DYM就職がやばいって本当?利用者の本音を徹底的に調査した結果!

DYM就職がやばい

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「DYM就職がやばいって本当?」

フリーターやニートに特化した正社員求人紹介に強いDYM就職ですが、実は最近求職者の間で「DYM就職はやばい」というネガティブな評判を目にしました。

一体なぜこのような悪い評判や口コミが流れてしまっているのでしょうか?

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「DYM就職がやばいって本当?」についてどこよりも詳しくご紹介します。

今後あなたが確実に正社員を目指したいなら、まずは正社員求人100%の「DYM就職」に無料会員登録しましょう。

>>DYM就職に無料登録する

DYM就職はやばい?【事実】

キャリアカーバーとビズリーチの違い

まず事実ベースで申し上げると、確かに“DYM就職にはやばい”というネガティブな声は一定数存在しています。

こういうネガティブな声を聞くと、「DYM就職を利用するのは辞めるべきかな。」と感じる方は一定数いらっしゃいます。

しかしながら、DYM就職に限らず、どの転職エージェントにおいても、このようなネガティブな評判は必ず存在します。

どれだけ評価の高い転職エージェントでも、”自分の思い通りに転職活動ができなかった一部の利用者”によって、ネガティブな評価が下されてしまうのです。

そのため、個人的にはあなたが機会損失をしないためにも、まずは実際にDYM就職の就職支援サービスを利用してみるスタンスが非常に重要な考え方になります。

実際にDYM就職は、“フリーターやニート、第二新卒でも正社員になれる!”をコンセプトにしているため、特に豊富な職歴や学歴がなく自信がない方にとっては、まず最適な転職エージェントと言えます。

自分自身が使う前からあれこれと不安な感情を抱えるのではなく、実際に使ってみて自分に合う合わないを判断しましょう。

GAKU
もしDYM就職が合わないと感じたら、すぐにDYM就職の登録を解除して、別の転職エージェントに登録すれば全く問題ありません。
30代で職歴なしでDYM就職

30代で職歴なしでもDYM就職は利用できる?【結論、できる!】

2021年6月19日

DYM就職がやばいと言われる理由【まず知っておきたい】

女性

DYM就職がやばいと言われる最大の理由としては、「紹介される求人にブラック企業が多いのではないか?」というネガティブな噂が流れているからです。

DYM就職では主にフリーターやニート向けに正社員になれる求人案件を紹介しているため、正直ちまたでは「そんなに美味しい話はあるの?」「ブラック企業ばかりじゃないの?」という声が続出しています。

しかしながら、実際にはDYM就職は求人からブラック企業を徹底的に排除し、経験豊富なキャリアアドバイザーが求職者一人ひとりに最適な求人を紹介してくれます。

実際に私の友人も最近DYM就職を経由して転職しましたが、彼は現在超絶ホワイト企業で勤務することができています。

信じられないかもしれませんが、DYM就職では社会人経験が浅い方に対し、非常に質の高い求人を紹介してくれるので、正直登録しないと損してしまうレベルです。

第二新卒はブラックしかない

第二新卒の求人はブラックしかない?【ホワイト企業の見つけ方】

2021年8月9日

DYM就職はやばいだけでなく、実は良い評判・口コミも多い!

DYM就職ではやばいというネガティブな評判を目にしますが、実のところは良い評判や良い口コミの方が多いです。

例えば、DYM就職には以下のような良い評判・良い口コミがあります。

DYM就職の良い評判・口コミ
・書類選考なしで企業面接へ進める
・地方就職にも強い

1つずつみていきましょう。

書類選考なしで企業面接へ進める

まずDYM就職では書類選考が組み込まれていない案件だけを取り扱っているため、“直接企業面接に進むことができます”

一般的に転職活動では書類選考で約7〜8割が落ちると言われてますので、書類選考なしでスムーズに選考が進んでいくのは非常に大きなアドバンテージになります。

DYM就職が書類選考をスキップできるのは、求職者の職歴や学歴を気にしないという姿勢の表れとも言うことができます。

実際にDYM就職での求職者の就職率は96%という高い数字も出ているので、安心して就職活動を進めることができます。

書類選考に通らない20代

書類選考に通らない20代の求職者がまず行うべき”たった3つのこと”

2021年10月7日

地方就職にも強い

次にDYM就職は日本全国の主要都市にオフィスを構えているため、“もちろん地方都市での就職にも強いです”

DYM就職の拠点
東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、仙台

転職を機にUターンやIターンを考えている方にとっては、実家に近いオフィスに勤務したり、地域活性化のために社会貢献したり、様々なキャリアの選択肢があります。

特に都市部オフィスに勤務することに強いストレスを感じる方にとって、DYM就職は様々な選択肢の中から就職先を決めることができるので、非常に利便性が高いです。

DYM就職と併用したい転職エージェント【よりスムーズに!】

中途採用の条件

あなたがDYM就職経由での就職に不安を感じるなら、あなたの今後のキャリアの選択肢を増やすためにも、“複数の転職エージェントを併用すること”を強く推奨します。

DYM就職と同じ形態でフリーターやニートの方向けに転職サポートをする企業は限られますが、「ハタラクティブ」はDYM就職と併用すべき転職エージェントです。

ハタラクティブは主にこれまでに社会人経験が浅いフリーターやニート向けに転職サポートを行なっているため、あなたにまったく職歴や経歴がなくても、安心して転職活動を進めることができます。

また内定率は80%と驚異の実績があるため、「この年齢で正社員なんて無理だよ。」と諦めかけている方ほど、まず利用すべき転職エージェントです。

DYM就職とハタラクティブのハイブリッド型で転職活動を進めると、それぞれの求人案件を比較しながら、あなたの希望に沿う就職先が見つかる可能性が高まります。

今後のキャリアの選択肢が限られている方こそ、複数の転職エージェントを活用し、思い通りの就職先を見つけるべきです。

上記2つの転職エージェントを併用することで、あなたがフリーターやニートから抜け出して、新たな世界(正社員)の扉を開くきっかけになることは間違いありません。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

【まとめ】DYM就職がやばいは嘘!最大限に活用しよう!

海外赴任に失敗

今回は、「DYM就職がやばいって本当?」について詳しくご紹介してきました。

今回ご紹介した通り、“DYM就職がやばいというネガティブな評判は全て嘘です”。

そのため、現在職歴や学歴に自信がないニートやフリーターの方は、今すぐにでもDYM就職に会員登録をして、早速最適な正社員求人を見つけていきましょう。

DYM就職では独自にブラック企業の求人を排除する仕組みがあるため、DYM就職で転職したもののすぐに利用者が離職してしまったネガティブな事例も少ないです。

これから社会人として新たなスタートを切りたいと考えている方は、まず「DYM就職」に登録して間違いありません。

社会人としての出だしが遅い方ほどその苦労を痛いほどに理解しているので、その後急激なスピードでキャリアアップの階段を登っていくことも多くあります。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

まずはDYM就職に無料登録して、希望に沿う正社員の求人案件を探しましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

DYM就職がやばい