【アマゾンの面接に落ちた】不採用になったら、まず行うべきこと!

アマゾンの面接に落ちる原因
外資系企業に強い転職エージェント3選
【第1位】JACリクルートメント ミドル・ハイクラス層に強い
無料登録はこちら
【第2位】エンワールド・ジャパン 外資系転職だけに特化
無料登録はこちら
【第3位】アクシスコンサルティング コンサル業界に強い
無料登録はこちら

※全て無料で会員登録できます

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「アマゾンの面接に落ちてしまった。。」

積極果敢にアマゾンへの転職に挑戦してみたけど、残念ながらあなたはアマゾンから不採用通知を受け取りましたか?

しかし、あなたがアマゾンの面接に落ちたとしても、決してアマゾンに相応しくない人材と判断されたわけではありません。

つまり、何が言いたいかというと、あなたにはまだアマゾンの別ポジションでエントリーできる可能性があるということ。

そのため、アマゾンから不採用の連絡が来たとしても、選考に落ちたことに落ち込まなくて大丈夫です。

アマゾンを含む優良外資系企業では、常時採用でなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集します。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アマゾンの面接に落ちたら、まず行うべきこと」について詳しくご紹介します。

アマゾンに転職するなら?
JACリクルートメント今後アマゾンへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録をしましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強く、アマゾンをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズにアマゾンへの転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

\60秒で簡単登録/

アマゾンの面接に落ちた原因は?【まず知っておきたい】

面接

まずあなたがアマゾンの面接に落ちた原因として、アマゾンが独自の採用基準として持つ“OLP(Our Leadership Principles)に満たさなかったこと”が考えられます。

OLPとはアマゾン社員が守るべき14項目からなる信条のことを表しており、アマゾンの採用・昇給・昇進・異動は全てOLPが基準となって実施されています。

アマゾンの社訓

(アマゾン公式HPより引用)

当然アマゾンの採用面接で聞かれる質問も上記OLPに基づく内容になっており、アマゾンの採用担当者が求める回答が返ってこない場合には、あなたがアマゾンの面接に落ちる可能性はかなり高まります。

またアマゾンでは社員一人ひとりのことを“リーダー”と考えているため、OLPではよく“リーダー”という言葉が登場します。

OLPの考え方を簡単に要約すると、「アマゾンの社員(リーダー)は常にチームや会社のことを考え行動し、関わる全ての仕事に責任を持ちましょう。」ということです。

つまり、アマゾンではアマゾンという世界的な大企業の一社員であっても、“個人がオーナーシップを持って業務を遂行する”という考え方が非常に大事になります。

あなたがアマゾンの選考に落ちた理由として、アマゾンが採用したい人材の基準に満たなかったことが考えられます。

GAKU
これまでアマゾンの採用面接を受ける際にOLPの考え方を取り入れていなかった方は、次にアマゾンの採用面接に挑戦する前に必ず取り入れるようにしましょう。結局のところ、会社の理念に共感する求職者の方が採用される可能性が高いです。

アマゾンの平均年収をまとめた記事にも書きましたが、アマゾンの理念に共感してバリバリ会社に貢献できる方はどんどん昇給していきます。

【必見】アマゾンの面接で不採用になる方の3つの共通点

3つ

アマゾンの面接で不採用になる方の共通点は、主に“3つのこと”が考えられます。

アマゾンで不採用になる共通点
・アマゾン文化を理解していない
・リーダーシップがない
・英語力が足りない

1つずつみていきましょう。

アマゾン文化を理解していない

まずアマゾンの面接で不採用になる方の特徴として、“アマゾンの企業文化を十分理解していないこと”が考えられます。

前述の通り、アマゾンではOLPという基準を元に人材の採用活動を行なっています。

そのため、たとえあなたが優秀な人材だったとしても、この14項目からなるアマゾンの信条(OLP)に合わない方は、採用面接で簡単に落とされてしまいます。

あなたが絶対にアマゾンの採用面接を通過したいなら、まずアマゾンのOLPを覚えることから始めましょう。)

リーダーシップがない

次にアマゾンの面接で不採用になる方の特徴として、根本的に“リーダーシップがないこと”が考えられます。

アマゾンでは世界中どこのオフィスでも、常に”リーダーシップ・プリンシプルに基づいた行動ができる方”が求められています。

アマゾンでは社員全員をリーダーと考える文化が根強く浸透しているため、普段から“自主性があるか””能動的に働けるか”などのリーダーシップが重要視されます。

採用面接の中で過去の失敗談を聞かれることも多く、基本的に他責ではなく”自責の考え方がある人物か”を確認されます。

普段から主体的に業務に取り組むことができない方は、まずアマゾンには向いていないと断言することができます。

GAKU
アマゾンに限らず、他の企業においても、リーダーシップを持って主体的に動けない人材は不要と考えるのが一般的な考え方です。アマゾンのような世界的IT企業への転職を目指す方には、まずリーダーシップがない人材はいないと思うので、選考中は積極的に自らのリーダーシップをアピールしましょう。アマゾンに転職できれば、その後のキャリアの選択肢も大きく広がります。

英語力が足りない

最後にアマゾンの面接で不採用になる方の特徴として、そもそもの“英語力が足りないこと”が考えられます。

これからアマゾンで順調にキャリアアップしていきたいなら、遅かれ早かれ“英語は絶対に必要不可欠なスキル”になります。

なぜなら、アマゾンの本部はアメリカ(※当然英語)であり、今後あなたの役職が上がるにつれて、自ずとアメリカの本部とやりとりをする機会が増えていくからです。

現時点で自分の英語力が足りないと認識している方は、アマゾンの面接の通過率を高めるためにも、現職に勤めながらコツコツと英語力を高めておきましょう。

アマゾンの面接でよく聞かれる3つの質問【知らないと損】

面接

アマゾンの面接でよく聞かれる質問として、以下“3つのこと”が考えられます。

アマゾンの面接でよく聞かれる質問
・OLPに関する質問
・リーダーシップに関する質問
・失敗に関する質問

1つずつみていきましょう。

OLPに関する質問

まずアマゾンの採用面接では、“OLPに関する質問”があります。

事前にアマゾン社員が守るべき14項目からなる信条をインプットしておくことで、スムーズに面接に臨むことができます。

あなた自身のこれまでのキャリアとアマゾン独自のOLPを照らし合わせることで、アマゾンが“今あなたに求めていること”が自ずとわかるようになります。

特にアマゾンの求人募集要項にはOLPの内容が含まれているので、その内容に合わせエピソードトークができればベストです。

>>アマゾンの”OLP”とは?

リーダーシップに関する質問

次にアマゾンの採用面接では、“リーダーシップに関する質問”があります。

アマゾンでは社員全員とリーダーと考えているため、採用面接ではあなたのリーダーシップを測る質問が複数あります。

そのため、あなた自身がこれまでに主体的に考えて行動をしたエピソード(成功体験)をいくつか用意しておきましょう。

あなた自身の自主性や積極性をうまくアピールすることができれば、必ずアマゾンの採用面接を突破することができます。

GAKU
あなたがこれまでに管理職の経験がなくても、リーダーシップを発揮した経験談があれば十分です。アマゾンの選考で不採用になる方は、概ね上記のような質問にスムーズに答えられません。学生時代にキャプテンを務めた、前職でプロジェクトマネージャーを務めたなど、あなたがリーダーシップを発揮した経験を胸を張って語りましょう。

失敗に関する質問

最後にアマゾンの採用面接では、あなたの“過去の失敗に関する質問”があります。

アマゾンは企業文化として、失敗することを恐れて新しいことに何も挑戦しない方は低く評価される傾向が強いです。

つまり、アマゾンでは積極果敢に新しいことに挑戦し結果的に失敗してしまったが、そこから新しいことを学び再び行動をする方は高く評価されるということです。

そのため、アマゾンの採用面接では、よくこれまでに失敗したことやうまくいかなかったことに関する質問がされます。

あなたがこれまでのキャリアで失敗したことから学び、再び行動し何かに成功したエピソードも用意しておきましょう。

GAKU
あなたがこれまでに失敗してきたことをアピールするというより、そこから何を学び行動したかまで話せる状態にしておきましょう。この世の中には失敗しない人材はいないので、自らの失敗談も堂々を話しましょう。

アマゾンの面接に落ちたら、まずはじめに行うべきこと!

JACリクルートメントに断られない

アマゾンの面接に落ちたら、まず行うべきこととして“外資系企業に強い転職エージェントに登録すること”を強く推奨します。

なぜなら、あなたが一度アマゾンの採用面接に落ちたからといって、もう二度と(必ずしも)アマゾンの採用面接を受けられないというわけではないからです。

あなたが最も効率よくアマゾンに転職したいなら、まず“優良外資系企業の転職支援に強い転職エージェントに登録すべき”です。

特にアマゾンのような世界的に知名度が高い人気企業では、世間一般的に非公開求人を多く抱えるハイクラス転職エージェントに求人が掲載されていることが多いです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後大手外資系企業で働きたいと考えている方に定評があります。

JACリクルートメントは特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援しており、かなり高い確率でアマゾンをはじめとする優良な求人案件を紹介してくれます。

あなたが万が一希望するアマゾンへ転職することができなくても、世界的に知名度が高い名だたる外資系企業の求人に出会えることはまず間違いないでしょう。

まずはJACリクルートメントに無料会員登録して、あなたの希望に沿う魅力的な外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

アマゾンを含む優良外資系企業では、常時採用でなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集します。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

アマゾンに転職するなら?
JACリクルートメント今後アマゾンへの転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料会員登録をしましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強く、アマゾンをはじめ、有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズにアマゾンへの転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

\60秒で簡単登録/

【まとめ】アマゾンの面接に落ちて、諦めきれない方へ!

アマゾン

今回は、「アマゾンの面接に落ちたら、まず行うべきこと」をご紹介してきました。

あなたがアマゾンの採用面接に落ちて諦めきれないなら、“もう一度アマゾンにエントリーすること”を強く推奨します。

なぜなら、あなたが一度アマゾンの面接に落ちても、アマゾンの別の求人ポジションでは通過する可能性があるからです。

またせっかくアマゾンの採用面接に再チャレンジするなら、アマゾンの採用面接の対策も十分に行ってから臨みましょう。

アマゾンの面接でよく聞かれる質問
・OLPに関する質問
・リーダーシップに関する質問
・失敗に関する質問

一度アマゾンから不採用の連絡を受け取ったとしても、めげずに切り替えて、転職エージェントを上手に活用しながら、選考を突破するために準備を進めましょう。

特に今自分の市場価値を知っておくことは、中長期的なキャリア形成にも繋がりますし、自分が思ってもみなかった最適な転職先が見つかる可能性を広げることもできます。

あなたが万全の準備を整えアマゾンへの転職に成功されることを応援しております。

アマゾンからの転職先についてまとめた記事にも書きましたが、アマゾン後のキャリア展開としては、大手IT企業の管理職に就く傾向が強いです。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

私や私の友人・知人は、転職活動の際に“複数の転職エージェントに登録して各社を比較すること”が多いです。

各転職エージェントの求人案件を比較することで、より良い魅力的な求人に出会う確率を高めることができるからです。

本当は自分に最適な求人があったのに、転職エージェントを1つしか利用していなかったばかりに、あなたに最適な求人を見過ごしてしまうことが最ももったいないことです。

実際に転職が完了した時点で、あとから“本当はもっと良い条件で転職することができたのに。。”と後悔する方も多いです。

転職エージェントは必ず2-3社同時に登録して、あなたの転職を成功に近づけましょう。

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

\60秒で簡単登録/

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

アマゾンの面接に落ちる原因