総合商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?相場は?年収2,000万円超え?丸紅・三菱商事など【結論、かなり稼げる!】

総合商社に勤める海外駐在員の年収
GAKU

もともと年収400万円の平凡なサラリーマンでしたが、今では年収1500万円プレイヤーになることができました。

本記事は、

「総合商社に勤める海外駐在員の年収は、どのくらい高いのだろうか?」

「以前に海外駐在員の年収は2,000万円を超えると聞いたことがある」

「海外駐在員になって、短い期間で貯金したり、海外現地でたくさん遊びたい!」

と気になっている方向けの内容です。

現在海外駐在員の仕事に興味を持っている方なら、こんな疑問を抱えていることでしょう

昨今は「グローバル化」というキーワードが出てきており、以前に比べて、日本企業が海外に進出する機会が増えています。

はじめに今回の結論から申し上げると、総合商社に勤める海外駐在員の年収はかなり高く、正直赴任期間中にかなり稼ぐことができます

それでは、なぜ総合商社に勤める海外駐在員はそんなに稼げるのでしょうか?

本記事では、「総合商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?」についてご紹介します。

海外駐在員に一歩でも近づくためのコツも詳しく解説しておりますので、これから「本気で海外駐在員を目指したい!」方は、ぜひ本記事を読み進めていってください。

本気で海外駐在を目指すなら?
海外駐在する機会が多い日系グローバル企業への転職を目指すなら、ミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

JACリクルートメント

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

総合商社に勤める海外駐在員の年収は一体どのくらいなの?相場は?年収2,000万円超え?

はじめに今回の結論から申し上げると、総合商社に勤める海外駐在員の年収は1,200万円〜2,000万円が相場です。

もちろん会社内での役職や現地に帯同する家族の数によって年収に上下はありますが、世間一般的には、年収が超高い層に入ってくるくらいに多くの収入を得ることができます

なぜ海外駐在を目指すビジネスパーソンが多いのか?

駐在員は年齢が若くても高い年収を受け取ることができるので、国内の優秀なビジネスパーソンほど、特に若いうちから海外駐在員を目指す方は多い印象があります

また総合商社の場合は、従業員を4年〜5年の長いスパンで海外駐在に出すことも多く、この海外駐在員の期間で多くの貯金をして帰ってくる方も多いです。

GAKU
なぜ総合商社を含めた海外駐在員の年収が高いかと言うと、彼らは国内で支給されるベース給料の他に「海外赴任手当」「住民税免除」があるから。

海外赴任手当とは、本来日本で業務を遂行する必要があるが、会社都合で海外に転勤することで被るリスクを解消するために追加で受け取れる給料のことを指します。

日本より物価が安い新興国に海外赴任できると、日本よりも生活水準を高く保ちながらも、より効率よく貯金をすることができます。

ちなみに海外駐在員の貯金事情にも詳しく書いていますが、一般的に海外駐在員は年間数百万円単位で貯金することができます。

総合商社の海外駐在員は年収だけでなく、福利厚生もすごい!

彼氏が海外赴任

総合商社の海外駐在員は年収だけでなく、海外現地での福利厚生もすごいです。

当然海外駐在する人は、会社都合で海外に勤務しているので、たとえば以下のような費用は基本的に全て会社持ち(会社負担)になります。

海外駐在員の福利厚生の種類について

海外駐在員の福利厚生
・家賃、光熱費
・自動車やガソリン代
・交通費(飛行機、タクシーetc)
・教育費
・お手伝いさん

毎月の支出の中でも大きな割合を占める家賃は、全額もしくは8割〜9割が会社負担であることが多く、生活に必要不可欠な自動車やガソリン代も会社負担になります。

また家族帯同の海外駐在員の場合は、家族に対する手当も手厚いです。

たとえばあなたが小学生以上のお子さんをお持ちの場合は、海外現地でインターナショナルスクールに通わせることになりますが、一般的にインターナショナルスクールの年間費用は約200万〜300万円と高いです。

複数のお子さんをお持ちの場合はとんでもなく高い費用になりますが、海外駐在員ならこれらの教育費用も全て会社負担になります。

また奥さんが海外現地の生活に対応できるよう、語学スクールや趣味に通うための費用も積極的に会社が補助してくれます。

GAKU
海外駐在員は日本企業からの後ろ盾があるので、海外現地でも安心して業務を遂行することができます。

日本に住んでいたら教育費や生活費がかかる一方ですが、海外駐在員として赴任するだけで会社が諸々の費用をカバーしてくれます。

☑︎失敗しない転職エージェント3選
JACリクルートメント
※ミドル・ハイクラス層に強い!優良企業に行きたい方!
エンワールド・ジャパン
※グローバル企業に特化!非公開求人を求めるならここ!
ビズリーチ
※IT企業・メーカーに強い!魅力的なスカウト多数!

海外駐在をする国によっても、受け取れる年収は変わる!

彼氏が海外赴任

ここまで総合商社に勤める海外駐在員の年収は高いということをお伝えしましたが、実際にあなたが海外駐在をする国や地域によっても、受け取れる年収は変わります。

例えば、いかに海外駐在員の年収が高いと言っても、ニューヨーク・ロンドン・シンガポールなど物価の高い国や地域への駐在となると、どうしても毎月の支出が大きくなります。

一方バンコク・クアラルンプール・ホーチミン・台北など物価の安い国や地域への駐在となると毎月の支出を大きく抑えられます。

事前に海外駐在する国はリサーチした方がいい

海外駐在員が実際に勤務する国や地域は重要な要素になるので、本気で海外駐在員を目指しているなら、事前にどの国や地域に赴任したいかを目星をつけておくといいです。

とはいえ、あなたが海外駐在をする国や地域は最終的には会社から辞令が下りるので、あまりあなたの希望が全て通るとは思い込まない方がいいかもしれません。

GAKU
個人的には、これから海外駐在目指すなら、日本より物価が比較的安い東南アジア圏内をおすすめします。

総合商社で海外駐在を目指すなら、まず登録しておきたい転職エージェント

彼氏が海外赴任

海外駐在員を目指すなら、まず登録したい転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントはもともとイギリスのロンドンで創業した背景もあり、海外駐在員になれる可能性が極めて高い、日系グローバル企業と強いネットワークを持っています

GAKU
特にこれから海外に事業展開する日系グローバル企業も多く求人を掲載しており、JACリクルートメント経由で転職することで海外で活躍できる可能性はかなり高まります。

各業界・職種に精通した計400名の優秀なコンサルタントが転職をサポートしてくれるので、まず彼らを活用しない手はありません。

実際に私が普段から仲良くしている友人も、以前にJACリクルートメントのコンサルタントから日系グローバル企業の求人を紹介してもらい、現在は海外駐在員として活躍しています

あなたが今勤めている会社が「海外駐在に行かせてくれない」、「そもそも海外駐在する機会がない」ならば、思いきって転職をして、積極的に海外駐在員の切符をGETしましょう。

>>JACリクルートメントに転職相談する(無料)

【まとめ】総合商社の海外駐在員の平均年収は超高い!

今回は、「総合商社に勤める海外駐在員の年収はどのくらい?」についてご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、総合商社に勤める海外駐在員の年収は、1,200万円〜2,000万円が相場とかなり高い給与水準になります。

そのため、海外駐在中の期間に大きく貯蓄を増やすこともできますし、家族帯同なら手厚い会社のサポートを受けながら、海外現地で高い水準の暮らしを実現できたりもします。

これから海外駐在員を目指すなら、海外駐在員になれる可能性が高い、総合商社や大手メーカー、外資系企業を積極的に狙いましょう。

GAKU
直近で転職活動しないにしても、今から転職エージェントに登録して、自分の市場価値を知っておくことは、現職でのキャリア形成にも繋がります。

「海外駐在員の働き方の話を聞いてみたい」
「海外駐在員以外のキャリアの選択肢を知りたい」
「日系グローバル企業の選考対策について教えてほしい」
「海外駐在した方が評価されたポイントを知りたい」
「初めてグローバル企業の転職に挑戦する」
「今の語学力で通用するのか知りたい」

上記に1つでも該当する方は、まずは気軽にJACリクルートメントに無料相談してみましょう。

私自身もこれまで転職するたびにJACリクルートメントにお世話になっていますが、求人の質や転職サポートの質は非常に高いです。

本気で海外駐在を目指すなら?
海外駐在する機会が多い日系グローバル企業への転職を目指すなら、ミドル・ハイクラス向けの転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

人気企業は、常時採用ではなく、欠員が出た時だけ中途採用の募集をします。

JACリクルートメント

そのため、最適な企業への転職+年収アップを実現するためには、企業の最新の採用情報をすぐに教えてくれる転職エージェントの利用が必須です。

数ある転職エージェントの中でも、JACリクルートメントは、あなたに合った最適なグローバル企業の求人を紹介してくれるので、1人で転職活動するよりも有利に転職活動を進められます。

転職エージェントは合わなければすぐに退会できるので、まずは気軽に無料相談から始めてみてはいかがでしょうか。

\60秒で簡単登録/

転職の成功率を高めるために、転職エージェントは複数登録しよう!

優秀な人材は転職エージェントに複数登録しよう

あなたが転職に成功して満足したいなら、これから転職エージェントを利用する際に必ず複数の転職エージェントを利用しましょう。

複数の転職エージェントに登録しておくことで、今の自分の能力やスキルに最も見合う企業を紹介してもらえる可能性が高まります

また転職エージェントを複数利用することは、各転職エージェントで受けられないサービスをカバーし合えるメリットもあります。

GAKU
効率よく自分に合った転職先を見つけるためにも、転職エージェントは最低でも2-3社併用することを推奨します。

転職エージェントは、

完全無料で利用できる

転職のプロが導いてくれる

いつでもキャリア相談ができる

すぐ退会できる(退会も無料)

ので、求職者のあなたにとって負担になることは全くありません

(参考: リクナビNEXT)

まず登録しておきたい鉄板の転職エージェント3選

中途採用の条件

これからキャリアアップを実現したいなら、まずミドル・ハイクラス層の転職支援に強い転職エージェントに登録しましょう。

今すぐ合う企業を探す (無料登録)

ミドル・ハイクラス転職なら、JACリクルートメント

JACリクルートメント

これから「確実に年収UPしたい」方にとって、「JACリクルートメント」は最適な転職エージェントです。

JACリクルートメントは、ハイクラスに特化した転職エージェントで、かなりの高い確率でキャリアアップを実現することができます

GAKU
私が最も信頼していてお世話になっている転職エージェントです。

しかし、JACリクルートメントはハイクラスに特化しているために、「職歴に自信がない」方は、目当ての求人やポジションを紹介してもらいにくい側面もあります。

\60秒で簡単登録/

外資系×日系グローバル企業への転職なら、エンワールド・ジャパン

エンワールド・ジャパン

これから「人生で初めてグローバル企業に転職する」「入社後も活躍できるまでサポートしてほしい」方にとって、「エンワールド・ジャパン」は最適な転職エージェントです。

エンワールド・ジャパンは、グローバル企業に特化した転職エージェントで、転職後も1年間入職者の活躍をバックアップしてくれます

GAKU
私自身も人生で初めて転職するタイミングや年収が上がる時期にお世話になりましたが、利用してまず損をすることはないです。

他の転職エージェントと比べて、保有する求人数は少なめなので、他1〜2社の転職エージェントと併用するのがおすすめです。

\60秒で簡単登録/

管理職×IT業界への転職なら、ビズリーチ

ビズリーチ

最後に「転職を機に管理職を目指したい」「IT業界やメーカーでキャリアアップしたい」方にとって、「ビズリーチ」は最適な転職エージェントです。

ビズリーチはハイクラス特化の会員制の転職エージェントで、普段見かけない非公開求人やポジションを多数保有しています

GAKU
私もこれまで大手IT企業や優良メーカーを紹介してもらいました。

しかし、一方でビズリーチには押しが強いヘッドハンターも一定数いるので、あなた自身がスカウトの中身を見極める力は必要です。

\60秒で簡単登録/

総合商社に勤める海外駐在員の年収は1,200万円〜2,000万円が相場です。

企業によって平均年収は異なりますが、以下の福利厚生(企業負担)は共通して充実しています。

・家賃、光熱費
・自動車やガソリン代
・交通費(飛行機、タクシーetc)
・教育費
・お手伝いさん

海外駐在できる可能性が高い総合商社としては、以下の企業があげられます。

まずは5大商社として知名度が高い三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・住友商事・丸紅があります。

そのほかにも豊田通商や双日などもあげられます。

上記企業は平均年収もかなり高いので、転職を機に目指してみるのもありと考えています。

結論から申し上げると、海外駐在している商社マンの平均年収はかなり高いです。

ちなみに総合商社に勤める海外駐在員の年収は1,200万円〜2,000万円が相場です。

会社内での役職や現地に帯同する家族の数によって年収に上下はありますが、世間一般的には、年収が超高い層に入ってくるくらいに多くの収入を得ることができます。

これから海外駐在員を目指すなら、海外駐在員になれる可能性が高い、総合商社や大手メーカー、外資系企業を積極的に狙いましょう。

また本気で海外駐在員を目指すなら、まず登録したい転職エージェントが「JACリクルートメント」です。

JACリクルートメントはもともとイギリスのロンドンで創業した背景もあり、海外駐在員になれる可能性が極めて高い、日系グローバル企業と強いネットワークを持っています。

>>JACリクルートメントの公式サイト


\ミドル・ハイクラス転職なら?/

JACリクルートメント

これから確実に年収アップ・キャリアアップを実現したいなら、まずはじめに「JACリクルートメント」に会員登録を行い、あなたに合う一流企業を紹介してもらいましょう。

実際に私もここを利用して、キャリアアップを実現しています!

転職エージェントはどこも無料ですし、合わなければすぐ退会できるので、まずは気軽にキャリア相談からしてみてください。