楽天へ転職すると後悔する?転職難易度は高い?後悔する3つの理由と楽天に向いている人材について解説!

楽天に転職して後悔する理由
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「楽天への転職で後悔する人はいる?」
「楽天に向いている人はどんな人なの?」

と気になっている方向けの内容です。

国内でEC・金融・通信など手広く事業を展開し、日本のIT業界を大きく牽引する存在であるメガベンチャー企業の「楽天」

最近は大手通信キャリアの楽天モバイルで何かと話題になっている企業です。

楽天は人気の転職先企業であり、現在IT業界で勤務中の方なら誰もが憧れる転職先です。

転職先人気企業

(doda転職人気企業ランキング2021総合より引用)

はじめに今回の結論から申し上げると、楽天に転職することはできたけど、転職後に後悔してしまう方は一定数いらっしゃいます

そのため、「これから楽天へ転職しよう!」と考えている方は、まず楽天への転職で後悔するパターンについて知っておくべきです。

本記事では、「楽天への転職で後悔する3つの理由と楽天への転職に成功する秘訣」について詳しくご紹介します。

楽天に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

楽天への転職で後悔する人はいる?【事実ベース】

つらい

今回の結論から申し上げると、楽天への転職で後悔する人は一定数います。

どの業界にどの会社に行っても転職後に後悔する人が必ずいるように、楽天へ転職した後に後悔する人は一定数います

またもともと楽天は営業に強い会社の側面もあり、これまで数字を追ってこなかったビジネスマンにとってはノルマがきつく感じ、短い期間における退職者が多いことでも有名です。

しかし、最近では楽天でも社内の労働環境が非常に良くなっており、「楽天はブラック企業だから行きたくない。」というネガティブな声は一切聞かなくなりました。

GAKU
それでは、未だに楽天へ転職した後に後悔する人が一定数いるのは、一体どういう理由からなのでしょうか?

楽天へ転職して後悔する3つの理由

3つ
GAKU
楽天へ転職して後悔する理由としては、主に3つのことがあります。
楽天へ転職して後悔する理由
・年収に関する不満
・働き方に関する不満
・社内文化に関する不満

1つずつみていきましょう。

年収に関する不満

まず楽天は日系企業には珍しく成果主義を採用しているため、成果を上げなければその後年収が上がりづらい特徴があります。

楽天に転職した時は一時的に年収アップするかもしれませんが、人によっては楽天にいても年収が上がらないこともあります。

楽天は良くも悪くも外資系のように成果主義の文化が浸透しており、これまで年功序列の文化で仕事を進めてきた方にとっては、苦しい労働環境に感じるかもしれません

楽天は平均年収700万円以上と年収が高い企業として知名度が高いですが、成果主義の世界で結果を出していけるかが重要になります。

GAKU
楽天は日系企業ですが、日系よりも外資系に近い働き方になります。

成果主義の労働環境で働きたい方には最適な職場だと思います。私個人的には外資系の考え方に近い楽天の年収に関する考え方が好きです。

働き方に関する不満

次に楽天では若い年齢の従業員が多く、良くも悪くも体力があるので、働き方に対する不満が募りやすい傾向にあります。

特に楽天グループの核となる事業であるEC事業のコンサルタントは長時間労働をすることも多く、ワークライフバランスを重視する方には最適な職場とは言えません

また楽天では昇進をした途端に大幅に業務量が増えて忙しくなるため、気づけば日々忙しくなってしまう傾向も強いです。

とはいえ、所属する部署や業務によって定時で業務を終了してプライベートを充実させることもできるので、あなた自身が所属する部署や業務によっても働き方は大きく変わります。

GAKU
最近楽天では女性の転職者も増えてきているので、以前よりも働きやすい労働環境は整ってきています。

社内文化に関する不満

最後に楽天ではその独特の社内文化に不満を感じる方が一定数います。

楽天では良くも悪くも成果主義を採用しているため、特に営業社員であれば月末に数字を詰められる場面があります

最近は大手通信キャリアである楽天モバイルの数値目標が高いことでも話題になっています。

同時に楽天ではやりきる力(Get Things Done精神)も重要視されているため、営業色の強い独特の社内文化に耐えきれない方は続々と会社を去ってしまう傾向が強いです

とはいえ、楽天ではチームメンバー全員でノルマ達成に向け協力し合う文化もあり、そこまでめちゃくちゃ厳しい職場環境でもありません。

GAKU
営業職として自信がある方は、楽天の社内カルチャーにフィットします。

普段から成果主義の働き方ができる人材にとって、楽天のカルチャーは間違いなくフィットします。

楽天の営業職はきつい?にも詳しく書いていますが、楽天の営業職はきつさ以上にやりがいや学びが多いので、これから営業マンとして力をつけていきたい方には最適な転職先です。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

楽天への転職が向いている方の特徴【絶対に後悔しない】

条件

楽天への転職が向いている方の特徴としては、主に3つのことがあります。

楽天への転職が向いている方
・営業力に自信がある方
・高い英語力がある方
・専門スキルを活かしたい方

まず今勤めている会社で営業として結果を残していて、自分の営業力に自信がある方は、楽天の営業職に最適な人材です。

楽天グループ創業者の三木谷さんご自身が体育会系出身なので、楽天グループにも体育会系出身でノリが良い従業員がかなり多いです。

また高い英語力がある方は、楽天で国際的な業務に携われる機会もあります。

GAKU
楽天の中途採用のポジションは、営業職がもっとも多いですが、その他にもエンジニア・マーケティング・バックオフィス系も一定数あります。

ちなみに楽天からの転職先は困らない?にも書いていますが、楽天社員は市場価値が高いため、その後の転職先にまず困ることはありません

楽天の転職難易度はかなり高い?

キャリアカーバーとビズリーチの違い

現在楽天への転職を検討中なら、楽天の転職難易度について気になっていることでしょう。

GAKU
さきに今回の結論から申し上げると、楽天の転職難易度は高いです。

楽天では常にグローバルに活躍できる人材や高い専門性がある方を中心を採用しているため、比較的転職難易度は高いです。

日本国内でも有数の人気な転職先企業であることから、楽天に転職する方の倍率は極めて高く、多少の学歴フィルターもあります。

そのため、あなたが「これからスムーズに楽天に転職したい」なら、まずあなたの転職活動の全てを無料で支援してくれる転職エージェントを最大限に活用しましょう。

楽天に効率よく転職するための方法【実はみんな知らない】

これから効率よく楽天に転職したいなら、国内のグローバル企業の転職支援に強い転職エージェントを活用することを強く推奨します。

転職エージェントを活用することで、あなた自身が楽天の社風や文化に合う人材かどうかも同時に確認することができます。

GAKU
楽天公式HPの中途採用ページから直接エントリーする方法もありますが、転職エージェントを活用する方が効率よく転職活動を進められます。

数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は、最も楽天への転職に近い転職エージェントです。

楽天に転職するなら?

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、国内のグローバル企業の転職支援に強いです。

現在年収500万円以上で「キャリアアップを目指したい。」「今より年収を上げたい。」方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントがサポートしてくれるので、初めてのグローバル企業への転職も安心して進めることができます

最短距離で楽天に転職したいなら、「JACリクルートメント」に登録をしておきましょう。

私の友人も、JACリクルートメント経由で楽天に転職を決めています。

転職活動は、あなたの能力の高さ以上に効率の良さが重要になります。

\60秒で簡単登録/

【まとめ】楽天への転職で後悔する人は一定数いるが、楽天が超一流企業であることは間違いない!

海外赴任に失敗する

今回は、「楽天への転職で後悔する3つの理由と楽天への転職に成功する秘訣」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、楽天に転職することはできたけど、入社した後に後悔してしまう方は一定数います。

楽天へ転職して後悔する理由
・年収に関する不満
・働き方に関する不満
・社内文化に関する不満

とはいえ、逆を言うと、あなたが楽天に入社する前に楽天の社内事情や向いている人材についてあらかじめ把握しておけば、実際に楽天に入社してから後悔することはありません

楽天への転職が向いている方
・営業力に自信がある方
・高い英語力がある方
・専門スキルを活かしたい方

本記事を読んで、「自分は楽天の働き方や社内カルチャーに合っている」と感じるなら、積極的に楽天への転職を目指しましょう。

GAKU
今から転職活動をしなくても、転職エージェントに登録し、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「楽天の働き方の話を聞いてみたい」
「楽天以外のキャリアの選択肢を知りたい」
「楽天の選考対策について教えてほしい」
「楽天に転職した方が評価されたポイントを知りたい」
「初めてグローバル企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に1つでも該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

楽天に転職するなら?
人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

JACリクルートメント

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現することができています!

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

 

はい、楽天は2010年から社内公用語を英語にしています。

そのため、楽天には英語が堪能なグローバル人材が多く在籍しています。

ちなみに楽天の新卒社員は、TOEIC800点以上取得の条件をクリアして入社できます。

楽天の将来性はあります。

なぜなら、楽天はインターネットサービス事業・金融サービス事業ともに好調で、直近でも過去最高益を更新しているからです。

不調なのは、主に通信事業だけです。

世間では、「楽天は潰れる」、「楽天グループはモバイル事業を売却するのではないか?」とネガティブな声が出ていますが、私個人的には、中長期的に楽天モバイルは事業を拡大していき、楽天グループとしても盤石な体制を作っていくとみています。

楽天の採用大学は、早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、上智大学、青山学院大学、一橋大学、関西学院大学など、早慶・MARCH・関関同立を中心に採用しています。

楽天グループへの転職で後悔しないためには、転職支援のプロであり、ミドル・ハイクラス層に強いJACリクルートメントのコンサルタントに無料相談することを推奨します。

現在のあなたにとって、最適な企業への転職+年収アップを実現してくれます。

楽天へ転職して後悔するパターンとしては、主に3つのことがあります。

・年収に関する不満
・働き方に関する不満
・社内文化に関する不満

楽天へ入社する前に上記に関する情報を調べておきましょう。