稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴と今すぐできる対処法

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「フリーランスエンジニアになったけど、まったく稼げない。さすがにやばい。」

現在のあなたは満を持してフリーランスエンジニアになったけど、まったく稼げない状態が続いているのではないでしょうか?

さきに結論から申し上げると、現在のあなたがフリーランスエンジニアとしてまったく稼げないなら、まずは民間企業に転職すべきです。

なぜなら、民間企業でエンジニアとしてスキルアップ・年収アップすることで、その後再びあなたは稼げるフリーランスエンジニアを目指すことができるからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴と今すぐできる対処法」について詳しくご紹介していきます。

もしあなたがエンジニアとして今よりも年収を上げたいと考えているなら、自分の市場価値を確認するためにも、まずはレバテックキャリアに登録しましょう。

>>レバテックキャリアに無料登録

【必見】稼げないフリーランスエンジニアは存在する!

まずはじめに正直ベースで申し上げると、世の中に稼げないフリーランスは大勢います。

年収800万円以上を稼いでいるフリーランスエンジニアは全体の1割ほどで、年収300万円未満しか稼いでいないフリーランスエンジニアは全体の4割を占めています。

このことからも分かる通り、一部のフリーランスエンジニアは問題なく稼ぐことができていますが、実はほとんどのフリーランスエンジニアはそれほど稼げていないということがわかります。

では稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、一体どんなものがあるのでしょうか?

GAKU
余談ですが、あなたが今後エンジニアとして収入アップしていきたいなら、まず英語スキルは身につけておく方がいいでしょう。

エンジニアが英語できないと損?【高い英語力で年収アップ】

2021年5月16日

稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴

稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、大きく以下5つのことがあります。

稼げないフリーランスエンジニアの特徴
・スキルが足りない
・相場を理解していない
・交渉力が足りない
・勤務態度が悪い
・全て自分でやろうとする

1つずつ紹介していきます。

スキルが足りない

まず稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、“スキルが足りないこと”が考えられます。

フリーランスエンジニアとして生計を立てるためには、やはり世間のニーズが高い技術を習得しておく必要があります。

例えば、COBOLやVB.Netなどの世間のニーズが低い技術だと単価が安くなりがちですが、一方でGoやPython・AWSなどの世間のニーズが高い技術だと単価が高くなりやすいです。

フリーランスエンジニアとして稼ぐためには、世間のニーズを的確に捉えて、コンスタントに受注案件を増やしていくことが重要です。

GAKU
あなたがフリーランスエンジニアとしてスキルが足りないなら、まずは民間企業に勤めながら並行してオンラインスクールに通うことも有効です。

相場を理解していない

次に稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、“相場を理解していないこと”が考えられます。

フリーランスエンジニアとして働く方の中には、自分の相場を理解せずになんとなく仕事を受注している方が意外と多くいらっしゃいます。

自分のフリーランスエンジニアとしての相場を理解していないと、どうしても不利な条件で仕事を請け負ってしまうことになります。

そして最終的には自分の相場を低く見積もってしまい、なかなか長期間収入を増やせない状況が続いてしまいます。

GAKU
最も効率よく自分の相場を確認する方法としては、複数のフリーランスエージェントに登録し、「自分はどのくらいの単価が取れそうですか?」と聞くことです。

交渉力が足りない

次に稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、“交渉力が足りないこと”が考えられます。

フリーランスエンジニアとして稼ぐためには、あなたの交渉力が非常に大きな武器になります。

あなたの交渉次第では1案件につき受注金額が5万円〜20万円アップすることもよく起こります。

ほとんどのフリーランスエンジニアは営業経験がなく交渉に弱いイメージがありますが、交渉力を一つつけるだけでフリーランスエンジニアとして稼げる額も大きくなっていきます。

GAKU
あなたがフリーランスエンジニアとしてスキルに自信があるなら、常に強気の姿勢で案件を受注するようにしましょう。

勤務態度が悪い

次に稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、“勤務態度が悪いこと”が考えられます。

これは当たり前のことではありますが、いくらあなたがフリーランスエンジニアとして高いスキルを持っていたとしても、普段の勤務態度が悪いと稼ぐことはできません。

フリーランスエンジニアとして絶対にやってはいけないこととして、「納期に間に合わない。」「無断欠勤をする。」「体調不良により長期間休む。」などがあります。

一度あなたの勤務態度が悪い評判が広まると、今後フリーランスエンジニアとして二度と案件を受注できなくなるかもしれません。

GAKU
フリーランスエンジニアとして年収が高い方はやはり勤務態度が良い方が多い傾向にあります。

全て自分でやろうとする

最後に稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、“全て自分でやろうとすること”が考えられます。

フリーランスエンジニアとして年収が高い方の特徴の一つとして、確かに自分の人脈(ネットワーク)をフル活用する方は多くいらっしゃいます。

しかしながら、現在自分の人脈を活用してフリーランスエンジニアとして稼いでいる方も、初めはフリーランスエージェント(マージンが抜かれる)を使っていた方が圧倒的に多いです。

特にフリーランスエンジニアとして駆け出しの方は、はじめはフリーランスエージェントを最大限に活用しつつ、まずは自分の実力を高めていきましょう。

フリーランスエンジニアとしてまず案件を受注できなれけば、あなたは今後フリーランスエンジニアとして生計を立てることはできません。

GAKU
あなたがフリーランスエンジニアとして実力をつけることができれば、自然と自らの人脈で案件を受注できるようになります。

【要注意】稼げないフリーランスエンジニアの末路

では稼げないフリーランスエンジニアは、その後どうなってしまうのでしょうか?

当たり前のことではありますが、あなたがフリーランスエンジニアとして稼げなければ、当然貯金が底をつく生活を強いられてしまいます。

せっかく満を持してフリーランスエンジニアになったのに、稼げなければまったく意味がありません。

あなたがフリーランスエンジニアとして稼げないことを実感しているなら、いくらでもやり直しはきくので、まずは民間企業にエンジニアとして転職しましょう。

あなたが民間企業のエンジニアとして順調にスキルや年収をアップすることができれば、その後再びフリーランスエンジニアに戻ることはできます。

GAKU
エンジニアとして働くためには、もちろん働きやすさややりがいも重要ですが、生活できる収入を確保することの方がもっと重要です。

【年収アップ】エンジニアが外資系企業に転職すべき理由!

2021年6月3日

稼げないフリーランスエンジニアはスキルを身につけよう!

あなたがフリーランスエンジニアとしてまだまだスキルが足りないと感じているなら、オンライン学習プラットフォームの「Udemy」を活用し、エンジニアとしてのスキルを高めていきましょう。

Udemyは世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインで繋ぐサービスのことで、日本ではベネッセが事業パートナーとして提携をしています。

あなたが習得したいスキルが明確で年収アップのために学習したいなら、まず「Udemy」を活用して間違いないでしょう。

もちろんこれからエンジニアとして民間企業に転職したい方にも最適な学習ツールです。

エンジニア職に強い転職エージェントはこれ!

あなたが今後エンジニアとして民間企業に転職したいなら、まずはエンジニアの転職支援に強い転職エージェントを活用すべきです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「レバテックキャリア」は最もエンジニアの転職支援に強い転職エージェントです。

あなたが今後エンジニアとして年収アップ・キャリアアップを目指したいなら、まずレバテックキャリアに登録をしておきましょう。

今後も世の中の流れとして、世界中でエンジニアの求人案件は増加し続け、どの企業にとってもエンジニアが重宝される職種になることは言うまでもありません。

最終的にフリーランスエンジニアとして飛躍したい方は、まずはレバテックキャリアに無料登録し、今後のキャリアについて相談してみましょう。

【結論】稼げないフリーランスエンジニアは今すぐ転職すべき!

今回は、「稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴と今すぐできる対処法」について詳しくご紹介してきました。

稼げないフリーランスエンジニアの特徴
・スキルが足りない
・相場を理解していない
・交渉力が足りない
・勤務態度が悪い
・全て自分でやろうとする

あなたがせっかくフリーランスエンジニアになったのに、やはり稼げないのは非常にもったいないことです。

あなたが現時点で稼げないフリーランスエンジニアなら、将来的にフリーランスエンジニアとして大きく稼ぐためにも、まずは民間企業でスキルアップや年収アップを目指してもいいと思います。

民間企業にエンジニアとして勤めながら、徐々にスキルや年収を高めていけば、最終的にフリーランスエンジニアとして高年収を狙うことは決して難しいことではありません。

フリーランスエンジニアとして稼げない時期が長いことが一番もったいないので、まずはレバテックキャリアでエンジニア職の優良求人を紹介してもらいましょう。


\市場価値を確認するなら?/

ミイダス

今後スピーディかつスマートに転職活動を進めたいなら、まずは「ミイダス」で、自分の強みを確認しましょう。

ミイダスではAIに基づき、現在のあなたに最適な業界や企業・職種や年収などのパーソナルデータを提案してくれます。