第二新卒で大手への転職は無理?効率よく転職するコツを伝授

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「第二新卒で大手企業に転職するのは無理なのかな?」

新卒で入社した会社が合わずに第二新卒として大手企業へ転職したい方は結構多いのではないでしょうか?

さきに今回の結論から申し上げると、第二新卒で大手企業へ転職することは可能です。

しかしながら、第二新卒が大手に転職することは決して簡単なことではありません。

なぜなら、最近は第二新卒で大手企業への転職を狙う方が多く、競争率が高まっているからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「第二新卒が効率よく大手に転職するコツ」について詳しくご紹介していきます。

第二新卒が大手企業への転職を探すなら、まずは20代の優良企業転職支援に強い転職エージェントに無料登録しましょう。
第二新卒で大手転職を狙うなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職

【無理じゃない】第二新卒でも大手に転職できる!

まず今回の結論から申し上げると、第二新卒で大手企業へ転職することは可能です。

なぜなら、近年は大企業でも人手不足の問題を抱えており、新卒を採用することさえ難しい状況に陥っているからです。

新卒採用がうまくいっていない大企業は、当然次のターゲット層として教育コストがかからない第二新卒を獲得しようとします。

世間一般的に企業でこのような動きが活性化しているため、たとえ第二新卒でも大手企業に転職することができるようになっているのです。

そのため、最近では転職エージェントの求人をチェックしていても、大手企業が第二新卒や既卒に特化したポテンシャル採用の求人を掲載する機会が増えました。

GAKU
第二新卒の求職者が想定している以上に大企業の第二新卒への獲得意欲は高いです。

第二新卒が大手に転職できる3つの理由

ここでは第二新卒が大手に転職できる理由についてご説明します。

第二新卒が大手に転職できる理由
・若手の積極採用が進んでいる
・大手企業でも人材不足が問題化
・教育コストがあまりかからない

1つずつご紹介していきます。

若手の積極採用が進んでいる

まず第二新卒が大手に転職できる理由として、世間一般的に“若手社員の積極採用が進んでいること”が考えられます。

多くの方がご存知の通り、現在日本では超高齢社会という未曾有の危機に突入しています。

当然企業としても若手を育成していかないと、将来的に会社が存続できなくなるため、資金力のある大手企業を中心に積極的に第二新卒を含む若手社員を採用しています。

第二新卒の多くは20代でこれから大きく育っていく可能性が高いので、今後も当面の間は大手企業を中心に第二新卒を獲得していくでしょう。

GAKU
第二新卒という若さを活かすことで、大手企業への転職は十分狙えます。

大手企業が人材不足を問題視

次に第二新卒が大手に転職できる理由として、“大手企業が人材不足を問題視していること”があげられます。

最近では転職して年収を上げることが一般的な考え方になっており、厚生労働省の発表によると新卒者の3年以内の離職率は約30%という非常に高い数値データが出ています。

この新卒を含め大企業で空いてしまったポジションを埋める人材として、重宝される人材が第二新卒者になることが多いです。

たとえ大手企業に勤めていてもすぐに辞めてしまう方は多いので、最近では大手企業が人材不足を問題視する傾向にあります。

GAKU
もちろん第二新卒として大手企業に転職する場合は、積極的に年収アップを狙うべきです。遠慮をする必要はありません。

教育コストがあまりかからない

最後に第二新卒が大手に転職できる理由として、“教育コストがあまりかからないこと”があげられます。

第二新卒は少なからず社会人経験があるので、新卒と違って教育コストがかからないのが企業の最大のメリットになります。

世間一般的に日本の新卒の教育コストは1年〜2年はかかると言われていますが、第二新卒は教育コストがかからないため、企業も即戦力人材として採用がしやすいのです。

GAKU
企業によっては新卒よりも教育コストがかからない第二新卒の採用に力を入れていることもあります。

第二新卒の大手への転職が無理と言われる理由

ここまで第二新卒が大手に転職できる理由についてお伝えしてきましたが、“世間で第二新卒の大手への転職が無理と言われている理由”についても考えてみました。

第二新卒の大手転職が無理と言われる理由
・大手が新卒採用に注力している
・第二新卒にはライバルが多い

1つずつ紹介していきます。

大手が新卒採用に注力している

世間一般的に日本国内の大手企業は新卒採用に注力していると思われがちです。

確かに資金力のある大手企業は積極的に新卒を採用し、次世代のリーダーを育成することに力を入れています。

しかしながら、最近では新卒で大手企業に入社できても、すぐに退職をしたり、転職する方は非常に多くいらっしゃいます。

そのため、基本的に大手企業は新卒採用に注力していますが、人材不足を補うために同時に第二新卒の採用にも力を入れています。

世間一般的なイメージだと第二新卒の大手企業転職は無理と思われがちですが、実は若手を採用したい大手企業による第二新卒へのニーズは高まっているのです。

GAKU
実際に最近私の親戚も第二新卒として日本国内有数の大手企業に転職を果たしました。

第二新卒にはライバルが多い

第二新卒には新卒者、中途採用者などのライバルがたくさんいます。

新卒には学歴で負けてしまったり、中途採用者には職歴で負けてしまったり、もしかすると負い目を感じる場面が多いかもしれません。

しかし、安心してください!

あなたが第二新卒で大手企業に転職したいなら、数多くのライバルに負けたくないなら、転職支援のプロである転職エージェントを最大限に活用しましょう。

転職エージェントは第二新卒の強み・弱みを理解しているので、あなたが効率よく大手企業へ転職できるように導いてくれます。

GAKU
第二新卒で確実に大手企業に転職したいなら、まず転職エージェントの利用は必須条件になります。

第二新卒で大手への転職を目指すなら?

あなたがこれから第二新卒で大手への転職を目指すなら、20代の大手企業転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

転職エージェントは無料であなたの転職支援をすることはもちろん、あなたの希望に基づいて最適な求人の紹介をしてくれたり、あなたが効率よく転職をするためのノウハウを教えてくれます。

特に第二新卒での転職は自分一人の力では転職に成功することも少ないので、転職のプロである転職エージェントに支援してもらうことが非常に重要な考え方になります。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に以下の3社は20代の大手企業転職に強い転職エージェントです。

あなたが転職する目的によって利用すべき転職エージェントは異なるので、1つずつご紹介していきます。

第二新卒で大手転職を狙うなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職

ビズリーチ

ビズリーチの写真

まずビズリーチは、ハイクラス転職を目指す20代の転職支援に強みを持っています。

ビズリーチはスカウト型転職サービスのため、あなたの希望に沿った転職先と効率よくマッチングすることができます。

またビズリーチはハイクラスに特化した転職エージェントなので、たとえ第二新卒であっても転職を機に大幅な年収アップ・キャリアアップを期待することができます。

とにかく大手企業に転職をして今まで以上に稼ぎたい方は、まず登録しておきたい転職エージェントです。

GAKU
ビズリーチは有料会員になる方も多いですが、無料会員でもスカウトは受けることができます。

就職Shop

就職Shopの写真

次に就職Shopは、社会人経験が少ない20代の転職支援に強みを持っています。

就職Shopは大手転職エージェントのリクルートが運営する転職サービスのため、様々な業界・様々な職種にチャレンジしたい方に最適です。

就職Shopはフリーター・既卒・第二新卒向けの転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

就職Shopでは書類選考で落とされることもないので、今すぐに転職したい方にも最適です。

GAKU
就職Shopで取り扱っている登録企業数は7,560社と圧倒的な数字です。

DYM就職

DYM就職

最後にDYM就職も、社会人経験が少ない20代の転職支援に強みを持っています。

DYM就職では経験豊富なキャリアアドバイザーが無料個別相談を設け、あなたの希望に沿った求人を積極的に紹介してくれます。

DYM就職は就職Shopと同様にフリーター・既卒・第二新卒向けの転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

またDYM就職ではそもそも書類選考がないので、効率よく転職活動を進めることができます。

GAKU
DYM就職では最短1週間でのスピード入社も可能です。

第二新卒が大手は無理と諦めるともったいない!

今回は、「第二新卒が効率よく大手に転職するコツ」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、第二新卒で大手企業へ転職することは可能です。

そのため、あなた自身が第二新卒であることを引け目に感じ、大手企業への転職は無理と簡単に諦めてしまうともったいないです。

第二新卒が大手に転職できる理由
・若手の積極採用が進んでいる
・大手企業でも人材不足が問題化
・教育コストがあまりかからない

最近では大手企業を中心に若手社員である第二新卒を積極的に採用する動きが進んでいるので、むしろ自ら大手企業への転職を狙いにいった方が良いです。

これから第二新卒で大手への転職を目指すなら、20代の大手企業転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

特に第二新卒での転職は自分一人の力では転職に成功しづらいので、転職のプロである転職エージェントに支援してもらうことが非常に重要な考え方になります。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に以下の3社は20代の大手企業転職に強い転職エージェントです。

早速複数の転職エージェントに登録し、効率よく大手企業へ転職しましょう。

第二新卒で大手転職を狙うなら?
ビズリーチ
就職Shop
DYM就職

\年功序列がしんどいなら?/

年功序列がやる気でない

今後成果主義の企業で働きたいなら、まずは外資系転職を検討しましょう。

成果主義の企業で常にパフォーマンスを発揮することができれば、あなたはビジネスパーソンとしてひと回りもふた回りも成長することができます。