【30代の転職】これまでのキャリアについてブログにまとめてみた

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「30代の転職はどう進めればいいんだろう?」

30代の転職は20代の転職とは異なり、できる限り慎重に転職を行う必要があります。

なぜなら、20代の転職は企業から年齢の若さやポテンシャルが重視され採用されますが、30代の転職は企業から経験やスキルが重視され採用される傾向が強いからです。

つまり、30代の転職は採用する企業から求められるレベルが高く、年齢的にもできるだけ企業と求職者の間に起こるアンマッチを避けるべきなのです。

私自身26歳の頃からこれまで外資系企業を渡り歩いてきましたが、特に30代での転職は非常に重要な時期と身をもって感じています。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「主に30代の転職にフォーカスして私のこれまでのキャリア」について詳しくご紹介していきます。

30代が外資系に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

30代になっても、転職を行い続ける最大の理由

私が30代になっても、未だに転職を行い続ける最大の理由は、“まだまだ自分自身に年収アップ・キャリアアップの余地が十分にあると考えているから”です。

私自身は26歳の頃に新卒で入社した日系企業から外資系企業へ転職し、それ以降38歳までの期間で計外資系5社の転職を繰り返してきましたが、これまで順調に年収アップ・キャリアアップを実現することができました(うち1社だけはドロップアウトしてしまいましたが、、、)。

あなたが人的資本を活用できるうちはできるだけ人的資本の価値を最大限に高め、特に30代のうちは他社からヘッドハンティングされるくらいの人材になるべきと考えています。

また「現職の仕事が耐えられない」や「現職でのキャリアアップの道筋が見えない」といったネガティブな理由だったとしても、転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップを実現することはできます(※表面上はポジティブな転職理由をアピールすることが重要です)。

現在のあなたが30代なら自分の持ちうる人的資本を使って転職しないと損なので、迷うくらいなら積極的に転職活動を始めてもいいと考えています。

転職でいきなり管理職

転職でいきなり管理職に就くことはできる?【最大の注意点も伝授】

2021年8月2日

30代で転職ブログを立ち上げた最大の理由

私が30代に突入して転職ブログを立ち上げた最大の理由としては、“私のこれまでの度重なる転職の経験をもっと多くの方に広めていきたい”と強く感じたからです。

私たちはよく日本国内のサラリーマンの平均年収はここ30年の間横ばいもしくは右肩下がりというネガティブな事実を突きつけられますが、私はやり方次第では今でも順調に年収アップ・キャリアアップできると信じています。

なぜなら、私自身がこれまでの転職を通して、順調に年収アップ・キャリアアップを実現することができたからです。(私たちは常に転職を機に年収アップしないといけません。)

私自身はもともと26歳の時に人生で初めての転職を経験していますが、当時は新卒で入社した日系企業の年功序列的な働き方が嫌(※どちらかと言うとネガティブな理由)で外資系企業への転職を決意しました。

それから今に至るまで何度も転職を繰り返してきましたが、転職をきっかけに自己肯定感を高めることができましたし、自分の市場価値を正しく認識できるようにもなりました。

「あなたにはまだまだキャリアアップの余地がある。」「大幅に年収アップを目指すなら今すぐ転職すべき。」こういった質の高い情報をより多くの方に向けてお伝えしたく、当転職ブログを運営しています。

30代でスムーズに転職するために必要なスキル

あなたがスムーズに転職するために最も必要なスキルとして、“専門性の高さ”があります。

人材を中途で採用する企業は、常に最も効率の良い方法で即戦力人材を獲得したいと考えています。

特に現代の日本は30代でバリバリ働ける世代の人口が減ってきていることもあり、経験豊富な方や専門性の高い方なら多少高い給料を払ってでも獲得したいと考えています。

そのため、あなた自身が現時点で胸を張って言える高い専門的なスキルや強みがあれば、今後スムーズにあなたの希望通りに転職することができます。

もし現時点であなたがアピールできる専門性の高さがなければ、今からでも一つ身につけおきましょう。(1年集中して何かに取り組めば、1つくらいの専門スキルは磨くことができます。)

GAKU
ちなみに私自身はこれまで法人営業のプロフェッショナルとして、順調に転職を繰り返してきました。

30代で外資系転職を目指す方がまず登録すべき転職エージェント

あなたが30代で外資系転職を目指したいなら、まずはじめに登録すべき転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは最も外資系転職支援に強い転職エージェントとして知名度が高いです。

またJACリクルートメントでは管理職以上のミドル・ハイクラス求人を多数取り扱っており、さらに全体の求人の約6割が非公開求人なので、慎重に転職活動を進めたい30代に最適な転職エージェントです。

実際に私や私の友人の多くもこれまでにJACリクルートメントで外資系転職に成功し、その後も順調に年収アップ・キャリアアップを実現できています。

GAKU
ちなみにJACリクルートメントでは求職者の学歴よりも職歴を重視して転職支援してくれるので、自分の学歴に自信がない方でも安心して利用することができます。
JACリクルートメントに学歴は必要

JACリクルートメントを利用するために学歴は本当に必要?【必見】

2021年6月18日

【まとめ】30代は転職をするのに絶好な時期!

今回は、「主に30代の転職にフォーカスして私のこれまでのキャリア」について詳しくご紹介してきました。

私自身が30代になってもなお転職をし続ける最大の理由は、“まだまだ自分自身に年収アップ・キャリアアップの余地が十分にあると考えているから”です。

そのため、現在30代のあなたが転職を検討しているなら、今後より大きく飛躍するためにも20代の頃の転職より慎重に進めていくべきです。

30代はさらに年収アップ・キャリアアップするのに絶好な時期なので、その貴重な機会を無駄にしないためにも積極的に転職活動に取り組みましょう。

30代が外資系に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選


\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。