楽天への転職で後悔する人はいる?転職に成功する秘訣を伝授!

楽天に転職して後悔する理由

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「楽天への転職で後悔する人はいる?」

国内でEC・金融・通信など手広く事業を展開し、日本のIT業界を大きく牽引する存在であるメガベンチャー企業の「楽天」

ご存知の通り、日本国内でも人気の転職先企業の一つであり、IT業界で勤務されている方なら誰もが憧れる転職先だと思います。

転職先人気企業

(doda転職人気企業ランキング2021総合より引用)

今回の結論から申し上げると、楽天に転職することはできたけど、転職後に後悔してしまう方は一定数いらっしゃいます。

そのため、これから楽天へ転職しようと考えている方は、“楽天への転職で後悔するパターンについて知っておくべき”です。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「楽天への転職で後悔する3つの理由と楽天への転職に成功する秘訣」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

楽天に転職するなら?
JACリクルートメント今後楽天への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内の優良企業とのネットワークが強く、楽天をはじめ、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

楽天への転職で後悔する人はいる?【事実ベース】

つらい

今回の結論から申し上げると、“楽天への転職で後悔する人は一定数います”。

どの業界にどの会社に行っても転職後に後悔する人がいるように、楽天へ転職した後にも必ず後悔する人はいます。

もともと楽天は非常に営業に強い会社という側面もあり、短い期間において数多くの退職者が多いことでも有名です。

しかしながら、最近では楽天でも社内の職場環境が非常に良くなっており、「楽天はブラック企業だから行きたくない。」というネガティブな声は聞かなくなりました。

とはいえ、未だに楽天へ転職した後に後悔する人が一定数いるのは一体どういう理由からなのでしょうか?

楽天へ転職して後悔する3つの理由

3つ

楽天へ転職して後悔する理由としては、主に以下3つのことが考えられます。

楽天へ転職して後悔する理由
・年収に関する不満
・働き方に関する不満
・社内文化に関する不満

1つずつみていきましょう。

年収に関する不満

まず楽天は日系企業には珍しく成果主義を採用しているため、成果を上げなければ年収が上がりづらい特徴があります。

楽天に転職した時は一時的に年収が大幅にアップするかもしれませんが、人によっては楽天にずっといてもなかなか年収が上がっていかないことも多いです。

楽天は良くも悪くも外資系のように成果主義の文化が浸透しており、これまで年功序列の文化で仕事を進めてきた方にとっては苦しい労働環境に感じるかもしれません。

楽天は平均年収が高い企業として知名度が高いですが、”成果主義の世界で結果を出していけるか”が非常に重要になります。

GAKU
楽天は日系企業ですが、日系よりも外資系に近い働き方になります。成果主義の労働環境で働きたい方には最適な職場だと思います。

働き方に関する不満

次に楽天では若い年齢の従業員が多く、良くも悪くも体力があるので、働き方に対する不満が募りやすい傾向にあります。

特に楽天グループの核となる事業であるEC事業のコンサルタントは長時間労働をすることも多く、ワークライフバランスを重視する方には最適な職場とは言えません。

また楽天では昇進をした途端に大幅に業務量が増えて忙しくなるため、気づけば日々忙しくなってしまう傾向も強いです。

とはいえ、あなたが所属する部署や業務によっては、定時で業務を終了してプライベートを充実させることもできるので、あなた自身が所属する部署や業務によっても働き方は大きく変わってくるでしょう。

GAKU
最近楽天では女性の転職者も増えてきているので、以前よりも働きやすい環境は整ってきています。

社内文化に関する不満

最後に楽天ではその独特の社内文化に不満を感じる方が一定数います。

楽天では良くも悪くも成果主義を採用しているため、特に営業社員であれば月末に数字を詰められる場面があります。

同時に楽天ではやりきる力(Get Things Done精神)も重要視されているため、営業色の強い独特の社内文化に耐えきれない方は続々と会社を去ってしまう傾向が強いです。

とはいえ、楽天ではチームメンバー全員でノルマ達成に向け協力し合う文化もあり、そこまで厳しい職場環境でもありません。

GAKU
自分の実力に自信がある方は、自信を持って楽天への転職を検討しましょう。特に営業職として自信がある方は、楽天の社内カルチャーにフィットすると思います。

楽天への転職が向いている方の特徴

条件

楽天への転職が向いている方の特徴としては、主に3つのことが考えられます。

楽天への転職が向いている方
・営業力に自信がある方
・高い英語力がある方
・専門スキルを活かしたい方

まず今勤めている会社で営業として結果を残していて、自分の営業力に自信がある方は楽天の営業職に最適な人材です。

また高い英語力がある方は国際的な業務に携わる機会もあるので、楽天でグローバル事業の領域に挑戦する価値は高いです。

また楽天では常に事業拡大をしているので、専門的なスキルを保有している方は、マーケティング・エンジニア・管理業務などでも転職することができます。

GAKU
楽天の中途採用のポジションは最も営業職が多いですが、その他にもエンジニア・マーケティング・バックオフィス系も一定数あります。

楽天の転職難易度は高い?

キャリアカーバーとビズリーチの違い

現在楽天への転職を検討中なら、楽天の転職難易度について気になっているでしょう。

さきに今回の結論から申し上げると、“楽天の転職難易度は高い”です。

楽天では常にグローバルに活躍できる人材や高い専門性がある方などを中心に、積極的に即戦力人材を採用しているため、比較的転職難易度は高いと言えます。

また楽天が日本国内でも有数の人気な転職先企業であることからも、楽天に転職する方の倍率は極めて高いです。

そのため、あなたが今後スムーズに楽天に転職したいなら、あなたの転職活動の全てを無料で支援してくれる転職エージェントを最大限に活用すべきです。

楽天に効率よく転職するための方法【実はみんな知らない】

これから効率よく楽天に転職したいと考えているなら、“日本国内のグローバル企業の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を強く推奨します。

もちろん楽天公式HPの中途採用ページから直接エントリーする方法もありますが、転職エージェントを活用する方がより効率よく転職活動を進めることができます。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最も楽天への転職に近い転職エージェントです。

楽天に転職するなら?
JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、国内のグローバル企業の転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「キャリアアップを目指したい。」「今より年収を上げたい。」方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めての転職も安心して進めることができます。

楽天においても常に営業やマーケティングなど複数のポジションの掲載があるので、まずはじめに登録して間違いありません。

現在のあなたが最短距離で楽天に転職したいなら、まず「JACリクルートメント」に登録をしておきましょう。

あなたが万が一楽天に転職することができなくても、国内の優良求人に出会えることは間違いないので、まずJACリクルートメントには登録しておきましょう。

GAKU
私の友人もJACリクルートメント経由で楽天に転職を決めています。転職活動はあなたの能力の高さ以上に“効率の良さ”が重要になります。

【まとめ】楽天への転職で後悔する人はいる!

海外赴任に失敗する

今回は、「楽天への転職で後悔する3つの理由と楽天への転職に成功する秘訣」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、楽天に転職することはできたけど、入社後に後悔してしまう方は一定数いらっしゃいます。

楽天へ転職して後悔する理由
・年収に関する不満
・働き方に関する不満
・社内文化に関する不満

とはいえ、逆を言うと、あなたが楽天に入社する前に楽天の社内事情をあらかじめ把握しておけば、実際に楽天に入社してから絶対に後悔することはありません。

本記事を読んで、“自分は楽天の働き方や社内カルチャーに合っている”と感じるなら、積極的に楽天への転職を目指しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は最も楽天への転職に近い転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で楽天をはじめ国内の優良求人案件を紹介してくれます。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

楽天に転職するなら?
JACリクルートメント今後楽天への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内の優良企業とのネットワークが強く、楽天をはじめ、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

楽天に転職して後悔する理由

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。