ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能?【人生大逆転】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「ブルーカラーからホワイトカラーへの転職はできるの?」

現在ブルーカラーとして働いている方なら、これまでに一度はホワイトカラーに転職したいと思ったことがあるかもしれません。

特にブルーカラーの仕事は体力が必要になることが多いため、年齢が高くなるにつれてどんどんしんどく感じることでしょう。

さきに今回の結論から申し上げると、ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能です。

しかしながら、ブルーカラーからホワイトカラーへ転職する際に気をつけておきたい注意点もあります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能?」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

あなたがこれからホワイトカラーの仕事に就きたいなら、まずはホワイトカラー求人を多く取り扱う「doda」に登録しましょう。

>>dodaに無料登録する

ブルーカラーからホワイトカラーへ転職する方法をお伝えする前に、まずは“ブルーカラーとホワイトカラーの違い”について説明します。

ブルーカラーとは

まずブルーカラーとは、“肉体労働の要素を持つ職種全般のこと”を指します。

具体的にブルーカラーの職種として、土木作業員・漁師・配達ドライバー・アパレル店員などがあげられます。

このように自分の体を動かして報酬を得る働き方は、青い作業着を着た労働者を連想させることから、世間一般的にブルーカラーと呼ばれています。

GAKU
ブルーカラーの仕事は主に製造業・建設業などの生産現場などに多いため、以前は差別的な言葉の使い方もされていました。

ホワイトカラーとは

まずホワイトカラーとは、“頭脳系の要素を持つ職種全般のこと”を指します。

具体的にホワイトカラーの職種として、営業・企画・総務・人事・法務などがあげられます。

このように自分の頭を動かして報酬を得る働き方は、オフィスで白いスーツを着た労働者を連想させることから、世間一般的にホワイトカラーと呼ばれています。

GAKU
ホワイトカラーの仕事は主にデスクワークなどが多いため、当然事務系の仕事はホワイトカラーに含まれます。

ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能!

今回の結論を申し上げると、ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能です。

なぜなら、日本国内にはホワイトカラーの職種が溢れており、企業によってはホワイトカラーに従事する人材が不足する状況に陥っているからです。

また転職エージェントや転職サイトなどでも常にホワイトカラーの求人は掲載が多くあるため、たとえあなたがブルーカラーだったとしてもホワイトカラーに挑戦する価値は高いと言えるでしょう。

現在ホワイトカラーの仕事をしている方もはじめは何の経験もない状態からスタートしています。そう考えると、ホワイトカラーの仕事に就けそうな気がしませんか?

そのため、あなたがホワイトカラーの仕事に興味があるなら、まずはホワイトカラーに転職する準備から始めましょう。

GAKU
日本国内には想定以上にブルーカラーからホワイトカラーに転身する方が多くいらっしゃいます。

ブルーカラーが辛いなら、早めにホワイトカラーに転職すべし!

私個人的には現在ブルーカラーの仕事が辛いと感じているなら、早い段階でホワイトカラーの仕事に転職すべきと考えています。

なぜなら、あなたが今後もブルーカラーとしてキャリアップを目指していくなら、あなたの年齢が高くになるにつれて、ブルーカラーの仕事がさらに体力的にきつく感じてしまうからです。

多くの方がすでにご存知の通り、ブルーカラーの仕事はあまり学歴が高くなくても、未経験者でも単純な作業から仕事を始めることができることが多いです。

その分よっぽど専門的な職種でないと年齢が高くになるにつれて、最終的に職種の潰しが効かなくなることが多いです。

あなたがブルーカラーの仕事が辛い・辞めたいと感じたタイミングがホワイトカラーに転職する絶好のタイミングなので、躊躇せずにホワイトカラーの職種にエントリーをしてみましょう。

特にあなたの年齢が若ければ若いほど、ポテンシャル採用としてホワイトカラーに転職できる可能性が高くなるので、ホワイトカラーに転職するタイミングは早ければ早いほど良いです。

GAKU
私個人的にはブルーカラーからホワイトカラーに転職する最初の職種として、営業職に挑戦することを推奨します。

【注意点】ホワイトカラーの待遇が悪いこともある!

今後ブルーカラーの仕事からホワイトカラーの仕事へ転職する方は、まず気をつけておきたいことがあります。

それは、「ホワイトカラーの待遇が悪い場合もある」ということです。

世間一般的にブラック企業と呼ばれる企業では、たとえあなたの職種がホワイトカラーだったとしても、サービス残業や休日出勤などブラックな働き方を強いられることがあります。

このような企業に転職してしまうと、ブルーカラーの仕事以上に精神的に体力的にしんどく感じてしまうため、せっかくホワイトカラーの仕事に転身した意味がありません。

あなたがブルーカラーからホワイトカラーに転職する際には、必ずブラック企業に転職しないことを気をつけるようにしましょう。

またせっかくブルーカラーからホワイトカラーに転職するなら、転職を機に年収アップ・キャリアアップを狙いにいきましょう。

GAKU
多くの日本人は自分の市場価値を低く見積もりがちです。転職するたびに年収は上げていきましょう。

給料が少ないのに働き続けるのはムダ!今すぐに転職しよう

2021年5月10日

ブルーカラーからホワイトカラーに効率よく転職する方法

今回は、「ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能?」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能です。

なぜなら、日本国内にはホワイトカラーの職種が溢れており、企業によってはホワイトカラーに従事する人材が不足する状況に陥っているからです。

あなたがこれから効率よくホワイトカラーの仕事に転職したいなら、まずホワイトカラーの求人を多く取り扱う転職エージェントに登録することを推奨します。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「doda」は最もホワイトカラーの求人を多く取り扱う転職エージェントの一つです。

dodaのホワイトカラー求人数はもちろん、取り扱う求人の質も非常に高いため、あなたがブラック企業に転職してしまう確率も非常に低いです。

あなたがせっかくこれからホワイトカラーの職種に転職するなら、ブルーカラーよりも年収が高く、キャリアアップができる職種を狙いにいきましょう。

あなたが将来のことを真剣に考えているなら、早い段階でホワイトカラーの職種に転職することを推奨します。


\年功序列がしんどいなら?/

年功序列がやる気でない

今後成果主義の企業で働きたいなら、まずは外資系転職を検討しましょう。

成果主義の企業で常にパフォーマンスを発揮することができれば、あなたはビジネスパーソンとしてひと回りもふた回りも成長することができます。