20代で転職2回は多い?転職時の注意点は?【経験者が語る】

GAKU
こんにちは、これまで外資系企業5社を渡り歩いてきたGAKUです。

「20代で転職2回目は多い?」

石の上にも三年。世間一般にはこのようなことわざがあることから、特に若いうちの仕事は我慢や辛抱が大切だと思われています。

しかしながら、常に時代は変化しており、現代において必ずしも1つの会社に長く勤めることが正しいこととは言い切ることはできません。

さきに今回の結論から申し上げると、20代で転職2回目は決して多くはありません。

私自身も20代のうちに転職は2回経験していますし、私の周りをみても20代で転職2回を経験している方は多くいらっしゃいます。

本記事では、都内の外資系企業に勤める私が「20代の転職2回が多くない理由と転職する際の注意点」についてどこよりもわかりやすくご紹介していきます。

20代で2回目の転職なら?
JACリクルートメント
ハタラクティブ
就職Shop

さきに結論を申し上げると、20代で2回目の転職は決して多い数ではありません。

むしろ20代は若さとやる気、人によってはすでに豊富な社会人経験と専門的なスキルを身につけているため、採用したいと思う企業は星の数ほどあります。

そのため、現在のあなたが20代で2回目の転職を考えているなら、今すぐに自信を持って転職活動を進めていただければと思います。

とはいえ、現在の日本は国全体の問題として人手不足の状況に陥り、長年売り手市場の状態になっているため、20代でも転職しやすい環境ができあがってしまっています。

この売り手市場である環境に甘えて、転職活動を進めてしまうと、転職後の企業でも失敗してしまう可能性があるので、十分に気をつけるようにしましょう。

また20代で2回目の転職まではOKだが、3回目の転職になると多すぎると感じる企業は多いです。

転職の回数が全てではありませんが、あなた自身が2回目の転職を決めた理由と目的を明確にしておくことが重要だと言えるでしょう。

GAKU
基本的に20代で2回目の転職が不利に働くことはないので、安心して転職活動を進めましょう。

企業によっては20代で2回目の転職が多いと感じる!

20代で2回目の転職は企業にどのような印象を与えるかについて気になっている方は多いかもしれません。

前述の通り、20代で2回目の転職は決して多い数ではないので、基本的に企業に悪い印象は与えないと考えて問題ありません。

しかしながら、ごくわずかな一部の企業にとっては20代で2回の転職は多いと感じる場合もあるようです。

20代で2回目の転職が多いと感じる企業は、求職者に対して以下のようなネガティブなイメージを持っていることが多いです。

企業側のイメージ
・またすぐに転職してしまう
・専門性・スキルが低い
・コミュニケーション能力が低い

1つずつみていきましょう。

またすぐに転職してしまう

20代で2回目の転職をする人は、採用してもすぐに転職をするのではないかと不安を抱きます。

もし仮に採用してもすぐに退職されると、企業にとってもコスト(人件費)がかかるだけになるので、そもそも企業としても採用する大きなメリットはありません。

基本的に人材を採用する企業は中長期間で企業に貢献してくれる人材を獲得したいと考えているため、早期退職の可能性が高い人はどうしてもターゲットから遠ざかってしまいます。

企業側で20代ですでに2回の転職をしているという印象だけが先行してしまうと、求職者は転職できる可能性が低くなってしまいます。

GAKU
特に大企業よりも資金力がない中小企業は、求職者に対してこのようなネガティブなイメージを抱いてしまいがちです。

専門性・スキルが低い

次に20代で2回目の転職をする人は、専門性・スキルが低いと見られることもあります。

企業側は1社あたりの勤続年数が短く、早期退職を繰り返しているようだと、そもそも専門性やスキルが低いのではないかと不安になります。

なぜなら、一般的に企業勤めは勤続年数が長くなるにつれて、徐々に業務量が増えたり、責任が大きくなっていくからです。

企業によっては年齢に見合ったスキルがないと判断され、採用するターゲット層から外れてしまいます。

GAKU
とはいえ、20代であれば“ポテンシャル採用”という形で積極的に若手を採用する企業も多くあります。

コミュニケーション能力が低い

最後に20代で2回目の転職をする人は、コミュニケーション能力が低いことも考えられます。

1社あたりの勤続年数が短く、早期退職を繰り返している人材だと、求職者は職場でそもそも人間関係を構築できないのではないかと企業側の不安は大きくなります。

どの企業に勤めたとしても、まずしっかりとした人間関係が構築できていないと、業務を遂行することはできません。

またどの業界においても、人間関係が原因で会社を退職する方は多数いらっしゃるので、採用する企業としても求職者の人格や人間性はよくチェックしています。

GAKU
普段から家族や友人など周囲の方々にコミュニケーション能力が高い方と言われる方であれば、自信を持って転職活動を始めましょう。

20代で2回目の転職に失敗する方の特徴3つ【注意】

ここでは20代で2回目の転職に失敗する方の特徴についてご説明します。

具体的には転職活動での選考期間で企業の面接官から見られているポイントでもあります。

20代で2回目の転職に失敗する方
・業界や企業にこだわりがない方
・過去の業務の振り返りができない方
・企業に求めることが多い方

1つずつ紹介していきます。

業界や企業にこだわりがない方

まずはじめに自身が勤める業界や企業にこだわりがない方は、企業の選考期間で落ちてしまう可能性が高いです。

なぜなら、そもそも業界や企業にこだわりがない方は“とりあえず転職さえできればいい”と考えている方が多いからです。

あなたのその楽観的な考えが企業の面接官にも伝わり、面接官は企業やサービスに興味がなくまたすぐに退職してしまう人材と考えてしまいます。

20代で2回目の転職に失敗しないためにも、改めて面接を受ける前にまずは企業研究・サービス研究を徹底するにしましょう。

GAKU
企業側も事前に企業研究やサービス研究を行なっている求職者には好印象を抱きます。

過去の業務の振り返りができない方

次に過去の業務の振り返りができない方は、企業の選考期間で落ちてしまう可能性が高いです。

あなたがこれまでに経験してきた新卒で勤めた企業での業務、2社目で勤めた企業での業務を振り返ることができていないと、次の転職先であなたの職務経験やスキルを活かすことはできません。

あなたがこれまでのキャリアで何を学んだのかを加味した上でこれからどのようなキャリアを歩んでいきたいのかを明確にしておきましょう。

GAKU
企業の選考期間ではこれまでのキャリアについて聞かれることも多いので、転職を機に必ず振り返りを行うようにしましょう。

企業に求めることが多い方

最後に企業に求めることが多い方は、次の転職先で失敗してしまう可能性が高いです。

確かに転職を機に「最低でも次の転職先では年収○○○万円欲しい。」「残業は少ない方が良い。」などのあなたの希望条件を伝えることは重要です。

しかし、あなたが選考期間の際に企業にあなたの要求を過度に伝えすぎると、採用する企業からしても印象はよくありません。

またあなたがあまりにも企業に求めることが多いと、企業もあなたが入社した後もトラブルの元になると予感してしまいます。

GAKU
企業の選考期間であなたが企業に求めることは1つか2つに絞っておきましょう。

【目的別】20代で2回目の転職に最適な転職エージェント

あなたがこれから20代で2回目の転職を行うためには、20代の転職支援に強い転職エージェントを活用することを推奨します。

転職エージェントは無料であなたの転職支援をすることはもちろん、あなたの希望に基づいて最適な求人の紹介をしてくれたり、あなたが効率よく転職をするためのノウハウを教えてくれます。

特に20代で2回目の転職は自分一人の力では転職に成功することも少ないので、転職のプロである転職エージェントに支援してもらうことが非常に重要な考え方になります。

日本国内に数ある転職エージェントの中でも、特に以下の3社は20代で2回目の転職に強い転職エージェントです。

あなたが転職する目的によって利用すべき転職エージェントは異なるので、1つずつご紹介していきます。

20代で2回目の転職なら?
JACリクルートメント
ハタラクティブ
就職Shop

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ミドル・ハイクラス層の外資系転職支援に強みを持っています。

現在年収600万円以上で「さらなるキャリアアップを目指したい。」「今よりも年収を上げたい。」と考えている20代の方に最適な転職エージェントです。

各業界に精通したプロのコンサルタントが手厚いサポートをしてくれるので、初めての転職も安心して進めることができます。

20代を中心とした若手向けにも多数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
実際に私の友人の多くもJACリクルートメント経由でグローバル日系企業や外資系企業に転職を決めています。

ハタラクティブ

ハタラクティブの写真

次にハタラクティブは、未経験OKでの転職支援に強みを持っています。

またハタラクティブでは日本国内のIT企業を中心としたクリエイティブ系の転職者に定評があります。

もともとハタラクティブはニート・フリーター・既卒向けの転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

未経験でOKな多数のポジションの掲載があるので、まず登録して間違いない転職エージェントです。

GAKU
ハタラクティブは転職成功率は80%以上と高水準なので、自信がない求職者はまず登録しておきたい転職エージェントです。

就職Shop

就職Shopの写真

次に就職Shopは、社会人経験が少ない20代の転職支援に強みを持っています。

就職Shopは大手転職エージェントのリクルートが運営する転職サービスのため、様々な業界・様々な職種にチャレンジしたい方に最適です。

就職Shopもハタラクティブと同様にフリーター・既卒・第二新卒向けの転職エージェントなので、これまでの学歴や職歴に自信がない方でも安心して転職活動ができます。

就職Shopでは書類選考で落とされることもないので、今すぐに転職したい方にも最適です。

GAKU
就職Shopで取り扱っている登録企業数は7,560社と3社の中でも圧倒的な数字です。

【まとめ】20代で2回目の転職は慎重に進めよう!

今回は、「20代の転職2回が多くない理由と転職する際の注意点」について詳しくご紹介してきました。

改めて今回の結論を申し上げると、20代で転職2回目は決して多くはありません。

私自身も20代のうちに転職は2回経験していますし、私の周りをみても20代で転職2回を経験している方は多くいらっしゃいます。

しかし、20代で2回目の転職では以下に該当する方は転職活動の選考期間や転職した後に失敗をしてしまう可能性が高いです。

20代で2回目の転職に失敗する方
・業界や企業にこだわりがない方
・過去の業務の振り返りができない方
・企業に求めることが多い方

またこれからあなたが20代で2回目の転職を確実に成功させたいなら、20代の転職支援に強い転職エージェントを最大限に活用しましょう。

20代で2回目の転職なら?
JACリクルートメント
ハタラクティブ
就職Shop

あなたが20代という若さであればポテンシャル採用を行う企業も多いので、若さとやる気を活かして、積極的にあなたが輝ける職場探しをしていきましょう。

あなたが20代で2回目の転職をするなら、今の企業に勤めながら転職活動を行う方が企業からの心証は良いので、まずは現職に勤めながら転職エージェントに登録し、情報収集から始めましょう。


\年功序列がしんどいなら?/

年功序列がやる気でない

今後成果主義の企業で働きたいなら、まずは外資系転職を検討しましょう。

成果主義の企業で常にパフォーマンスを発揮することができれば、あなたはビジネスパーソンとしてひと回りもふた回りも成長することができます。