社会人5年目なのに仕事ができない!ポジティブに転職を視野に入れよう

社会人5年目なのに仕事ができない

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。外資系転職を繰り返し、計850万円の年収アップを実現できました。

「社会人になって5年が経過するのに、僕(私)はなんて仕事ができないんだ。。」

社会人5年目は仕事について悩むことが多くなる時期です。(*実際に私自身も社会人5年目の頃はよく悩んだものです。)

「会社の後輩から舐められている気がする。。」「自分が統率しているプロジェクトがうまくいかない。。」など、あなたの悩みの種は常に絶えないと思います。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「社会人5年目なのに仕事ができない!ポジティブに転職を視野に入れよう」についてわかりやすくご紹介していきます。

社会人5年目で仕事ができないとネガティブな感情を抱いているなら、個人的には思い切って今の仕事を辞めて転職することが効果的なアプローチだと考えています。
社会人5年目の転職なら?
JACリクルートメント
ハタラクティブ
就職Shop

社会人5年目はキリが良い数字ということもあり、これまでの自分の仕事やキャリアを振り返り、「自分は仕事ができない」と嘆いてしまう方が多い傾向があります。

「これまでの経験はこれからちゃんと活かせるのかな。。」「自分は正しいキャリアを歩めているのかなあ。。」など、人間はどうしても悲観的な考えに陥ります。

私が社会人5年目の時に自分の仕事に不安を抱えていたように、周りの同級生も同じく自分の仕事に不安を抱えていました。

つまり、日本国内でサラリーマンとして勤める多くの方が社会人5年目を機に自分自身の“これまでの働き方”“これからの働き方”について深く考えるようになるのです。

あなたが社会人5年目を迎えて“自分は仕事ができない”と感じるのはごく当たり前のことなので、あまり深く考えすぎずに今はポジティブに捉えていきましょう。

GAKU
社会人5年目は上司や先輩・部下や後輩など多くの方に囲まれて仕事をするので、色々な感情が沸き起こりやすくなるのかもしれません。

社会人5年目で仕事ができないと嘆く方の悩み【主に5つ】

激務

社会人5年目で仕事ができないと嘆く方には、以下の傾向があると考えます。

実際に私自身も社会人5年目の頃は同じようなことを考えましたし、私の周りの同期も同じようなことを考えていたでしょう。

社会人5年目の悩み
・仕事で充実感が得られない
・給料が少ないと感じる
・同期が出世している
・オフィスに行くのが辛い
・将来に不安を感じる

社会人5年目は日々の業務で充実感を得られなくなったり、成果に対し受け取る給料が少なく感じたり、自分以外の同期が出世していたり、様々な悩みが考えられます。

また精神的に毎日オフィスに行くのが辛く感じたり、今後もこの仕事で食べていけるのかと感じたりもすることでしょう。

良くも悪くも社会人5年目は新卒○年目の頃とは考え方や仕事に対するパッションも大きく変化していると思うので、改めて自分自身のこれからのキャリアについて考える良い機会だと考えています。

GAKU
特にあなた自身が社会人5年目を迎えて周囲と比較することが多くなった場合には、まずは自分主体で物事を考えるようにしましょう。周りと比較し過ぎてしまうと、ネガティブな方向に進んでしまいます。。

仕事ができないと感じる社会人5年目でも転職できる?

JACリクルートメントに断られない

社会人5年目で自分自身は仕事ができない人間だと感じている方は、“自分自身はそもそも転職することができるのか?”と大きな不安を感じることもあることでしょう。

さきに結論から申し上げると、あなたがすでに社会人として5年目を迎えているなら、今の職場での評価が高い低いに関わらず、少なくとも他の職場で通用するスキルや経験が身についているので、”間違いなく転職をすることはできます”。

むしろ社会人5年目は“転職を機に大幅に年収アップ・キャリアアップを実現することができる最適な時期”と言えます。

とはいえ、大学を卒業し社会人5年目を迎えている場合、既に30代を目前に控えているので、次はなるべく現職で培ったスキルや経験を活かせる職種を選びましょう。

未経験の業界や職種に挑戦するのも良いことですが、転職を機に年収を上げづらいことも頭の片隅に入れておきましょう。

GAKU
社会人5年目で未経験の業界や職種に挑戦する場合は、自分が興味を持てる、長期間付き合っていける仕事を選ぶようにしましょう。

社会人5年目がまず登録すべき転職エージェント3選

中途採用の条件

あなたが社会人5年目で転職するなら、まず“20代の転職支援に強い転職エージェントを活用すること”を強く推奨します。

転職エージェントは無料で転職支援をするのはもちろん、あなたの希望に基づき最適な求人の紹介をしてくれたり、効率よく転職をするためのノウハウを教えてくれます。

特に社会人5年目での転職は自分一人の力では転職に成功しづらいので、転職のプロである転職エージェントに支援してもらうことが非常に重要な考え方になります。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に以下の3社は“20代の転職支援に強い転職エージェント”です。

あなたが転職する目的によって利用すべき転職エージェントは異なるので、ここでは1つずつ詳しくご紹介していきます。

社会人5年目の転職なら?
JACリクルートメント
ハタラクティブ
就職Shop

JACリクルートメント

JACリクルートメント

まずJACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている20代の方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めての転職も安心して進めることができます。

20代を中心とした若手向けにも多数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人もJACリクルートメント経由で日系グローバル企業や外資系企業に転職を決めています。

ハタラクティブ

ハタラクティブの写真

次にハタラクティブは、未経験OKでの転職支援に強みを持っています。

日本国内のIT企業を中心としたクリエイティブ系の転職者に定評があります。

もともとハタラクティブはニート・フリーター・既卒向けの転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

未経験でOKなポジションの掲載が多数あるので、キャリアチェンジしたい方がまず登録すべき転職エージェントです。

GAKU
ハタラクティブは転職成功率は80%以上と高水準なので、職歴に自信がない求職者はまず登録しておきたい転職エージェントです。

就職Shop

就職Shopの写真

次に就職Shopは、社会人経験が少ない20代の転職支援に強みを持っています。

リクルートが運営する転職サービスのため、今後様々な業界・様々な職種にチャレンジしたい方に最適です。

就職Shopもハタラクティブと同様にフリーター・既卒・第二新卒向けの転職エージェントなので、学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

書類選考で落とされることもないので、今すぐに転職したい方にも最適です。

GAKU
就職Shopで取り扱っている登録企業数は7,560社と3社の中でも圧倒的な数字を誇っています。

【脱仕事できない】社会人5年目で転職を決意し、その後大きく飛躍する方は多い!

今回は、「社会人5年目なのに仕事ができない!ポジティブに転職を視野に入れよう」について詳しくご紹介してきました。

社会人5年目を迎えると、上司や先輩・部下や後輩など様々な人に囲まれて、”自分の職場での存在意義”や”今後のキャリア”について深く悩んでしまう方は多いです。

何を隠そう私自身も社会人5年目を迎えた時は同じようなネガティブな感情を抱いていたので、社会人5年目で“自分は仕事ができない人間なんじゃないか?”と疑心暗鬼に感じることはごく当たり前のことです。

現在社会人5年目で自分は仕事ができないと感じているなら、まずあなたの今後のキャリアについて一緒に考えてくれる転職エージェントに登録することを推奨します。

転職支援のプロである転職エージェントを利用することで、現在のあなたに最適な転職先を見つけることができますし、あなたが今まで以上に充実感を持って仕事に取り組むことができるようになります。

社会人5年目は大幅に年収を上げるにもキャリアアップするにも最適な時期なので、まずは転職エージェントを活用しながらじっくりと情報収集を始めていきましょう。

あなたが社会人5年目を機に、これから大きく飛躍していくことを願っています。

社会人5年目の転職なら?
JACリクルートメント
ハタラクティブ
就職Shop

おすすめ記事→計850万円年収UPしてわかった!”年収上げるなら登録すべき”転職エージェント5選

社会人5年目なのに仕事ができない

\外資系企業転職なら?/

JACリクルートメント

確実に外資系企業に転職し、年収アップ・キャリアアップしたいなら、まずは「JACリクルートメント」に無料登録し、優良企業を紹介してもらいましょう。

国内の優良企業で成果を上げ続けることができれば、またグローバル人材として成長し続けることができれば、ビジネスパーソンとしての未来は明るいです。

“個人で外資系のポジションの空き状況を調べることはほぼ不可能”です。

実績のあるプロの転職エージェントのコンサルタントに任せ、年収交渉までしてもらうのが、最も効率よく転職活動を成功させる一番のコツです。

私も何度もJACリクルートメントを活用したことがありますが、常にコンサルタント同士で求職者情報を共有しており、「どの転職先が最適か」を会社全体で考えてくれる安心感がありました。