商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?【超稼げる】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「商社に勤める海外駐在員の年収は高い?」

日本国内でもグローバル化というキーワードが出てきている通り、最近は日本企業が海外に進出する機会が増えてきました。

さきに結論から申し上げると、商社に勤める海外駐在員の年収はめちゃくちゃ稼げます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

海外駐在員に一歩でも近づくためのコツも紹介しておりますので、気になる方は読み進めてみてください。

これから商社の海外駐在員を目指すなら、まずは外資系企業転職やグローバル転職に強い「Samurai Job」に無料登録しましょう。

>>Samurai Jobに無料登録

商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?

さきに結論から申し上げると、商社に勤める海外駐在員の年収は1,200万円〜2,000万円が相場と言われています。

もちろん役職や現地に帯同する家族の数によって年収に上下はありますが、基本的に世間一般的には年収が超高い層に入ってくるくらいに多くの収入を得ることができます。

年齢が若いにも関わらずここまで高い年収を受け取ることができるので、特に若いうちから海外駐在員を目指す方は多い印象があります。

また商社の場合は4年〜5年のスパンで海外駐在に出すことも多いので、この海外駐在員の期間で貯金をして帰ってくる方も多くいらっしゃいます。

なぜ商社を含めた海外駐在員の年収が高いかと言うと、彼らは日本国内で支給されるベース給料の他に「海外赴任手当」「住民税免除」があるからです。

海外赴任手当は本来日本で業務を遂行する必要があるが、会社都合で海外に転勤することで被るリスクを解消するために追加で受け取れる給料のことを指します。

特に日本より物価が安い新興国などに海外赴任となると、日本よりも生活水準を高く保ちつつも効率よく貯金をすることができます。

商社の海外駐在員は年収だけでなく、福利厚生もすごい!

商社の海外駐在員は年収だけでなく、福利厚生もすごいです。

会社都合で海外に勤務しているので、例えば以下のような費用は会社持ちになります。

海外駐在員の福利厚生
・家賃、光熱費
・自動車やガソリン代
・交通費(飛行機、タクシーetc)
・教育費
・お手伝いさん

毎月の支出の中でも大きな割合を占める家賃は全額もしくは8割〜9割が会社負担であることが多く、生活に必要不可欠な自動車やガソリン代も会社負担になります。

また家族帯同の海外駐在員の場合は、家族に対する手当も手厚いです。

小学生以上のお子さんをお持ちの方は海外現地でインターナショナルスクールに通わせることになりますが、一般的にインターナショナルスクールの年間費用は約200万〜300万円と高いです。

複数のお子さんをお持ちの場合はとんでもなく高い費用になりますが、これらの教育費用は全て会社負担になります。

またあなたの奥さんが海外現地での生活に対応できるよう、語学スクールや趣味に通うための費用も積極的に会社が補助をしてくれます。

GAKU
海外駐在員は日本企業からの後ろ盾があるので、海外現地でも安心して業務を遂行することができます。

海外駐在をする国によっても受け取れる年収は変わる!

ここまで商社に勤める海外駐在員の年収は高いということをお伝えしてきましたが、実際に海外駐在をする国や地域によっても受け取れる年収は変わります。

いかに海外駐在員の年収が高いと言えども、ニューヨーク・ロンドン・シンガポールなどの物価の高い国や地域への駐在となると、どうしても支出が大きくなってしまう傾向にあります。

一方でバンコク・クアラルンプール・ホーチミンなどの物価の安い国や地域への駐在となると、大きく支出を抑えることができます。

海外駐在員にとって実際に勤務をする国や地域はとても重要になるので、事前にどの国や地域に赴任したいかを目星をつけておくといいでしょう。

とはいえ、あなたが海外駐在をする国や地域は最終的には会社から辞令が下りるので、あまり希望が通るとも思い込まない方がいいかもしれません。

GAKU
個人的には海外駐在するなら物価が比較的安い東南アジア圏内をおすすめします。

海外駐在(商社)を目指すなら、まず登録したい転職エージェント

あなたがこれから海外駐在(商社)を目指したいなら、まず登録すべき転職エージェントが「Samurai Job」です。

あまり聞き覚えのない転職エージェントかもしれませんが、ミドル・ハイクラス向けの転職支援に強いJACリクルートメントと海外のコンサルティング事業に強いムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼスの合同会社が「Samurai Job」です。

Samurai Jobが海外駐在案件に強い理由は、主に以下3つが考えられます。

Samurai Jobが海外駐在に強い理由
・海外案件・外資系企業に強い
・ハイクラス転職×ハイクラスエージェント
・グローバル・外資系求人多数

1つずつみていきましょう。

海外案件・外資系企業に強い

一般的な転職エージェントは海外企業とのコネクションが弱いケースが多いです。

しかし、Samurai Jobはもともとイギリス・ロンドンで創業したJACリクルートメントと日系企業の海外への進出サポートを行うムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼスがタッグを組んでいるため、とりわけ海外案件・外資系企業に強い特徴があります。

外資系企業への転職はもちろん、海外駐在案件や海外現地採用案件にも幅広く対応しています。

GAKU
将来的に海外で働きたいと考えている方にとって、Samurai Jobは心強い味方になるでしょう。

ハイクラス転職×ハイクラスエージェント

次にSamurai Jobはハイクラス転職に特化したハイクラスの転職エージェントです。

もちろんSamurai Jobのコンサルタントは各業界に精通した優秀な方々ばかりなので、求職者が次の転職先で年収アップできる確率が非常に高いです。

あなたがハイクラス転職を実現したいなら、ハイクラスな転職エージェントのSamurai Job一択です。

GAKU
高年収なのに海外勤務まで経験できたら、キャリアとしては言うことなしだと思います。

グローバル・外資系求人多数

最後にSamurai Jobはグローバル企業・外資系求人案件を多数取り扱っています。

特にSamurai Jobはこれまでにクライアント企業から信頼を積み重ねることで、多くの独占求人を保有しています。

グローバルに事業を展開しているSamurai Jobだからこそ、多くのグローバル企業や外資系企業の求人案件が集まってきます。

Samurai Jobでしか取り扱っていない魅力的な求人案件も多いため、登録していない方は機会損失をしていることを意味します。

GAKU
実際に私もSamurai Jobに登録したことがありますが、これまでに見たこともない素晴らしい求人を紹介してもらいました。

>>今すぐSamurai Jobに無料登録する

【まとめ】商社の海外駐在員の年収は超高い!

今回は、「商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?」について詳しくご紹介してきました。

改めて結論を申し上げると、商社に勤める海外駐在員の年収は1,200万円〜2,000万円が相場と非常に高い給与水準となっています。

そのため、海外駐在中の期間に大きく貯蓄を増やすこともできますし、家族帯同なら手厚い会社のサポートを受けながらそれなりに高い水準の暮らしを実現できたりします。

あなたがこれから本気で商社での海外駐在を目指したいなら、まずは海外勤務案件に強い「Samurai Job」に登録しましょう。

Samurai Jobが海外駐在に強い理由
・海外案件・外資系企業に強い
・ハイクラス転職×ハイクラスエージェント
・グローバル・外資系求人多数

また以下いずれかに該当する方は、Samurai Jobはまず登録すべき転職エージェントです。

Samurai Job利用に最適な方
・現在年収600万円以上の方
・30代・40代の方
・管理職/技術職/専門職の方
・海外勤務希望の方
・外資系転職希望の方

実際に私の友人もSamurai Jobを活用して転職に成功しましたが、やはり紹介してくれる求人の質の高さやサポートの質の高さには大満足していました。

そして、現在彼女は日系グローバル企業の海外営業部管理職としてバリバリ働いています。

あなたがこれから「海外勤務できる企業に転職したい」「年収アップ・キャリアアップしたい」と考えているなら、まずはSamurai Jobに登録して、魅力的な求人を紹介してもらいましょう。

商社で一度海外駐在を経験すると、その後のキャリアアップも非常にしやすいので、興味がある方は積極的にチャレンジしていきましょう。


\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。