アクセンチュアの転職難易度は?スムーズに転職するためには?

アクセンチュアの転職難易度
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「アクセンチュアの転職難易度は高いの?」

“世界最大規模のコンサルティングファーム”の異名を持つアクセンチュア。

コンサルファームの中でも事業規模と従業員規模は世界トップクラスであり、国内外問わず知名度が高いコンサル集団です。

さきに結論から申し上げると、アクセンチュアの転職難易度は“やや高い”です。

しかしながら、コンサル業界未経験からでもアクセンチュアに転職を決める方は一定数いるので、”常にアクセンチュアに転職できるチャンスはある”と言えます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アクセンチュアの転職難易度とスムーズに転職するためのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

あなたがこれからアクセンチュアへの転職を目指すなら、まずはミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

第二新卒でアクセンチュアに転職

第二新卒でアクセンチュアに転職したい【難易度と落ちないコツ】

2021年8月7日

アクセンチュアの転職難易度は?

アクセンチュアの転職難易度は

まずはじめにアクセンチュアの転職難易度は“やや高い”と言えます。

アクセンチュアの転職難易度が高い理由として、主に以下2つのことが考えられます。

アクセンチュアの転職難易度が高い理由
・求職者のレベルが高い
・面接の難易度が高い

1つずつ紹介していきます。

求職者のレベルが高い

まずアクセンチュアに転職する方々は、基本“優秀な人材であることが多い”です。

現にこれからアクセンチュアに転職しようと考えているあなた自身も世間一般的には優秀な人材のカテゴリーに入るはず。

アクセンチュアにはBIG4(PwC、デロイトトーマツ、EY、KPMG)と呼ばれる競合コンサルファームからの転職組がいますし、まったく畑違いの業界から優秀な人材が転職してくることもあります。

このようにアクセンチュアにはコンサル業界をはじめ、様々な業界から優秀な人材が転職してくるので、“アクセンチュアの求職者のレベルは高い”と言えます。

GAKU
私の友人もデロイトトーマツからアクセンチュアに転職しています。アクセンチュアには今後もコンサルファームでキャリアアップしたい方が集まるイメージが強いです。

面接の難易度が高い

次にアクセンチュアは“面接の難易度が高いこと”でも知名度が高いです。

アクセンチュアの面接(選考期間)では、求職者の論理的な思考力を測るために、主に「フェルミ推定」「ケース面接」というコンサルファーム特有の選考が行われます。

コンサルファーム特有の選考を行うことで、企業はこれからあなたがコンサル業界で働いていくにあたって最適な人材かどうかということを見極めるためです。

アクセンチュアの面接は一般的な転職の面接とは毛色が異なるので、入念に対策を行った上で面接に臨んだ方がいいです。

GAKU
フェルミ推定やケース面接などの面接対策を行った上で面接に臨みたい方は、まずはコンサル業界の転職支援に強い「アクシスコンサルティング」を活用しましょう。

>>アクシスコンサルティングに無料登録

アクセンチュアの会社概要

アクセンチュア

アクセンチュアは、“世界最大規模のコンサルファーム”であり、同時にIBM・富士通・ヒューレットパッカードに次ぐ“一流のITソリューション企業”でもあります。

様々な分野・産業に対し、戦略・業務・IT・デジタル広告などのあらゆるコンサルティングサービスを提供しています。

世界120ヶ国以上、40業界以上との取引実績を持っているため、“名実ともに信頼される世界的なコンサルファーム”です。

会社名 アクセンチュア株式会社
設立 1995年12月
代表者 江川 昌史
住所 東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR
資本金 3.5億円
従業員数 1万6,000名
事業内容 「ストラテジー&コンサルティング」「インタラクティブ」「テクノロジー」「オペレーションズ」の4つの領域で幅広いサービスとソリューションを提供

アクセンチュアは元々アメリカ・ハミルトンで創業されたコンサルファームですが、その後アイルランドに本社を移し、1962年に日本に初めて事務所を開設しました。

日本国内でも順調にコンサル事業を拡大し、現在は東京・横浜・大阪・北海道・福岡・福島・熊本にオフィスを構えています。

また現在アクセンチュアは世界56ヶ国、200都市以上にオフィスを構えており、全従業員数はなんと約50万名を擁しています。

GAKU
日本国内の大手コンサルファームであるアビームコンサルティングの従業員数が約6,500名ですので、従業員の規模としても大幅に差をつけていることがわかります。

アクセンチュアに中途採用で求められる人材

外資系企業の営業マン

アクセンチュアは転職難易度が高いと言われますが、一体どのような人材がアクセンチュアの転職に成功するのでしょうか?

あなたが今後アクセンチュアでキャリアアップしていきたいと考えているなら、まずは“あなた自身がアクセンチュアで求められている人材か”を確認しましょう。

ここでミスマッチが起こると、もしアクセンチュアに転職できたとしても、転職後に苦労する場面が増えてしまうでしょう。

アクセンチュアに求められる人材
・背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
・自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
・常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
・チャレンジに手加減せず、最後までやり遂げる
・信念を持ち、誠実さを貫ける
・あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
・常に既存の概念にとらわれない新しいものを探求している
・正解がない状況こそ楽しめる
・タフな状況も、周囲を引き込み楽しめる情熱がある
・多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
・互いを生かし合えるチームこそ無限の可能性があると信じる
・未知の経験や出会いを大切にする
(アクセンチュア公式HPより引用)

上記からもわかる通り、アクセンチュアで求められている人材は、“アクセンチュアによって自らを進化させ、アクセンチュアに進化をもたらすことができる人材”です。

つまり、アクセンチュアではアクセンチュアという企業がコンサル業界の先駆者である続けるために、“常にアクセンチュアというプラットフォームを活用し進化し続けることができる人材”が求められています。

GAKU
余談ではありますが、最近デロイトトーマツからアクセンチュアに転職した私の友人も“常に変化を楽しみ続けることができる人材”です。

アクセンチュアに転職するのに英語力は必要?

アクセンチュアは外資系コンサルファームなので、転職にあたりやはり英語力を気にする方は一定数いらっしゃるはずです。

結論を申し上げると、アクセンチュアへの転職活動の際にあなたの英語力をチェックされる場面はほとんどありません。

そのため、英語力がなくてもアクセンチュアに転職すること自体はできます。

しかし、アクセンチュアはグローバル企業という面もあるので、転職後は英語を使って仕事をする場面は多いようです。

特にあなたが担当するクライアントが海外に事業展開をしたり、あなた自身が管理職などに昇格するタイミングなどであなたの英語力が試されることが多くなります。

あなた自身がアクセンチュアに入社してから色々と困らないためにも、アクセンチュアへ転職する前に最低限のビジネス英語は身につけておいた方がいいでしょう。

おすすめオンライン英会話

レベル別オンライン英会話サービス【外資系勤務者が選ぶ】

2021年4月29日

スムーズにアクセンチュアに転職する方法

転職元、転職先

これからスムーズにアクセンチュアに転職したいなら、まずは“外資系企業やコンサル業界の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろんアクセンチュア公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、正直コンサルファームでの職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、前述の通りアクセンチュアではコンサル業界特有の選考手法があり、十分に選考対策ができないまま転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」「アクシスコンサルティング」は最もアクセンチュアへの転職に近い転職エージェントです。

アクセンチュアに転職するなら?
JACリクルートメント
アクシスコンサルティング

1つずつ紹介していきます。

JACリクルートメント

JACリクルートメント

まずJACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強いです。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考える方がまずはじめに登録すべき転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚くサポートしてくれるので、初めての外資系転職も安心して進められます。

アクセンチュアにおいても複数のポジションの掲載があるので、まず登録しておいて間違いない転職エージェントです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

次にアクセスコンサルティングは、コンサル業界の転職支援に強みを持っています。

約3,000名の現役コンサルタント、約10,000名の転職支援実績があり、今後コンサル業界で「キャリアアップを目指したい。」と考える方に最適な転職エージェントです。

コンサル業界と強いパイプを持っており、アクシスコンサルティングだけの独占求人も多く保有しているので、とてもコンサル業界に明るい転職エージェントです。

あなたのコンサル業界での市場価値の高さも確認することができるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

【まとめ】アクセンチュアの転職難易度がやや高いが、その分挑戦する価値はある!

アクセンチュア

今回は、「アクセンチュアの転職難易度とスムーズに転職するためのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

アクセンチュアへの転職難易度は高いですが、コンサル業界に興味がある方にとっては挑戦する価値が高いと考えています。

なぜなら、アクセンチュアは世界中で事業展開する超巨大コンサルファームのため、アクセンチュアにとって最適な人材は積極的に採用する傾向があるからです。

またアクセンチュアに転職すると、幅広いコンサル業務を経験することができ、あなた自身が今後コンサル業界でキャリアアップできる可能性が非常に高いです。

アクセンチュアに求められる人材
・背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
・自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
・常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
・チャレンジに手加減せず、最後までやり遂げる
・信念を持ち、誠実さを貫ける
・あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
・常に既存の概念にとらわれない新しいものを探求している
・正解がない状況こそ楽しめる
・タフな状況も、周囲を引き込み楽しめる情熱がある
・多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
・互いを生かし合えるチームこそ無限の可能性があると信じる
・未知の経験や出会いを大切にする
(アクセンチュア公式HPより引用)

上記いずれかに該当する方は、まずアクセンチュアへの転職を前向きに検討しましょう。(※コンサル業界未経験者も募集中。)

これからアクセンチュアに最短距離で転職したいなら、まずは外資系・コンサル業界に強い転職エージェントに登録し、アクセンチュアの求人を探していきましょう。

アクセンチュアに転職するなら?
JACリクルートメント
アクシスコンサルティング

複数の転職エージェントに登録することで、アクセンチュアに転職できる可能性が高まるので、積極的に使わないと損です。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「JACリクルートメント」「アクシスコンサルティング」は最もアクセンチュアへの転職に近い転職エージェントです。

アクセンチュアの転職難易度

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。