリーする価値は高いです。

ヤフーへ転職する方の転職元、転職先は?【知っておきたい】

転職元、転職先

ヤフーへ転職する方の転職元や転職先については、以下の通りです。

なんとなくヤフー転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。

ヤフーへ転職する方の転職元

ヤフーへ転職する方の転職元
・リクルート
・サイバーエージェント
・DeNA

・LINE
・オプト
・楽天

リクルートやサイバーエージェントなどの大手IT企業で働いた経験がある方は、ヤフーに転職しやすい傾向にあります。

またオプトなどの大手広告代理店出身者も広告業に明るいので、ヤフーとしては大歓迎の即戦力人材になります。

ヤフーからの転職先

ヤフーからの転職先
・リクルート
・サイバーエージェント
・DeNA

・LINE
・オプト
・楽天

ヤフーから転職する方は、リクルートやサイバーエージェントなどの大手IT企業の管理職や大手広告代理店で管理職ポジションとして転職しやすい傾向にあります。

GAKU
ヤフーに転職しやすい業界やヤフーから転職しやすい業界には傾向があります。ITを軸にヤフーから思い切って独立する方も一定数います。

ヤフーに効率よく転職する方法

中途採用の条件

ヤフーに本気で転職したいなら、効率よく転職活動を進めることを推奨します。

そしてヤフーに効率よく転職したいなら、”転職支援のプロである転職エージェントを最大限に活用しましょう”。

ヤフーへの転職にあたり、転職エージェントを活用すべき理由は主に以下3つ。

転職エージェントを活用すべき理由
・ヤフーは非公開求人が多い
・ヤフーの選考対策ができる
・年収などの条件交渉ができる

1つずつ紹介していきます。

ヤフーは非公開求人が多い

まずヤフーをはじめとする大手IT企業では、非公開求人を出すことが多いです。

信頼のおける転職エージェント経由で確実に質の高い求人を獲得したいからです。

そのため、ヤフーの公式HPに求人掲載がない場合にも、転職エージェントでは求人掲載をしていることもあります。

このような非公開求人を出している場合、一般的な求人と比べて、概ね年収を含む待遇が良いことが多いです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「ランスタッド」が最もヤフーの求人を取り扱っていると言われています。

ランスタッドがやばい

ランスタッドがやばいってホント?実際に利用者に感想を聞いてみた!

2021年5月1日

ヤフーの選考対策ができる

転職エージェントはこれまで多数の転職支援実績があるため、大手転職エージェントであればあるほどヤフーのような大手IT企業の選考対策ノウハウが蓄積されています。

ヤフーの厳しい選考を乗り越えるためには、どのような書類を用意して、どのように面接準備を進めればいいかなど、手厚くサポートをしてくれます。

あなたが自分一人で転職活動をしているのではなく、チームで転職活動をしている感覚を味わうことができます。

転職エージェントが持つ独自のネットワークや知見を最大限に活用して、ヤフーの選考対策を行いましょう。

GAKU
転職エージェントと企業の関係性が強い場合は、裏で企業にフォローを入れてくれることも多いです。

年収などの条件交渉ができる

最後に転職エージェントでは、あなたに代わり年収の条件交渉も行なってくれます。

ヤフーへの転職を機に叶えたいこととして、まず年収アップが考えられます。

これはヤフーに限らず一般的に転職する方は、自分の市場価値を少しでも高めるために、転職を機に大幅に年収をアップさせる考え方がとても重要になります。

ヤフーへ直接エントリーする場合は、すでに提示されている求人の年収交渉は難しいですが、あなたの市場価値を理解している転職エージェントを活用することで、企業側に年収交渉できる可能性は高まります。

GAKU
ヤフーへの転職を機に確実に年収を上げたい方は、まず転職エージェントに登録すべきです。
外資系企業転職で給料交渉はできる

外資系企業への転職で給料交渉はできる?【成功する3つのコツも伝授】

2021年7月11日

ヤフーに転職するなら、登録すべき転職エージェント3選

あなたがヤフーに転職したいなら、“ヤフーへの転職支援実績がある転職エージェントに登録すること”を推奨します。

それぞれの転職エージェントで取り扱うヤフーの求人ポジションは異なることも多いので、個人的には複数の転職エージェントに登録し、少しでもヤフーに転職できる可能性を高めることを推奨します。

これからヤフーに転職するなら?
ランスタッド
JACリクルートメント
リクルートエージェント

特に「ランスタッド」「JACリクルートメント」は、過去に多数のヤフー転職者を輩出してきた実績があるため、まず登録すべき転職エージェントです。(※転職エージェントは複数登録しても問題ありません。)

また「リクルートエージェント」は大手IT企業の幅広い職種の転職支援に強みを持っているので、ヤフーをはじめとする大手IT企業に転職したい方にも最適です。

あなたが効率よくヤフーに転職したいなら、まずはヤフーの転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

GAKU
上記3社の転職エージェントは全て無料で利用することができます。各転職エージェントの登録は3分で済むので、もうヤフーへ転職する意思が固まっているなら、今のうちにまとめて登録しておきましょう。

転職エージェントを活用し、ヤフーへ転職しよう!

今回は、「ヤフーの転職難易度と効率よく転職する方法」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、”ヤフーの転職難易度はやや高い”です。

ヤフーは社員が働きやすい労働環境が整っており、一般的な企業と比較すると年収水準も高いため、IT業界の優秀な人材がヤフーに転職してくる傾向にあります。

ヤフー中途採用の条件
・成果主義思考の方
・IT業界で職務経験がある方
・マネジメント経験がある方

ヤフーでは常に様々なポジションで求人募集しているので、あなたの希望する職種とヤフーが募集する人材がマッチすれば、ヤフーへ転職できる可能性は高くなります。

ヤフーへの転職は難しいからと諦めるのではなく、あなたがヤフーで働いてみたいなら転職支援のプロである転職エージェントを上手く活用しながら、まずはヤフーの求人情報を収集しましょう。

これからヤフーへの転職を実現したいなら、まずは最もヤフーへの転職実績がある「ランスタッド」に無料相談することからはじめましょう。

ヤフーは信頼できる転職エージェントを経由して条件の良い求人を出すことが多いので、ヤフーへの転職支援実績がある転職エージェントを使わない手はありません。

ランスタッドは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率でヤフーをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

ヤフーへ転職するなら?
ランスタッドで正社員で転職今後グローバル企業への転職を狙うなら、グローバルな転職エージェントの「ランスタッド」に登録しましょう。

ランスタッドは世界的にも資金力のある外資系企業や日系グローバル企業の求人が多く、積極的に国内有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人でグローバル企業のポジションの空き状況を調べることは不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もランスタッドを活用したことがありますが、各業界専属のコンサルタントがおり、効率よくハイクラス転職を実現できる安定感がありました。

スムーズにグローバル企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

ヤフーの転職難易度