Amazon・AWSの年収は高い?効率よく転職する方法

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「AWSの年収は高い?」

AWSとはAmazon Web Servicesの略で、Amazonが提供する100以上のクラウドコンピューティングサービスの総称のことです。

Amazonが提供するクラウドプラットフォームAWSは世界で最もシェアを獲得しており、日本国内でも大企業・中小企業を中心に多くの企業が導入しています。

AWSは世界で最も安全なクラウドプラットフォームと呼ばれており、IT・通信業界の転職者にとって人気がある企業の一つです。

さきに結論から申し上げると、AWSの平均年収は高いです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「AWSの平均年収や効率よく転職する方法」についてどこよりも詳しくご紹介します。

あなたがこれからAWSをはじめとする外資系企業への転職を目指すなら、まずはミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

Amazon・AWSの平均年収は高い?

まずさきに結論から申し上げると、Amazon・AWSの平均年収は高いです。

本サイトの独自調査によると、AWSの平均年収は約600万円〜1,100万円です。

AWSでの20代後半での平均年収は700万円、30代後半での平均年収は1,000万円を超えます。

またAWSでは基本的に学歴は問わず、職歴が豊富な方や高いスキルを保有している方を積極的に採用しているため、学歴に関係なくキャリアアップを目指すことができます。

AWSでは豊富で最先端のクラウドプラットフォームを提供しているため、クラウド業界の最先端に触れたい方にとっても定評がある転職先です。

GAKU
AWSには年収よりもやりがいを感じて、転職を目指す方が多いイメージがあります。

Amazon・AWSのタイトル別平均年収

Amazon・AWSのタイトル別の平均年収は、以下の通りになります。

役職 平均年収
新入社員/正社員 400万円〜700万円
マネージャー 700万円〜1,100万円
シニアマネージャー 1,100万円〜1,600万円
Principal 1,700万円〜2,600万円
シニアマネージャーヘッド 1,700万円〜2,600万円
ディレクター 2,100万円〜4,000万円

(転職会議公式HPより引用)

AWSの平均年収は職種だけでなく、タイトル(職位)によっても大きく異なります。

AWSではタイトルが上がるごとに大幅に年収を上げることができるので、AWS内でキャリアアップを目指す方も非常に多いです。

GAKU
AWSには年収よりもやりがいを感じて、転職を目指す方が多いイメージがあります。

Amazon・AWSの職種別平均年収

Amazon・AWSの職種別の平均年収は、以下の通りになります。

職種 平均年収
営業職 1,087万円〜1,187万円
エンジニア 731万円〜831万円
事務職 748万円〜848万円

(転職会議公式HPより引用)

AWSの平均年収はタイトル(職位)だけでなく、職種によっても大きく異なります。

上記からもわかる通り、AWSでは技術職のエンジニアよりも営業職の方が花形の部署と言うことができるでしょう。

実際にAWSにはIT業界や通信業界で営業として職務経験が豊富な方を中心に優秀な人材が転職してくるイメージがあります。

GAKU
あなたが営業職での職務経験が豊富なら、AWSへの転職を機に大幅に年収アップを目指すことができます。

Amazon・AWSの評価制度

Amazon・AWSで人事査定は年2回あり、毎年4月・10月に昇給の機会があります。

年2回の査定では主に「リーダープリンシプル評価」「360度評価」が採用されています。

1つずつ紹介していきます。

リーダープリンシプル評価

まずAmazon・AWSでは、世界共通で「Our Leadership Principles」という14項目からなる社訓を掲げ、日々の業務を遂行しています。

アマゾンの社訓

常に「社員全員がリーダーである」自覚を持って、業務を遂行することが求められます。

この14項目に沿って、リーダーとして行動することができたかを評価されます。

360度評価

次にAmazon・AWSでは、360度評価が採用されています。

360度評価とはその名の通り、自己評価・上司からの評価だけでなく、同僚や普段業務を一緒に行なっているチームメンバーなどを含め、様々な視点から細かく評価してもらうことです。

これにより評価の偏りがなくなるので、誰にとっても平等な評価を成り立たせることができます。

これら2つの評価基準を総合して、任せられる担当業務やジョブレベルが上がると、年収ベースで50万円〜150万円ほど昇給することができます。

特に直属の上司にリーダープリンシプルに基づいた推薦状を作成してもらえると、昇格できる可能性が高まるため、自ずとスムーズに昇給することができます。

GAKU
Amazon・AWSの独自の評価制度をしっかり理解して、日々業務を遂行することが重要になります。

Amazon・AWSに効率よく転職する方法

これからAWSに効率よく転職したいと考えているなら、外資系企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

もちろんAmazon・AWS公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、外資系企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、AWSでは外資系企業特有の選考手法があり、十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もAWSへの転職に近い転職エージェントです。

AWSに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めての外資系企業転職も安心して進めることができます。

AWSにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由でAWSに転職を決めています。

【まとめ】Amazon・AWSの平均年収は高い

今回は、「AWSの平均年収や効率よく転職する方法」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、AWSの平均年収は高いです。

役職 平均年収
新入社員/正社員 400万円〜700万円
マネージャー 700万円〜1,100万円
シニアマネージャー 1,100万円〜1,600万円
Principal 1,700万円〜2,600万円
シニアマネージャーヘッド 1,700万円〜2,600万円
ディレクター 2,100万円〜4,000万円

 

職種 平均年収
営業職 1,087万円〜1,187万円
エンジニア 731万円〜831万円
事務職 748万円〜848万円

(転職会議公式HPより引用)

AWSは世界最大級のクラウドプラットフォーム提供会社で業績も非常に好調なため、問題なく業務を遂行していけば若い年齢のうちから年収1,000万円を目指すことができます。

そのため、これからIT業界や通信業界で順調に年収アップ・キャリアアップしていきたいと考える方にとって、AmazonのAWSは最適な転職先と考えています。

AWSは学歴不問で豊富な経験や高いスキルを重視して人材を採用しているため、学歴に自信がない方でも職歴に自信があれば積極的に挑戦する価値は高いです。

これからAWSへ転職したいなら、まずはAWSを含む外資系企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談することからはじめましょう。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率でAWSをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

現在AWSでは営業・エンジニア・事務職など様々な職種で人材を募集しているため、興味がある方は転職エージェント経由でエントリーしてみましょう。

特にこれまでIT業界や通信業界で営業として経験が豊富な方なら、AWSへの転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップを期待することができます。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。