オファー面談で年収交渉はできる?最適なタイミングと注意点を伝授

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「オファー面談の際に年収交渉はできるの?」

転職活動で内定が決まると、企業とオファー面談を行うことになります。

あなたは次の転職先が決まりホッとしているかもしれませんが、同時に転職先では自分の希望に見合う年収を受け取りたいと考えているはずです。

また外資系企業ではオファー面談が一般的ですが、これまで日系企業でキャリアを積んできた方の中には、“そもそもオファー面談とは何?”と感じている方は一定数いらっしゃるかもしれません。

今回の結論から申し上げると、オファー面談の際に年収交渉はできます。

なぜなら、オファー面談は人材を採用する企業とそこで働く予定の求職者との入社前の最後の条件交渉の場だからです。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「オファー面談で年収交渉はできる?最適なタイミングと注意点」についてどこよりも詳しくご紹介していきます。

GAKU
あなたがこれから年収アップを目的に転職活動を行うなら、まずは企業との年収交渉に強い転職エージェントに登録しておきましょう。
年収交渉に強い転職エージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド・ジャパン

そもそもオファー面談で年収交渉はできる?

そもそもオファー面談で年収交渉はできるのでしょうか?

さきに今回の結論から申し上げると、オファー面談の際に年収交渉はできます。

しかしながら、あなたがオファー面談時に年収交渉を行うタイミングや態度によっては、採用担当者にネガティブなイメージを与えてしまう可能性があるため、これからせっかく年収交渉するならまず慎重に行いましょう。

またオファー面談の際には、“採用する企業があなたに何を求めているか”“あなた自身が成果を出せる環境か”の2つを必ず確認するようにしましょう。

あなたがオファー面談時にどんなに年収交渉をしても、会社が期待していることとあなたの実力との間にあまりにもギャップが大きい場合には、今後お互いが不幸せな状況に陥ってしまいます。

あなたがオファー面談で年収交渉を行うこと自体はOKですが、あなたが事前にしっかりと会社の方針や労働環境を見極めてから行うようにしましょう。

GAKU
あなたがせっかく企業に年収交渉を行うなら、お互いがWIN-WINになるような状況を作り出す考え方が重要です。人材を採用する企業とそこで働く従業員は持ちつ持たれつの関係性なので、年収交渉をすること自体は問題ありません。

オファー面談で年収交渉する3つの最適なタイミング

あなたがオファー面談で年収交渉をするためには、主に以下3つのタイミングが最適です。

年収交渉に最適なタイミング
・オファー面談までに年収交渉
・オファー面談中に年収交渉
・オファー面談直後に年収交渉

1つずつ紹介していきます。

オファー面談までに年収交渉

まずあなたが年収交渉を行うタイミングとして、“オファー面談までに年収交渉を行うこと”があります。

これが最も鉄板なやり方で成功可能性が高く、あんたが最も有利に年収交渉ができる状態です。

なぜなら、企業側はあなたとのオファー面談に合わせて、あなたへの年収提示額や労働条件などの諸条件を用意するからです。

あなたがスケジュールに余裕を持って年収交渉をしておくことで、実際に企業とオファー面談を行う時にはあなたの希望がある程度反映されている可能性が高いです。

あなたが先手必勝プランでいきたいなら、まずオファー面談の日までに年収交渉を済ませておきましょう。

GAKU
企業によってはオファー面談中に年収交渉を行うと、内定の見合わせが入る可能性もあります。そのため、オファー面談までに年収交渉を済ませておくことが最も無難なやり方ではあります。

オファー面談中に年収交渉

次にあなたが年収交渉を行うタイミングとして、“オファー面談中に年収交渉を行うこと”があります。

あなたが転職活動を行なっている時に目にする求人案件は、“年収〇〇〇万円〜〇〇〇万円”と年収に大きく幅を持たせて、企業はあなたに内定を出した後に具体的な年収を決めることがあります。

この場合はオファー面談中に初めてあなたの具体的な年収額の提示があるはずなので、あなたの希望に沿った年収額になっていない場合には、理由と併せて年収交渉を行いましょう。

オファー面談は人材を採用する企業とそこに勤める従業員との間で労働条件の最終確認を行う機会でもあるので、基本的には遅くともオファー面談中までには年収交渉を行いましょう。

GAKU
あなたが確実に受け取りたい年収額が決まっているなら、オファー面談の日までに理由まで準備しておきましょう。

オファー面談直後に年収交渉

最後にあなたが年収交渉を行うタイミングとして、“オファー面談直後に年収交渉を行うこと”があります。

世間一般的には年収交渉はオファー面談が終わるまでに行うべきです。

しかし、あなたがオファー面談を終えてもどうしても提示された年収額に納得できない場合には、最悪オファー面談直後に年収交渉を行いましょう。

特にあなたが複数の内定先企業を獲得している場合には、オファー面談直後であっても年収交渉に成功する確率が上がりやすいです。

なぜなら、Aという会社にはオファー面談で〇〇〇万円という提示をされたけど、貴社には〇〇〇万円しか提示されていないという交渉の仕方ができるからです。

GAKU
基本的な考え方として年収交渉はオファー面談前とオファー面談中に行うべきですが、最悪オファー面談直後でも間に合います。なぜなら、あなたはまだ企業が発行するオファーレターにサインをしていないからです。

【低姿勢】オファー面談で年収交渉する際の最大の注意点

あなたがオファー面談で年収交渉する際の最大の注意点としては、あなたの希望の給与額を提示する際には低姿勢でお願いをすることです。

あなたがあまりにも強気で年収交渉を行なってしまうと、あなたとオファー面談を行う企業の担当者はあなたに対してあまり良いイメージを持ってくれません。

企業の採用担当者があなたに良いイメージを持てなくなると、あなたがせっかく内定まで獲得したのに、もう一度内定の見合わせが入る可能性だってあります。

あなたがそこまでのリスクを背負って年収交渉を行わないためにも、オファー面談での年収交渉は低姿勢で行いましょう。

例えば「最低でも〇〇〇万円欲しいです。」という交渉よりも「前職で培った経験やスキルを最大限に活かし貴社に貢献することを前提に、前職の給与額の〇〇%UPを希望します。」という交渉の方があなたを採用する企業側も納得しやすくなります。

あなたがオファー面談で年収交渉を行う際には、年収アップによりあなたが得することだけではなく、あなたを採用する企業が得することまで伝えるようにしましょう。

GAKU
私もこれまでに外資系のオファー面談で何度も年収交渉を行なってきましたが、過去の経験からもやはり低姿勢のスタイルを貫く方が希望が通りやすいと感じています。低姿勢のスタイルを貫きつつも、自分の希望はしっかりと伝えるスタンスが重要です。

【必見】年収交渉に強い転職エージェントを活用するのもあり!

あなたがオファー面談で年収交渉を成功させるためには、企業からの内定の獲得と希望年収の実現の両立が求められるため、人生で初めて年収交渉を行う方にとっては不安が大きいはずです。

そのため、あなたが自分一人で年収交渉を行うことに不安な気持ちを抱えているなら、年収交渉に強い転職エージェントを活用することが有効なアプローチになります。

転職エージェントは転職支援のプロですから、常に業界の動向や企業の方向性などの情報をピックアップしています。

そのため、あなた自身に年収交渉が必要な場合にも、どの程度まで年収交渉ができるのかを見極めつつ、あなたにアドバイスもしくはあなたの代わりに企業に年収交渉を行なってくれます。

もちろんあなたの市場価値をしっかりと評価した上で、現在のあなたに正当な希望額を提示してくれるため、当然あなたの年収交渉の成功率も高まってきます。

もし自分1人では年収交渉ができない方は、年収交渉に強い転職エージェントに相談しながら、年収交渉の成功確率を高めていきましょう。

年収交渉に強い転職エージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド・ジャパン

【まとめ】オファー面談で積極的に年収交渉に挑戦しよう!

今回は、「オファー面談で年収交渉はできる?最適なタイミングと注意点」について詳しく紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、オファー面談の際に年収交渉はできます。

年収交渉に最適なタイミング
・オファー面談までに年収交渉
・オファー面談中に年収交渉
・オファー面談直後に年収交渉

オファー面談時の年収交渉はあなたに年収交渉を行う具体的な根拠があれば、あなたの希望は通りやすくなるでしょう。

一方であなたの年収交渉のやり方に誤りがあれば、あなたがせっかく獲得した内定自体が見合わせになる可能性もあります。

もし現在のあなたが自分1人で年収交渉を行うのが難しいと感じているなら、まずは年収交渉に強い転職エージェントを活用してみるのはいかがでしょうか?

あなたが転職エージェントを活用すれば、企業に対して積極的に年収交渉を行えるだけでなく、スムーズに転職活動を進めることができます。

年収交渉に強い転職エージェント
JACリクルートメント
ビズリーチ
エンワールド・ジャパン

\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。