JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?【必見】

JACリクルートメントに学歴は必要
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「JACリクルートメントを利用するために高学歴は必要なの?」

JACリクルートメントは主にミドル・ハイクラス層向けの転職支援をしていることもあり、人によっては高学歴の方しか利用できないと感じてしまうかもしれません。

さきに今回の結論から申し上げると、JACリクルートメントでは求職者の学歴よりも”職歴を重要視”しています。

そのため、現在あなたが学歴を理由にJACリクルートメントの利用を躊躇しているのであれば、あなたは確実に機会損失をしていると言っても過言ではありません。

逆にJACリクルートメントは求職者の実力を重視しているので、あなたのこれまでの経験や実績が豊富であれば、効率よく転職活動を進めることができます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?」についてご紹介します。

あなたが転職する際に学歴ではなく職歴を重視してほしい場合は、まずミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。

>>JACリクルートメントに登録(無料)

JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?

セールスフォースに学歴は必要

まず今回の結論から申し上げると、あなたがJACリクルートメントを利用するために、“必ずしも学歴は必要ではありません”

その証拠に私の友人でJACリクルートメント経由で転職した方の中にも、高卒者や短大卒の方が一定数いらっしゃいます。

また国の法律である「職業安定法」の内容によると、実は“転職エージェントは求職者の学歴が低いことを理由に転職サポートを断れない”ルールにもなっています。

つまり、一般的に転職エージェントでは求職者の学歴だけではなく、過去の職歴や現在保有しているスキルなどを総合的に判断をして、積極的に転職サポートをするかしないかを判断していきます。

現在のあなたがもし自分が低学歴であることを理由にJACリクルートメントの利用をしていないのであれば、今すぐにでもJACリクルートメントに登録すべきです。

>>JACリクルートメントに登録(無料)

JACリクルートメントでは学歴よりも職歴がみられる

さきほどJACリクルートメントでは“必ずしも学歴は必要ではない”とお伝えしました。

では、JACリクルートメントでは求職者の何を重要視した上で、実際に積極的に転職サポートをしてくれるのでしょうか?

JACリクルートメントで重要視されるのは、あなたの学歴よりも“職歴”になります。

JACリクルートメントは主にミドル・ハイクラス向けの転職支援に強みを持っています。

JACリクルートメントの転職サポートのターゲット層は職歴が豊富で即戦力になりうる人材なので、あなたがどんなに高学歴でも職歴がなければ意味はありません。

最も重要なのは、これまでに求職者が“どのようなキャリア”を積んできていて、“どのような成果(実力)”を残し、“どのようなスキル”に秀でているかになります。

またJACリクルートメントでは、成果主義を採用している外資系企業や日系グローバル企業の求人案件を多く保有しています。

そのため、あなたにたとえ高い学歴がなくても、実力主義思考で職歴が豊富なら、うまくJACリクルートメントを活用して転職することができるでしょう。

JACリクルートメントの費用は無料?仕組みを徹底的に解説

2021年6月21日

JACリクルートメントで学歴が有利になるケースは?

高学歴の学生

ここまでJACリクルートメントでは学歴よりも職歴が重要視されることを強くお伝えしてきましたが、“唯一JACリクルートメントで学歴が有利になるケース”があります。

それは求職者が「第二新卒」の時です。

大学卒業後に一度就職をして、1年未満〜3年以内に離職することを「第二新卒」と呼びます。(Wikipedia)

第二新卒は職務経験やスキルがない分、企業側の採用基準は”学歴”のみになります。

この場合、ポテンシャル採用という形で高学歴の方が採用される可能性は高くなるので、あなたが第二新卒で転職する場合はあなたの”学歴”が有利に働くことでしょう。

第二新卒で高学歴な方は、国内外問わず転職活動で“学歴”をアピールしましょう。あなたが高学歴で職歴がないなら、高学歴という唯一の武器を使わない手はありません。

第二新卒で高学歴なら、まずJACリクルートメントに登録して損はしないでしょう。

>>今すぐJACリクルートメントに登録

JACリクルートメントと併用すべき職歴重視の転職エージェント

中途採用の条件

JACリクルートメントの他にも学歴より職歴を重視する転職エージェントはあります。

職歴重視の転職エージェント
ビズリーチ
doda

あなたが学歴よりも職歴に自信があるなら、JACリクルートメントと同じように“求職者の職歴や実力を重視する転職エージェントを併用すること”を推奨します。

複数の転職エージェントに登録することで単純に求人を紹介してもらえる機会が増えますし、その分あなたの希望に沿った転職先が見つかる可能性が高まります。

スムーズに次の転職先が決まる方は、ほとんどのケースで複数の転職エージェントに登録している場合が多いです。

職歴や実力重視の転職エージェントに登録することで、高い学歴がなくてもスムーズに次の転職先を決めることができます。

GAKU
私個人的にはあなたに実力や高い専門性があるなら、大幅な年収アップを狙える外資系企業の管理職を目指すことをおすすめします。

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【最新】

2021年5月4日

【まとめ】JACリクルートメントは職歴がある方が利用すべき!

JACリクルートメント

今回は、「JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、JACリクルートメントでは求職者の学歴よりも”職歴を重要視”しています。

つまり、あなたに高い学歴がなくても、実力主義思考で豊富な職歴があるなら、まず登録しておきたい転職エージェントです。

またJACリクルートメントは、主にミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントでもあります。

JACリクルートメントが最適な方
・年収600万円以上の方
・技術職で専門スキルがある方
・語学力が高い方
・外資系企業で働きたい方

・高年収を狙いたい方

JACリクルートメントが保有する求人案件には成果主義を採用する外資系企業や日系グローバル企業の求人案件が多いです。

そのため、JACリクルートメントでは学歴がある方よりも“職歴があって即戦力人材になる可能性がある方”を常に探しています。

最後に!この世の中には学歴が高くても仕事ができない方はいっぱいいます。

あなたが学歴よりも職歴に自信をお持ちなら、まずはJACリクルートメントに登録して絶対に損をすることはありません。

これまでのキャリアを通して得た経験や実力を活かして、さらなる年収アップ・キャリアアップを目指していきましょう。

JACリクルートメントに学歴は必要

\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。