JACリクルートメントとビズリーチは何が違うの?【徹底比較】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「JACリクルートメントとビズリーチは何が違うのだろう?」

これから本格的に転職活動を始めようとする方なら、現在このような疑問を抱えているかもしれません。

JACリクルートメントとビズリーチはどちらもミドル・ハイクラス向けの転職支援に強いことは知っているけど、きっとそれ以上の違いについて知らない方は多いはずです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「JACリクルートメントとビズリーチの違い」についてどこよりも詳しくご紹介します。

>>JACリクルートメントの公式HP

>>ビズリーチの公式HP

JACリクルートメントとビズリーチの3つの違い

JACリクルートメントとビズリーチには、主に3つの違いがあります。

JACリクルートメントとビズリーチの違い
・利用料金の違い
・求人の質の違い
・転職先の違い

1つずつみていきましょう。

利用料金の違い

まずJACリクルートメントとビズリーチの違いとして、「利用料金」があります。

JACリクルートメントは完全無料で転職サポートを受けることができますが、ビズリーチは一部有料で転職サポートを受けることになります。

ビズリーチの有料プラン

(ビズリーチ公式HPより引用)

ビズリーチの公式HPによると、もしビズリーチの転職支援サービスが有料でなかったら、採用する企業やヘッドハンターに都合の良い求人紹介になると強調しています。

求職者にも利用料金を支払ってもらうことによって、より求職者に寄り添った形のより求職者のことを考えた転職サポートができると考えています。

ちなみにビズリーチの有料プランは、現在受け取っている年収額に応じて、タレント会員とハイクラス会員に分けられます。

ビズリーチ
タレント会員(年収750万未満) 3,278円(税込)/月
ハイクラス会員(年収750万以上) 5,478円(税込)/月

スタンダード(無料)会員として利用することもできますが、一部利用できる制限が限られます。

まずあなたは毎月費用を支払いながら転職活動をするか、しないかということが違いになります。

求人の質の違い

次にJACリクルートメントとビズリーチの違いとして、「求人の質」があります。

JACリクルートメントは主に年収600万円以上のミドル・ハイクラス向けの求人を取り扱っているのに対し、ビズリーチは年収300万円〜の求人を取り扱っています。

もちろんビズリーチもハイクラスに特化した転職エージェントなので、割合的には高年収の求人案件が多いのですが、取り扱う求人の年収の幅が広い印象が強いです。

もしあなたがより高年収に特化した転職エージェントを選びたい場合には、JACリクルートメントを選ぶべきです。

転職先の違い

最後にJACリクルートメントとビズリーチの違いとして、「転職先の違い」があります。

まずJACリクルートメントはもともとイギリスのロンドンで創業した背景もあり、外資系企業や日系グローバル企業への転職支援に強みを持っています。

一方でビズリーチは日本国内のハイクラス層向けの転職サービスということもあり、業種・業界問わず日本国内の優良企業や大手企業への転職支援に強みを持っています。

あなたが次の転職先としてどのような属性の企業で働きたいかによっても、どちらの転職エージェントが最適なのかというのは異なります。

JACリクルートメントとビズリーチに似た転職エージェント

あなたがこれからJACリクルートメントとビズリーチに登録し、転職活動を始めようと考えているなら、似たような転職エージェントとしてリクルートが運営する「キャリアカーバー」があります。

キャリアカーバーもJACリクルートメント・ビズリーチと同様にミドル・ハイクラス向けの転職支援に特化しているため、職歴のある登録者に人気のある転職エージェントです。

キャリアカーバーはビズリーチと同じスカウト型の転職サービスですが、ビズリーチと異なり完全無料でサービスを利用することができます。

もしあなたが転職を機に「今よりも年収をアップしたい。」「今よりも良いポジションに就きたい。」と考えているなら、ぜひキャリアカーバーもチェックしておきましょう。

もし費用を一切かけずにコスパよく転職活動を進めたい方は、JACリクルートメントとキャリアカーバーを併用して利用してもいいかもしれません。

「キャリアカーバーで効率よく転職活動を進めるコツ」については、こちらで詳しくご紹介しています。

キャリアカーバーの登録手順と効率よく転職活動するコツ

2021年5月12日

JACリクルートメントとビズリーチの利用に最適な方

ここまでJACリクルートメントとビズリーチの違いについて紹介してきましたが、ここからはそれぞれの転職エージェントの利用に最適な方について触れていきます。

実際にあなたが自身が転職活動をしている姿を想像しながら、それぞれの違いをみていきましょう。

JACリクルートメントが最適な方

JACリクルートメントの利用が最適な方は、できるだけコストをかけずにハイクラスな求人案件にアクセスしたい方です。

前述の通り、ビズリーチを利用するためには基本的に有料会員になる必要がありますが、JACリクルートメントでは全て無料で利用することができます。

またJACリクルートメントはビズリーチと比較し、圧倒的に外資系企業や日系グローバル企業の求人案件を多く保有しているため、グローバルな環境でキャリアアップしたい方にも最適です。

ビズリーチが最適な方

ビズリーチの利用が最適な方は、あなたに興味を持つ企業と直接的なやりとりをしたい方、できるだけ数多くのハイクラスな求人案件にアクセスしたい方です。

JACリクルートメントは企業から直接スカウトメールをもらうことができませんが、ビズリーチでは企業と直接のやりとりをすることができます。

またビズリーチは保有している求人案件数・ヘッドハンター数がJACリクルートメントよりも多いので、より多くの求人案件にアクセスしたい場合はまずビズリーチを登録すべきです。

【まとめ】JACリクルートメントとビズリーチを併用するのもあり!

今回は、「JACリクルートメントとビズリーチの違い」について詳しくご紹介してきました。

JACリクルートメントとビズリーチはどちらもミドル・ハイクラス向けの転職エージェントですが、実はそれぞれの間には以下のような違いがあります。

JACリクルートメントとビズリーチの違い
・利用料金の違い
・求人の質の違い
・転職先の違い

JACリクルートメントにはあるけど、ビズリーチにはないもの。逆にビズリーチにはあるけど、JACリクルートメントにはないものがあります。

そのため、あなたがこれからスムーズに転職活動を進めたいと考えているなら、2つの転職エージェントを併用して、それぞれの良いとこどりをするのも非常に賢い選択になります。

実際に私の周りでもミドル・ハイクラス層で転職活動がうまくいっている方は、複数の転職エージェントに登録していることが多いです。

複数の転職エージェントに登録することで、単純に転職エージェントから紹介してもらえる求人案件の数が2倍になりますし、それぞれの求人案件を比較することもできます。

あなたが次の転職を機に確実に年収アップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」「ビズリーチ」に登録して、早速情報収集を始めましょう。

どちらの転職エージェントもあなたの転職活動における強い味方になってくれることは間違いありません。

>>JACリクルートメントに無料登録

>>ビズリーチに無料登録


\外資系企業転職なら?/

Samurai Job

今後確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「Samurai Job」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。