楽天で営業がきついと感じるなら、次の進路を考えるべき!

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

EC・金融・通信など手広く事業を展開し、日本のIT業界を牽引する存在である「楽天」

楽天はもともと営業会社として成長を果たしてきた背景もあり、楽天の営業職はきついというネガティブな評判もよく耳にします。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「楽天で営業がきついと感じるなら、次の進路を考えるべき」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

あなたが楽天からのキャリアアップを目指すなら、まずはミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

楽天の営業はきつい?

まずさきに結論から申し上げると、楽天の営業はきついは本当です。

特に楽天グループの核事業部である楽天市場事業部では、常に高いノルマを課せられることで有名で、社内でも数字を必ず達成しないといけない文化が浸透しています。

GAKU
個人的には成果主義が浸透している楽天の社内カルチャーは好きです。

この大きなプレッシャーを抱えながら日々営業活動を行うことは精神的にきついです。

そんなゴリゴリの営業の仕事からは早く抜け出して、他社で営業の仕事をしたいと考える方は一定数いるようです。

一方で楽天の体育会系の営業スタイルが好きで楽天で営業としてキャリアを積んでいく方も一定数います。

つまり、世間一般的に楽天の営業はきついですが、そのきつさを楽しいと感じる楽天社員も多いということです。

世間では楽天の営業のきつさが噂されることの方が多いですが、実際に楽天の中で働いている方の感じ方は人それぞれです。

GAKU
楽天の企業文化にマッチする方は、楽天の営業職はそつなくこなせるはずです。

楽天の営業はきついが、学ぶことは多い

前述の通り、楽天の営業は常に数字を求められる世界できついと感じることは多いのですが、もちろんその分学べることも多いです。

例えば私の友人にも楽天市場の営業出身者がいますが、彼は楽天の営業で以下のようなことを学んだと言っています。

楽天の営業で学べること
・成果主義になれる
・やりきる力がつく
・社会貢献できる

1つずつみていきましょう。

成果主義になれる

まず楽天の営業は現場でのパフォーマンスがそのまま評価や給料に直結するため、自然と成果主義の思考を身につけることができます。

事前に個人やチームで設定した目標に対し、必ず達成する意識が高い営業メンバーが集まっているので、全体の相乗効果で成果主義の考え方になっていきます。

また突出した成果を上げた営業社員を表彰するAward制度もあるので、楽天で成果を十分に上げてから転職する方も一定数いらっしゃいます。

楽天で身につけた成果主義思考は転職時にも非常に役に立つので、楽天出身者の今後のキャリアは明るいです。

GAKU
私の友人の元楽天社員は、非常に仕事が早く、確かに常に成果主義思考です。

やりきる力がつく

次に楽天の営業ではやりきる力を身につけることができます。

楽天のブランドコンセプト(価値観)の一つには「Get Things Done(信念不抜)」という標語があり、楽天社員には簡単には諦めない癖がついています。

楽天の公式HP

(楽天公式HPより引用)

どんなに苦しい状況でも「もう少し売上を上げれる」「立て直すことができる」という考えを持つ社員が多いため、自然とやりきる力が身についていきます。

競合他社が諦めても楽天は諦めないという思考を持っているため、事業単体で見ても会社全体で見ても非常に強い組織が成り立っています。

GAKU
楽天ではやりきる力を身につけることができるので、転職市場でも非常に価値が高いことが多いです。

社会貢献できる

最後に楽天の営業では社会貢献を身近に感じることができます。

楽天の核事業部である楽天市場はクライアントが日本全国の出店者(中小企業から大企業まで)のため、担当する出店者が売上を上げると社会貢献を実感することができます。

楽天はインターネットの力で地方を元気にしよう、日本を元気にしようとする社会的役割を担う会社でもあるので、特に地方の中小企業などとお付き合いがあると、地方活性化の一翼を担っている特別な感覚を得ることができます。

楽天で営業としてバリバリ成果を上げていくことがそのまま社会貢献にも繋がるので、日々の仕事の充実度も非常に高いはずです。

GAKU
ただただ営業がきついだけでなく、仕事で充実度を感じることは非常に重要なことです。

楽天の営業のきつさが物語る離職率の高さ

楽天の離職率は公開されていませんが、とある大手転職サイトの情報によると、楽天では入社から3年以内に退職する方が全体の約2割〜3割いると言われています。

これはもちろん所属する部署や業務内容にもよるので一概には言えませんが、楽天では比較的早期に退職する方が多い印象を持ちます。

特に楽天市場事業の営業は常に数字を追われているので、それがストレスになり転職する方が後を絶たないようです。

とはいえ、楽天では現場でパフォーマンスを上げている人が高い評価を得ることができる仕組みが整っているので、特に成果主義思考の方には合う働き方ができるはずです。

しかしながら、近年は楽天でも少しでも離職率を下げるために、積極的に社内での労働環境の整備をしています。

GAKU
以前に楽天はブラック企業呼ばわりされることが多かったですが、最近はどちらかというとホワイト企業に近づいてきていると思います。

楽天の営業がきついなら、次の進路も考えるべき!

現在のあなたが楽天での営業の仕事がきつくて耐えきれないなら、次の進路(転職先)を考え始めましょう。

あなたがずっときついというネガティブな感情を持ちながら営業することは、会社にとってもあなた自身にとっても何も良い影響は与えません。

せっかく日本国内でも有数の知名度が高い会社で働いてきたのですから、そこで経験したことを活かして、すぐにでも次の転職先を探し始めましょう。

むしろ楽天で営業経験がある方なら、比較的転職市場でも価値が高いことが多いです。

あなたが「そろそろ転職すべきかな?」と感じるタイミングがまさに楽天から転職するタイミングなので、今の営業の仕事を続けながらも次のキャリアの選択肢を探っていきましょう。

あなたがもし今後「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」と考えているなら、日本国内の外資系企業への転職を推奨します。

楽天の営業職で十分に成果主義思考を身につけているので、外資系企業でも確実に活躍することができますし、給料もキャリアも青天井に伸ばしていけるはずです。

また楽天社員は英語スキル(TOEIC800点以上)もあるので、これまで以上にグローバルな働き方も実現できるでしょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後外資系企業で働きたいと考えている方にとても定評があります。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な求人案件を紹介してくれます。

まずはJACリクルートメントに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

【まとめ】楽天の営業マンなら、どの企業でも活躍できる!

今回は、「楽天で営業がきついと感じるなら、次の進路を考えるべき」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、楽天の営業はきついは本当です。

特に楽天グループの核事業部である楽天市場事業部では、常に高いノルマを課せられることで有名で、社内でも数字を必ず達成しないといけない文化が浸透しています。

確かに楽天の営業はきついですが、それ以上に他の会社では学ぶことができない多くのことを学ぶことができます。

楽天の営業で学べること
・成果主義になれる
・やりきる力がつく
・社会貢献できる

せっかくあなたが楽天の営業で豊富な経験をしてきたのなら、次はその経験を活かせる転職先がないかを模索しましょう。

楽天で営業経験がある方なら、絶対にどの業界でも活躍できるはずなので、自信を持って転職する準備を開始しましょう。

まずはJACリクルートメントに無料登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

楽天に入社できる方はビジネスレベルの英語スキルも持ち合わせているので、外資系企業でも順調に年収アップ・キャリアアップしていけるはずです。


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。