稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴と今すぐできる対処法

稼げないフリーランスエンジニア

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「フリーランスエンジニアになったけど、まったく稼げない。さすがにやばい。」

現在のあなたは満を持してフリーランスエンジニアになったけど、まったく稼げない状態が続いているのではないでしょうか?

結論から申し上げると、現在のあなたがフリーランスエンジニアとしてまったく稼げないなら、まずは民間企業に転職すべきです。

なぜなら、一度民間企業でエンジニアとしてスキルアップ・年収アップすることで、その後再びあなたは“稼げるフリーランスエンジニア”を目指すことができるからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴と今すぐできる対処法」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

ITエンジニアが転職するなら?
ITエンジニアが転職今後ITエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、まずはITエンジニアのハイクラス向けの転職支援に強い「レバテックキャリア」に登録しましょう。

レバテックキャリアはITエンジニア経験者専門の転職エージェントで、ITエンジニアが最も利用したい転職エージェントNo.1に選ばれる実績があります。

また「レバテックキャリア」は保有求人7,000件以上のうち約8割が年収600万円以上であり、現役のITエンジニアの約77%が年収アップを実現しています。

スムーズにITエンジニアとして転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

【必見】稼げないフリーランスエンジニアは多数存在する!

つらい

まずはじめに正直に申し上げると、“世の中に稼げないフリーランスは大勢います”。

年収800万円以上を稼いでいるフリーランスエンジニアは全体の1割ほどで、年収300万円未満しか稼いでいないフリーランスエンジニアはなんと全体の4割を占めています。

上記からも分かる通り、一部のフリーランスエンジニアは稼ぐことができていますが、実はほとんどのフリーランスエンジニアはそれほど稼げていないことがわかります。

では稼げないフリーランスエンジニアには、一体どんな特徴があるのでしょうか?

GAKU
余談ですが、あなたが今後エンジニアとして順調に収入アップしていきたいなら、まず英語スキルは身につけておくべきです。“英語力のあるエンジニアは年収が高い”というデータがあります。

エンジニアが英語できないと損?【高い英語力で年収アップ】

2021年5月16日

稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴

稼げないフリーランスエンジニアの特徴として、大きく以下5つのことがあります。

稼げないフリーランスエンジニアの特徴
・スキルが足りない
・相場を理解していない
・交渉力が足りない
・勤務態度が悪い
・全て自分でやろうとする

1つずつ紹介していきます。

スキルが足りない

まず稼げないフリーランスエンジニアは、“スキルが足りないこと”が多いです。

今後フリーランスエンジニアとして生計を立てるためには、やはり”世間のニーズが高い技術”を習得しておく必要があります。

現代においては、例えばCOBOLやVB.Netなどの世間のニーズが低い技術だと受注単価が安くなりがちですが、一方でGoやPython・AWSなどの世間のニーズが高い技術だと受注単価が高くなりやすいです。

フリーランスエンジニアとして稼ぐためには、世間のニーズを的確に捉え、コンスタントに受注案件を増やすことが重要です。

GAKU
あなたがフリーランスエンジニアとしてスキルが足りないと自覚しているなら、まずは民間企業に勤めながら、並行してオンラインスクールに通うことも有効です。

相場を理解していない

次に稼げないフリーランスエンジニアは、“相場を理解していない”です。

フリーランスエンジニアとして働く方の中には、自分の相場(市場価値の高さ)を正しく理解せずに、なんとなく仕事を受注している方が意外と多くいらっしゃいます。

自分のフリーランスエンジニアとしての相場を理解していないと、どうしても不利な条件で仕事を請け負ってしまうことになります。

そして最終的には常に自分の相場を低く見積もってしまい、なかなか長期間収入を増やせない状況が続いてしまいます。

GAKU
最も効率よく自分の相場を確認する方法としては、複数のフリーランスエージェントに登録し、「自分はどのくらいの単価が取れそうですか?」と聞くことです。

交渉力が足りない

次に稼げないフリーランスエンジニアは、“交渉力が足りない”です。

フリーランスエンジニアとして稼ぐためには、交渉力が大きな武器になります。

交渉次第で1案件につき受注額が5万円〜20万円アップすることもよく起こります。

ほとんどのフリーランスエンジニアは営業経験がなく交渉に弱いイメージがありますが、交渉力一つつけるだけでフリーランスエンジニアとして稼げる額も大きくなります。

GAKU
あなたがフリーランスエンジニアとしてのスキルに自信があるなら、常に強気の姿勢で案件を受注するようにしましょう。

勤務態度が悪い

次に稼げないフリーランスエンジニアは、“勤務態度が悪い”です。

いくらあなたがフリーランスエンジニアとして高いスキルを持っていても、普段の勤務態度が悪いと稼ぐことはできません。

フリーランスエンジニアとして絶対にやってはいけないこととして、「納期に間に合わない。」「無断欠勤をする。」「体調不良により長期間休む。」などがあります。

一度あなたの勤務態度が悪い評判が広まると、今後フリーランスエンジニアとして二度と案件を受注できなくなるかもしれません。

GAKU
フリーランスエンジニアとして年収が高い方はやはり勤務態度が良い方が多い傾向にあります。

全て自分でやろうとする

最後に稼げないフリーランスエンジニアは、“全て自分でやろうとします”

フリーランスエンジニアとして年収が高い方の特徴の一つとして、確かに自分の人脈(ネットワーク)をフル活用する方は多いです。

しかし、現在自分の人脈を活用してフリーランスエンジニアとして稼いでいる方も、初めはフリーランスエージェント(マージンが抜かれる)を使っていた方が多いです。

特にフリーランスエンジニアとして駆け出しの方は、はじめはフリーランスエージェント(仕事の仲介役)を最大限に活用して、まずは自分の実力を高めることに注力しましょう。

フリーランスエンジニアとしてまず案件を受注できなれけば、今後フリーランスエンジニアとして生計を立てることはできません。

GAKU
あなたがフリーランスエンジニアとして実力をつけることができれば、自然と自らの人脈で案件を受注できるようになります。

【要注意】稼げないフリーランスエンジニアの末路

注意点

では稼げないフリーランスエンジニアは、その後どうなってしまうのでしょうか?

当たり前のことですが、あなたがフリーランスエンジニアとして稼げなければ、当然貯金が底をつく生活を強いられてしまいます。

せっかく自由での高い働き方を目指してフリーランスエンジニアになったのに、実際に稼げなければまったく意味がありません。

あなたが現在”フリーランスエンジニアとして稼げないこと”を実感しているなら、いくらでもやり直しはきくので、まずは民間企業にエンジニアとして転職しましょう。

民間企業のエンジニアとして順調にスキル・年収アップできれば、その後再びフリーランスエンジニアに戻ることはできます。

GAKU
エンジニアとして働くためには、もちろん働きやすさややりがいも重要ですが、まず生活できる収入を確保することの方がもっと重要です。ITエンジニアとして大きく稼ぎたい方は、まずは“外資系企業に転職すること”を強く推奨します。

【年収アップ】エンジニアが外資系企業に転職すべき理由!

2021年6月3日

稼げないフリーランスエンジニアはスキルを身につけよう!

あなたがフリーランスエンジニアとしてまだまだスキルが足りないと実感しているなら、オンライン学習プラットフォームの「Udemy」を活用し、積極的にエンジニアとしてのスキルを高めましょう。

Udemyは世界中の学びたい人と教えたい人をオンラインで繋ぐオンライン動画学習サービスのことで、日本ではベネッセが事業パートナーとして提携をしています。

あなたが習得したいスキルが明確で年収アップのために学習したいなら、まず「Udemy」を活用して間違いないです。

もちろんこれからエンジニアとして民間企業に転職したい方にも最適な学習ツールです。

エンジニア職に強い転職エージェントはこれ!

中途採用の条件

あなたが今後エンジニアとして民間企業に転職するなら、まず“エンジニアの転職支援に強い転職エージェントを活用すべき”です。

国内に数ある転職エージェントの中でも、「レバテックキャリア」は最もエンジニアの転職支援に強い転職エージェントです。

あなたが今後エンジニアとして年収アップ・キャリアアップを目指したいなら、まずレバテックキャリアに登録しておきましょう。

今後も世の中のトレンドとして、世界中でエンジニアの求人案件は増加し続け、どの企業にとってもエンジニアが重宝される職種になることは言うまでもありません。

最終的にフリーランスエンジニアとして大きく飛躍したい方は、まずはレバテックキャリアに無料会員登録し、今後のキャリアについて相談してみましょう。

レバテックキャリアの料金

レバテックキャリアの利用料金は完全無料!?【求職者向けに徹底解説】

2021年5月13日

【結論】稼げないフリーランスエンジニアは今すぐ転職すべき!

今回は、「稼げないフリーランスエンジニアの5つの特徴と今すぐできる対処法」について詳しくご紹介してきました。

稼げないフリーランスエンジニアの特徴
・スキルが足りない
・相場を理解していない
・交渉力が足りない
・勤務態度が悪い
・全て自分でやろうとする

あなたがせっかくフリーランスエンジニアになったのに、やはり大きく稼げないことは非常にもったいないことです。

現時点で稼げないフリーランスエンジニアは、将来的にフリーランスエンジニアとして大きく稼ぐためにも、まずは民間企業でスキルアップや年収アップを目指すべきです。

民間企業にエンジニアとして勤めながら、徐々にスキルや年収を高めていけば、最終的にフリーランスエンジニアとして高年収を狙うことは難しいことではありません。

フリーランスエンジニアとして稼げない時期が長いことが一番もったいないことなので、まずはレバテックキャリアでエンジニア職の優良求人を紹介してもらいましょう。

また今すぐITエンジニアとしての転職は考えていないけど、現在のITエンジニアとしての自分の市場価値を知りたい方は、レバテックキャリアでITエンジニアの専門性が高いプロのアドバイザーに相談しましょう。

レバテックキャリアでIT業界に知見のあるプロのアドバイザーに相談することで、今後のITエンジニアとしてのキャリアの方向性や選択肢が自ずと見えてくるでしょう。

レバテックキャリアの登録はたった30秒で完了できるので、もし迷っているなら今のうちに登録をしておく方が絶対にお得です。

ITエンジニアが転職するなら?
ITエンジニアが転職今後ITエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、まずはITエンジニアのハイクラス向けの転職支援に強い「レバテックキャリア」に登録しましょう。

レバテックキャリアはITエンジニア経験者専門の転職エージェントで、ITエンジニアが最も利用したい転職エージェントNo.1に選ばれる実績があります。

また「レバテックキャリア」は保有求人7,000件以上のうち約8割が年収600万円以上であり、現役のITエンジニアの約77%が年収アップを実現しています。

スムーズにITエンジニアとして転職を決めたいなら、今から転職活動を開始しライバル達と大きな差をつけましょう。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

稼げないフリーランスエンジニア

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。