リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとの出会い方と転職成功事例

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンター

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターは優秀な方々が多いの?」

リクルートダイレクトスカウトはこれから転職しキャリアップをしたい求職者と企業が求める人材をスカウトするヘッドハンターを繋げてくれる転職支援サービスです。

結論から申し上げると、リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターは非常に優秀な方々ばかりが集まっています。

リクルートダイレクトスカウトに在籍する優秀なヘッドハンターを最大限活用することで、スムーズに次の転職先でキャリアアップや年収アップできる可能性が高まります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとの出会い方と転職成功事例」について詳しくご紹介していきます。

ハイクラス転職なら?
リクルートダイレクトスカウトあなたが今後ハイクラス転職を実現するなら、まずはリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に無料会員登録をしましょう。

年収800万円以上のハイクラス求人を約28,000件取り扱っており、転職を機に大幅に年収をUP、キャリアUPしたい方に最適な転職エージェントです。

また「リクルートダイレクトスカウト」はスカウト型転職エージェントであり、熱量の高いヘッドハンターから直々にスカウトが届くため、これまで以上に効率よく魅力的な求人を見つけられます

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとは?

中途採用の条件

まずリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとは、リクルートダイレクトスカウトの登録者と登録者にマッチしそうな企業をマッチングさせるために、“企業の代わりにスカウトを送る人のこと”です。

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターはリクルートグループの従業員ではなく、日本全国の大手転職エージェントやヘッドハンティング会社の優秀なヘッドハンターだけを厳選して採用しています。

日本全国にそれぞれのネットワークを持つ優秀なヘッドハンターから転職サポートをしてもらえるので、登録者・応募者にとっては非常に心強い存在となります。

ちなみに2021年12月時点でリクルートダイレクトスカウトに登録しているヘッドハンターは日本全国に約2,900名います。

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからスカウトが来る人の特徴【まず知りたい】

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからスカウトが来る人の特徴として、主に2つのことがあげられます。

スカウトが来る人の特徴
・プロフィールが充実している
・市場価値が高い

プロフィールが充実している

まずリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからスカウトが来る人の特徴として、“リクルートダイレクトスカウト上でのプロフィールが充実していること”があげられます。

リクルートダイレクトスカウトでは、求職者のプロフィール内容に応じて、紹介する企業を選定しています。 そのため、プロフィールを充実させておくだけで、ヘッドハンターがスカウトを送りやすい状況が生まれます。

リクルートダイレクトスカウトから次から次へと魅力的なスカウトが来る方は、まず共通して自分自身のプロフィールをしっかりと書き込んでいる傾向が強いです。

GAKU
リクルートダイレクトスカウトに限らず、普段から頻繁にスカウトを受け取れる方は転職エージェント登録直後にプロフィール内容を充実させていることが多いです。

市場価値が高い

次にリクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターからスカウトが来る人の特徴として、“市場価値が高いこと”が考えられます。

リクルートダイレクトスカウトではハイクラス求人を扱っており、即戦力になる市場価値が高い方にスカウトが集まりやすいです。

すでにそれなりの職歴やキャリアがある方は、ヘッドハンターに市場価値が高いと判断され、スカウトが届きやすくなります。

GAKU
私自身もこれまでに何度かリクルートダイレクトスカウトを利用したことがありますが、私自身が社会人としてキャリアが積み上がるにつれて、受け取れるスカウトの数も増えていきました。
一求入魂スカウト

リクルートダイレクトスカウトの一求入魂スカウトとは?【ビズリーチとの違いは?】

2021年5月20日

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとの転職成功事例

試用期間で見られていること

今回はリクルートダイレクトスカウトを利用して外資系企業に転職をしたゆりさん(32歳女性)に「リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとの転職成功事例についてお伺いしました。

今回の転職は、もともとリクルートダイレクトスカウトに登録していたので、ヘッドハンターからのダイレクトメールが始まりでした。こちらは外国人のヘッドハンターよりコンタクトがありました。

このサイト上に転職情報が多く掲載されていますが、案件毎にどのエージェントが取り扱っているのかわかるようになっております。 また、外資系の企業も情報も多いですね。さらにポジションによっては非常に高額待遇の案件を掲載されています。

このサイトは主にベテラン向けのように感じます。情報量は非常に多いと思います。 各業界の情報を網羅しており、やはり大手が運用しているだけのことはあるという感があります。 今回はリクルートダイレクトスカウトを通じてダイレクトにメッセージを頂いた事がきっかけです。Alineさんというヘッドハンターでした。最初から社名、ポジションの開示があり興味があったのでお話をお伺いすることにしました。

最初は電話でのコミュニケーションでした。もちろん最初から英語でした。 私の今までのキャリア等お話をし、現在の収入等の確認をされました。今まで経験したことのある業界の経験したことのある製品群でしたので、話が来たのかと思います。

最初のコンタクト後、私の職務経歴書をメールで送付し確認をして頂いたのちに応募の意思を確認されました。 その後書類選考は通過し一次面接、そして2次面接へ進み、正式に内定を頂きました。

書類選考から最終結果が出るまでは約1か月でした。この選考の間一度もこのエージェント担当者とは会っていません。まずは一度あって近況を含め情報交換をさせてくださいという文句はもう古いのかもしれませんね。

事務的に淡々とこちらの希望と先方の状況を話し進めていったという感じです。外資系のエージェントは面談を希望してこないケースも散見されるかと思います。一度も面談しておりませんが、内定までこぎつけることはできました。 私のバックグラウンドが非常にマッチしていたので今回の内定は獲得することができたと感じております。既に外資系で同様の仕事をした経験があるというのは非常に重要なポイントとなったかと思います。つまり即戦力の採用ということですので。収入面も100万UPでした。

この企業の求人情報を知ったきっかけはこのダイレクトメールですが、私にコンタクトを取ってくださったエージェントはリクルートダイレクトスカウトで私を見つけてきたということになります。

やはり大手の運用するサイトとなるとヘッドハンターも多数候補者をこのサイトで検索している可能性は大きいと感じました。常に最新の職務経歴書をUPするほどまめではありませんが、適宜私のバックグラウンドに合う案件があればコンタクトを取ってくれる可能性が大いにあるということを実感しました。

今現在積極的に転職を考えていないとしても、登録しておくことに損はないかと思います。要はこういう人がいますよ!というアピールは必要だともいます。やはり転職はタイミングが重要とも思いますし、自分が転職したいという時にベストマッチの会社が求人を出しているとも限りません。

そんな時は登録をじっくりと情報を吟味する必要があります。また、あせりは禁物で自分にスカウトメールが来ないからダメということではなく、今現在自分に合う求人がないというだけのことぐらいに考えて適宜サイトをチェックしておくことも大切ですよね。 転職情報サイトは多くあります。

それぞれに得意とするジャンルや対象年齢があるようです。比較的若手を募集している情報が多いサイト、非常に専門的なサイト、さらに管理職や高額案件の多いサイト、そして会員になるのに有料のものもあります。

それぞれの特徴を理解し、ご自身にマッチしたサイトを活用するべきです。 さらに私は複数の転職情報サイトに登録をしておりました。今回のようにこのサイトがきっかけを作ってくれることにより、今後のキャリアについても相談ができるヘッドハンターとのつながりも作ることができます。

このリクルートダイレクトスカウトでの求人検索時に「気になる」ボタンが求人毎にあります。 このボタンを押すことにより、ヘッドハンターが職務経歴書をチェックしコンタクトをしてくれることもあるかと思います。

もちろん他のサイトでもこの「気になる」ボタンはありますが。。もし転職の意思が固い方は積極的にこのような機能を活用されることをお勧めします。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

【必見】リクルートダイレクトスカウト以外に優秀なヘッドハンターがいる転職エージェント

優秀なヘッドハンターが在籍する転職エージェントを選ぶなら、まずリクルートダイレクトスカウトを選択して間違いありません。

しかしあなたがさらに効率よく転職活動を進めたいなら、優秀なヘッドハンターが在籍する複数の転職エージェントを登録した方が確実に希望通りに転職活動を進められます。

リクルートダイレクトスカウトと同じくハイクラスの求人を探しているなら、まず登録しておきたい転職エージェントがJACリクルートメントビズリーチです。

JACリクルートメントとビズリーチ

【徹底比較】JACリクルートメントとビズリーチの違いと併用すべき理由

2021年6月19日

あなたが複数のハイクラス転職エージェントに登録(併用)することで、あなたの今後のキャリアの選択肢を大幅に広げることができますし、転職エージェントごとに求人案件を比較することもできます。

GAKU
外資系企業5社を渡り歩いてきた私も転職活動をする際は、様々な選択肢を模索するために、複数の転職エージェントを併用することが多いです。とはいえ、登録する転職エージェントが多すぎると情報洪水に陥ってしまうので、最大でも3社までの同時利用にしています。

【まとめ】リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターと効率よく転職活動を進めよう!

今回は、「リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターとの出会い方と転職成功事例」について詳しくご紹介してきました。

これからあなたがリクルートダイレクトスカウトで優秀なヘッドハンターに出会うことができれば、確実にあなたの転職活動はうまくいく可能性が高まります。

なぜなら、リクルートダイレクトスカウトはハイクラス求人案件だけを取り扱う優秀なヘッドハンターが揃っているので、あなたの今後のキャリアの選択肢を今まで以上に大きく広げてくれるからです。

あなたは現職以上に年収アップ・キャリアアップを実現することもできます。

またもっと効率よく色んな求人案件を確認したい方は、優秀なヘッドハンターが在籍するJACリクルートメントビズリーチを併用して登録してもいいでしょう。

多少やりとりが忙しくはなりますが、複数の転職エージェントに登録することで、あなたのキャリアの選択肢も大きく広がります。

ハイクラス転職なら?
リクルートダイレクトスカウトあなたが今後ハイクラス転職を実現するなら、まずはリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に無料会員登録をしましょう。

年収800万円以上のハイクラス求人を約28,000件取り扱っており、転職を機に大幅に年収をUP、キャリアUPしたい方に最適な転職エージェントです。

また「リクルートダイレクトスカウト」はスカウト型転職エージェントであり、熱量の高いヘッドハンターから直々にスカウトが届くため、これまで以上に効率よく魅力的な求人を見つけられます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンター