【ブルーカラーを辞めたい!】ホワイトカラーへの転職は実現可能?

ブルーカラーからホワイトカラーへ

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「ブルーカラーからホワイトカラーの転職はそもそも実現可能なの!?」「今すぐブルーカラーの仕事を辞めたい。。」

現在ブルーカラーとして働いている方なら、これまでホワイトカラーに転職したいと思った経験があるかもしれません。

特にブルーカラーの仕事は体力が必要になることが多く、年齢が高くなるにつれてどんどんしんどく感じることでしょう。

結論から申し上げると、“ブルーカラーからホワイトカラーの転職は実現可能です”

しかし当然ながら、ブルーカラーからホワイトカラーへ転職する際に、まず”気をつけておきたい注意点”もあります。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能?」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

これからホワイトカラーの仕事に就きたいなら、まずはホワイトカラー求人を多く取り扱う「doda」に登録しましょう。
ホワイトカラーを狙うなら?
doda今後人生で初めての転職活動を行うなら、まず手厚く転職サポートしてくれる「doda」に無料登録しましょう。

パーソルキャリアが運営するdodaは転職未経験者の登録が多く、“自分のペースで転職活動を進めたい求職者”から最も定評のある転職エージェントです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、dodaは最もホワイトカラーの求人を数多く取り扱っています。

またdodaが取り扱う求人の約80%以上は非公開求人のため、魅力的な求人やポジションに出会える可能性は高いです。

ブルーカラーからホワイトカラーへ転職する方法をお伝えする前に、まずは“ブルーカラーとホワイトカラーのそれぞれの違い”について詳しく説明していきます。

ブルーカラーとは

まずブルーカラーとは、“肉体労働の要素を持つ職種全般のこと”を指します。

具体的にはブルーカラーの職種として、土木作業員・漁師・配達ドライバー・アパレル店員などがあげられます。

このように自分の体を動かして報酬を得る働き方(肉体労働)は、青い作業着を着た労働者を連想させることから、世間一般的にブルーカラーと呼ばれています。

GAKU
ブルーカラーの仕事は主に製造業・建設業などの生産現場などに多いため、以前までは差別的な言葉の使い方もされていました。

ホワイトカラーとは

まずホワイトカラーとは、“頭脳系の要素を持つ職種全般のこと”を指します。

具体的にはホワイトカラーの職種として、営業・企画・総務・人事・法務などがあげられます。

このように自分の頭を動かして報酬を得る働き方は、オフィスで白いスーツを着た労働者を連想させることから、世間一般的にホワイトカラーと呼ばれています。

GAKU
ホワイトカラーの仕事は主にデスクワークなどが多く、事務系の仕事はホワイトカラーに含まれます。

【結論】ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能!

試用期間で見られていること

今回の結論を申し上げると、ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能です(私の周りにも数多くいます)。

なぜなら、日本国内には数多くのホワイトカラーの職種(仕事)が溢れており、企業によってはホワイトカラーに従事する人材が不足する状況に陥っているからです。

また転職エージェントや転職サイトなどでも常にホワイトカラーの求人は掲載が多くあるため、たとえ現在のあなたがブルーカラーだったとしても、今ホワイトカラーに挑戦する価値は高いと言えます。

現在ホワイトカラーの仕事をしている方もはじめは何の経験もない状態(*人によってはブルーカラー)からスタートしています。

そう考えると、今すぐホワイトカラーの仕事に就けそうな気がしませんか?

現在のあなたがホワイトカラーの仕事に興味があるなら、まずはホワイトカラーに転職する準備から始めましょう。

GAKU
国内には想像以上にブルーカラーからホワイトカラーに転身する方が多くいます。特に“今すぐブルーカラーの仕事を辞めたい”という方は、常にホワイトカラーに転職するタイミングを見計らっています。

ブルーカラーが辛いなら、早めにホワイトカラーに転職すべし!

現在ブルーカラーの仕事が辛いと感じているなら、“早い段階でホワイトカラーの仕事に転職すべき”と考えています。

なぜなら、今後もブルーカラーとしてキャリアップを目指すなら、あなたの年齢が高くになるにつれて、ブルーカラーの仕事が体力的にきつく感じるからです。

多くの方がすでにご存知の通り、ブルーカラーの仕事はあまり学歴が高くなくても、未経験者でも単純な作業から仕事を始めることができることが多いです。

その分よっぽど専門的な職種でないと、年齢が高くになるにつれて、最終的に職種の潰しが効かなくなることが多いです。

(ちょっと失礼な書き方をしてしまっていますが、ブルーカラーの仕事の特性としての事実を述べています。)

あなたが“ブルーカラーの仕事が辛い・辞めたいと感じたタイミング”“ホワイトカラーに転職する絶好のタイミング”なので、躊躇せずに今すぐにでもホワイトカラーの職種にエントリーをしましょう。

特にあなたの年齢が若ければ若いほど、ポテンシャル採用としてホワイトカラーの仕事に転職できる可能性が高くなるので、あなたがホワイトカラーに転職するタイミングは早ければ早いほど良いです。

GAKU
私個人的にはブルーカラーからホワイトカラーに転職する最初の職種としては、まず“営業職に挑戦すること”を強く推奨します。はじめに営業職を経験できれば、その後仕事の潰しが効くことが多いです。
外資系企業の営業がきつい

外資系企業の営業はきつい?主な3つの原因と今すぐにできる対処法

2021年5月16日

【注意点】ホワイトカラーの待遇が悪いこともある!

注意点

今後ブルーカラーの仕事からホワイトカラーの仕事へ転職する方は、まず気をつけておきたいこと”があります。

それは、「ホワイトカラーの待遇が悪い場合もある」ということです。

世間一般的にブラック企業と呼ばれる企業では、たとえあなたの職種がホワイトカラーだったとしても、サービス残業や休日出勤など労務規定完全OUTなブラックな働き方を強いられることがあります。

誤ってこのようなブラック企業に転職してしまうと、ブルーカラーの仕事以上に精神的に体力的にしんどく感じてしまうため、あなたがせっかくホワイトカラーの仕事に転身をした意味がなくなります。

あなたがブルーカラーからホワイトカラーに転職する際には、必ず“ブラック企業に転職しないこと”を気をつけましょう。

またせっかくブルーカラーからホワイトカラーに転職するなら、転職を機に年収アップ・キャリアアップを狙いましょう。

GAKU
多くの日本人は自分の市場価値を低く見積もりがちです。転職するたびに年収は上げていきましょう。
給料が少ないなら、今すぐ転職すべき

給料が少ないのに働き続けるのはムダな理由と今すぐ転職すべき理由!

2021年5月10日

ブルーカラーからホワイトカラーに効率よく転職する方法

内定率は上がる?

今回は、「ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、“ブルーカラーからホワイトカラーへの転職は実現可能です”

なぜなら、国内にはホワイトカラーの職種が溢れており、企業によってはホワイトカラー人材が不足しているからです。

これから効率よくホワイトカラーの仕事に転職したいなら、まず国内でも“ホワイトカラーの求人を多く取り扱う転職エージェントに登録すること”を強く推奨します。

国内に数ある転職エージェントの中でも、「doda」は最もホワイトカラーの求人を多く取り扱う転職エージェントの一つです。

dodaのホワイトカラー求人数はもちろん、取り扱う求人の質も高いため、ブラック企業に転職する確率はかなり低いです。

またせっかくこれからホワイトカラーの職種に転職するなら、まず今のブルーカラーよりも年収が高く、キャリアアップができる職種を積極的に狙いにいきましょう。

あなたが将来のことを真剣に考えているなら、“早い段階でホワイトカラーの職種に転職すること”を強く推奨します。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

まずはdodaに無料会員登録をして、自分に合う求人案件を探してみましょう。

ホワイトカラーを狙うなら?
doda今後人生で初めての転職活動を行うなら、まず手厚く転職サポートしてくれる「doda」に無料登録しましょう。

パーソルキャリアが運営するdodaは転職未経験者の登録が多く、“自分のペースで転職活動を進めたい求職者”から最も定評のある転職エージェントです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、dodaは最もホワイトカラーの求人を数多く取り扱っています。

またdodaが取り扱う求人の約80%以上は非公開求人のため、魅力的な求人やポジションに出会える可能性は高いです。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

ブルーカラーからホワイトカラーへ

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。