社内での給与交渉を成功させるための5つのコツを伝授【保存版】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「社内で給与交渉するためにはどうすればいいのだろう?」

現在あなたが勤めている会社での給与に不満を抱えているなら、このような疑問を抱えているかもしれません。

中には今よりも給料を上げたいと思いつつも万が一社内での給与交渉に失敗したら、あなたは“会社からネガティブなイメージを抱かれるのではないか?”と不安な気持ちを抱えているかもしれません。

今回の結論から申し上げると、あなたが社内での給与交渉を成功させるためには、たった5つのコツを意識するだけで大丈夫です。

今回ご紹介する5つのコツを意識し実践することで、あなたの社内での給与交渉はグンと成功に近づいていきます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「社内での給与交渉を成功させるための5つのコツ」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

給料が上がらないから辞めたい人へ!【即転職で年収アップ】

2021年9月15日

社内で給与交渉はするのはあり?

まずあなたが社内で給与交渉をするのはありです。

日本人は謙虚な方が多いので、自分を雇ってくれている会社に対して「給与を上げてくれ!」と交渉する方は極端に少ないです。(むしろ海外では会社に対して給与交渉をすることが一般的です。)

しかしながら、あなた自身が行動を起こさないことにはあなたの給与はずっと上がりません。

あなたはこれから上司からの評価が上がるタイミングを待ったり、我慢し続ける残業などで給与を上げていきたいですか?

あなたがもし給与が上がるタイミングを待つのが嫌なら、今すぐにでも給与交渉を開始しましょう。

とはいえ、社内で給与交渉を行って、会社から上司からネガティブなイメージを抱かれたらどうしよう?と不安な気持ちになる方は多いはずです。

でも大丈夫です!万が一会社や上司が給与交渉を行ったあなたに対して、ネガティブなイメージを持っていたら、あなた自身が転職をすればいいだけです。

あなたが社内で給与交渉を行う同じタイミングで転職活動を行うことで、あなたが年収を上げる確率を高めることができます。

あなたが今の会社を退職するという選択肢を持つことで、あなたを雇っている会社もあなたの給与交渉の本気度を認識してくれるでしょう。

GAKU
あなたが社内で給与交渉を行う際には、あなた自身がいつでも転職できる状態を作っておくことが重要になります。特にあなたが強気の給与交渉を行いたい場合には、必ず裏で転職活動をしておきましょう。

【伝授】社内で給与交渉を成功させるための5つのコツ

あなたが社内で給与交渉を成功させるためには、主に以下5つのコツを意識し実践していきましょう。

給与交渉を成功させるコツ
・適切な交渉時期を把握する
・交渉できる状態かを確認する
・圧倒的な成果を上げる
・希望昇給額の根拠を示す
・転職する覚悟で交渉する

1つずつみていきましょう。

適切な交渉時期を把握する

まず社内での給与交渉を成功させるために、適切な交渉時期を把握しましょう。

あなたが効果的に給与交渉をしたいなら、年1〜2回ある本人の評価見直し時期が最適です。

なぜなら、あなたの給与を見直すタイミングはそこしかないからです。

現在のあなたがもし評価見直し時期を把握していないなら、会社の先輩や同僚などに確認しましょう。

GAKU
あなたが給与交渉を行うタイミングを見誤ったら給与交渉を成功させることはできません。

交渉できる状態かを確認する

次に社内での給与交渉を成功させるために、そもそも交渉できる状態かを確認しましょう。

現在のあなたが勤める業界自体が下向きだと、あなたがそもそも給与交渉できる状態にはありません。

具体的な事例で言うと、2020年に発生した新型コロナウイルス感染拡大の影響で航空業界・旅行業界・飲食業会はこれまでにない未曾有の大打撃を受けました。

このようにあなたが勤めている業界や会社の経営自体が厳しい状態にあると、そもそもあなたが給与交渉をできる状態にはありません。

そのため、あなたが今勤める業界や会社が今後も厳しい状況が続くようなら、前向きに転職も検討していきましょう。

GAKU
そのほかにも上司との人間関係やあなた自身の就労期間なども交渉できる状態かを判断する指標になると思います。

圧倒的な成果を上げる

次に社内での給与交渉を成功させるために、圧倒的な成果を上げましょう。

あなたが圧倒的な成果を上げることで、あなたの給与交渉が成功する可能性は高まります。

なぜなら、会社としても自社の売上や利益に貢献してくれる人材に対しては、適切なリターンを返したいと考えているからです。

特にあなたの強みや得意な分野で圧倒的な成果を上げると、今後企業としてもあなたは手放したくない人材になるでしょう。

あなたが会社にどのくらい貢献できたかをアピールできないなら、今後も順調に給与アップすることはできません。

GAKU
ちなみに私の勤めている外資系企業では圧倒的な成果を上げ続けることで、大幅な年収アップを実現することができます。

希望昇給額の根拠を示す

次に社内での給与交渉を成功させるために、あなたの希望昇給額の根拠を示しましょう。

あなたが上司に対して希望昇給額とその根拠を示すことができないと、あなたの上司はその上の上司に十分な説明をすることができません。

「私が〇〇な結果を出したから、〇〇万円昇給してほしい!」という具体的な根拠を示すことができたら、あなたが社内での給与交渉に成功する確率は高まります。

あなたが希望昇給額を示す際には誰もが理解できる納得できる根拠を示すよう心掛けましょう。

GAKU
あなたが希望昇給額の根拠を示すことであなたの上司が昇給を断る理由が無くなります。

転職する覚悟で交渉する

最後に社内での給与交渉を成功させるために、転職する覚悟で交渉しましょう。

あなたが一つの企業に長く勤めていると、いずれどこかのタイミングで昇給額や昇給スピードに限界を感じる場面が出てきます。

あなたがその限界を感じた時には、今の会社に勤め続けるか、思い切って転職するかの二者択一の選択に迫られます。

そのため、あなたがこれからせっかく社内で給与交渉をするなら、本気で転職をしてもいい覚悟でいきましょう。

あなたが転職をする覚悟で給与交渉を進めると、その本気度が上司や会社側にも伝わります。

GAKU
あなたが同時並行で転職活動を進めていると、転職をすることで得られる年収額も自ずと見えてくるはずです。

社内で給与交渉するなら、タイミングも大事!

あなたが社内で給与交渉をするなら、やはりタイミングはめちゃくちゃ大事です。

あなたの給与査定が行われる本人の評価見直し時期に給与交渉を行うことはもちろんですが、あなたが上司に給与交渉を依頼するタイミングが大事です。

私個人的にはあなたが転職を検討しだしたタイミングが社内で給与交渉をする最適なタイミングだと考えています。

なぜなら、あなたが転職をするということは同時にあなたが受け取る年収が上がる最大の機会でもあるからです。

あなたの年収が上がるタイミングで社内で給与交渉をする方があなた自身も現職と転職先のどちらがあなたを適正に評価をしてくれているかを判断しやすくなります。

年収ダウンの転職はあり?後悔しないためにまず考えるべきこと

2021年10月7日

社内で給与交渉に失敗したら、転職も検討しよう!

あなたが万が一社内で給与交渉に失敗してもまったく問題ありません。

なぜなら、あなたが給与交渉に失敗したことで、あなたが今勤めている会社があなたを適正(あなたが思っている通り)に評価していないことがわかるからです。

そのため、あなたが社内での給与交渉に失敗したら、現在のあなたを適正に評価してくれる企業に転職すればいいだけです。

あなたがまったく同じ業界に勤めていたとしても、やはり企業によって受け取れる報酬は大きく異なることも多いです。

あなたが今勤めている会社だけがあなたが唯一給与アップできる場所ではないので、社外にも給与アップできる道がないかを探してみましょう。

あなたの視野を一度広げてみることで、あなたのキャリアアップの選択肢は無限に広がっていきます。

給料が少ないのに働き続けるのはムダ!今すぐに転職しよう

2021年5月10日

【まとめ】社内で給与交渉をすることに価値がある!

今回は、「社内での給与交渉を成功させるための5つのコツ」について詳しくご紹介してきました。

給与交渉を成功させるコツ
・適切な交渉時期を把握する
・交渉できる状態かを確認する
・圧倒的な成果を上げる
・希望昇給額の根拠を示す
・転職する覚悟で交渉する

あなたが今勤めている会社の給与に納得していないなら、まずは社内で給与交渉を行うことを検討しましょう。

また同時に転職活動を開始することで現在のあなたに最適な給与額も見えてくるはずです。

あなたが社内での給与交渉に成功したらそのまま現職で順調に年収アップ・キャリアアップすることができますし、逆に社内での給与交渉に失敗したら転職をすればいいだけです。

あなたがあまりプレッシャーを感じすぎずに給与交渉を行うことが、あなたが現職で給与交渉を成功させる最大のコツです。

あなたがこれから社内での給与交渉に成功、もしくは転職で大幅に年収アップされることを心の底から応援しています。

年収アップしやすい転職エージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド・ジャパン

\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。