アマゾンからの転職先は困らない?【効率よく転職するコツ】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「そろそろアマゾンを卒業して、次の転職先を見つけたいけど、どうすればいいの?」

世界最大級のEコマース企業の異名を持つ“アマゾン”

現在日本国内のアマゾンに勤めている方なら、そろそろアマゾンを卒業して次のキャリアアップを目指したいと考えているかもしれません。

結論から申し上げると、あなたがすでにアマゾンである程度職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはないでしょう。

では実際にアマゾン出身者はどのような業界・企業に転職をするのでしょうか?

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アマゾンからの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがアマゾンからのキャリアアップを目指すなら、まずは国内外資系企業の転職支援に強い「Samurai Job」に登録しましょう。

>>Samurai Jobで求人チェック

まず結論から申し上げると、あなたがアマゾンからの転職先に困ることはありません。

アマゾンから転職される方は様々な業界や企業で活躍しているため、むしろ今後のキャリアの選択肢は大きくなっていきます。

実際に私の周りをみても、アマゾンから順調に年収アップ・キャリアアップしていますし、次の転職先もIT業界という領域で選び放題であることが多いです。

そのためあなたがアマゾンで職務経験を積んでいれば、次の転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性が高いと言えるでしょう。

またアマゾンは国内のIT業界の中でも平均年収が高く、次のステップとしてミドル・ハイクラスのポジションを狙うこともできます。

GAKU
アマゾンはインターネット通販を軸に多種多様な事業を展開しているため、転職市場においても市場価値が高く評価される場合が多いです。

アマゾンの平均年収は高い?昇給の仕組みや年収事例を紹介

2021年6月15日

アマゾン社員が転職に強い3つの理由

アマゾン社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことが考えられます。

私の周りにも元アマゾン社員が数名いるので、実際に彼ら(彼女ら)の話を聞き、アマゾン社員が転職に強い理由がわかってきました。

現在アマゾンに勤めている方であれば、共感できる部分が多いのではないかと思います。

アマゾン社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・英語力がある

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

まずアマゾン社員が転職に強い理由として、“企業のブランド力の高さ”があげられます。

現在アマゾンは「Amazonショッピング」「Amazonミュージック」「Amazonプライムビデオ」「Kindle」などインターネットを軸に多岐にわたる事業を展開しており、日本国内に知らない人はいないくらいに企業としての高いブランド力があります。

またアマゾンはアメリカを代表するインターネット企業なので、IT業界の中でも優秀な人材が集まっているイメージが強いです。

そのようなブランドが確立されている企業から優秀な人材を獲得したいと考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
アマゾンの転職難易度は高いので、転職市場でも重宝されやすいです。

管理職を経験できる

次にアマゾン社員が転職に強い理由として、“管理職を経験できること”があげられます。

アマゾンの従業員の平均年齢は36歳と非常に若いため、年齢が若くても責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースは少なくありません。

実際に新卒でアマゾンに入社した社員が20代後半から管理職に就くケースも多いです。

アマゾンでは若い年齢で管理職を経験している可能性が高いため、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

GAKU
アマゾンと同じように若いうちから管理職を経験できるメガベンチャー企業として、“楽天”“DeNA”などがあげられます。

英語力がある

最後にアマゾン社員が転職に強い理由として、“英語力があること”があげられます。

多くの方がすでにご存知の通り、アマゾンはアメリカ発の外資系企業であり、ポジションによっては高い英語レベルが求められます。

2021年時点でアマゾンに入社してくる方の多くは英語力が高いことが多く、普段からグローバルな働き方ができる方が多いです。

そのため、アマゾン後のキャリアとして、海外に勤務してみたり、日本国内の外資系企業へ転職をされる方も非常に多いです。

実際に私の周りの元アマゾン社員も日本国内の外資系企業に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップしていることが多いです。

GAKU
アマゾンの事業開発・事業戦略の入社条件にはTOEIC800点以上が設定されています。

元アマゾン社員の主な転職先や業界

元アマゾン社員の転職先や業界については、以下の通りです。

アマゾンからの転職先

アマゾンからの転職先
・楽天
・グーグル
・アクセンチュア

上記からもわかる通り、アマゾンから転職する方は、楽天やグーグルなどの大手IT企業で管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

アマゾンから進む業界

アマゾンから進む業界
・IT業界
・外資コンサルファーム
・外資テクノロジー

またアマゾンから進む業界は、IT業界や外資コンサルファーム、外資テクノロジーも多いです。

アマゾンはこれまでネット通販を基盤に事業を展開してきましたが、最近では金融やエンタメ事業にも力を入れており、様々なキャリアの選択肢があります。

またアマゾンには英語を使える人材が一定数いるので、その後キャリアチェンジとして外資系企業に転職する方は多いです。

GAKU
やはりアマゾンから転職しやすい企業や業界には傾向があります。

アマゾンから他社に転職する最適なタイミング

アマゾンから他社に転職する最適なタイミングは人それぞれですが、元アマゾン社員の友人の話をまとめると、アマゾンでは最低3年の就労経験を積んで転職することを推奨します。

なぜなら、アマゾンで3年も業務を遂行していれば、何かしらのパフォーマンスを発揮しており、転職市場においても重宝される人材になっているはずだからです。

またアマゾンには多くの事業・サービスがあり、万が一合わない部署があっても、社内で異動できるチャンスがあります。

アマゾンは現在インターネットを軸に多岐にわたる事業を展開しているので、業務をしながら学べることも大きいはず。

すでにアマゾンで3年以上勤めている方であれば、そろそろ転職を考え始めてもいい時期かもしれません。

GAKU
アマゾンは成果主義を採用しているため、たとえ新卒入社で3年目を迎えていたとしても、それなりに年収は上がっているはずです。

アマゾン社員がまず登録すべき転職エージェント

現在アマゾンに勤めるあなたが今後「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」と考えているなら、まず日本国内の外資系企業への転職を推奨します。

アマゾンで十分に成果主義思考を身につけているので、他の外資系企業でも確実に活躍することができますし、給料もキャリアも青天井に伸ばしていけるはずです。

またアマゾン社員には英語スキルがある方が多数いらっしゃるので、これまで以上にグローバルな働き方も実現ができるでしょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「Samurai Job」は非公開求人が多く、今後も外資系企業で働きたいと考えている方にとても定評があります。

Samurai Jobは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な外資系求人案件を紹介してくれます。

まずはSamurai Jobに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

GAKU
私の周りのアマゾン社員もアマゾンからの転職時にはSamurai Jobを利用する方が多い印象があります。

【まとめ】アマゾンからの転職先は困らない!

今回は、「アマゾンからの転職先」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、あなたがすでにアマゾンである程度職歴を積んでいるなら、まず次の転職先に困ることはありません。

なぜなら、世界的にもアマゾンの知名度は抜群に高く、他の企業からみても即戦力人材が多く集まっているイメージが強いからです。

アマゾンで3年以上職務経験がある方なら、絶対にどの企業でも活躍できるはずなので、自信を持って転職活動を開始しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「Samurai Job」は最もアマゾン社員が転職時に利用している転職エージェントの一つです。

まずはSamurai Jobに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

アマゾンに入社できる方はビジネスレベルの英語スキルも持ち合わせていることもあるので、特に今後外資系企業では順調に年収アップ・キャリアアップしていけるはずです。

アマゾンからの転職先は星の数ほどあるので、今後のキャリアについてじっくりと考えながら転職活動を進めていきましょう。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。