【海外出張が多い仕事や業界を知りたい】求められる英語力も解説!

海外出張が多い仕事

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「海外出張が多い仕事に就きたい。」

“海外出張が多い仕事に就きたいけれど、どのように探していけばいいか分からない”。

と悩んでいる方は多いかもしれません。

さきに今回の結論から申し上げると、あなたが海外出張が多い仕事に就きたいなら、まずは海外出張が多い仕事や企業、業界に転職することが最短距離です。

結局のところ、海外出張の機会が多い企業に身を置くことが、あなたが海外出張することを実現しやすくなります。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「海外出張が多い仕事や業界」についてどこよりも詳しくご紹介します。

海外出張を目指すなら?
JACリクルートメント今後優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

海外出張が多い仕事や業界は?

彼氏が海外赴任

これから海外出張が多い仕事に就きたい方は、一体どのような業界・どのような仕事を選べばいいのでしょうか?

海外出張が多い仕事に就きたいとは思っているが、具体的に進むべき業界が決まっていない方はまず以下をご覧ください。

海外出張が多い業界
・総合商社
・メーカー
・貿易会社
・航空業界
・建設業界
・物流業界
・国際機関

1つずつ紹介していきます。

総合商社

まず海外出張が多い業界として、1番に思い浮かぶのは“総合商社”でしょう。

総合商社はあらゆるサービスや商品の国内外の輸出入業を生業としているため、世界中に拠点(現地オフィス)を構えながら、世界中の企業と取引をしています。

そのため、特に総合商社は若い年齢のうちから海外出張や海外赴任が多く、海外出張では現地企業との交渉や現地視察など、様々な業務を遂行しています。

特に三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅などの5大総合商社は、圧倒的に海外出張が多いことで有名です。

総合商社に勤める海外駐在員の年収

総合商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?【結論、超稼げる!】

2021年7月26日

メーカー

次に日本を代表する“グローバルな自動車メーカー・電機メーカー・食品メーカー”なども海外出張する機会が多いです。

日本よりも安く商品やサービスを生産することができる海外の拠点にオフィスや工場を構え、日本国内だけでなく、実は海外とのやりとりが多かったりもします。

勤務する部署によっても、業務内容は変わりますが、日本の大手メーカーは海外出張の機会が多いことは間違いありません。

貿易会社

次に多くの日本人の生活を支える“貿易会社”も海外出張が多いことで有名です。

貿易会社は主に海外現地のメーカーや問屋などと交渉をし、日本国内の企業の橋渡しをする役割を持っています。

海外現地で輸入した商品やサービスを選定したり、価格交渉をしたり、様々な幅広い業務を行います。

大手貿易会社の営業職であれば、海外出張の機会も多いことは間違いありません。

航空業界

次に言わずもがなですが、“航空業界”も海外出張する機会が多いです。

特に国際線を担当するパイロットや客室乗務員は頻繁に海外出張します。

ちなみに最近はLCC(Low Cost Carrier)と呼ばれる格安航空会社が続々と登場しているので、以前と比べて航空業界で働く選択肢が大きく広がってきています。

建設業界

次にゼネコンと呼ばれる“建設業界”も海外出張する機会が多いです。

特にゼネコンが海外で請け負っている道路・病院・高速道路・ダムのような公共事業の案件が多く、東南アジアや北米を中心に海外に行く機会が多いです。

ゼネコンの海外出張では、主に現場監督・管理業務・市場調査・現地従業員採用などの様々な業務を行う可能性があります。

日本の建設業は海外でも高い評価を得ており、今後もこの仕事はなくなりません。

国際機関

最後に海外出張が多い組織として、“国際機関”が考えられます。

国際機関とはその名の通り複数の国や地域で国際的な活動を行う機関のことです。

具体的には、国際通貨基金(IMF)、世界保健機構(WHO)、国際労働機関(ILO)、国際協力機構(JICA)などの組織があげられます。

特にJICAであれば2年という期限付きではあるものの、海外現地での生活費などの手当を支給されながら海外で青年ボランティアとして働くことができます。

海外出張が多い仕事や業界へ転職する方法【知っておきたい】

商社で海外赴任

海外出張が多い仕事や業界へ転職する方法としては、「海外出張が多い求人案件」を多く保有している転職エージェントに登録することが最も効果的です。

特にあなたが特定の国や地域で働きたいのなら、転職エージェントに相談することで、あなたの希望に沿った求人案件を紹介してもらえる可能性が高まります。

例えば私の友人の例ですと、事前にシンガポールで働きたい旨を転職エージェントに伝えたことで、「日系グローバル企業のシンガポールでの事業展開に向けて、現地で働ける営業を募集」という案件を紹介してもらい、現在は希望通り定期的にシンガポールに海外出張をしています。

このようにあなたが事前に転職エージェントに“海外に出張したい”“海外でも働きたい”旨を伝えておくことで、自ずと海外で働ける可能性は高まっていきます。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は海外出張する機会が多い日系グローバル企業の求人案件を多く抱えているので、まずはじめに登録すべき転職エージェントです。

JACリクルートメントはもともとイギリスのロンドンで創業した背景もあり、グローバルな求人案件の紹介や海外現地での就労支援に強い特徴があります。

JACリクルートメントが持つ独自のネットワークを最大限に活用し、積極的に海外出張が多い求人にエントリーしましょう。

実際に私の友人数名もJACリクルートメントに質の高い求人を紹介してもらい、現在は頻繁に海外出張をしています。

あなたが今勤めている会社が“なかなか海外出張に行かせてくれない””そもそも海外出張する機会がない”ならば、積極的に海外出張の切符をGETしても良いかもしれません。

海外出張を目指すなら?
JACリクルートメント今後優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

海外出張が多い仕事に就くメリット【知らないと損】

海外出張が多い仕事に就くメリットは、大きく以下の3つがあります。

海外出張が多い仕事に就くメリット
・キャリアアップに繋がる
・国際的なビジネススキルがつく
・海外出張手当がつく

1つずつみていきましょう。

キャリアアップに繋がる

まず海外出張が多い仕事のメリットとして、あなた自身の“キャリアアップに繋がること”があります。

あなたが海外出張で得た知識や経験を活かしながら、社内で成果を上げることができれば、直接的にキャリアアップや給料アップに繋げることができます。

特に昨今の日本では海外で仕事に従事したことがある方が重宝されることも多いので、あなたが今後転職をする際にも海外主張の経験を活かすことができます。

JACリクルートメントで年収アップ

JACリクルートメントでの転職で本当に年収アップできる?【体験談】

2021年6月17日

国際的なビジネススキルがつく

次に海外出張が多い仕事のメリットとして、グローバル人材として“国際的なビジネススキルが身につくこと”があります。

海外出張では、主に現地取引先企業との交渉や調整、現地法人の従業員とのコミュニケーションなどを通して、国際的なビジネススキルを培うことができます。

日本と海外の働き方や文化の違いなど、俯瞰的な視点で物事を見ることができるので、これまで以上にあなたのビジネススキルが磨かれることは間違いありません。

海外出張手当がつく

最後に海外出張が多い仕事のメリットとして、“海外出張手当がつくこと”があります。

あなたが勤める企業によって細かい規定は異なりますが、基本的に海外主張では海外出張手当が支給されます。

あなたが出張する国や地域によっても海外出張時に支給される手当の額は異なりますが、倹約家の方であれば海外出張に行くたびにどんどんお金が貯まっていきます。

GAKU
ちなみに海外出張よりも海外駐在の方が貯金はしやすいです。海外出張と併せて海外駐在を目指したい方は、本記事もご参考ください。
海外駐在員の貯金額

海外駐在員の貯金はどのくらい貯まるの?【友人の貯金額を大公開】

2021年5月30日

海外出張が多い仕事や業界を目指す時の最大の注意点

注意点

海外出張が多い仕事を目指す時の注意点としては、「企業によっては高い英語力が求められることもある。」ということです。

海外出張をするということは、当然のことながら、”海外で現地の方々と共通言語を使って仕事をする”ということです。

つまり、あなたが海外出張をする際に求められるスキルは、ズバリ“英語力”です。

これからあなたが海外出張が多い職種を目指すなら、最低でも“TOEIC700点以上の英語力”は持っておきたいところです。

もちろんあなたのこれまでの職務経験や専門性の高さが海外出張で活かされることもありますが、やはりベースとなるのは言語コミュニケーションスキルです。

これからあなたが海外出張が多い仕事を目指すなら、今のうちから、現職に勤めながらコツコツ英語力を磨いておきましょう。

GAKU
今の自分の英語レベルに応じて、戦略的に英語学習を行うことが継続するコツです。最近は便利なオンライン英語学習ツールが多数ありますので、平日の仕事終わりや休日などを活用して、まずは無料体験レッスンに取り組んでみましょう。

海外出張が多い仕事に就いて、順当にキャリアアップしよう!

今回は、「海外出張が多い仕事や業界」について詳しくご紹介してきました。

あなたがこれから海外出張が多い仕事に就くためには、まずは”海外出張が多い求人を多く取り扱う転職エージェントに登録すること”が最短距離になります。

海外出張の機会が多い求人は人気があり、求人が公開されてから埋まるのも早いです。

しかし、そもそもあなたが海外出張が多い日系グローバル企業の求人を多く保有する転職エージェントに登録しておけば、安心して転職活動を進めることができます。

海外出張が多い仕事に就くということは、それなりに高い英語力も要求されますが、海外で働く経験はそれ以上にあなたの今後のキャリアアップに繋がります。

特にこれから日本という国では、あなたのような向上心が高いグローバル人材が求められますので、今のうちから海外で働く経験をたくさん積んで、スキルアップ・キャリアアップを実現していきましょう。

あなたが今後スムーズに海外出張が多い仕事に就きたいなら、まずは海外出張が多い日系グローバル企業の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

国内に数ある転職エージェントの中でも、特にJACリクルートメントは今後海外でも働きたい方にとても定評があります。

まずはJACリクルートメントに無料登録して、あなたの希望に沿った海外出張が多い求人案件を紹介してもらいましょう。

JACリクルートメントが持つ転職ノウハウや企業とのネットワークを最大限に活用することで、あなたは理想とする転職先企業を必ず見つけることができます。

国内の多くの優良企業では、常時採用ではなくポジションに空きが出た時だけ、随時中途採用を募集しています。

転職エージェントには早めに登録しておいて、ポジションに空きが出次第、すぐエントリーできる状態にしておきましょう。

私自身もこれまでに外資系企業を転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、やはり“求人の質や転職サポートの質は非常に高い”と感じています。

海外出張を目指すなら?
JACリクルートメント今後優良企業への転職を目指すなら、まずは国内のミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

海外現地企業とのネットワークが非常に強いため、積極的に国内グローバル企業の中途採用情報を教えてくれます。

“個人で優良企業のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。

スムーズに優良企業への転職を決めたいなら、今から転職活動を開始し、ライバル達と大きな差をつけましょう。

JACリクルートメントと併用すべき転職エージェント

中途採用の条件

今後グローバルな働き方を実現したいなら、まずミドル・ハイクラス向けの外資系転職支援に強い「エンワールド・ジャパン」「ビズリーチ」も併用しましょう。

複数の転職エージェントを併用することで、多くの選択肢を持つことができます。

外資系ミドル・ハイクラス転職に強い
エンワールド・ジャパン
ビズリーチ

外資系×ハイクラス転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

まず今後“人生初の外資系に転職する”“外資系転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは外資系に特化した転職エージェントで、グローバル人材輩出に定評のある転職エージェントです。

今後外資系企業で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのにまず相応しい転職エージェントです。

(*エンワールドジャパンは勤務地(東京・大阪・名古屋のみ)の縛りがあり、JACリクルートメントと比較して、求職者には高い英語力が求められます。)

これまで外資系企業5社で順調に年収アップ・キャリアアップしてきた私自身もエンワールド・ジャパンでは人生初の外資系転職をするタイミングや大幅に年収が上がる時期にお世話になった経験があります。

エンワールド・ジャパンの担当者との面談では、自分自身の市場価値や今後のキャリアアップの方向性を確認できるので、信頼している転職エージェントの一つです。

エンワールドジャパン経由で次の転職先を見つけられれば、あなたは今後中長期的にバリバリ活躍する国際的なビジネスマンになれることは間違いありません。

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチの写真

次に今後“様々な外資系企業の求人案件を見たい”“転職を機に大幅に年収を上げたい”と考える方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています。

今後IT業界で中長期的に年収アップ・キャリアアップしていきたい方の登録が多く、JACリクルートメントと併用するのに相応しい転職エージェントです。

実際に私も過去にビズリーチを利用したことがありますが、複数の優良企業案件を紹介して頂いたことが印象的でした。

数ある転職エージェントの中でも、ビズリーチはIT業界や外資系の転職支援に強いので、まず「JACリクルートメント」と合わせて使いたい転職エージェントです。

ビズリーチはスカウト型の転職エージェントなので、企業と求職者がミスマッチすることが少なく、現在のあなたにとって最適な職場で活躍することができます。

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

海外出張が多い仕事

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。