【給料が上がらない】新卒1・2年目がぶつかる厳しい現実と対処法!

新卒で給料が上がらない

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「新卒で入社した会社の給料が少なすぎる。。」「新卒2年目は、たったこれだけしか給料が上がらないの?」

今まさに新卒で入社した会社の“給料の少なさ”“昇給率の低さ”にショックを受けている方は多いかもしれません。

かくいう私自身も、大学を卒業し新卒として会社員になったばかりの頃は、“あまりの給料の少なさに愕然としていたこと”をつい昨日のことのように思い出します。

さきに結論から申し上げると、世間一般的に新卒1・2年目は給料が上がりづらいです。そして中には、そのまま3・4年目まで給料が上がらない方も多くいます。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「新卒1・2年目の給料が上がらない3つの理由と今すぐできること」についてわかりやすくご紹介していきます。

年収アップを目指すなら?
JACリクルートメントあなたが今後年収アップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今の会社に勤めながら転職先を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

新卒1・2年目の給料が上がらない3つの理由【事実ベース】

3つ

まず新卒1・2年目の給料が上がらない理由として、以下3つのことが考えられます。

新卒1・2年目の給料が上がらない3つの理由
・年功序列文化が浸透している
・仕事で成果を出せていない
・住民税の負担が増える

1つずつ紹介していきます。

年功序列文化が浸透している

まず新卒1・2年目の給料が上がらない理由として、“年功序列文化が浸透していること”が考えられます。

あなたはこれまでに意地悪な大人から「若手は給料が少なくて当然だ。」「僕も若い頃は給料が少なくて苦労をした。」などと言われた経験はありませんか?

日本国内にある多くの日系企業では未だに社歴が長いベテラン社員や中間管理職ばかりが優遇され、若手の給料が上がりづらい年功序列の考え方が残っています。

特に常に成果を出している若手社員であればあるほど、成果を出していない上司やベテラン社員に対して、理不尽に感じることは多いかもしれません。(昔の私もまさにその考え方でした。)

もし現在のあなたが勤めている会社が年功序列を採用しているなら、まず間違いなくこれから時間をかけて役職に就いたり、年収を上げていかないといけません。

年功序列思考の会社に勤めることが嫌な方は、若いうちから積極的に成果主義を採用する会社に転職することを考えましょう。

GAKU
ちなみに会社に利益をもたらさないベテラン社員は、世間一般的に“窓際族”と呼ばれています。窓際族が多い会社は、やはり若手社員にとって最悪な労働環境です。
年功序列がやる気でない

年功序列だと永遠にやる気が出ない。。【今すぐにできる対処法】

2021年5月7日

仕事で成果を出せていない

次に新卒1・2年目の給料が上がらない理由として、“仕事で成果(パフォーマンス)を出せていないこと”が考えられます。

自分自身は一生懸命に仕事を頑張ったつもりでも、実際には成果を上げれていなければ、会社にとって何の利益も残りません。

少し厳しい言い方にはなりますが、はじめに自分の給料が上がらないと不平不満を漏らす前に、まずは自分自身の働き方や会社への貢献度に目を向けましょう。

(自分の利益ばかり考えるサラリーマンは、今後確実に淘汰されていきます。)

あなた自身が周囲から高い評価を得るようになれば、自ずと給料も上がりやすい(その後も働きやすい)状態になります。

GAKU
社会人として最も重要なことは、まず与えられた業務の中でしっかりと成果を上げることです。現在の私が勤める都内の外資系企業では、成果を上げた方から優先的に高い給料が与えられます。
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

住民税の負担が増える

最後に新卒1・2年目の給料が上がらない理由として、“住民税の負担が増えること”が考えられます。

すでに知っている方は多いかもしれませんが、社会人2年目になると住民税の天引きが始まり、社会人1年目の時よりも実際に受け取る給料額は少なくなります。

たとえ新卒2年目で昇給しても、給料の約10%が住民税として引かれるので、実際に給料が上がったと感じることは少ないです。

(サラリーマンなら誰もが通る“社会人2年目あるある”です。)

新卒2年目なのに新卒1年目よりも給料が少なくなることも多いので、住民税については頭の片隅にでも入れておきましょう。

GAKU
企業によってはボーナスを多めに支給して、住民税分をうまくカバーしてくれることもあります。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

新卒2年目での平均昇給率【意外と上がらない】

例えばあなたの新卒2年目での昇給率が少なすぎると、周りがどのくらい昇給しているのか気になりませんか?

厚生労働省が発表している「賃金引き上げ等の実態に関する調査の概況」によると、日本国内における1人平均賃金の改定率は約2%というデータが示されています。

つまり、例えば新卒1年目での初任給が22万円であれば、新卒2年目では4,400円昇給できる計算になります。

当然あなたが勤める業界や企業・年齢や職種によっても昇給率は異なりますが、世間一般的な指標として2%というのは個人的にとても少ないと感じています。

GAKU
もちろんあなた自身が伸びている業界や会社に勤めると、高い昇給を期待することができます。私自身は1社目の日系企業勤務後に資金力のある外資系企業に転職をしました。結果たった1度の転職で大幅に年収を上げることができました。
20代の外資系転職に強い転職エージェント

【20代向け】外資系転職支援に強い転職エージェント3選【最新版】

2021年6月15日

今勤めている会社の給料の上がり幅を確認する方法

あなたが今勤めている会社の給料の上がり幅を確認することは大切なことです。

なぜなら、これから経験するであろう“結婚・出産・子育てなどのライフイベント”に応じて、事前に将来会社員として必要となる収入は把握すべきだからです。

あなたが今勤めている会社の給料の上がり幅を確認する方法は簡単で、あなたが親しくしている年齢が近い先輩や年齢の遠い上司の2パターンでこれまでのキャリアでの給料の上がり幅について聞くだけです。

先輩や上司に聞くタイミングとしては、お酒が入っている時が最適で、まず「将来得られる収入が不安だ。」という切り口でお話をスタートさせましょう。

先輩や上司は社会人としてあなたの大先輩であるわけですから、可愛い後輩や部下のためなら惜しみなく勤めている会社での給料のことについて教えてくれます。

(私自身がこの手法でこれまでに何度も自分の上司が受け取っている給料情報を入手してきました。そして3年後や5年後の自分自身の姿を明確にイメージしていました。)

あなたの勤めている会社の先輩や上司がまさにあなたの将来の姿になるので、まずは身近なところで今後会社で受け取れる給料事情について情報収集をはじめましょう。

そして今勤めている会社の昇給スピードが遅いことがわかれば、早い段階で転職することを視野に入れておきましょう。

GAKU
勤める業界や会社によっても、やはり昇給スピードは異なります。どうせなら昇給スピードが早い会社に勤めた方が良いです。
JACリクルートメントで年収アップ

JACリクルートメントでの転職で本当に年収アップできる?【体験談】

2021年6月17日

【まとめ】新卒・若手が最も効率よく給料を上げる方法

外資働くドットコム

今回は、「新卒1・2年目の給料が上がらない3つの理由と今すぐできること」について詳しくご紹介してきました。

新卒1・2年目の給料が上がらない3つの理由
・年功序列文化が浸透している
・仕事で成果を出せていない
・住民税の負担が増える

あなたが現在新卒1・2年目で最も効率よく給料を上げたいと考えているなら、まずは転職することを検討しましょう。

多くの方がすでにご存知の通り、日本国内では人口減少が続いており、どの企業も人手不足の大きな問題を抱えています。

そのため、一つの企業にとどまる方よりも、転職をする方が効率よく給料を上げることができる構造ができています。

今後転職を機に確実に年収アップを目指したい方は、まずはJACリクルートメントに登録し、積極的に情報収集を始めましょう。

JACリクルートメントが持つ転職ノウハウや企業とのネットワークを最大限に活用することで、あなたは理想とする転職先企業を必ず見つけることができます。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第すぐにエントリーできる状態にしておきましょう。

今のうちから転職エージェントに登録して、あなたが納得できる給料水準の企業への転職を目指していきましょう。

年収アップを目指すなら?
JACリクルートメントあなたが今後年収アップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

今の会社に勤めながら転職先を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

新卒で給料が上がらない

\年功序列がしんどいなら?/

年功序列がやる気でない

今後成果主義の企業で働きたいなら、まずは外資系転職を検討しましょう。

成果主義の企業で常にパフォーマンスを発揮することができれば、あなたはビジネスパーソンとしてひと回りもふた回りも成長することができます。