リクルートダイレクトスカウトの登録手順と効率よく転職活動するコツ

リクルートダイレクトスカウトの登録手順

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

リクルートダイレクトスカウトで効率よく転職活動をするためには、あなたの登録内容を充実させる必要があります。

しかしながら、実際には“登録が面倒くさい”“時間がない”などを理由にそもそも登録自体をしなかったり、適当な内容で登録される方が非常に多くいらっしゃいます。

とはいえ、リクルートダイレクトスカウトの登録手順はとても簡単なので、あなたが早い段階で魅力的なプロフィール内容にしておけば、自然とヘッドハンターからスカウトが届くようになります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「リクルートダイレクトスカウトの登録手順と効率よく転職活動するコツ」について詳しくご紹介していきます。

ハイクラス転職なら?
リクルートダイレクトスカウトあなたが今後ハイクラス転職を実現するなら、まずはリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に無料会員登録をしましょう。

年収800万円以上のハイクラス求人を約28,000件取り扱っており、転職を機に大幅に年収をUP、キャリアUPしたい方に最適な転職エージェントです。

また「リクルートダイレクトスカウト」はスカウト型転職エージェントであり、熱量の高いヘッドハンターから直々にスカウトが届くため、これまで以上に効率よく魅力的な求人を見つけられます

リクルートダイレクトスカウトの登録手順【たった4ステップ】

仮登録する

まずリクルートダイレクトスカウトに本登録する前に“仮登録”が必要です。

リクルートダイレクトスカウト リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの公式HPの新規会員登録フォームからメールアドレスとパスワードを入力し、無料登録ボタンを押すと、あなたが登録したメールアドレス宛に以下のようなメールが届きます

会員登録メール

上記メールが届いた時点でリクルートダイレクトスカウトの仮登録が完了です。

あとは上記メール本文の「↓会員登録する」から本登録を進めていきます。

会員登録する

会員登録

会員登録は非常に簡単で、まずはあなたの“基本情報”を入力していきます。

ちなみに直近の年収は額面で受け取っている年収で入力します。(※手取り額ではなく、必ず額面を入力しましょう。)

学歴登録する

次にあなたの“学歴情報”を入力します。

会員登録2

職歴登録する

最後にあなたの“職務経歴”を入力します。

会員登録3

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターは特にあなたの職務経歴をチェックしているので、職務内容については十分にアピールできる内容でまとめましょう。

ここまでの4ステップの作業は“たった5分以内で完了”することができます。

ここまでの作業が完了すると、あとはあなたに興味を持ったリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからあなたの元にスカウトが届くようになります。

特にあなたの職務経歴が良いと、レジュメの登録が完了した直後にすぐにヘッドハンターからのスカウトメールが届きます。

会員登録後

すでに登録した内容はあとから変更や修正をすることができるので、一度登録してから時間が経ってしまっても、随時上書きで情報を更新するようにしましょう。

実際にあとから情報変更したり、現職での実績を追加するだけで、スカウトが届きやすくなるケースも多いです。

GAKU
あなたがリクルートダイレクトスカウトのプロフィール内容を充実させることで、通常スカウトだけでなく求職者に有利に働く一求入魂スカウトも受け取ることができます。
一求入魂スカウト

リクルートダイレクトスカウトの一求入魂スカウトとは?【ビズリーチとの違いは?】

2021年5月20日

リクルートダイレクトスカウト登録時の注意点

注意点

リクルートダイレクトスカウトを登録時の注意点は、主に3つのことがあります。

リクルートダイレクトスカウト登録時の注意点
・学歴・経歴詐称は絶対ダメ
・電話番号は常に繋がる番号で登録
・Facebookでの連携あり

学歴・経歴詐称は絶対ダメ

まず社会人として当たり前のことですが、“学歴・経歴詐称は絶対ダメ”です。

あなたがよいよいスカウトメールを受け取るために背伸びをしたい気持ちはわかりますが、背伸びをしすぎて嘘の申告をしてしまうと、いずれかのタイミングであなたの詐称が絶対にバレてしまいます。

そうすると、あなたの信ぴょう性は一気になくなり、今後一切リクルートダイレクトスカウトを利用できなくなります。

あなたが精神的に清々しく転職活動を進めるためにも、まずは事実に基づいて正しい情報を入力するようにしましょう。

GAKU
学歴詐称・経歴詐称はリクルートダイレクトスカウトに限らず、他の転職エージェントでも絶対にやってはいけないことです。

電話番号は常に繋がる番号で登録

次にリクルートダイレクトスカウトに登録する電話番号は、“常に繋がりやすい電話番号”で登録するようにしましょう。

登録した電話番号は今後リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとお話をするときに使うので、あなた自身が機会損失をしないためにも常に繋がりやすいスマホの携帯番号にしておきましょう。

GAKU
リクルートダイレクトスカウトはハイクラス層に特化した転職支援サービスなので、あなた自身が優良企業のスカウト話を逃してしまうのは非常にもったいないことです。

Facebookで連携あり

最後にリクルートダイレクトスカウトでは“登録時にFacebookと連携できます”

普段からビジネス用にFacebookを利用している方なら、Facebookアカウントと連携することで登録作業の短縮や今後のスムーズなやりとりを行うことができます。

しかし一方でプライベート用にFacebookを利用している方は、Facebook連携であなたがリクルートダイレクトスカウト経由で転職活動を行なっていることが職場の人や友人にバレる可能性があります。

プライベート用Facebookと連携したくない方は、必ずメールアドレスのみでリクルートダイレクトスカウトに登録しましょう。

GAKU
これまでに5回転職を経験してきた立場からアドバイスをすると、基本的に転職活動は現職の会社にバレないように行うべきです。

リクルートダイレクトスカウトで効率よく転職活動するコツ

リクルートダイレクトスカウトで効率よく転職活動をするコツとしては、主に以下の2つのことがあります。

リクルートダイレクトスカウトで効率よく転職活動するコツ
・登録内容を充実させる
・気になるスカウトにすぐ返信する

登録内容を充実させる

まずリクルートダイレクトスカウトで効率よく転職活動をするためには、“あなた自身の登録内容を充実させましょう”

あなた自身がより具体的なあなたの情報を公開することで、リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターもよりあなたのことを詳しく知ってくれます。

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターがよりあなたのことを知るようになると、あなたとマッチングできる企業が自ずと増えてくるようになります。

スキマ時間をうまく活用しながらあなたの登録内容を充実させることで、効率よく転職活動を進めることができます。

ちなみに一度リクルートダイレクトスカウトで登録した内容は、あとから随時変更や修正をすることもできます。

私自身も以前にリクルートダイレクトスカウトで登録内容をブラッシュアップさせたことで、より魅力的なスカウトメールが届くようになった経験があります。

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンター

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとの出会い方と転職成功事例

2021年5月2日

気になるスカウトにすぐ返信する

次にリクルートダイレクトスカウトで効率よく転職活動をするためには、“あなたが気になるスカウトにはすぐにでも返信するように心掛けましょう”

すでにご存知の通り、リクルートダイレクトスカウトが取り扱う求人案件は、主にハイクラス向けの求人案件ばかりです。

基本的にハイクラス向けの求人は給料が高く条件や待遇が良いことが多いので、正直ベースでお伝えすると応募者の早い者勝ち的な側面があります。

そのため、あなたが気になるスカウトに対しては、できるだけ早くそして積極的に内容を確認をした方がいいです。

あなたが魅力的なスカウトメールを見逃しているうちに、あなたのライバル達はその企業にエントリーするかもしれません。

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違い

リクルートダイレクトスカウトとビズリーチの違いは?どちらがおすすめ?【徹底比較】

2021年5月2日

【必見】リクルートダイレクトスカウトと合わせて登録しておきたい転職エージェント

リクルートダイレクトスカウトに登録する方が合わせて登録しておきたい転職エージェントとして、以下2社があげられます。

転職エージェント ビズリーチ JACリクルートメント
年齢層 30歳〜50歳 30歳〜50歳
対象者 年収600万円以上 年収600万円以上
特徴 スカウトあり 非公開求人60%
登録料・利用料 無料 無料
公式HP ビズリーチ JACリクルートメント

これから登録されるリクルートダイレクトスカウトと同様に外資系とハイクラス向けの転職支援に強い2社ですので、まず併用して登録することであなたの理想の転職活動に一歩近づくことができます。

私の経験談にはなりますが、あまりに多くの転職エージェントに登録すると、あなた自身が情報洪水に陥る可能性もあるので、個人的には“多くても3社くらい”に絞って登録しておくことを強く推奨します。

実際に登録する転職エージェントは、多すぎず少なすぎずを心掛けつつ、あなたの希望に合う転職エージェントから優先的に登録していくようにしましょう。

GAKU
ビズリーチとJACリクルートメントはどちらもハイクラス層に強い転職エージェントなので、登録後すぐに求人紹介がないケースもあります。実際に転職エージェント2社に登録したけどうまくいかない方は、ぜひこちらの記事をご参考ください。
ビズリーチからスカウトが届かない

ビズリーチ登録後にスカウトが来ない根本的な原因とすぐできる対処法

2021年5月12日
JACリクルートメントに断られる

JACリクルートメントに求人紹介を断られる原因と断られた際にできる対処法【実はみんな知らない】

2021年6月17日

今すぐリクルートダイレクトスカウトに登録し、転職活動を始めよう!

外資系企業の営業マン

今回は、「リクルートダイレクトスカウトの登録手順と効率よく転職活動するコツ」について詳しくご紹介してきました。

今回ご紹介した通り、リクルートダイレクトスカウトの登録はとても簡単で、5分時間があれば登録手続きを完了できます。

とはいえ、リクルートダイレクトスカウトでの登録内容は充実させておかないと、魅力的なスカウトメールは届かないので、スキマ時間を見つけては随時登録内容をアップデートすることを心掛けましょう。

私自身もリクルートダイレクトスカウトを(過去に利用した際には)登録した直後はあまり魅力的なスカウトメールは届きませんでしたが、より具体的なプロフィールに変更した途端にたくさんの魅力的なスカウトメールが届くようになりました。

またもっと効率よく色んな求人案件を確認したい方は、優秀なヘッドハンターが在籍するJACリクルートメントビズリーチを併用すると効果的です。

やりとりは忙しくはなりますが、複数の転職エージェントに登録することで、あなたのキャリアの選択肢は大きく広がります。

まずはリクルートダイレクトスカウトに無料会員登録をし、今回ご紹介した手順に沿って転職活動を進めていきましょう。

あなたがリクルートダイレクトスカウトを最大限に活用して、今後ハイクラス転職を実現されることを応援しています。

私自身も外資系企業を転職した際に何度かリクルートダイレクトスカウトにお世話になりましたが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

ハイクラス転職なら?
リクルートダイレクトスカウトあなたが今後ハイクラス転職を実現するなら、まずはリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に無料会員登録をしましょう。

年収800万円以上のハイクラス求人を約28,000件取り扱っており、転職を機に大幅に年収をUP、キャリアUPしたい方に最適な転職エージェントです。

また「リクルートダイレクトスカウト」はスカウト型転職エージェントであり、熱量の高いヘッドハンターから直々にスカウトが届くため、これまで以上に効率よく魅力的な求人を見つけられます

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

リクルートダイレクトスカウトの登録手順