AWSの転職難易度は高い?採用条件や転職を有利に進めるコツ

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「AWSの転職難易度は高いの?」

“世界を代表するクラウドコンピューティングサービス”を提供するAWS(Amazon Web Services)。

AWSは世界中に設置されたデータセンターから175以上のクラウドサービスを提供しており、クラウド市場でのシェアはなんと30%以上を誇ります。

さきに結論から申し上げると、AWSの転職難易度は“かなり高い”です。

しかし、現在AWSでは市場拡大・事業拡大を行なっており、常に多種多様な人材を採用しているため、常に転職できるチャンスはあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「AWSの転職難易度と採用条件や効率よく転職するコツ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

AWSに転職するなら?
JACリクルートメント今後AWSへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、AWSをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズにAWSへの転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

AWSの転職難易度は高い?

まず結論から申し上げると、AWSの転職難易度は“かなり高い”です。

AWSは中途採用での募集枠が非常に多く、世界で最も知名度が高いクラウドサービス提供事業者のため、日本国内の転職者にとっても人気があります。

特に日本国内で企業勤めをしている方なら、これまでに一度くらいはAWSを聞いた経験はあることでしょう。

そのくらい日本国内でAWSのクラウドサービスは流通しており、もはや日本国内の社会人に知らない方はいないくらい知名度が高いグローバル企業です。

またAWSの平均年収はIT業界の中でも高く、優秀な人材が集まる傾向があるため、やはり求職者にもそれ相応の高いレベルやスキルが求められます。

とはいえ、AWSでは常に多種多様な人材を積極的に採用しているため、あなたに最適な求人案件があれば挑戦してみる価値は高いと考えています。

特にAWSは技術会社の色が強いので、あなたがこれまでにエンジニア職の経験を積んでいれば、比較的AWSへ転職するハードルは低くなります。

GAKU
AWSの選考では、主に“あなたのこれまでの職歴やスキルを活かしてどうAWSに貢献できるのか”を聞かれます。ちなみにAWSの求人は学歴不問が多く、学歴がなくても職歴があれば積極的に人材を採用する傾向が強いです。

AWSへ転職する方の転職元、転職先は?

AWSへ転職する方の転職元や転職先については、以下の通りです。

AWS転職前と転職後のイメージが湧くかもしれません。

AWSへ転職する方の転職元

AWSへ転職する方の転職元
・Sler
・大手IT

これまで日本IBMやTISなどの大手Sler会社で職歴がある方は、比較的AWSに転職しやすい傾向にあります。

またAWSは日本マイクロソフトや楽天などの大手IT(通信)企業などからも優秀な人材を獲得しています。

GAKU
またAWSに転職する方は、高学歴な求職者ばかりではなく、幅広い学歴の求職者がいます。

AWSからの転職先

AWSからの転職先
・オラクル
・セールスフォース
・日本IBM

AWSから転職する方は、オラクルやセールスフォースなどの大手外資系企業で管理職のポジションとして転職しやすい傾向にあります。

また日本IBMやアクセンチュアなどの外資系大手企業や外資系コンサルファームへのキャリアアップを狙う方も一定数いらっしゃいます。

GAKU
AWSに転職しやすい業界やAWSから転職しやすい業界には傾向があります。特に営業職やエンジニア職でキャリアを積み上げている方が、AWSに転職してきたり、AWSから他社に転職することが多いです。

AWSに中途入社するための条件は?

AWSへ転職する方には、大きく以下5つの条件が求められます。

あなたが全ての条件に該当していれば、AWSに転職できる可能性は高いので、まずはチェックしてみましょう。

AWS中途採用の条件
・成果主義思考の方
・IT業界で営業経験がある方
・エンジニアスキルが高い方
・英語スキルがある方
・協調性がある方

あなたが上記の条件すべてに該当していれば、あなたがAWSで即戦力人材になれる可能性は極めて高いです。

またこれまでAWSとは畑違いの業界に勤めていても、AWSの商品知識がある方や営業スキルが高い方なら、比較的スムーズにAWSで即戦力人材になれることは間違いありません。

なぜなら、AWSはご存知の通り商品力や営業力に強みを持っており、商品知識や営業力がある方ほど、社内で高く評価される仕組みがあるからです。

またAWSは比較的平均年齢が若いため、若くして出世することも実現可能です。

GAKU
AWSでは常に様々なポジションで人材を募集しているので、上記に該当するものがあればエントリーする価値は高いです。営業職や技術職として力がある方ほど、順調に年収アップ・キャリアアップしやすいイメージです。

AWSに効率よく転職するためのコツ

これからAWSへの転職を効率よく進めたいと考えているなら、まずは“グローバル企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろんAWS公式HPの中途採用ページから直接エントリーする方法もありますが、IT業界やグローバル企業での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、AWSではグローバル企業特有の選考手法があり、あなたは十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最もAWSへの転職に近い転職エージェントです。

AWSに転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、主にミドル・ハイクラス層のグローバル企業の転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている方がまず登録しておきたい転職エージェントです。

JACリクルートメントでは各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めてのグローバル企業転職も安心して進めることができます。

AWSにおいても複数のポジションの掲載があるので、まずはじめに登録して間違いない転職エージェントです。

現在のあなたが最短距離でAWSに転職したいなら、まず「JACリクルートメント」に登録をしておきましょう。

あなたが万が一AWSに転職できなくても、国内のグローバル優良求人に出会えることは間違いないので、まずJACリクルートメントには登録しておきましょう。

GAKU
実際に私の友人の一人もJACリクルートメント経由でAWSに転職を決めています。転職活動はあなたの能力の高さ以上に“効率の良さ”が重要になります。

【まとめ】AWSの転職難易度は超高い!

今回は、「AWSの転職難易度と採用条件や効率よく転職するコツ」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、AWSの転職難易度は“かなり高い”です。

もともと大手Sler、大手ITで職歴を積んできた優秀な人材がAWSに転職する傾向にあります。

AWS中途採用の条件
・成果主義思考の方
・IT業界で営業経験がある方
・エンジニアスキルが高い方
・英語スキルがある方
・協調性がある方

しかし、AWSでは常に様々なポジションで求人を募集中なので、あなたの希望する職種とAWSが募集する人材がマッチすれば、AWSへ転職できる可能性は高くなります。

AWSへの転職ハードルはかなり高いですが、あなたがグローバル企業への転職に興味があるなら、転職支援のプロである転職エージェントを活用しつつ、積極的にAWSの求人情報を収集しましょう。

これからAWSへの転職を実現したいなら、まずはAWSを含むグローバル企業への転職支援に強い「JACリクルートメント」に相談しましょう。

JACリクルートメントは特にミドル・ハイクラス層をターゲットに手厚く転職支援をしているので、かなりの高い確率でAWSをはじめとする日本国内の優良なグローバル企業の求人を紹介してくれます。

特にこれから営業職や技術職としてしっかりとキャリアを積んでいきたい方にとっては、まずAWSは最適な転職先だと考えています。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

AWSに転職するなら?
JACリクルートメント今後AWSへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、AWSをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズにAWSへの転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後あなたがグローバルな働き方を実現したいなら、まずJACリクルートメントと同じくミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用するようにしましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

外資系企業に強い転職エージェント

外資系5社転職で年収850万円UPを叶えた僕が選ぶ、”年収上げるなら登録しないと損”な外資系に強い転職エージェント5選

2021年12月28日

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。