楽天で営業がきついと感じるなら、そろそろ次の進路を考えるべき!

楽天の営業がきつい

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

EC・金融・通信など手広く事業を展開し、日本のIT業界を牽引する「楽天」

楽天は営業会社として成長を果たしてきた背景もあり、“楽天の営業職はきつい”というネガティブな評判もよく耳にします。

果たしてこれらのネガティブな評判は、一体全体事実なのでしょうか?

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「楽天で営業がきついと感じるなら、次の進路を考えるべき」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

楽天から転職するなら?
JACリクルートメントあなたが楽天からのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

これから楽天に勤めながら転職先を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

楽天の営業はきつい?【事実】

外資系企業の営業マン

まずはじめに今回の結論から申し上げると、“楽天の営業がきついは本当”です。

特に楽天グループ核事業部である楽天市場事業部では、常に高いノルマを課せられることで有名で、社内でも数字を必ず達成しないといけない文化が浸透しています。

GAKU
個人的には成果主義が浸透している楽天の社内カルチャーは好きです。

この数字の大きなプレッシャーを常に抱えながら、日々の営業活動を行うことはやはり精神的にもきついです。

そのため、ゴリゴリの営業職の仕事からは早く抜け出して、他社で全く別の仕事をしたいと考える方は一定数います。

一方で楽天ならではの体育会系の営業スタイルが好きで、楽天で営業としてキャリアを積んでいく方も一定数います。

つまり、世間一般的に楽天の営業はきついですが、そのきつさを楽しいと感じる楽天社員も多いということです。

世間では楽天の営業のきつさが噂されることの方が多いですが、実際に楽天の中で働いている方の感じ方は人それぞれです。

GAKU
楽天(三木谷会長兼社長)の企業文化にマッチ(合う)する方は、まず楽天の営業職はそつなくこなせます。
楽天に転職して後悔する理由

楽天への転職で後悔する人はいる?転職に成功する秘訣を伝授!

2021年8月2日

楽天の営業はきついが、その分学ぶことは多い【正直ベース】

JACリクルートメントに断られない

楽天の営業は常に数字を求められる世界できついと感じることは多いですが、もちろんその分学べることも多いです。

例えば私の友人にも楽天市場の営業出身者がいますが、彼は楽天の営業で主に以下の3つのことを学んだと言っています。

楽天の営業で学べること
・成果主義になれる
・やりきる力がつく
・社会貢献できる

1つずつみていきましょう。

成果主義になれる

まず楽天の営業は、現場でのパフォーマンスがそのまま評価や給料に直結する傾向が強いため、自然と成果主義の思考を身につけることができます。

事前に個人やチームで設定した目標に対し、必ず目標達成する意識が高い営業メンバーが集まっているので、全体の相乗効果で成果主義の考え方になっていきます。

また突出した成果を上げた営業社員を表彰するAward制度もあるので、楽天で成果を上げてから転職する方も一定数います。

楽天で身につけた成果主義思考は転職時にも非常に役に立つので、楽天出身者の今後のキャリアは間違いなく明るいです。

GAKU
私の友人の元楽天社員は、仕事が早く、常に成果主義思考です。

やりきる力がつく

次に楽天の営業では、普段からやりきる力を身につけることができます。

楽天のブランドコンセプト(価値観)の一つには、「Get Things Done(信念不抜)」という標語があり、楽天社員は一人ひとり“簡単には諦めない癖”がついています。

楽天の公式HP

(楽天公式HPより引用)

どんなに苦しい状況でも「もう少し売上を上げることができる」「立て直すことができる」考えを持つ社員が多いため、自然とやりきる力が身についていきます。

たとえ競合他社が簡単に諦めても、まず楽天は諦めないという思考を持っているため、事業単体で見ても会社全体で見ても、非常に強い組織が成り立っています。

GAKU
楽天ではやりきる力を身につけることができるので、転職市場でも非常に価値が高いことが多いです。

社会貢献できる

最後に楽天の営業では、普段から社会貢献を身近に感じることができます。

楽天の核事業部である楽天市場はクライアントが日本全国の出店者(中小企業〜大企業)のため、担当する出店者が売上を上げると、社会貢献を実感することができます。

楽天は“インターネットの力で地方を元気にしよう、日本全体を元気にしよう”とする重要な社会的役割を担う会社でもあるので、特に地方の中小企業などとお付き合いがあると、地方活性化の一翼を担っている特別な感覚を得ることができます。

楽天で営業としてバリバリ成果を上げることが社会貢献にも繋がるので、日々の仕事の充実度も非常に高いです。

GAKU
ただただ営業の仕事がきついだけでなく、仕事で充実度を感じることは非常に重要なことです。
楽天からの転職先

楽天からの転職先は困らない?【元楽天社員に聞いてみた】

2021年7月14日

楽天の営業のきつさが物語る離職率の高さ【データあり】

転職元、転職先

楽天の離職率は公開されていませんが、とある大手転職サイトの情報によると、楽天では入社から3年以内に退職する方が“全体の約2割〜3割”と言われています。

もちろん所属する部署や業務内容によるので一概には言えませんが、楽天では比較的早期に退職する方が多いです。

特に楽天市場事業の営業は常に数字を追われているので、それがストレスになり、転職する方が後を絶たないようです。

とはいえ、楽天では現場でパフォーマンスを上げる人が高い評価を得ることができる仕組みが整っており、特に成果主義思考の方には合う働き方ができます。

しかしながら、近年は楽天でも少しでも離職率を下げるために、積極的に社内での労働環境の整備をしています。

GAKU
以前まで楽天はブラック企業呼ばわりされることが多かったですが、最近はどちらかというとホワイト企業に近づいてきていると強く感じます。
楽天の離職率の高さ

楽天の離職率はぶっちゃけ高い?【年収や実際の働き方はどうなの?】

2021年11月3日

楽天の営業がきついなら、次の進路も考えるべき!

現在のあなたが楽天での営業の仕事がきつくて耐えきれないなら、まず次の進路(転職先)を考え始めましょう。

あなたがずっときついというネガティブな感情を持ちながら営業することは、雇う会社にとっても、あなた自身にとっても、何も良い影響は及ぼしません。

せっかく国内でも有数の知名度が高い日系グローバル企業で働いてきたのですから、そこで経験したことを活かして、すぐにでも次の転職先を探し始めましょう。

むしろ楽天で営業経験がある方なら、転職市場でも価値が高いことが多いです。

「そろそろ転職すべきかな?」と感じるタイミングがまさに楽天から転職するタイミングなので、今の営業の仕事を続けながら、次のキャリアの選択肢を探りましょう。

あなたが今後「年収をアップしたい」「順調にキャリアアップしたい」なら、国内の外資系企業への転職を強く推奨します。

楽天の営業職で十分に成果主義思考を身につけているので、外資系企業でも確実に活躍することができますし、給料もキャリアもこれまで以上に青天井に伸ばせます。

また楽天社員は英語スキル(TOEIC800点以上)もあるので、これまで以上にグローバルな働き方も実現できるでしょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」は非公開求人が多く、今後外資系企業で働きたいと考えている方にとても定評があります。

JACリクルートメントは、特にミドル・ハイクラス層をターゲットに転職支援をしているので、かなりの高い確率で優良な求人案件を紹介してくれます。

まずはJACリクルートメントに無料会員登録して、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

【まとめ】楽天の営業マンなら、どの企業でも活躍できる!

今回は、「楽天で営業がきついと感じるなら、次の進路を考えるべき」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、“楽天の営業はきついは本当”です。

特に楽天グループの核事業部である楽天市場事業部では、常に高いノルマを課せられることが多く、社内でも数字を必ず達成しないといけない文化が浸透しています。

確かに楽天職の営業はきついですが、それ以上に他の会社では学ぶことができない多くのことを学ぶことができます。

楽天の営業で学べること
・成果主義になれる
・やりきる力がつく
・社会貢献できる

せっかくあなたが楽天の営業で豊富な経験をしてきたのなら、次はその経験を活かせる転職先がないかを模索しましょう。

楽天で営業経験がある方なら、絶対にどの業界でも活躍できるので、まず自信を持って転職する準備を開始しましょう。

まずはJACリクルートメントに無料会員登録をして、あなたの希望に沿った外資系求人案件を紹介してもらいましょう。

楽天に入社できる方はビジネスレベルの英語スキルも持ち合わせているので、国内の外資系企業でも順調に年収アップ・キャリアアップすることができます。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

楽天から転職するなら?
JACリクルートメントあなたが楽天からのキャリアアップを目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

国内優良企業とのネットワークが非常に強いため、有名グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

これから楽天に勤めながら転職先を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、ミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい楽天社員の登録も多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい楽天社員の登録も多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、楽天社員が「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

楽天の営業がきつい

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。