第二新卒の求人はブラックしかない?【ホワイト企業の見つけ方】

第二新卒はブラックしかない
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「第二新卒での転職はやめた方がいい。」「第二新卒の求人はブラックだらけ。」

現在のあなたはこんな噂話を聞いて、不安に感じているのではないのでしょうか?

結論から申し上げると、第二新卒の求人はブラックしかないというのは間違いです。

もちろん第二新卒向けの求人にブラック企業が含まれることもありますが、必ずしも第二新卒向けの求人全てがブラック企業ばかりということはありえません。

むしろ最近では大企業を中心に第二新卒を積極的に採用しているため、どちらかと言うと第二新卒がホワイト企業へ転職できるチャンスは大きくなってきています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「第二新卒の求人はブラックしかない?ホワイト企業の見つけ方」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

第二新卒でホワイト企業への転職を探すなら、まずは20代の優良企業転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。
第二新卒がホワイト企業を目指すなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職

まずはじめに今回の結論から申し上げると、“第二新卒の求人はブラックしかないは完全な嘘”でしかありません。

なぜなら、現在の日本は若者の人口減少などの大きな問題を抱え、企業は将来の事業を支える若い原動力を必要としており、最近では資金力のある大手企業も積極的に第二新卒の採用に乗り出しているからです。

日本国内でも知名度が高い優良企業が続々と第二新卒をポテンシャル採用しているため、現在はむしろ“第二新卒がホワイト企業に転職しやすい状況”が生まれています。

そのため、新卒で入社した会社がブラック企業だった方は、積極的に第二新卒の転職でホワイト企業を狙いにいきましょう。

GAKU
あなたが想像している以上に第二新卒での求人を募集している優良企業は多いはずです。
第二新卒がホワイト企業を目指すなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職

とはいえ第二新卒の求人にブラック企業は含まれている

つらい

とはいえ、第二新卒の求人にブラック企業は含まれているのは事実としてあります。

第二新卒の求人にブラック企業が含まれている理由は、以下の3つが考えられます。

ブラック企業が含まれている理由
・情報が少ない中小企業が多い
・新卒採用できない企業が多い
・第二新卒採用だけをしている

1つずつみていきましょう。

情報が少ない中小企業が多い

まず第二新卒の求人にブラック企業が含まれている理由として、“情報が少ない中小企業が多いこと”が考えられます。

基本的に中小企業は大手企業と比べて資金力がないため、人材の採用にそこまでコストをかけられない体質にあります。

つまり、第二新卒の求人にはこのような資金力がない企業が大量に含まれています。

また知名度の低い企業もたくさんあるため、どのような事業や業務をやっているのかが見えないことも多いです。

そのような中小企業の多くをブラック企業と定義する方が多くいるため、中小企業=ブラック企業と考えてしまうのです。

GAKU
もちろん中小企業の中にも優良な企業は多くあります。

新卒採用できない企業が多い

次に第二新卒の求人にブラック企業が含まれている理由として、“新卒採用できない企業が多いこと”が考えられます。

世間一般的になかなか新卒採用がうまくいかない企業は、あまり人気がない企業と定義づけられることが多いです。

そのような世間的にも人気がない企業は新卒を採用できない代わりに積極的に第二新卒を採用することが多いのです。

また新卒をしっかりと育成できずにどんどん退職者を出してしまうような企業も失った従業員をカバーするために“大量に第二新卒を採用するケース”もあります。

GAKU
人気がない企業が第二新卒の採用だけに注力するケースは多く、求職者は注意することが必要です。

第二新卒採用だけをしている

最後に第二新卒の求人にブラック企業が含まれている理由として、“第二新卒採用だけしていること”が考えられます。

上記2つの理由とも重複するのですが、人気のない中小企業では新卒採用ができないことを見越して、はじめから第二新卒しか採用しないようなことも多いです。

このように第二新卒の採用だけに特化している企業には、時々ブラック企業が含まれていることもありえます。

GAKU
第二新卒の求人で初めて見るような企業は、第二新卒だけの採用に特化しているパターンが多いです。

第二新卒は転職エージェントを使わない方がいい?【結論、利用すべき】

2021年8月8日

第二新卒の求人でホワイト企業を見つける3つのコツ

第二新卒の求人でホワイト企業を見つけるためには、大きく3つのコツがあります。

10〜15分も時間をかければ簡単にホワイト企業かを確認できるので、まず迷ったら実践してみることを推奨します。

ホワイト企業を見極めるコツ
・代表や事業内容について知る
・福利厚生について確認する
・退職者の口コミに着目する

1つずつご紹介していきます。

代表や事業内容について知る

まずホワイト企業を見つける1つ目のコツとして、“代表や事業内容について深く知ること”があります。

なぜなら、企業の代表の人格・性格や企業の体質によっても、あなたにとっての働きやすさが大きく変わってくるからです。

過去に企業の代表が受けたインタビュー記事を読んでみたり、創業時からこれまでどのように企業を成長させてきたのかを知ることは非常に重要なことです。

現代はインターネットが普及しているため、企業のコーポレートサイトや各メディア媒体で簡単に確認することができます。

特にあまりにもトップダウンが激しい代表やメディアでの露出が少ない企業はブラック企業である可能性が高いです。

逆にあなたがこの代表についていきたい、この企業で働きたいと魅力を感じたら、ホワイト企業である可能性が高いです。

GAKU
まずは気になる企業を見つけたら、自分の手で調べてみることが重要です。そうすると、自然と様々なことが見えてくるようになります。

福利厚生について確認する

次にホワイト企業を見つける2つ目のコツは、“福利厚生を確認すること”です。

福利厚生が充実している企業は、高い確率でホワイト企業であることが多いです。

なぜなら、福利厚生は従業員の働きやすさのために存在する制度なので、従業員が長期間働きたいと思える労働環境が整っていることが多いからです。

「家賃補助」「食堂無料」「持株制度」など、福利厚生が充実していればいるほど、従業員のことを第一に考えるホワイト企業である可能性は極めて高いです。

GAKU
企業の福利厚生の充実度は企業の資金力の有無にも直結しています。

第二新卒で大手への転職は無理?効率よく転職するコツを伝授

2021年8月6日

退職者の口コミに着目する

ホワイト企業を見つける3つ目のコツは、“退職者の口コミに着目すること”です。

一般的に企業を退職した方の口コミは、インターネット上で「企業名+口コミ」と検索することで、転職サイトなどのメディアで簡単に確認することができます。

現在企業に勤めている方の口コミよりもすでに企業を退職している方の口コミの方が信ぴょう性が高いため、まず求職者としては確認しておきたい部分になります。

もしインターネット上で退職者による企業の口コミが見つからなかったら、素直に転職エージェントに聞いてみましょう。

GAKU
退職者の口コミはtwitterなどでも出回っていることが多いです。

第二新卒がまず登録すべき転職エージェント3選

中途採用の条件

今後あなたが第二新卒で転職を目指すなら、まずは“20代の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

転職エージェントは無料での転職支援はもちろん、あなたの希望に基づいて最適な求人の紹介をしてくれたり、効率よく転職をするためのノウハウを教えてくれます。

特に第二新卒での転職は自分一人の力で成功する可能性は低いので、転職のプロである転職エージェントに支援してもらうことが重要な考え方になります。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、以下の3社は特に20代の優良企業の転職支援に強い転職エージェントです。

あなたが転職する目的によっても利用すべき転職エージェントは異なるので、これから1つずつご紹介していきます。

第二新卒で転職するなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職

ビズリーチ

ビズリーチの写真

まずビズリーチは、ハイクラス転職を目指す20代の転職支援に強みを持っています。

ビズリーチはスカウト型転職サービスのため、あなたの希望に沿った転職先と効率よくマッチングすることができます。

またビズリーチはハイクラスに特化した転職エージェントなので、たとえ第二新卒であっても転職を機に大幅な年収アップ・キャリアアップを期待することができます。

とにかく大手企業に転職をして今まで以上に稼ぎたい方は、まず登録しておきたい転職エージェントです。

GAKU
ビズリーチは有料会員になる方も多いですが、無料会員でもスカウトは受けることができます。

就職Shop

就職Shopの写真

次に就職Shopは、社会人経験が少ない20代の転職支援に強みを持っています。

就職Shopは大手リクルートが運営する転職サービスのため、様々な業界・様々な職種にチャレンジしたい方に最適です。

就職Shopはフリーター・既卒・第二新卒向けに特化した転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

就職Shopは書類選考で落とされることもなく、今すぐ転職したい方にも最適です。

GAKU
就職Shopで取り扱う登録企業数は7,560社と圧倒的な数字です。

DYM就職

DYM就職

最後にDYM就職も、社会人経験が少ない20代の転職支援に強みを持っています。

DYM就職では経験豊富なキャリアアドバイザーが無料個別相談を設け、あなたの希望に沿った求人を積極的に紹介してくれます。

DYM就職は就職Shopと同様にフリーター・既卒・第二新卒向けの転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

またDYM就職でも書類選考はないので、効率よく転職活動を進めることができます。

GAKU
DYM就職では最短1週間でのスピード入社も可能です。

【脱ブラック】第二新卒でもホワイト企業は狙える!

今回は、「第二新卒の求人はブラックしかない?ホワイト企業を見つけるコツ」について詳しくご紹介してきました。

今回の結論を申し上げると、“第二新卒の求人はブラックしかないは完全な嘘”です。

なぜなら、最近では日本国内の資金力のある大手(ホワイト)企業も積極的に第二新卒の採用に乗り出しているからです。

日本国内で知名度の高い優良企業が続々と第二新卒をポテンシャル採用しているため、現在はどちらかというと“第二新卒がホワイト企業に転職しやすい状況”です。

しかし、第二新卒で誤ってブラック企業に転職してしまう可能性も考えられます。

ホワイト企業を見極めるコツ
・代表や事業内容について知る
・福利厚生について確認する
・退職者の口コミに着目する

そのような状況を避けるためにまずはしっかりとホワイト企業かどうかを見極めて、ブラック企業の求人を一切取り扱っていない転職エージェントを活用しましょう。

今回ご紹介した転職エージェント3社でブラック企業が紹介される可能性は極めて低いので、ぜひ安心して活用しましょう。

第二新卒の転職でホワイト企業を見つけるヒントに少しでもなれば幸いです。

第二新卒がホワイト企業を目指すなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職
第二新卒はブラックしかない

\年功序列がしんどいなら?/

年功序列がやる気でない

今後成果主義の企業で働きたいなら、まずは外資系転職を検討しましょう。

成果主義の企業で常にパフォーマンスを発揮することができれば、あなたはビジネスパーソンとしてひと回りもふた回りも成長することができます。