アマゾンの平均年収は高い?昇給の仕組みや年収事例を紹介

アマゾンの年収が高い

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「アマゾンの平均年収は高いの?」

世界を代表する大手通販サイトを運営するアマゾン。今や私たちの生活に欠かすことができないサービスになりつつあります。

そんなアマゾンには、日本法人の「アマゾン・ジャパン」という会社があります。

そのため、最近ではネット世代の若者を中心に“世界のトップランナーとして走るアマゾンで働きたい”という声もよく聞きます。

さきに今回の結論から申し上げると、“アマゾンの平均年収はやはり高い”です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アマゾンの平均年収、昇給の仕組みや年収事例」について詳しくご紹介します。

アマゾンに転職するなら?
JACリクルートメント今後アマゾンへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録をしましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、アマゾンをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズにアマゾンへの転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

アマゾンの平均年収は高い?

まずアマゾンの平均年収は、職種業務内容によっても異なります。

職種 平均年収
事務・受付・秘書 418万円
運輸・配送・倉庫 597万円
営業 606万円
経営管理 773万円
経営企画・事業開発 1,012万円

(転職会議公式HPより引用)

上記からもわかる通り、どの職種でも比較的平均年収は高いですが、中でもとりわけ管理部門の仕事が高年収の傾向にあります。

またプロダクトマネージャーや商品企画系の仕事は、求人案件で年収1,000万円を超えていることも珍しくはありません。

やはり世界を代表する大手通販サイトのブランド力の通り、世間一般的に見ると、“アマゾンの平均年収は高い”と言えます。

アマゾンからの転職先

アマゾンからの転職先は困らない?【効率よく転職するコツを伝授】

2021年9月9日

アマゾンの昇給の仕組み

アマゾンで人事査定は年2回あり、毎年4月・10月に昇給の機会があります。

アマゾンの年2回の査定では、

主に

「リーダープリンシプル評価」

「360度評価」

が採用されています。

1つずつ紹介していきます。

リーダープリンシプル評価

まずアマゾンでは、世界共通で「Our Leadership Principles」という14項目の社訓を掲げ、日々業務を遂行しています。

アマゾンの社訓

(アマゾン公式HPより引用)

常に「社員全員がリーダーである」自覚を持って、業務を遂行することが求められます。

この14項目に沿って、リーダーとして行動することができたかを評価されます。

GAKU
日頃からアマゾンで求められる14項目を体現していれば、自ずと社内での評価は高まっていきます。

360度評価

次にアマゾンでは、“360度評価”が採用されています。

360度評価とはその名の通り、自己評価・上司からの評価だけでなく、同僚や普段業務を一緒に行うチームメンバーなどを含め、様々な視点から細かく評価してもらうことです。

これにより評価の偏りがなくなるので、誰にとっても平等な評価を成り立たせられます。

アマゾンでは上記2つの評価基準を総合して、順調に任せられる担当業務やジョブレベルが上がると、年収ベースで50万円〜150万円ほど昇給することができます。

特に直属の上司にリーダープリンシプルに基づいた推薦状を作成してもらえると、さらに昇格できる可能性が高まるため、自ずとスムーズに昇給することができます。

GAKU
どこの会社でも直属の上司に高く評価してもらうことは重要です。特にアマゾンのような大手外資系企業では、上司に媚びるというより上司に適正に評価してもらえるように結果を出すことが重要です。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

アマゾンで順調に年収が高くなる方の特徴【知っておきたい】

外資系企業の営業マン

アマゾンで順調に年収が高くなる方の特徴は、「常に個人の目標は達成しつつ、自分の職責を超えチームの中心となり、確実にチームの目標も達成できる方」です。

アマゾンでは自発的に業務に取り組む方にとっては、様々な魅力的なチャンスが与えられる素晴らしい労働環境が整っています。

そのため、普段から個人としての業務・目標だけでなく、チームメンバーの業務・目標も達成していく姿勢を見せていくことで、自ずと社内での評価が高くなり、社内でのキャリアアップのチャンスが膨らみます。

当たり前のことですが、リーダーシップがあって、常に成果を上げ続ける方であれば、アマゾンで常に年収アップを実現できます。

GAKU
よく「外資系企業は激務でしょ」というネガティブな声を聞きますが、外資系企業が激務なのではなく、外資系企業で成果を出せない方が激務に感じているだけです。つまり、常に最高のパフォーマンスを発揮する自信がある方にとっては、アマゾンをはじめとする外資系の労働環境は最適と言えます。
外資系企業は激務

外資系企業は本当に激務なの?減給やリストラもある?【超実力社会】

2021年6月8日

アマゾンの年代別平均年収

アマゾンの平均年収は、下記の通り年代によっても異なります。

年代 平均年収
20代 450万円
30代 500万円
40代 800万円
50代 600万円

(転職会議公式HPより引用)

こちらはあくまでも年代別の平均年収(※アマゾンの契約社員含む)なので、実際の職種や業務内容、評価によっては、平均年収は大幅に上回ることもあります。

多くの日系企業の年代別平均年収と比較してやはり高い給料水準になっているので、あなたの年齢が若いうちに転職に挑戦する価値が高い企業と考えています。

アマゾンの面接に落ちる原因

【アマゾンの面接に落ちた】不採用になったら、まず行うべきこと

2021年10月31日

アマゾンへの転職を目指すなら、まずは「JACリクルートメント」へ登録しよう!

アマゾン

今回は、「アマゾンの平均年収、昇給の仕組みや年収事例」についてご紹介しました。

改めて今回の結論を申し上げると、“アマゾンの平均年収はやはり高い”です。

なぜなら、アマゾンでは成果を出せば適正に評価される仕組みが整っていますし、外資系企業らしく平均年収が高いからです。

あなたが最も効率よくアマゾンに転職したいなら、まず“外資系企業への転職支援に強い転職エージェントに登録すべき”です。

特にアマゾンのような世界的に知名度が高い人気企業では、世間一般的に非公開求人を多く抱えるハイクラス転職エージェントに求人が掲載されていることが多いです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後大手外資系企業で働きたいと考えている方に定評があります。

JACリクルートメントは特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしており、かなりの高い確率でアマゾンをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

あなたが万が一希望するアマゾンへ転職することができなかったとしても、世界的に知名度が高い名だたる外資系企業の求人に出会えることはまず間違いないでしょう。

まずはJACリクルートメントに無料会員登録をして、あなたの希望に沿った魅力的な外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

アマゾンに転職するなら?
JACリクルートメント今後アマゾンへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録をしましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、アマゾンをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズにアマゾンへの転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

アマゾンの年収が高い

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。