【アクセンチュアを辞めたい】スムーズに次の転職先を見つけるコツ

アクセンチュアを辞めたい

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「アクセンチュアを辞めたい。。」

“世界最大級のコンサルティングファーム”の異名を持つアクセンチュア。

事業規模と従業員規模は世界トップクラスであり、国内外問わず“グローバルに知名度が高いコンサル集団”です。

現在世界最大級の外資系コンサルファームであるアクセンチュアに勤めている方なら、こんな悩みを抱えているでしょう。

またアクセンチュアからの転職先はどこが多いか?と考えていることでしょう。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「アクセンチュアを辞めたい方向けにスムーズに次の転職先を見つけるコツ」について詳しくご紹介していきます。

コンサル業界で転職するなら?
アクシスコンサルティング今後外資系企業・コンサル業界への転職を目指すなら、まずは「アクシスコンサルティング」に無料登録しましょう。

アクシスコンサルティングは外資系・コンサル業界への転職を目指す登録者が多く、“最もコンサル業界で年収アップ・キャリアアップに成功する転職者を輩出する転職エージェント”です。

“個人で優良企業の非公開ポジションの空き状況を調べることは不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もアクシスコンサルティングを活用したことがありますが、どこよりもコンサル業界との強いパイプがあり、「表に出てこない超優良求人」を積極的に紹介してくれる印象がありました。

スムーズにコンサル業界での転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

アクセンチュアを辞めたい方は正直多い?【事実ベース】

キャリアカーバーとビズリーチの違い

まずはじめに“アクセンチュアを辞めたい”と考えている方は非常に多くいます。

アクセンチュアに入社や転職をしてくる方々は“外資系コンサルファームで高給そう”というイメージを持っている方が多いですが、実は自分が想定している以上に給料が低かったと感じる方が多いです。

また華やかなイメージのある外資系コンサルファームですが、アクセンチュアは総合系コンサルファームなので、業務の幅が広く地味な業務が多かったりもします。

アクセンチュア入社前と入社後のギャップが大きく感じる方は、アクセンチュアを辞めたいと感じるようになります。

アクセンチュアからの転職先

アクセンチュアからの転職先はどんなところが多い?【コンサルタント必見】

2021年7月16日

アクセンチュアを辞めたら、ぶっちゃけ後悔する?

つらい

現在アクセンチュアを辞めたいなら、「アクセンチュアを辞めたら後悔するのか?」について気になる方も多いでしょう。

まず私の友人の元アクセンチュア社員にはアクセンチュアを辞めて後悔した方がおらず、むしろみんな“アクセンチュアから転職してよかった”と感じています。

なぜなら、たとえあなたがアクセンチュアを辞めたとしても、その後は”かなり高い確率でより良い条件で他のコンサルファームに転職することができるから”です。

少なくとも私の友人の元アクセンチュア社員は、確実にアクセンチュア時代より年収が上がっていますし、素晴らしい待遇やポジションで転職に成功しています。

アクセンチュアの転職難易度

アクセンチュアの転職難易度は?スムーズに転職するためにできること!

2021年6月29日

【必見】アクセンチュア社員が転職に強い3つの理由

3つ

アクセンチュア社員が転職に強い理由として、主に以下3つのことが考えられます。

私の周りにも元アクセンチュア社員が数名おり、実際に彼らの話を聞き、アクセンチュア社員が転職に強い理由がわかりました。

現在アクセンチュアに勤めている方であれば、共感できる部分が多いと思います。

アクセンチュア社員が転職に強い理由
・企業のブランド力
・管理職を経験できる
・英語力がある

1つずつ説明していきます。

企業のブランド力

まずアクセンチュア社員が転職に強い理由は、企業のブランド力の高さ”です。

現在アクセンチュアは世界56カ国・200都市以上でグローバルに事業を展開しており、日本国内に知らない人はいないくらいに企業としての高いブランド力があります。

またアクセンチュアは世界を代表するコンサルファームなので、コンサル業界の中でも優秀な人材が集まっています。

そのような高いブランド力が確立されている企業から“優秀な人材を獲得したい”と考える企業はやはり星の数ほどあります。

GAKU
アクセンチュアの転職難易度は高いので、やはり国内の転職市場でも重宝されやすいです。

管理職を経験できる

次にアクセンチュア社員が転職に強い理由は、“管理職を経験できること”です。

アクセンチュアの従業員の平均年齢は30代前半と非常に若いため、年齢が若くても責任あるポジションに就いたり、管理職に就いたりするケースは少なくありません。

新卒でアクセンチュアに入社した社員が20代後半から管理職に就くことも多いです。

アクセンチュアでは若い年齢で管理職を経験しており、即戦力人材を求める企業が喉から手が出るほど欲しい人材です。

外資系企業の管理職に就きたい

最も効率よく外資系企業転職で管理職になるためには?【最短ルート】

2021年6月14日

英語力がある

最後にアクセンチュア社員が転職に強い理由は、“英語力があること”です。

ご存知の通り、アクセンチュアは世界最大級のグローバルコンサルファームです。

つまり、アクセンチュアに入社してくる方の多くは英語力が高いことが多く、普段からグローバルな働き方ができる方が多いです。

アクセンチュア後のキャリアとして、海外勤務をしてみたり、日本国内の外資系企業へ転職をされる方は非常に多いです。

実際に私の周りの元アクセンチュア社員も国内の外資系に転職し、大幅に年収アップ・キャリアアップする傾向が強いです。

英語話せないけど外資系

英語話せないけど外資系行きたいはOK?【現役外資系管理職が語る】

2021年9月11日

元アクセンチュア社員の主な転職先や業界【知っておきたい】

転職元、転職先

アクセンチュアから転職するパターンとしては、“3つのパターン”が考えられます。

アクセンチュア社員の転職先や業界
コンサルファーム
・外資系大手企業
・スタートアップ企業

1つずつ紹介していきます。

コンサルファーム

まず膨大な資金力のあるグローバルなコンサルファームはアクセンチュア社員から人気がある転職先の一つです。

アクセンチュアは外資系総合コンサルファームで、もともと語学が堪能な方が多いため、その後のキャリアとして“外資系コンサルファームを目指す方が多い”です。

最近では日系コンサルファームでも年収が高い企業が増えてきているので、外資系コンサルファームから日系コンサルファームを目指す方も一定数いらっしゃいます。

GAKU
アクセンチュアで培った豊富な経験やスキルを活かし、コンサルファームで大きく飛躍する方が多いです。
アクシスコンサルティングの評判

アクシスコンサルティングの評判・口コミはぶっちゃけどう?

2022年9月24日

外資系大手企業

次に日本に海外進出している資金力のある外資系大手企業はアクセンチュア社員から人気がある転職先の一つです。

アクセンチュアは外資系の総合コンサルファームでもともと語学が堪能な方が多いため、その後“国内の外資系企業に転職することに抵抗感がない方が多い”です。

加えて、多くの外資系大手企業では高い確率でアクセンチュアのコンサルタント時代に受け取っていた給料水準を維持、もしくは大幅に上回ることが期待できます。

アクセンチュアからグーグルやアマゾン、P&Gなどの超優良外資系企業に転職を決める方も一定数いらっしゃいます。

GAKU
多くの外資系企業では成果主義思考が浸透しているので、やはり職場の環境が合っていると思います。
外資系企業に強い転職エージェント

計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

2021年12月28日

スタートアップ企業

最後にスタートアップ企業もアクセンチュアから人気がある転職先の一つです。

従業員規模が小さい企業で裁量権を持つ管理職として採用されるパターンです。

特に急成長しているスタートアップ企業では、経営陣がアクセンチュアのコンサルタント時代を上回る給料水準を提示してくることもあるため、アクセンチュアからの転職先として人気があります。

スタートアップ企業の規模が小さい時から参画しながら、若くして役員などの重役を担う方も多くいらっしゃいます。

GAKU
スタートアップ企業が上場すると、最終的に受け取れるリターンも大きくなるため、積極的にスタートアップ企業に参画する方は多いです。
年収ダウンの転職は後悔する

年収ダウンの転職はあり?後悔しないためにまず考えるべきこと

2021年10月7日

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

【まとめ】アクセンチュアを辞めたいなら、まずはじめに登録すべき転職エージェント

今後スムーズにアクセンチュアから転職したいと考えているなら、まずは“コンサル業界の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を強く推奨します。

なぜなら、コンサル業界では業界特有の選考手法があり、十分に選考対策ができずに転職活動に臨む形になるからです。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に「アクシスコンサルティング」は、最もコンサル業界や外資系の転職支援に強い転職エージェントです。

これから最短距離でコンサル業界に転職したいなら、まずはコンサル業界の転職支援に強い転職エージェントに登録し、優良コンサルファームの求人を探しましょう。

アクシスコンサルティングではあなたのコンサル業界での市場価値も同時に確認することができるので、まず最適な次の転職先が見つかることは間違いありません。

*国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

コンサル業界で転職するなら?
アクシスコンサルティング今後外資系企業・コンサル業界への転職を目指すなら、まずは「アクシスコンサルティング」に無料登録しましょう。

アクシスコンサルティングは外資系・コンサル業界への転職を目指す登録者が多く、“最もコンサル業界で年収アップ・キャリアアップに成功する転職者を輩出する転職エージェント”です。

“個人で優良企業の非公開ポジションの空き状況を調べることは不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もアクシスコンサルティングを活用したことがありますが、どこよりもコンサル業界との強いパイプがあり、「表に出てこない超優良求人」を積極的に紹介してくれる印象がありました。

スムーズにコンサル業界での転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

アクシスコンサルティングと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

アクシスコンサルティングに求人紹介を断られても、他社転職エージェントでは求人を紹介してもらえるので安心しましょう。

それぞれの転職エージェントによって独自の基準があるので、転職エージェントが求職者と合わないことはあります

今後あなたがグローバルな働き方を実現したいなら、まずアクシスコンサルティングと同じくミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしたい方の登録が多く、アクシスコンサルティングと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、アクシスコンサルティングと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「アクシスコンサルティング」と合わせて使いたい転職エージェントです。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

アクセンチュアを辞めたい