夫婦が同時期に転職を成功させるコツを伝授【共働きの方必見】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「夫婦で同時期に転職を成功させたい!」

現在夫婦で共働きをしており、今後夫婦揃っての転職を考えている方もいるでしょう。

またできるだけ夫婦で同時期に転職を成功させて、心機一転新しい環境で頑張っていきたいと考えていることでしょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「夫婦が同時期に転職を成功させる3つのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

給料が少ないのに働き続けるのはムダ!今すぐに転職しよう

2021年5月10日

まず夫婦で共働きをする3つのメリットをご紹介します。

夫婦で共働きをするメリット
・収入が増える
・仕事の相談ができる
・生活リズムが合う

1つずつ紹介していきます。

収入が増える

まず夫婦で共働きをする1つ目のメリットは、“収入が増えること”です。

夫婦で共働きをすると単純に収入源が2倍になるため、万が一どちらかが失業したりどちらかの収入が減ったりしても、最低限の生活は確保することができます。

夫婦で共働きをすることで常に金銭面でのリスク分散ができるので、精神的にも安心して生活をすることができます。

GAKU
例えば夫の年収が800万円、妻の年収が700万円であれば、世帯年収は1,500万円になります。1人で年収1,500万円を受け取りよりも遥かにハードルが低いです。

仕事の相談ができる

次に夫婦で共働きをする2つ目のメリットは、“仕事の相談ができること”です。

夫婦で共働きをしていると、普段仕事をしている同士で仕事での苦労や愚痴を共有することができます。

またお互いの仕事を知ることで、今後の仕事での視野が広がったり、常にお互いが相談しやすい状態になります。

GAKU
夫婦のうち1人だけが働いている状態だと、やはり仕事に対する価値観に温度差が生じることも多いです。

生活リズムが合う

最後に夫婦で共働きをする3つ目のメリットは、“生活リズムが合うこと”です。

夫婦で共働きをしていると、日中はお互いに仕事をしているため、自然と生活リズムが合わせやすくなります。

起床する時間・朝食を摂る時間は合わせやすいですし、業務終了後にどこかで待ち合わせをして一緒に帰ることもできるでしょう。

また家事や育児を分担しつつ、お互いに尊重しながら生活をすることもできるでしょう。

GAKU
どちらかが空いている時間で家事や育児を進めると、自然とお互いの信頼関係も高まっていきます。

夫婦で共働きをする2つのデメリット

次に夫婦で共働きをする2つのデメリットをご紹介します。

夫婦で共働きをするデメリット
・家事分担が難しい
・育児分担が難しい

1つずつ紹介していきます。

家事分担が難しい

まず夫婦で共働きをする1つ目のデメリットは、“家事分担が難しいこと”です。

夫婦で共働きをしている場合、やはりどちらかの仕事が早く終わり、どちらかの仕事が遅く終わる傾向は出てきます。(勤める会社や業種にもよりますが。。)

そうなると基本的に仕事が早く終わる方が夕食の準備をしたり、洗濯をしたり、家事の量が多くなってしまいます。

そのため、夫婦で共働きをするなら、事前にお互いの仕事に理解を持った上で、自分の手の空いている時に家事を進める気持ちが重要になります。

GAKU
夫婦で共働きをしていると、どこかのタイミングで一方に家事の負担が大きくなっていくので、お互いに協力し合いながら家事を進めていきましょう。

育児分担が難しい

次に夫婦で共働きをする2つ目のデメリットは、“育児分担が難しいこと”です。

お子さんがいらっしゃる夫婦で共働きをしている場合、家事分担と同様に育児分担も大きな問題になってきます。

お子さんの送迎はどちらがするのか、お子さんの保育園はどちらの職場に近くすべきかなど、どちらかが譲歩しながら仕事を進めていく必要があります。

日本では未だに女性が育児を担当するというイメージが強いですが、男性にも当然育児を担当する責任はあります。

GAKU
最近はどこの企業でも育休制度があるので、そういった福利厚生は積極的に活用するようにしましょう。

夫婦で同時期に転職を成功させる3つのコツ

夫婦で同時期に転職を成功させるためには、主に3つのことを意識しましょう。

共働きの夫婦が転職を成功させるためには、あらかじめ夫婦で方針を決めておくことが重要です。

夫婦で転職に成功するコツ
・夫婦で異業種の転職を目指す
・共働きしやすい企業を選ぶ
・共働きしやすい職種を選ぶ

1つずつ紹介していきます。

夫婦で異業種の転職を目指す

まず夫婦それぞれが異業種での転職を目指すことで、リスク分散を図ることができます。

やはり夫婦で同じ業界で働いていると、外部のネガティブな影響により、業界全体の景気が悪くなってしまうことがあります。

例えば2020年以降の世界的な新型コロナウイルス感染拡大では、主に飲食業界やホテル業界・レジャー業界や航空業界が大打撃を受け、中には大幅な減給や実質的な解雇になった方もいます。

仮に夫婦で共働きをしていたとしても、このようなネガティブな社会情勢や時流により仕事を失うこともあるので、まずは夫婦別々の業界・業種を目指す方がいいでしょう。

GAKU
上記の理由からも夫婦で同じ会社に勤めることはまずやめておいた方がいいでしょう。

共働きしやすい企業を選ぶ

次に夫婦それぞれが共働きしやすい企業を選べば、仕事と家庭を両立しやすくなります。

共働きしやすい企業を選ぶポイントとしては、“家庭を持っている従業員が多いか””産休や育休制度が充実しているか””時短勤務が可能か”などがあります。

逆に“残業が多すぎる””従業員の年齢層が若すぎる”などの評判がある企業は、おそらく共働きしにくい企業なので、まず避けておいた方がいいでしょう。

これから夫婦で共働きする際には、お互いに譲れない条件を持って転職活動を進めるようにしましょう。

GAKU
転職活動をする際に転職エージェントに相談し、事前に共働きやすい企業かを確認するのも非常に有効なアプローチです。

共働きしやすい職種を選ぶ

最後に夫婦それぞれが共働きしやすい職種を選べば、仕事と家庭を両立しやすくなります。

お子さんがいらっしゃる夫婦で共働きをしている場合、やはりお子さんの送迎や行事などの参加はどちらか片方への負担が大きくなってしまいます。

そのため、夫婦で同時期に転職をする際には、在宅勤務やテレワークの制度が充実しているか、フレックス勤務ができるかなどを事前に確認した方がいいでしょう。

夫婦でバランスよく家事や育児を分担できるそんな職種を選ぶことが理想の状態になります。

GAKU
現代においては営業などの職種でも在宅勤務やフレックス勤務できる会社は増えています。

【共働き必見】夫婦で同時期に転職をする際の注意点

夫婦で同時期に転職をする際の最大の注意点として、転職のタイミングがあります。

特にお子さんがいらっしゃる共働き夫婦の場合、お子さんが小さいうちは時短勤務のしやすさや休暇の取得しやすさが非常に重要になります。

そのため、お子さんがまだ小さいうちは柔軟な働きやすさを重視した転職先を選び、逆にお子さんが小学生以上で手がかからなくなったら収入アップを重視した転職先を選びましょう。

夫婦で同時期に転職をする場合は、その時の家庭の状況や育児の状況に応じて、最適な転職先を選ぶようにしましょう。

GAKU
お子さんが大きくなるにつれて毎月の出費も大きくなっていくので、徐々に年収アップは目指していくべきです。

夫婦で同時期に転職するなら、まずは転職エージェントに相談!

今回は、「夫婦が同時期に転職を成功させる3つのコツ」について詳しくご紹介してきました。

夫婦で転職に成功するコツ
・夫婦で異業種の転職を目指す
・共働きしやすい企業を選ぶ
・共働きしやすい職種を選ぶ

これから夫婦で同時期に転職を考えているなら、まずは夫婦同士で十分に話し合った上で、転職の目的や転職の進め方を決めていきましょう。

夫婦で共働きをすると収入源が2倍になるなどのメリットもありますが、お互いの幸せのために家事や育児のことも考えなければいけません。

特にお子さんがいらっしゃる共働き夫婦は慎重に転職先を決めた方が良いです。

まずは転職エージェントに相談を進めつつ、あなたに最適な転職先を探していきましょう。

GAKU
私自身は外資系企業に勤めて13年目が経ちますが、日系企業より年収が高く、プライベートも充実することができています。

外資系企業に転職するメリット・デメリット【注意点も伝授】

2021年6月9日

\年功序列がしんどいなら?/

年功序列がやる気でない

今後成果主義の企業で働きたいなら、まずは外資系転職を検討しましょう。

成果主義の企業で常にパフォーマンスを発揮することができれば、あなたはビジネスパーソンとしてひと回りもふた回りも成長することができます。