第二新卒でアクセンチュアに転職したい【難易度と落ちないコツ】

第二新卒でアクセンチュアに転職
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「第二新卒でもアクセンチュアに転職することはできるの?」「そもそもアクセンチュアでは第二新卒を採用しているの?」

現在第二新卒として転職活動をしていてアクセンチュアを検討している方なら、このような疑問を抱えていることでしょう。

結論から申し上げると、第二新卒でアクセンチュアに転職することは実現可能です。

なぜなら、アクセンチュアでは常に第二新卒に特化した求人を募集しており、私の周りにも第二新卒としてアクセンチュアに転職した方が数名いらっしゃるからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「第二新卒でアクセンチュアに転職するためのコツ」についてご紹介します。

これから第二新卒でアクセンチュアへの転職を目指すなら、まずはコンサル業界の転職支援に特化した「アクシスコンサルティング」に登録しましょう。コンサル業界に強い転職エージェントを活用することで、第二新卒がアクセンチュアに転職する難易度はグーンと下がります。

>>今すぐアクシスコンサルティングに登録

そもそもアクセンチュアは第二新卒を採用している?門前払いはない?

まず本記事の読者が最も気になることは、「そもそもアクセンチュアは第二新卒を採用しているか?」ということだと思います。

さきに結論から申し上げると、アクセンチュアは第二新卒を採用しています

むしろ近年アクセンチュアでは積極的に第二新卒を採用しており、第二新卒の転職希望者からのエントリーが絶えません。

アクセンチュア

(アクセンチュアの公式HP)

上記からもわかる通り、アクセンチュアの公式HPでは現在積極的に第二新卒を採用をアピールしていることがわかります。

職歴が浅い第二新卒が大手外資系企業に転職と言うと、どうしても斜に構える傾向にありますが、少なくとも”アクセンチュアでは第二新卒を大歓迎”しています。

第二新卒の方がアクセンチュアにエントリーしても門前払いされることはないので、安心して転職活動に臨みましょう。

外資系コンサルファームが第二新卒を積極的に採用するという話はあまり聞かないので、今後コンサル業界で順調に年収アップ・キャリアアップしたい第二新卒の方には最適な労働環境と考えています。

GAKU
アクセンチュアの第二新卒の採用人数は多いので、興味がある方はまず挑戦してみて問題ありません。

第二新卒でアクセンチュアに転職する難易度は高い?【正直ベース】

第二新卒でアクセンチュアに転職する難易度は“やや高い”と言えます。

とはいえ、アクセンチュアでは現在募集しているポジションごとに求められる能力やスキルが異なるため、一概には転職難易度は高すぎるとも言い切れません。

アクセンチュアの転職難易度が高い理由として、主に以下2つのことがあげられます。

アクセンチュアの転職難易度が高い理由
・求職者のレベルが高い
・面接の難易度が高い

1つずつ紹介していきます。

求職者のレベルが高い

まずアクセンチュアに転職する方々は、“基本的に優秀な人材が多い”です。

つまり、これからアクセンチュアに転職しようと考えているあなた自身も世間一般的には優秀な人材のはずです。

アクセンチュアにエントリーする方の中には、BIG4(PwC、デロイトトーマツ、EY、KPMG)と呼ばれる競合コンサルファームからの転職組がいたり、畑違いの業界から優秀な人材が転職してくることもあります。

このようにアクセンチュアには外資系コンサル業界をはじめ、様々な業界から優秀な人材が転職してくるので、アクセンチュアの求職者のレベルは高いと言えます。

GAKU
ちなみに私の友人の一人もデロイトトーマツからアクセンチュアに管理職として転職しています。アクセンチュアは第二新卒向けの求人もあるが、“転職難易度はやや高いこと”を頭の片隅に入れておきましょう。
アクセンチュアからの転職先が気になる方は、こちらも合わせてご覧ください。

アクセンチュアからの転職先はどんなところが多い?【必見】

2021年7月16日

面接の難易度が高い

次にアクセンチュアは“面接の難易度が高い”ことでも知名度が高いです。

アクセンチュアの面接では、まず求職者の論理的な思考力を測るために、「フェルミ推定」「ケース面接」といったコンサルファーム特有の選考が行われます。

これからあなたがコンサル業界で働いていくにあたって、まず最適な人材かどうかということを測られ、見極められます。

アクセンチュアは一般的な転職の面接とは毛色が異なるので、まず入念に対策を行った上で面接に臨んだ方がいいです。

そのほかにもあなたが“アクセンチュアに入社したい理由”“アクセンチュアで経験したいこと”などが詳しく聞かれます。

GAKU
フェルミ推定やケース面接などの面接対策を十分に行った上で面接に臨みたい方は、まずコンサル業界の転職支援に強い「アクシスコンサルティング」を活用しましょう。

>>アクシスコンサルティングに無料登録

第二新卒がアクセンチュアに落ちないためには?【必須】

海外赴任に失敗

第二新卒がアクセンチュアに落ちないためにできることとして、まず「転職エージェントを使い倒すこと」を推奨します。

なぜなら、第二新卒は比較的社会人経験が浅いので、転職支援のプロである転職エージェントを活用する方が、圧倒的に有利に選考を進めることができるからです。

もちろん第二新卒であれば、「第二新卒はそもそも門前払いされない?」「登録してもあまり相手にしてくれないんじゃないの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、絶対にそんなことはありません。

むしろ最近では大企業を中心に教育コストがかからず即戦力人材になりうる第二新卒の採用には非常に力を入れています。

そのため、求職者の転職サポートを行う転職エージェントも最近では第二新卒の転職支援には積極的に注力しており、まず求職者を無下にしてくることはありません。

最近は第二新卒という立場を活用して大手企業への転職に成功する方も多くいらっしゃるので、まずは積極的に転職エージェントを活用するようにしましょう。

積極的に転職エージェントを活用することで、アクセンチュア以外の優良企業への転職の選択肢も生まれてくるはずです。

GAKU
第二新卒だから大手企業への転職は無理と考えるのではなくて、第二新卒だからこそ積極的に大手企業への転職を狙っていきましょう。

第二新卒で大手への転職は無理?効率よく転職するコツを伝授

2021年8月6日

第二新卒がアクセンチュアに最も効率よく転職する方法

さきほど第二新卒がアクセンチュアに落ちないためには、“転職エージェントを最大限活用すべき”とお伝えしました。

あなたがこれからスムーズにアクセンチュアに転職したいと考えているなら、まず“コンサル業界の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を推奨します。

もちろんアクセンチュア公式HPの採用ページから直接エントリーする方法もありますが、これまでコンサル業界での職歴が浅い方にはあまりおすすめできません。

なぜなら、アクセンチュアではコンサル業界特有の選考手法があり、あなたは十分に選考対策ができない状態で転職活動に臨む形になってしまうからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「アクシスコンサルティング」は最も第二新卒でのアクセンチュアへの転職に近い転職エージェントです。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサル業界の転職支援に強みを持っています。

約3,000名の現役コンサルタント、約10,000名の転職支援実績があり、今後コンサル業界で「キャリアアップを目指したい。」と考える方に最適な転職エージェントです。

コンサル業界と強いパイプを持っており、アクシスコンサルティングにしかない独占求人も多く保有しているので、とてもコンサル業界に明るい転職エージェントです。

またアクシスコンサルティングでは「フェルミ推定」「ケース面接」といったコンサルファーム特有の選考対策もバッチリ行えるので、コンサル業界未経験者でも安心して転職活動を進められます。

あなたのコンサル業界での市場価値の高さも確認できるので、まず登録しておいて間違いない転職エージェントです。

アクセンチュアに限らず、これからコンサル業界で順調に年収アップ・キャリアアップしたい方は、まずはアクシスコンサルティングに相談することから始めましょう。

【絶対に落ちない】第二新卒がアクセンチュアに転職するためのポイントを押さえよう!

条件

今回は、「第二新卒でアクセンチュアに転職するためのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

現在アクセンチュアでは積極的に第二新卒を採用しているため、あなたがアクセンチュアに転職したいなら今が狙い目です。

とはいえ、第二新卒でアクセンチュアに転職する難易度はやや高く、自分一人の力で簡単に転職できるとも限りません。

そのため、あなたが第二新卒で本気でアクシスコンサルティングへの転職を目指しているなら、まずは“コンサル業界に強い転職エージェント”を使い倒しましょう。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「アクシスコンサルティング」は最も第二新卒でのアクセンチュアへの転職に近い転職エージェントです。

「フェルミ推定」「ケース面接」といったコンサルファーム特有の選考対策もバッチリ行えるので、たとえあなたがコンサル業界未経験者でも安心してスムーズに転職活動を進めることができます。

アクセンチュアに求められる人材
・背伸びをしてでも目標へ手を伸ばさずにはいられない
・自分も会社も世の中までも、変えたいと望む
・常に次のステージを見据え、自らの開拓に貪欲である
・チャレンジに手加減せず、最後までやり遂げる
・信念を持ち、誠実さを貫ける
・あるべき姿を追求するためには、立場や関係性を超えた主張を厭わない
・常に既存の概念にとらわれない新しいものを探求している
・正解がない状況こそ楽しめる
・タフな状況も、周囲を引き込み楽しめる情熱がある
・多様な文化、相違する意見の中にこそ宝石があると知っている
・互いを生かし合えるチームこそ無限の可能性があると信じる
・未知の経験や出会いを大切にする
(アクセンチュア公式HPより引用)

上記いずれかに該当する方は、アクセンチュアへの転職を前向きに検討しましょう。

これからあなたがアクセンチュアに最短距離で転職したいなら、まずはコンサル業界に強い転職エージェントに登録し、アクセンチュアの求人を探していきましょう。

万が一あなたがアクセンチュアに転職できなかったとしても、アクシスコンサルティング経由であなたがコンサル業界の優良企業に転職することは実現可能です。

第二新卒でアクセンチュアに転職

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。