給料が少ないのに働き続けるのはムダな理由と今すぐ転職すべき理由!

給料が少ないなら、今すぐ転職すべき

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「どんなに頑張っても、なかなか給料が上がらない。」「給料が少ない状態のまま、このまま働き続けるのは絶対に嫌だ。」

どんなに仕事を頑張っても、給料が少ない状態が続いていて、現在のあなたは相当なストレスを抱えていませんか?

もし今のあなたが給料が少ないことに不満を持っていて、過去に上司に昇給の依頼をしたにも関わらず、まったく給料が上がらない状態が続いているなら、もうその職場で働き続けるのはやめましょう。

正直ベースで申し上げると、そんな非生産的な労働環境で働いていても、あなたは一生幸せになることはできません。

結論から申し上げると、今の給料が少ない状況を打開するために、最も即効性があるアプローチは「転職すること」です。

ただし、ただ転職するだけで給料が上がるとは限らないので、注意が必要です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「給料が少ないのに働き続けるのはムダな理由と今すぐ転職すべき理由」について詳しくご紹介していきます。

現在の会社に留まるのではなく転職して年収アップしたいなら、まずミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。
優良企業に転職するなら?
JACリクルートメント

今後国内の優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

まずはじめに私が言いたいことだけをお伝えすると、給料が少ないのに無理に同じ職場で働き続ける必要はありません。

なぜなら、厚生労働省の調査によると、日本人が転職をする理由の第一位は、今の“職場の給料が少ないこと”だからです。

実は“多くの日本人が給料が少ないことを理由に転職活動をはじめています”

あなたが今の職場で給料が少ないと感じることはごくごく当たり前の考え方です。そうしたタイミングを迎えて、周囲はみな転職活動をスタートするのです。

また当たり前ですが、今の職場のままで働き続けていても、あなたがこれ以上生活水準を上げることはできませんし、将来のために貯金すらすることもできません。

あなたは、今の会社で働き続けた先に、明るい未来は見えてますか?

何より給料が少ない状況で働き続けるのは、あなたのモチベーション低下に繋がり、平穏な毎日を過ごすことができず、逆に不安な日々を過ごすことになります。

もしあなたが給料が少ないと感じている状況で働き続けているなら、まずは今よりもよりよい給料や条件で働ける会社がないかを模索することから始めましょう。

転職回数が多い方は優秀

転職回数が多い方は優秀なの?【外資系では転職が当たり前】

2022年2月5日

今後も給料が少ない状況が続くことで生じる3つのリスク

3つ

今後もあなたの給料が少ない状況が続くことで生じるリスクとして、主に以下“3つのこと”が考えられます。

給料が少ないリスク
・転職機会を逃す
・会社に依存してしまう
・キャリアの選択肢が狭ばる

転職機会を逃す

まずあなたが給料が少ない状況が続いているなら、あなたはせっかくの転職機会を逃していることになります。

なぜなら、あなたが転職していれば今よりも高い給料をもらえているのに、同じ職場で低い給料で働くことでその期間分受け取る給料も少なくなるからです。

特に20代〜30代でのはじめての転職では、転職前と転職後で受け取る給料が大きく異なることが多いです(私も体験済みです)。

なぜなら、未だに多くの日系企業では、若手社員ほど給料が少ない謎の年功序列ルールを採用していることが多いからです。

あなたが給料が少ない職場で働き続けることで高い給料を受け取る機会を逃す、つまり転職機会を逃していることになります。

転職でいきなり管理職

転職でいきなり管理職に就くことはできる?【最大の注意点も伝授】

2021年8月2日

会社に依存してしまう

次にあなたが今後も給料が少ない職場で働き続けることで、気づいたらあなたが会社に依存してしまうリスクがあります。

ズルズルと長く同じ会社で働いていると、自分はこの会社でしか働けない人間だと錯覚してしまい、気付けば他に行くあて(会社)が見えなくなってしまいます。

そうすると、気づけば長期間同じ会社にお世話になっていて、いつの間にか会社に依存する形になってしまいます。

本当はもっと高い給料を受け取りながらバリバリ働ける人材なのに、給料が低いことが原因で転職のタイミングを見失い、同じ会社にズルズルと依存してしまうのです。

可処分所得を増やす

可処分所得を増やすために今すぐやるべきたった3つのこと【超簡単】

2021年5月3日

キャリアの選択肢が狭まる

最後にあなたが給料が少ない職場で働き続けることで、自ずとあなたの将来のキャリアの選択肢が狭まってしまいます。

あなたが今後も給料の少ない職場で働き続けると、あなたの仕事やお金に対する価値観が狭くなってしまい、自然とキャリアの選択肢も狭まってしまいます。

特に日本は年功序列を採用している企業が多いため、あなたの年齢が若いほど給料が少なく、見える世界も狭かったりします。

もし現在のあなたが給料が少ないことで悩んでいるなら、今後のキャリアの選択肢を大きく広げるためにも、早い段階で転職を決意した方がいいでしょう。

転職の引き止めで迷う時の対処法

転職の引き止めで迷う時はどうする?後悔しないための対処法を伝授

2021年8月14日

現在の給料が少ない状況から抜け出すためには、転職一択!

あなたが給料が少ない状況から抜け出すためには、”転職すること一択だけ”です。

具体的には、あなたの希望する仕事を紹介してくれる転職エージェントに無料登録して、今すぐ転職活動を進めましょう。

転職エージェントは、あなたの希望に応じて、保有する数ある求人の中から、適切な求人案件を紹介してくれます。

そのため、たとえ情報収集レベルであっても、あなたが転職エージェントを使わない手はありません(使わないと損です)。

世の中にはどのような企業があるのか、自分はどのような条件で転職できるのかなどを確認する機会を作りましょう。

特に職歴があってそれなりにスキルがある方なら、今の会社よりも好条件で転職できる可能性が極めて高いです。

GAKU
現代は転職することが当たり前の大転職時代なので、思い切ってまったく異なる環境に飛び込んでみるのも有効なアプローチです。ビジネス系YouTuberの両学長も現代は積極的に転職すべきと言っています。
両学長おすすめ転職エージェント

両学長おすすめの転職エージェント3選【リベラルアーツ大学】

2021年11月13日

転職で確実に給料を上げる方法【実はみんな知らない】

あなたが転職を機に確実に給料を上げたいなら、まず“年収が高い業界に転職すること”を強く推奨します。

具体的には、世間一般的に年収が高いとされる業界は、以下の通りです。

年収が高い業界
・IT業
・金融業
・コンサル業
・不動産業

現代においては、あなたが働く業界によって、受け取る年収は大きく異なります。

その証拠に現在世界のTOP企業ランキングは、IT企業が多くを占めています。

そのため、あなたが転職を機に給料を上げたいなら、思い切って年収が高い全く別の業界に飛び込むのもありです。

ちなみに現在の私が勤めている都内の外資系企業(※業種問わず)も一般的な日系企業よりも平均年収が高い特徴があります。

今後英語を使って仕事したいなら、成果を上げる分給料も上がりやすい外資系企業に転職するのも良いアプローチです。

ちなみにあなたが給料を少しでも上げるためにも、転職エージェントはなるべく複数登録しておいた方がお得です。

なぜなら、各転職エージェントの求人案件を見ながら、よりより条件で転職するために比較することができるからです。

外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

もっと今受け取る給料を上げることに必死になろう!

今回は、「給料が少ないのに働き続けるのはムダな理由と今すぐ転職すべき理由」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、あなたが一つの会社で頑張り続けるよりも、”転職する方が給料が上がる可能性が高い”です。

しかしながら、転職するだけで給料が自動的に上がるような美味い話はないので、転職をする際は年収が高い業界や外資系企業などを検討するようにしましょう。

工夫を凝らし行動を続けていくことで、あなたの給料は必ず上がり続けます。

給料が上がると、あなた自身のモチベーションが高まりますし、今よりもよりよい暮らしやライフスタイルを実現できます。

逆に給料が少ないと無意味に不満を言い続けるくらいなら、今すぐにでも転職エージェントに無料会員登録をして、今よりも良い条件で働くことができる仕事がないか、積極的な情報収集を始めましょう。

現代人は、もっと今受け取る給料を上げることに必死になるべきです。

これまでのキャリアを通して得た経験や実力を活かして、さらなる年収アップ・キャリアアップを目指していきましょう。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

優良企業に転職するなら?
JACリクルートメント

今後国内の優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

給料が少ないなら、今すぐ転職すべき