海外赴任に失敗する5つの理由とは?その後のキャリアは?

海外赴任に失敗する理由
GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「海外赴任に失敗する理由って何だろう?」

これから海外赴任をする方や現在海外赴任をしている方なら、今まさにこのような疑問を抱えているかもしれません。

言語も文化も異なる異国の地で勤務をする海外赴任。満を持して海外赴任したけど、現地での生活に慣れることができず日本に帰国してしまう方は一定数いらっしゃいます。

自ら望んで海外赴任したにも関わらず、なぜ海外赴任に失敗してしまうのでしょうか?

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「海外赴任に失敗する5つの理由とその後のキャリア」についてご紹介していきます。

海外赴任後の転職を目指すなら、まずは国内の外資系転職支援に強い「JACリクルートメント」に無料登録しましょう。

>>JACリクルートメントに無料登録

まず海外赴任に失敗する理由として、主に次の5つのことが考えられます。

海外赴任に失敗する理由
・現地の文化に馴染むことができない
・現地スタッフとのコミュニケーション
・会議で発言ができない
・日本の働き方を重視する
・主体的に動かない

1つずつみていきましょう。

現地の文化に馴染むことができない

まず海外赴任に失敗する1つ目の理由として、“現地の文化に馴染むことができないこと”が考えられます。

海外現地ではその国や地域特有の文化や宗教があります。ビジネスでは慣習や宗教を受け入れる必要がありますし、プライベートでも食文化などを受け入れる必要があります。

海外現地ならではの生活が自然とできるようにならないと、海外赴任での生活は苦しい時期が続いてしまいます。

GAKU
海外で快適に過ごすためには「郷に入れば郷に従え」のスタンスが重要な考え方になります。

現地スタッフとのコミュニケーション

海外赴任に失敗する2つ目の理由として、“現地スタッフとのコミュニケーション不足”が考えられます。

海外赴任での業務内容や役割は企業によっても異なりますが、基本的には現地スタッフと英語を交えてコミュニケーションを取りながら、業務を進めていくことが多いです。

普段から彼ら(彼女ら)とコミュニケーションが取れていないと、大事な場面で成果を上げることができないのはもちろん、常に現地での業務の生産性は下がってしまいます。

海外赴任の仕事は絶対に一人では完結できないので、現地スタッフを巻き込みながら、業務を遂行していく力が必要になります。

GAKU
海外赴任中は常にオープンマインドであることを心掛けましょう。

会議で発言ができない

次に海外赴任に失敗する3つ目の理由として、“会議で発言できないこと”が考えられます。

これは自分の英語力に自信がない方がおかしがちな日常的なミスですが、積極的に英語で発言ができないことです。

海外では積極的に会議で発言ができない方は意見がない方という厳しい見方がされます。

あなた自身は会議に出席して話の内容を理解しているつもりでも、あなたが発言をしないことには周囲のメンバーはあなたの必要性を感じることができません。

GAKU
海外赴任での会議では常に主体的に発言していくことが重要です。

日本の働き方を重視する

次に海外赴任に失敗する4つ目の理由として、過度に“日本の働き方を重視すること”が考えられます。

海外赴任中の働き方で意識しないといけないことは、日本独特・日本独自の働き方を現地スタッフに強要しないことです。

例えば、未だに年功序列文化が残る日本企業では、「上司よりも早く退社してはいけない」「残業をする社員は偉い」などの凝り固まった固定観念が未だに残っています。

GAKU
実際に私はそのような日本的な働き方が嫌で26歳の頃に初めて外資系企業に転職しました。

そのため、限られた業務時間内に生産性高く業務を遂行することだけに集中しましょう。

日本人が当たり前にやっている働き方は海外では嫌がられることも結構多いです。

主体的に動かない

最後に海外赴任に失敗する5つ目の理由として、“主体的に動かないこと”があります。

海外赴任に選ばれる人は、会社が高い人件費を割いていることもあり、海外現地ではそれなりのポジションを任されて期待されて勤務をすることが多いです。

そのため、実は海外現地のスタッフはあなたがそれなりに高い給料を受け取りながら、海外現地でのプロジェクトを遂行する必要があることを知っています。

そんな状況の中であなたが主体的に動いていないと、最終的にあなたについてきてくれる現地スタッフはいなくなってしまいます。

GAKU
海外赴任先で成果を上げるためには、常に主体的に業務に取り組む必要があります。

海外赴任をする5つのメリット

海外赴任するメリット

海外に赴任するメリットは、主に以下5つがあります。

海外赴任のメリット
・語学力の向上
・海外現地での人脈形成
・異文化理解
・年収・待遇アップ
・今後のキャリアアップ

1つずつみていきましょう。

語学力の向上

まず海外赴任の1つ目のメリットとして、“語学力の向上”があげられます。

海外赴任の切符を勝ち取った時点である程度英語力や語学力があるのは間違いありませんが、海外現地で勤務することでさらに英語力・語学力に磨きをかけることできます。

実際に海外現地社員とのコミュニケーションや海外現地企業との交渉の場などで、あなたはより実務に直結するビジネス英語を身につけることができるでしょう。

気がつけばあなたは世界中で働けるビジネスパーソンになっているかもしれません。

GAKU
会社から給料を受け取りながら、同時に語学力を向上できるのはコスパが高いです。

海外現地での人脈形成

次に海外赴任のメリットとして、“海外現地での人脈形成”があります。

海外現地で働いていると、日本国内では決して出会うことができない人々と交流する機会がたくさんあります。

海外現地の商工会が主催している交流会などに積極的に参加することで、グローバルな人脈形成もできます。

早い段階で海外現地で人脈を形成しておくと、今後の仕事もスムーズに進めることができるので、海外赴任するなら積極的に人脈形成をしない手はありません。

海外現地でネットワークを形成しておくと、ビジネスだけでなくプライベートも充実させることができるはずです。

GAKU
海外現地での生活を楽しむためには、海外現地でしか作れないネットワークを持つことは重要です。

異文化理解

次に海外赴任のメリットとして、“異文化理解”が考えられます。

日本国内で普通に生活や仕事をしていると、どうしても日本のスタンダードな考え方の中で生きていることが多いはずです。

一方で海外で暮らしたり仕事をしたりすると、海外現地の文化や働き方を知れたり、これまでに自分の中になかった新しい価値観を取り入れることができます。

日々生活をしながら異文化理解をすることで、あなたの人間としての幅が広がっていくことは間違いありません。

GAKU
海外赴任先の国に魅力を感じて、あなたの将来の移住先候補になるケースもあります。

年収・待遇アップ

次に海外赴任のメリットとして、“年収・待遇アップ”が考えられます。

海外に赴任する海外駐在員は、日本国内で支給される給料の他に、海外赴任手当・危険手当・その他手当が支給されます。

そのため、海外で働いているというだけで、勝手に年収が上がる構造になっています。

また海外勤務を経験した後は、日本国内での待遇もアップすることが多いです。

「海外駐在員の貯金事情」について気になる方は、こちらもあわせてご覧ください。

海外駐在員の貯金はどのくらい貯まるの?【友人の貯金公開】

2021年5月30日

今後のキャリアアップ

最後に海外赴任のメリットとして、“今後のキャリアアップ”が考えられます。

これは少しいやらしい話にはなりますが、海外赴任を経験した方は日本に帰国すれば社内で出世コース、転職すればグローバル人材として高い評価を受けることが多いです。

そのため、あなたが海外赴任を経験した後の“未来は明るい”といえます。

海外で勤務した経験を活かして社内で大活躍することもできますし、様々な企業へ良い条件で転職できる可能性も高まります。

GAKU
実際に海外赴任を経験した直後に年収アップ・キャリアアップを狙って転職する方は一定数いらっしゃいます。

海外赴任に失敗しても、その後のキャリアは大丈夫?

その後のキャリア

ここまで「海外赴任に失敗する5つの理由」「海外赴任する5つのメリット」について紹介してきましたが、中には“すでに海外赴任に失敗してしまった”という方が一定数いらっしゃるかもしれません。

そんな方は安心してください!

あなたがすでに海外赴任に失敗していても、その後のキャリアは何とかなります。

GAKU
実際に私の友人の一人も過去に海外赴任に失敗しましたが、現在は東京都内の外資系企業の管理職として大活躍しています。

むしろあなたが海外に赴任した経験(失敗も含む)を活かして、さっさとあなたに最適な次の転職先を見つけるべきです。

海外赴任に失敗された方を慰めるわけではありませんが、まず日本企業から任命されて海外赴任に選ばれたことがある方はその時点で優秀な人材であることが多いです。

せっかく海外赴任できるほど能力が高い人材なわけですから、その後他の会社に転職したとしても、高い確率で年収アップ・キャリアアップできる可能性は高いはずです。

過去に一度海外赴任に失敗したからといって消極的になる必要は一切ありません。むしろ積極的に次の転職先を探し始めましょう!

海外赴任が合わないなら、日本国内で外資系転職もあり!

JACリクルートメント

海外赴任での仕事が合わないなら、次のキャリアとして“日本国内で外資系企業に転職すること”を推奨します。

あなたに海外赴任の経験があれば、ある程度ビジネス英語は使えるはずですし、それなりに高い年収を受け取っているはずです。

つまり、あなたの海外赴任を含めたグローバルな職歴やグローバルで通用するスキルを活用しない手はありません。

日本国内での外資系企業勤務であれば、同僚に日本人が多いですし、生活する環境も日本なので、海外赴任の時ほど強いストレスを感じずに日々過ごすことができるはずです。

せっかく海外赴任した経験があるわけなので、海外赴任後に年収アップ・キャリアアップするために日本国内の外資系企業に転職することは有効なアプローチです。

数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は外資系転職を目指す方向けの求人案件を多く取り扱っています。

またJACリクルートメントは主にミドル・ハイクラス向けの転職支援に注力しているため、転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性も非常に高いです。

まずは日本国内の外資系企業転職の情報収集をするために、JACリクルートメントのコンサルタントに相談をしてみましょう。

もちろん海外赴任先の国からJACリクルートメントに登録しても全く問題ありません。

【まとめ】海外赴任に失敗した人は意外と多い!

海外赴任に失敗

今回は、「海外赴任に失敗する5つの理由とその後のキャリア」についてどこよりも詳しくご紹介してきました。

海外赴任に失敗する理由
・現地の文化に馴染むことができない
・現地スタッフとのコミュニケーション
・会議で発言ができない
・日本の働き方を重視する
・主体的に動かない

私の経験則に基づくと、海外赴任に失敗する方には必ず上記の共通点があります。

あなたがもし海外赴任に失敗したとしても大丈夫です。なぜなら、これまでに海外赴任に失敗してきた方は星の数いるからです。

あなたが海外赴任に失敗したとしても、気持ちを切り替え、あなたの職歴や能力を活かし、次の転職先を見つければいいだけです。

数ある転職エージェントの中でも、「JACリクルートメント」は外資系転職を目指す方向けの求人案件を多く取り扱っています。

またJACリクルートメントは主にミドル・ハイクラス向けの転職支援に注力しているため、転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップできる可能性も非常に高いです。

もうすでに海外赴任に失敗してしまった方は、まずは日本国内の外資系企業転職の情報収集をするために、JACリクルートメントのコンサルタントに相談してみましょう。

あなたはこれまでに海外赴任に選ばれている人材なのですから、かなりの高い確率で優秀な人材であることには違いありません。

海外赴任に失敗する理由

\外資系に向かない人/

外資系企業やめとけ

あなたが今後外資系企業転職に興味があるなら、まずは”外資系企業の働き方”が合っているかを確認しましょう。

もしあなたにとって外資系企業の働き方が合っていれば、今後順調に年収アップ・キャリアアップが期待できます。