リクルートダイレクトスカウトの利用は会社にバレる?【結論バレない】

リクルートダイレクトスカウトはバレる

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「リクルートダイレクトスカウトを利用していると、現職の会社にバレるの?」

過去にリクルートで起こった情報流出事件を知っている方なら、現在こんな大きな不安を抱えているかもしれません。

また転職エージェントに登録する前に誰もが気になることが、“あなたが転職活動をしていることが現職にバレること”です。

今回の結論から申し上げると、”リクルートダイレクトスカウトの利用は現在あなたが勤める会社にバレることはありません”。

なぜなら、リクルートダイレクトスカウトで登録者(求職者)のレジメを見ることができるのは、リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターだけに制限されており、“企業の担当者が登録者の情報にアクセスできない仕様になっているから”です。

現在のあなたが転職活動をしていることを現職の会社にバレるリスクに少しでも怯えているなら、今すぐに安心してリクルートダイレクトスカウトに登録しましょう。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「リクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレない理由」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

ハイクラス転職なら?
リクルートダイレクトスカウトあなたが今後ハイクラス転職を実現するなら、まずはリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に無料会員登録をしましょう。

年収800万円以上のハイクラス求人を約28,000件取り扱っており、転職を機に大幅に年収をUPキャリアUPしたい方に最適な転職エージェントです。

また「リクルートダイレクトスカウト」はスカウト型転職エージェントであり、熱量の高いヘッドハンターから直々にスカウトが届くため、これまで以上に効率よく魅力的な求人を見つけられます。

【断言】リクルートダイレクトスカウトの利用は会社にはバレない最大の理由!

海外赴任に失敗

今回の結論から申し上げると、“リクルートダイレクトスカウトの利用は、現在あなたが勤める会社には一切バレません”

なぜなら、リクルートダイレクトスカウトで登録者(求職者)のレジメを見ることができるのは、リクルートダイレクトスカウトのヘッドハンターだけに制限されており、そもそも企業の担当者が登録者の情報にアクセスできない仕様になっているからです。

これからリクルートダイレクトスカウトで転職活動を始める方は、あなたが転職活動中であることが今勤める会社にバレることは一切ないので、まず安心してリクルートダイレクトスカウトで転職活動を進めましょう。

GAKU
一般的な転職サイトでは求職者がレジメ登録時に今勤めている企業がその情報を閲覧できる可能性があります。しかし、リクルートエージェントでは企業の担当者が登録者の情報にアクセスができないため、登録者は安心して自分の情報を公開できます。リクルートダイレクトスカウトの登録手順については、こちらをご覧ください。
リクルートダイレクトスカウトの登録手順

リクルートダイレクトスカウトの登録手順と効率よく転職活動するコツ

2021年5月12日

過去にリクルートダイレクトスカウトは情報漏洩したことがある【実は知らない方も多い】

情報漏洩

実はリクルートダイレクトスカウトを運営する大手転職エージェントのリクルートでは、過去にリクルート従業員によるメールの誤送信が原因となり、リクルートの登録者約37,000人の個人データが業務委託先に情報漏洩したことがあります。

業務委託先に漏洩した個人データは、その後リクルートの厳重な確認の元で問題なく削除されましたが、リクルートがこの情報漏洩に関して発表したことにより、連日メディアでは大きな話題になりました。(未だにこの記憶が残っている方はリクルートの転職支援サービスは個人情報が漏れるのではないか?と心配かもしれません。)

>>「リクルートの個人情報誤送信」

ちなみに当時リクルートの業務委託先に情報漏洩したリクルートダイレクトスカウトの個人情報は以下の内容となります。

過去に委託先企業に情報漏洩したリクルートの個人情報
・求職者の基本情報
・求職者の学歴・経歴
・求職者の資格・スキル
・求職者の年収
・求職者の希望条件

上記の求職者の大切な個人情報が業務委託先の1社より先に拡散されなかったことが不幸中の幸いですが、現代は”インターネットで情報がすぐに拡散される時代”です。

本当に“リクルートのブランド価値を揺るがす大きな事件だった”と思います。

そして現在はメールの誤送信をはじめとする情報漏洩対策として、リクルートやリクルートダイレクトスカウトでは以下のような体制を整えて運用しています。

現在のリクルートダイレクトスカウトの情報漏洩対策
・個人情報管理の徹底
・業務全般で個人情報のDL禁止
・システム管理者のみ個人情報のDL可
・システム管理者のDLログを記録

現在リクルートやリクルートダイレクトスカウトでは、個人情報をダウンロードできる方をシステム管理者のみに徹底して制限し、そもそも個人情報を安易にダウンロードできない仕様にしています。

このようなリクルートの徹底的な対策の成果もあってか、2015年以降リクルートやリクルートダイレクトスカウトでは一切の情報漏洩に関わる事件は起こっていません。

リクルートダイレクトスカウトを運営するリクルートでは過去に起こった大きな失敗を反省し、現在はより安全な運用体制のもとで求職者の転職支援を行なっています。

GAKU
リクルートは日本を代表する名実優れた大手転職エージェントなので、今後求職者の大切な情報が漏洩するリスクは極めて低いです。

リクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレるとしたら、どんなシチュエーションが想定できる!?【たった1つ】

激務

万が一リクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレるとしたら、“あなたやあなたが勤める会社が親しくしている企業経由でバレること”が考えられます。

(※少なくともリクルートダイレクトスカウト経由であなたが転職活動を行なっていることがバレることはありません。)

例えば、これからあなたがこれまでにキャリアを積み上げてきた業界内で転職活動を始めることを想定してみましょう。

当然同じ業界内での転職となりますので、あなたが今勤めている企業の取引先企業やパートナー企業があなたを採用したいと考える可能性が十分に考えられます。

あなたが今勤めている企業の取引先企業やパートナー企業が、ふとしたタイミングで裏で“あなたが転職活動をしていること”を社内の誰かに言ってしまい、社内で噂として広まることは全然有り得る話です。

逆を言えば、あなたがリクルートダイレクトスカウトで転職活動をしていることがバレるタイミングはこのパターンだけ。

またリクルートダイレクトスカウトではあなたの情報を閲覧してほしくない企業名を事前にチェックできるので、あなた自身が事前に細かく取引先企業やパートナー企業からの閲覧を制御しておけば、現在あなたがリクルートダイレクトスカウトを利用中である事実が漏れることはありません。

あなたが現職の会社に一切バレずに転職活動を進めたい場合は、事前に企業からの閲覧制御設定をしておきましょう。

リクルートダイレクトスカウトの評判

リクルートダイレクトスカウトの評判が悪いは本当?利用者に聞いてみた

2021年5月2日

リクルートダイレクトスカウトとまず併用したい転職エージェント【優良求人を逃さない】

中途採用の条件

リクルートダイレクトスカウトに登録する方が合わせて登録したい転職エージェントとして、主に“以下2社”があげられます。

転職エージェント ビズリーチ JACリクルートメント
年齢層 30歳〜50歳 30歳〜50歳
対象者 年収600万円以上 年収600万円以上
特徴 スカウトあり 非公開求人60%
登録料・利用料 無料 無料
公式HP ビズリーチ JACリクルートメント

「ビズリーチ」「JACリクルートメント」はこれから登録されるリクルートダイレクトスカウトと同様に外資系とハイクラス向けの転職支援に強い2社ですので、まず併用して利用することで、あなたの理想の転職活動にさらに一歩近づくことができます。

私の経験則にはなりますが、あまりに多くの転職エージェントに登録すると、あなた自身が情報洪水に陥る可能性があるので、“転職エージェントは多くて3社くらいに絞って登録すること”を強く推奨します。

あなたが登録する転職エージェントは多すぎず少なすぎずを常に心掛けつつ、あなたの希望に合う転職エージェントから優先的に登録していくようにしましょう。

国内の優良求人を逃さないためにも、まず転職エージェントは複数併用しつつ、リスクヘッジを徹底しておきましょう。

GAKU
一般的にハイクラス転職に成功している方は、複数の転職エージェントを併用していることが多いです。
一求入魂スカウト

リクルートダイレクトスカウトの一求入魂スカウトとは?【ビズリーチとの違いは?】

2021年5月20日

【まとめ】転職活動が会社にバレることはないので、まず安心してリクルートダイレクトスカウトに登録しよう!

今回は、「リクルートダイレクトスカウトの利用が会社にバレない理由」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、リクルートダイレクトスカウトの利用は”現在あなたが勤める会社にはバレません”。

確かに2015年にリクルートでは従業員による個人情報情報漏洩の大事件が起こりましたが、2015年以降は厳重なセキュリティ対策のもと、求職者が安心して転職活動ができる環境が十分に整えられています。

またリクルートダイレクトスカウトで登録者(求職者)の情報を見ることができるのは、現在リクルートダイレクトスカウトの”ヘッドハンターだけ”に制限されているので、まず企業の担当者が登録者の情報に自由にアクセスすることはできません。

そのため、求職者は安心して堂々と転職活動を進めていただければと思います。

むしろリクルートダイレクトスカウトのバラエティ豊かな求人案件や優秀なヘッドハンターを最大限に活用しつつ、積極的に伸び伸びと転職活動を進めていくべきです。

これから年収アップ・キャリアアップをしていきたいなら、まずはリクルートのハイクラス転職に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に登録しましょう。

転職は“タイミングが命”です。あなたが転職したいと強く思ったタイミングがあなたが大幅に年収アップ・キャリアアップを実現できる最適なタイミングです。

いつでも国内の優良求人を紹介してもらえるように、まずは先行して「リクルートダイレクトスカウト」に登録しておきましょう。

私自身も外資系企業を転職した際に何度かリクルートダイレクトスカウトにお世話になりましたが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

ハイクラス転職なら?
リクルートダイレクトスカウトあなたが今後ハイクラス転職を実現するなら、まずはリクルートが運営するハイクラス向けの転職支援に特化した「リクルートダイレクトスカウト」に無料会員登録をしましょう。

年収800万円以上のハイクラス求人を約28,000件取り扱っており、転職を機に大幅に年収をUPキャリアUPしたい方に最適な転職エージェントです。

また「リクルートダイレクトスカウト」はスカウト型転職エージェントであり、熱量の高いヘッドハンターから直々にスカウトが届くため、これまで以上に効率よく魅力的な求人を見つけられます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

リクルートダイレクトスカウトはバレる

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

 

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

外資系企業転職で成果を上げ続けることができれば、ビジネスパーソンとしてあなたのキャリアの未来は明るいです。