JACリクルートメントを利用するために学歴は本当に必要?【必見】

JACリクルートメントに学歴は必要

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「JACリクルートメントを利用するために、高学歴は必要不可欠な条件なの?」

JACリクルートメントは主にミドル・ハイクラス層向けの転職支援をしていることもあり、人によっては“高学歴の方しか利用できないと感じてしまうかもしれません”

さきに今回の結論から申し上げると、JACリクルートメントは求職者の学歴よりも”職歴を重要視”する転職エージェントです。

もし現在あなたが自分の学歴を理由にJACリクルートメントの利用を躊躇しているのであれば、“あなたは確実に機会損失をしている”と言っても過言ではありません。

逆にJACリクルートメントは求職者の実力を重視しているので、あなたのこれまでの社会人としての経験や実績が豊富であれば、まず効率よく転職活動を進められます。

*国内の多くの外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?」についてご紹介します。

あなたが転職する際に学歴ではなく職歴を重視してほしい場合は、まずミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に登録しましょう。
外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?【事実】

セールスフォースに学歴は必要

まず今回の結論から申し上げると、あなたがJACリクルートメントを利用するために、“必ずしも学歴は必要ではありません”

その証拠に私の友人でJACリクルートメント経由で転職に成功した方の中にも、高卒者や短大卒の方が沢山いらっしゃいます。

また国の法律である「職業安定法」の内容によると、実は“転職エージェントは求職者の学歴が低いことを理由に転職サポートを断れない”ルールにもなっています。

つまり、一般的に転職エージェントでは求職者の学歴だけではなく、過去の職歴や現在保有しているスキルなどを総合的に判断をした上で、積極的に求職者を転職サポートするかしないかを判断していきます。

現在のあなたがもし”自分が低学歴であることを理由にJACリクルートメントの利用をしていない”のであれば、今すぐにでもJACリクルートメントに会員登録をして転職サポートを最大限に活用すべきです。

GAKU
確かにJACリクルートメントに会員登録する際に自分の学歴を入力する場面(項目)はありますが、実際にはそこまで重要視されません。もしJACリクルートメントで学歴を重要視される場面があるとしたら、求職者が海外就職(海外の就労ビザ取得)を目指す場合などになります。
JACリクルートメント

JACリクルートメントがやばいは本当?【評判・口コミを徹底調査】

2022年9月24日

JACリクルートメントでは学歴よりも”職歴”がみられる

さきほどJACリクルートメントでは“必ずしも学歴は必要ではない”とお伝えしました。

では、JACリクルートメントでは求職者の何を重要視した上で、実際に積極的に転職サポートをしてくれるのでしょうか?

JACリクルートメントで重要視されるのは、あなたの学歴よりも“職歴”になります。

JACリクルートメントは主にミドル・ハイクラス向けの転職支援に強みを持っています。

JACリクルートメントの転職サポートのターゲット層は職歴が豊富で即戦力になりうる人材なので、あなたがどんなに高学歴でも職歴がなければ正直意味はありません。

最も重要なのは、これまでに求職者が“どのようなキャリア”を積んできていて、“どのような成果(実力)”を残し、“どのようなスキル”に秀でているかということです。

またJACリクルートメントでは、成果主義を採用している外資系企業や日系グローバル企業の求人案件を多く保有しています。

そのため、あなたにたとえ高い学歴がなくても、実力主義思考で職歴が豊富な方なら、うまくJACリクルートメントを活用して転職活動を進めることができます。

GAKU
JACリクルートメントは完全無料で転職支援サービスを受けることができる転職エージェントです。さらなる年収アップ・キャリアアップのために大いに活用しましょう。
JACリクルートメントの費用

JACリクルートメントの費用は無料?転職サービスの仕組みを徹底解説!

2021年6月21日

JACリクルートメントで学歴が有利になるケースは?【必見】

高学歴の学生

ここまでJACリクルートメントでは学歴よりも職歴が重要視されることを強くお伝えしてきましたが、“唯一JACリクルートメントで学歴が有利になるケース”があります。

それは求職者が「第二新卒」の時です。

大学卒業後に一度就職をして、1年未満〜3年以内に離職することを「第二新卒」と呼びます。(Wikipedia)

第二新卒は職務経験やスキルがない分、企業側の採用基準は”学歴のみ”になります。

この場合、ポテンシャル採用という形で高学歴の方が採用される可能性は高くなるので、あなたが第二新卒で転職する場合はあなたの”学歴”が有利に働くことでしょう。

第二新卒で高学歴な方は、国内外問わず転職活動で“学歴”をアピールしましょう。あなたが高学歴で職歴がないなら、高学歴という唯一の武器を使わない手はありません

第二新卒で高学歴なら、まずJACリクルートメントに登録して損することはないです。

GAKU
もしあなたがJACリクルートメントに登録したけど求人紹介を断られるなら必ず原因があります。原因を追求してしっかりと対処していけば、最終的に問題なく転職支援を受けられるようになります。
JACリクルートメントに断られる

JACリクルートメントに求人紹介を断られる原因と断られた際にできる対処法【実はみんな知らない】

2021年6月17日

JACリクルートメントと併用すべき職歴重視の転職エージェント

中途採用の条件

JACリクルートメントの他にも学歴より職歴を重視する転職エージェントはあります。

職歴重視の転職エージェント
ビズリーチ
doda

あなたが学歴よりも職歴に自信があるなら、JACリクルートメントと同じように“求職者の職歴や実力を重視する転職エージェントを併用すること”を強く推奨します。

複数の転職エージェントに登録することで単純に優良な求人を紹介してもらえる機会が増えますし、その分あなたの希望に沿った転職先が見つかる可能性は高まります。

また私も含めスムーズに次の転職先が決まる方は、ほとんどのケースで複数の転職エージェントに登録している場合が多いです。

なぜなら、複数の転職エージェントに登録することで、リスクを分散できるからです。

職歴や実力重視の転職エージェントに登録することで、高い学歴がなくてもスムーズに次の転職先を決めることができます。

GAKU
私個人的には現在のあなたに実力や高い専門性があるなら、大幅な年収アップを狙える外資系管理職を目指すことを強く推奨します。私自身もこれまで外資系企業を5社渡り歩きつつ、順調に年収アップ・キャリアアップすることができました。
外資系管理職の年収が高い

外資系企業に勤める管理職の年収が高い3つの理由【平均年収も公開】

2021年5月4日

【まとめ】JACリクルートメントは職歴がある方が利用すべき!

外資系企業の営業マン

今回は、「JACリクルートメントを利用するために学歴は必要?」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、JACリクルートメントでは求職者の学歴よりも、間違いなく”職歴を重要視”しています。

つまり、あなたに高い学歴がなくても、実力主義思考で豊富な職歴があるなら、まずはじめに登録すべき転職エージェントです。

またJACリクルートメントは、国内でミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントとしても知名度抜群です。

JACリクルートメントが最適な方
・年収600万円以上の方
・技術職で専門スキルがある方
・語学力が高い方
・外資系企業で働きたい方

・高年収を狙いたい方

JACリクルートメントが保有する求人案件には成果主義を採用する外資系企業や日系グローバル企業の求人案件が多いです。

そのため、JACリクルートメントでは学歴がある方よりも常に“職歴があって即戦力人材になる可能性がある方”を探しています。

最後に!この世の中には”学歴が高くても仕事ができない方”はいっぱいいます。

あなたが学歴よりも職歴に自信をお持ちなら、まずはJACリクルートメントに登録して絶対に損をすることはありません。

これまでのキャリアを通して得た経験や実力を活かして、さらなる年収アップ・キャリアアップを目指していきましょう。

*国内の多くの外資系企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

外資系企業に転職するなら?
JACリクルートメント今後外資系企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内有名外資系企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに外資系企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

JACリクルートメントに学歴は必要

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。